ペット供養は課税対象

報道によりますと、ペット供養の収益に対して課税することに対しての訴訟で宗教法人が敗訴してペット供養に対する課税は単に収益事業で課税が適当との判断が出たようですが、今回はペット供養と課税に関するコラムを書いてみようともいます。

さて世論と言いますか、世間の大部分の人は今回の判決について妥当と感じると思いますし、そもそも宗教法人に対して非課税にしているって根拠が私には理解できないのであります。
※厳密には営利行為に対しては課税されて寄付行為には課税されないのでありまして、今回のペット供養に関する訴訟はお布施に当たるのか営利行為にあたるのかの判断になります。

裁判所の判断の根拠としては、民間のペット供養の業者と内容に違いがない事と、ちゃんと料金表(価格表)が用意してあった事が根拠になってようでして、まあ料金表まで用意してしまったら、これは寄付ですと申し開きは出来ないのでありまして、もしかしたら料金表など一切作らないで詳しくはお問い合わせ下さいとでもしておけば裁判の結果が違ってきたかもしれませんね。

しっかしその昔、オウム真理教なんてのが秋葉原でパソコンを販売していたりしましたが、その収益は間違いなく営利行為で課税対象になると思うのですが、ちゃんと課税していたのでしょうかね?もしかしたら課税されないでその収益でサリンを開発されていたりしますとコワイ事です。

課税の事は税務署ですとか政治家が考える事ではありますが、景気がどんどん悪くなってきて黙っていても税収は落ち込んでしまうわけですから、そろそろ宗教法人に対する課税強化を議論しても良い時期だと思いますが、自民党と公明党の連立政権では無理な相談でしょうね。

追伸
ペット供養でもちゃんとお経を上げるのだそうで、あの世を描いた巻物などを見た記憶をたどっても、犬も猫も出てこなかった気がしますが、旅だった後にたどり着く場所は一緒なのか気になるところですし、人間であれば三途の川の渡り賃を支払って三途の川を渡って、えんま様の前で生前の記録ビデオを見せられまして、行き先を判定されるはずですがペットの場合は自力で三途の川を泳いで、そのままペット専用の大広間に通されるのでしょうかね?

その辺りはペット供養に対する課税は違憲だと訴えていた原告に聞いてみたい気がするのでありまして、納得いく説明が帰ってくるのでしょうか?

もしかしたら輪廻転生でペットの魂も人間の魂も同じだって答えが返ってくる気もしますがね?