攻めの経営と守りの経営

一般的に創業社長は攻めの経営は比較的得意で守りに入るととたんに弱くなると言いますか、常に攻めの経営をしていないと脆くも崩れ去ってしまうって感じの人が多いのではないかと思っているのですが今回のコラムでは攻めの経営と守りの経営について書いてみようと思います。

さて攻めの経営が出来ませんと当然のことながら会社を一定規模の安定した状態まで持っていくことは出来ませんから、創業して10年とか経過して中小企業レベルまで発展させた経営者ってのは攻める能力は当然持ち合わせていると思います。

会社経営をやっていますと事業を拡大して人員を増やして株式公開を目指すなんてのは苦労も多いですが、これはもう楽しいのでありますし、経営者たるもの大きな志を持って会社の発展に尽力することは当然の事なので有りますが、市場だって無限に大きいわけでは有りませんし多角化しても経営者の体はひとつしか有りませんし、人員を増やすことは求人広告を出せば出来る事かもしれませんが人材育成となると数年かかる話で、人が増えればそれだけ様々なリスクも増大するのですから、どこかで守りの姿勢を出さなくても良いのかもしれませんが、守りの能力が必要になってくるのではないでしょうか?

時に守りの姿勢ってのは大企業病だとか消極的になったとか、守りの姿勢に入った途端に企業は衰退を始めるとかあまり良くないイメージで語られることが有りますが、私はそうは思いませんね。

なんと言いますか攻めるときに攻めて守らなくてはいけない時には守りを徹底する感じで、事業を拡張出来るときは積極的に拡張すれば良いと思いますが、どうも人材育成が追いついていないなって感じたら暫くは攻めの姿勢に封印を致しまして内部体制の強化を図るとか、時には守りを固めて攻める機会を待つって事がとても大切だと思うのですが、攻める経営一本槍でいつか経営がおかしくなってしまう場合がとても多いのではないでしょうかね?

もちろん攻めの気持をいつも持ち続けているって事は大切ですけど、それと実際の行動は別物だと感じているのでありまして、それが出来ないと会社を継続させることがいつかは難しくなってしまうのではないでしょうかね?

追伸
私自身が現在は守りの体制に入っている時期なので有りまして、攻めに転じられる時期がいつになるのか現時点では予測出来ませんが、アンテナだけはしっかり立てていようと行動しているので有ります。

新・コラム7
 

社員研修
経営感覚
消費者心理
クロージングの方法
経営再建
勝負
ツイッター
エコビジネス
商売の種
営業力強化
破産
クロージング
営業効率
平和ボケ
退職強要
競争意識
売れない原因
儲かる商売
演技力
労働集約型
追い込む上司
営業代行
コツ
成り上がり
時間の無駄
ロビー活動
二日酔い
節税景気
適正給与
部下を追求
顧客離れ
ネタ探し
創造的破壊
営業支援
デフレ
怖い対策
発想の転換
給与制度改定
新規顧客開拓
成功する人
デジタル万引
引きこもり対策
味音痴
政治と商売
飲みにケーション
ネームドロップ
ソフトウェア会社
子ども手当商戦
総量規制倒産
クラウド
適正価格
ツイッター
交渉方法
資産隠し
気持を切り替える
頭を
3D仮想空間
人口減社会
攻めと守り
専業主婦
自費出版
攻めの経営
法人税率
お歳暮とお中元
弁護士
引きこもり
クレーマー
出口調査
プロボノ
落ち込んだ時
お布施
2011年の日本経済予測

 


著者 田中 勝 tanaka@bestshop.co.jp
Copyright (C) 1999-2014 Web Design. Tanaka All Rights Reserved.