ペット霊園と近隣住民の関係

法整備が追いついていない事を良い事に、住宅地へのペット霊園が各地で問題になりまして、近隣住民の反対運動やトラブルを抱えているペット霊園も少なくないようですが、今回のコラムではペット霊園と周辺とのトラムルについて書いてみようと思います。

まあ、住宅地に勝手にペット霊園なんかを建設されてしまいましたら、悪臭が出てくるかもしれ無いですし、お経の声が漏れてくるかもしれませんし、周辺の地価も下がるかもしれませんので、近隣住民が反対するのは当たり前の話でありまして、行政側も条例を制定するなど重い腰が動きつつありますが、まだまだ及び腰の自治体も多いようですね?

※悪臭が近隣に迷惑をかけているとかお経の声が五月蠅いようであれば、さっさと訴訟を起こして使用の差し止めと賠償を求めるべきでしょうね。

さてこのコラムをお読みの方の中にはペット霊園を探していらっしゃる方も少なくないと思いますし、なるべく自宅の近くとか、交通の便が良いところで探している人も多いともいますが、近隣住民とトラブルになっているペット霊園や反対運動が起きているようなペット霊園には絶対にお世話にならないほうが良いでしょうね?

理由としては
ペット霊園は営利目的の施設でしかない訳ですから、時として倒産したり廃業してしまう事も可能性として有る訳でして周辺住民から訴訟が起きるような状況ではその可能性は高くなりますので、ペットの供養をお願いするのは避けたほうが良いでしょうね?

それと、私自身は無神論者で供養云々を語る資格が無いと思いますが、仮にペットの御霊があるとして、その御霊の供養を考えるのでしたら、わざわざ周辺住民の怒りの対象になっている場所に埋葬するのでしたら、御霊にとって居心地が悪いでしょうし、そんな場所に埋葬されるよりもっと良い場所は沢山有るのでは無いでしょうか?

追伸
批判を受ける事を承知で書きますと、そもそもペットがお葬式を出して霊園に入る事を望んでいるかどうかは疑問ですし、私が思うにはペット霊園にお世話になって供養をするって行為は、飼い主の自己満足だったり心の区切りを付ける為に行っているに過ぎないのでありまして、その為に妙な業者が住宅地にペット霊園を建設してトラブルを起こしてみたり、ペットの葬儀関係が金儲けの道具になってしまっているのは、良くない傾向ではないかと思いますね。

勿論、命を尊ぶ気持ちとか動物愛護の精神は必要ですが、ペット霊園と近隣住民とのトラブルを聞きますと、これはおかしいのではないかと思うのであります。