ペット霊園選び

今回のコラムではペット霊園について書いてみようと思いますが、少し調べたところ基本的にはペット霊園の開設には許認可は不要で、だれでも霊園を開設して営業が出来る業者のようですが、都道府県や市町村によっては条例によって規制や許認可を必要とする地域も増えているようですね。

私が想像するには、国もまさかペット専用の霊園が乱立するとは予想していなかったと思いますが、最近は結構あちこちにペット霊園が出来るようになって、排水の問題とか周辺住民の苦情や陳情によって、都道府県や市町村レベルで条例の施行が出てきたのではないかと思いますね。

さて本題のペット霊園ですが火葬場を併設している処も有りますし、ちゃんとペット用の墓石まで有るわけですから、人間と違うのは戒名を基本的に付けないのと、合同墓地って仕組みが有るくらいですね。
(勿論人間でも合同墓地は存在致しますが)

※合同墓地とは他の沢山のペットと一緒に一つの場所に埋葬される仕組みでして、基本的に埋葬の時だけ料金を支払って、その後の管理費や供養代は不要のようです。

ついでに関連する事を書きますと、最近ではペットを人間用のお墓に入れて最終的にはペットと一緒に埋葬されたい事を希望する人も増えているようですね。

話を本題のペット霊園に戻しますと、随分とペット産業も裾野が広がってきまして、ペットの販売に始まって、ドッグフード、キャットフードなどの餌案連に、リードや洋服までのアイテムや、はてはお散歩代行業に、火葬場に霊園までまさにユリカゴから墓場までって感じで巨大な産業に成長していますね。

逆に人間の世界では散骨とかで墓を作らない人や葬儀を行わない人が増えてきているのでありまして、確か亡くなった作家の”中島らも”さんもお墓は作らなかったように記憶しています。

うーん人間はお墓に入らない人が増えてきて、逆にペットの世界ではペット霊園が各地にどんどん出来て、そこに自分の可愛がっていたペットを埋葬する人が増えているのですから、不思議な世の中なのかもしれないですよね。

ただこうやってペット霊園が増えてきますと、何らかの形で規制されてくると思いますので、変な悪徳業者に頼んでしまいますと、永大供養の筈が倒産して無くなってしまったりする可能性が有りますので、注意が必要ですよね。
現時点では無許可で営業できてし、勝手なことを書きますと先ほども書きましたが人間において散骨やお墓を作らない人も増えてきているわけですから、生存中に愛情を持って飼育すれば、別に霊園に入れる必要は無いのではないかなって思いますね。

昔は、庭に穴を掘ってお墓を作っていたと思いますしね。