のら猫対策

保健所の活躍により?最近はすっかり野良犬を見かける事は少なくなりましたが、野良猫のほうは全然減っていないどころか、逆に増えているような気がするので有りまして、一説によりますと野良猫に餌をあげて餌付けする人が密かに増えているって噂があるのですが、これは当たっているかもしれないですね?

私自身、公園で野良猫に餌を与える人を何度も見かけていますし、野良猫が一向に減らないところを見ますと、餌やりする人は結構多いのだと想像していますが、猫が好きで可愛がりたいのでしたらちゃんと自分で野良猫を保護してもペットショップで購入しても良いので、自宅で飼えば良いと思うので有りまして、ちゃんと自分の責任で飼う事もしないで、自己満足の為の餌やりだけを行うのはどうかなって思いますね。

何故ならば野良猫達に悪気は一切無いと思いますが、人の庭に入ってきてフンをしてみたり塀や門扉にマーキング(おしっこ)して立ち去ったりするので有りまして、餌付けしてる人も悪気はないと思いますし、むしろ動物愛護の精神から餌を与えたりしているのだとは思いますが、そうなりますと野良猫は減る事がないと思うのですよね?

まその、野良犬の場合は人に噛みついたりしますので、保健所も捕獲して処分したり致しますが、野良猫の場合は人に直接的な被害を与える事は有りませんので、そのまま野良は野良として放置されているのだと思いますが、餌をやっている人は飼い主もいなくて多分、元は捨て猫にされてしまった猫が可愛そうで、餌をあげているのだと思いますが、そうやる事によって野良猫が繁殖してしまって益々野良猫が増えてしまっているのでは無いでしょうかね?

つまりその野良猫発生の原因が一つに決めつける事が出来ないので少々複雑なのですが、先ずペットショップなどで猫を販売する際にはタグか何かを埋め込んで、後で野良猫になってしまったら飼い主を特定できて、飼い主に対して何らかの処罰を与えられるようにするとか致しまして、捨て猫が発生しないようにするのが、一番最初にやるべき対策で有りまして、そーゆー事を行った上で、今度は条例かなにかで餌を与える事を禁止するってのが良いのでしょうかね?

別に猫を根絶しようと思う気持ちは全然ありませんし、むしろ捨て猫は可愛そうだなって思う気持ちのほうが強いのでありますが、しかしながら餌をやれば解決するかと言いますと、むしろ問題が複雑になってしまうような気がするので有りまして、中々簡単な話では無いのですよね?