スポンサードリンク

パワーコンディショナーと維持費

家庭で使われている電気製品は基本的にはモーターを使うもの以外は直流電気で動いているのに、交流モーターで動かすものも多くてしかもそれらの電力消費量が多いものですから、太陽光発電の方も発電した直流電気を交流に変換しなくちゃいけいないわけですよね?

でここで登場するのがパワーコンディショナーなる装置なのでありまして、何のこちゃないインバータと充電や給電関係を制御する装置でありまして私はインバーターが少々高級になった程度ではないかと思っていますけど、聞くところによりますとこの装置の寿命がせいぜい長くて15年程度なんですってね?

まぁオール電化住宅も太陽光発電システムも日本の家庭に本格的に導入が始まりましてまだ5年も経過していませんから、まだ維持費用がかかっている家庭はないかと思いますけど、初期費用と維持費用と発電量と売電価格の微妙なところでたぶん導入した方が得なんだろうって事になっていますから、維持費用が余りかかるようでしたら普及にブレーキがかかってしまいますよね?

でね、どうもあのパワーコンディショナーみたいな大層な装置が必要だから初期費用が高額になってしまって、しかも今後は維持費用がかかってしまうような気がするのですよ。

ですから方法としては2つありまして、一つはハーフ電化住宅みたいな感じか直流家電の普及で一旦交流に変換しなくても良い方法。

もう一つはですね家庭で太陽光発電装置で発電した電気を直接家庭で使おうとするから、パワーコンディショナーみたいな装置が必要になってきてしまうのでありまして、それだったら各家庭で発電した電気はそのまま直流のままの状態で地域で一括して集めてそこで交流に変換するとか無理なのでしょうかね?

私はその辺りは素人の域を出ないのですが、たぶんこれから各家庭に太陽光発電装置が普及してきて世帯普及率が50%を超えることが見込まれるのでしたら、地域ごとに電気を集めて売電したり交流変換してしまう場所を作った方が結果的に維持費用が抑えられるし、各家庭はメンテナンスフリーになるような気が致します。

ただまぁそれよりも直流モータに切り替えて家庭内の使用電力は全て直流電源にしてしまったほうが何の問題もなくなりまして、たぶん太陽光発電の導入にかかる初期費用も半分以下に抑えられると思うのですが、こっちの直流家電に関してはどうも今ひとつ盛り上がりに欠けてますよね?

個人的に交流だけってのにこだわる必要はないと思うのですけどね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?
  2. オール電化のデメリット
  3. オール電化住宅の損益分岐点
  4. オール電化住宅
  5. 新築住宅と太陽光発電
  6. オール電化と日照権
  7. 直流家電と太陽光発電
  8. 太陽熱温水器
  9. 太陽光の力
  10. 日曜大工で太陽光発電
  11. 太陽光発電と助成金
  12. 日照権の事
  13. マンションの屋上を利用
  14. 原油価格高騰
  15. 燃料電池とは
  16. バイオエネルギーについて考える
  17. 国や自治体による助成金
  18. ヒートポンプとは?
  19. 太陽光発電が高すぎる件
  20. 太陽光発電の買い時
  21. ハーフ電化住宅
  22. 直火の力とオール電化
  23. 売電単価の引き上げの件
  24. 中古の太陽光発電装置
  25. 省エネ家電
  26. 太陽電池
  27. 太陽熱温水器の寿命
  28. パワーコンディショナーと維持費
  29. パネルの掃除と効率アップ
  30. 太陽光発電とEV
  31. 日光浴は有害?
  32. 太陽光発電の共同利用と採算割れ
  33. 光のエネルギーとヒーロー達
  34. 可動式発電パネルと効率アップ
  35. カーボンマイナス住宅
  36. リチウムイオン充電池回収にみるブランド力
  37. 屋上緑化とヒートアイランド現象
  38. 温水器と併用とハイブリッド
  39. 確実に元が取れる太陽熱温水器
  40. 太陽熱発電
  41. 太陽光発電の故障率
  42. 日傘男子

スポンサードリンク

著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る