ペットと一緒に初詣出来る神社

一寸ニュースで流れて気になったので書こうと思いますが、ペットと一緒に初詣できる神社が人気と言いますか、年々需要が高まっているのだそうですが、あちこちのブログなどでは否定的な意見が流石に多く日本はまだまだ正常な人が多いと思って安心したので有りますが、今回のコラムではペットと一緒に初詣できる神社について書いて見ようと思います。

先ずね、神社ってのは本来神聖な場所なのでありまして、武士が実在した時代でも入り口には馬を繋ぐ場所が有って、その先は動物立ち入り禁止で武士であっても自分の二本の足で歩いて参拝するべき場所だったのでありまして、神社自らがペットと一緒に参拝(初詣)を許すのはいかがなものかと思いませんか?

やはり神社が神聖な場所として犬猫ペットの類は境内に入れないって事によって神社たる威厳を保っているのだと思うので有りまして、自らそれを放棄してしまうのはどうかなって思うのですよね?

まあそもそも、初詣って言っても間違いなく犬も猫もイグアナも何の事やら理解できない筈なので有りまして、人混みの中へ引っ張り出されるのは迷惑に思っているに違い有りませんし、鳥居に平気でおしっこする犬が居ましても、それは犬が悪いのではなくて連れてきた飼い主が非常識なだけって事ですよね。

まあその昔何処かに書きましたが、神様は現金を必要としないと言っても神主さんは飯も食わなきゃいけませんし、御神酒だって飲みますし巫女さんへ払うアルバイト料だって現金で支払いますのでどうしたって現金収入は必要ですし、現金が集まらない貧乏神社になってしまいますと神社は荒れ果ててしまって、廃墟となってしまいますのである程度、神社の金儲けも容認すべきだとは思いますが、ペットを連れての参拝(初詣)を自ら積極的に受け入れるとなると、それは行き過ぎだと思いますし、市谷亀岡八幡宮のようにメールや郵送で初詣を受け付けているって所まで行ってしまいますと、詣でるって意味が全然違ってしまいまして、単なるお札の通信販売になってしまいますよね。

ただまあ私自身、神社の意味もよく分かっていないのでありまして、一応神様の社(やしろ)って事で神様が住んでいる場所のようなのですが、ご近所付き合いをした事もありませんし、年始の初詣と縁日の時以外に足を運ぶ事も有りませんので、初詣とか七五三とか年に一回の縁日には稼ぎ時って事で、頭をひねって集客を考えないと神社も廃れてしまうのでしょうかね?