犬猫の歯磨き

今回のコラムでは犬や猫などのペットの歯磨きと虫歯、歯槽膿漏、歯周病など歯にまつわる内容で書いてみようと思います。

犬や猫は基本的に肉食なのですが、野生の肉食獣は歯が駄目になると狩りも出来ませんし運良く得物を手に入れたとしても、歯が駄目になっていると皮や肉を食いちぎる事が出来ませので、虫歯や歯槽膿漏・歯周病など歯の病気は致命的なので有りますが、ペットとして飼われている猫や犬の場合、柔ら無い物が多くなる傾向にありますので、飼い主が気をつけていませんと虫歯になったり、歯槽膿漏・歯周病になってしまって餌が食べられなくなったり、公衆が酷くなったりしてしまうのですよね?

で歯の病気に関しては人間も同じなのですが、一旦なってしまいますと症状をそれ以上進行させない事が治療になるのでありまして中々元通りの元気な状態になるのは難しいようですので、若いうちから予防が必要になってくるのですよね?

ペットショップなどに行きますとオーラルケア商品としてガムなどが販売されていますが、歯の隙間ですとか付け根に付着した食べかすや、歯石、歯垢などを完全に落とすのはガムなどでは無理ですから、やっぱり飼い主が毎晩寝る前などに歯磨き(ブラッシング)してあげる必要が有るのでは無いでしょうか?

でね、猫はさておきまして犬の歯磨きですが年を取って歯槽膿漏や歯周病になってから慌てて歯磨きをしようと思っても、慣れちゃいないですし歯周病や歯槽膿漏の状態で歯ブラシでゴシゴシされたら、場合によっては飛び上がるほど痛い訳ですから、犬だって嫌がるでしょうね?

そう考えますと、歯磨きの習慣は子犬の頃から付けておく必要が有るのでして、毎晩飼い主が歯を磨いてあげれば犬もなれますし、歯の周辺の発生する異常にもすぐに気が付くのですが、毎晩となりますと結構面倒ですし、大型犬にもなりますと、慣れては居ても噛まれそうでコワイのでありますね?

追伸
これを書いていてふと思ったのですが、人間の歯磨きの場合は、歯磨き粉を付けてブラッシングして最後に、水を口に含んでグチュグチュペッ!って感じでうがいをして口の中をゆすぐじゃないですか?

途中までは人間の歯磨きとほぼ変わらない行程を行うのですが、最後のグチュグチュペッ!が犬の場合は体の構造上不可能だと思うのですが、世界中を探せばグチュグチュペッ!が出来る犬も存在するのでしょうか?

人間であれば歯磨きした最後に飲み込んでしまう人はいないと思うのですが、犬は気にならないのでしょうかね?