スポンサードリンク

温水器と併用とハイブリッド

オール電化住宅ってのは家の中のエネルギーを全て電気で賄いまして基本的には屋根の上に取り付けた太陽光発電装置で太陽光を利用して電気を作るって事になりますけど、お湯を沸かす部分は素直に太陽熱温水器を使ったほうが効率が良いと思いませんか?

もちろんそれなりに屋根の面積がないと太陽光発電パネルと温水器を併設出来ないですし、初期費用も跳ね上がることになりますけど素人の私が考えても太陽光を一旦電気に変換して、蓄電して更に100Vに交流に変換してその力でお湯を沸かすよりも太陽熱温水器でお湯だけはさっさと作ってしまったほうが効率が良いと思うのです。

たぶん風呂桶一杯分の水を電気の力で加熱してお湯にするのは相当の電力が必要でしょうし、オール電化住宅のように家庭内を全て電力でまかなっている場合ですと、給湯設備部分で消費する電気が一番多くて推測ですが平均すると家庭内の約半分位の電気はお湯を沸かす部分で消費してしまっていると思います。

ですから例えば発電パネルをひと回り小さくして代わりに太陽熱温水器を併設してしまっても節電効果は同じことになると思いますし、たぶん冬場の暖房なんてものも電気を使って温めるよりも温水を循環させて床暖房にしてしまったほうが効率的だと思いませんか?

それに我が家はもう15年ほど太陽熱温水器を使っていますが壊れたのは一回だけボールタップの浮き玉が破損して交換した以外はなにせ構造が単純で劣化する部分が殆どありませんから僅かな消耗品のメンテナンス程度で半永久的に使えるのが太陽熱温水器なのでありまして最近は影が薄いようですが、中々の実力の持ち主なのでありますね?

まぁ太陽熱温水器は矢崎とか朝日ソーラーとかで太陽光発電装置はシャープとかダイキンとかメーカーが違いまして何となく太陽光発電のメーカーが太陽熱温水器を駆逐しているような感じがしないのでもないのですけど、お互いが協力致しましてハイブリッド型の太陽光利用システムみたいのものを開発しましたら画期的な装置が出来上がるように思うのですけどね?

何と言いますか太陽光発電気屋さんは何でも電気って発想になってしまうと考えられますが、発電も温水もそれぞれに短所と長所が有るわけですからうまく併用して長所を活かせるハイブリット型が出来上がりましてより有効に太陽光を利用出きたらいいなって思うのです。

我が家は屋根の面積が小さいので当分の間は太陽熱温水器だけに頑張って貰いますけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?
  2. オール電化のデメリット
  3. オール電化住宅の損益分岐点
  4. オール電化住宅
  5. 新築住宅と太陽光発電
  6. オール電化と日照権
  7. 直流家電と太陽光発電
  8. 太陽熱温水器
  9. 太陽光の力
  10. 日曜大工で太陽光発電
  11. 太陽光発電と助成金
  12. 日照権の事
  13. マンションの屋上を利用
  14. 原油価格高騰
  15. 燃料電池とは
  16. バイオエネルギーについて考える
  17. 国や自治体による助成金
  18. ヒートポンプとは?
  19. 太陽光発電が高すぎる件
  20. 太陽光発電の買い時
  21. ハーフ電化住宅
  22. 直火の力とオール電化
  23. 売電単価の引き上げの件
  24. 中古の太陽光発電装置
  25. 省エネ家電
  26. 太陽電池
  27. 太陽熱温水器の寿命
  28. パワーコンディショナーと維持費
  29. パネルの掃除と効率アップ
  30. 太陽光発電とEV
  31. 日光浴は有害?
  32. 太陽光発電の共同利用と採算割れ
  33. 光のエネルギーとヒーロー達
  34. 可動式発電パネルと効率アップ
  35. カーボンマイナス住宅
  36. リチウムイオン充電池回収にみるブランド力
  37. 屋上緑化とヒートアイランド現象
  38. 温水器と併用とハイブリッド
  39. 確実に元が取れる太陽熱温水器
  40. 太陽熱発電
  41. 太陽光発電の故障率
  42. 日傘男子

スポンサードリンク

著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る