ペットの通信販売と個人売買

インターネットがすっかり普及しましてありとあらゆる商品が通信販売で購入できるようになっているのですが、最近では生きた犬や猫までがインターネットで販売されているのでありまして、今回はこんなペットの通信販売について思うところを書いてみます。

先ず個人的な意見としては、小動物ならまだしも(これも反対ですが)犬や猫をまるで物のように売買するのは反対ですし私と同じような考えの人は世の中に多いのではないかと思います。

確かに過疎地で近くにペットショップが存在しないとか忙しくて、ペットショップまで足を運べない人の存在とかの理由はあるでしょうが、近所にペットショップがないって事は当然、動物病院も獣医さんも近くに存在しない場合が多いわけですから、仮にインターネットの通信販売で購入した犬や猫が病気になったらどうするのでしょうか?

病気になった犬や猫を宅配便で送って治療してくれるとも思っているのでしょうかね?

忙しくてペットショップに足を運ぶ時間がない人も然りでして、そんな時間もないような人がしっかり購入したペットの世話をする時間があるのでしょうか?

※勿論、インターネットの通信販売や個人売買で犬や猫を購入して愛情もってきちんと飼育している人も非常に多いと思いますが。

やっぱりペットを飼うって事は飼い主として責任が生じる訳ですから、ちゃんと自分で足を運んでペットショップでは選ぶことも大切かもしれませんが、飼育にあたっての注意点などをしっかりと聞いた上で飼うって事が必要だと思いますし、配送するペットに取扱説明書?が添付されているのかもしれませんが、それもなんだかなあって気が致します。

まあペット産業にはペット産業の考えがあるでしょうが、人気の高い種類の犬や猫は高値で取引されるなど生き物としてではなく、商材になっているのが現状なのでありまして、ペットの個人売買に関してもなんだか商売を前提とした個人売買が増えているような気が致しますね。

捨て猫とか捨て犬の問題は昔から存在していましたが、いまでも沢山の捨て犬や捨て猫が大量に処分されているのはご存じの通りだと思いますが、この中にインターネットの通信販売で購入されたペットが皆無とは言えないと思いませんか?

ペットの廃棄の問題と通信販売の事を直接結びつけて書いてしまうのは差し障りがあると思いますが、私の個人的な感情として物品の売買のようにペットが売り買いされていると感じてしまうのであります。