スポンサードリンク

マンションの屋上を利用

周りに高いビルが建っているかどうかで違ってきますが、都会のビル街で最も日当たりがよい場所はビルの屋上なので有りますが、ほんの一部を除いて未利用の状態で、屋上緑化とか話は出てきておりますが、今ひとつ都会のビルの屋上は利用されて居ないようですね。

多分今後の流れとしては屋上に積極的に太陽光発電機や風力発電機などを設置してクリーンエネルギーの利用が進むのでしょうが、今まで商業地に関しては日照権とか建築物の高さ制限無しに、思い思いのビルを建築 してきておりますので、現状のままでは屋上に太陽光発電機を設置すると言っても、ビルの高さによって利用できる場合と全然利用できない場合と、結構違いが 出てくるような気がするので有りまして、まあ土地の有効活用だけで考えますと現状のまま行くと思いますし、今後のエネルギー事情の逼迫が予想されるようで あれば、今後は商業地でも高さですとか、日照権ですとかの話が出てきて何らかの法整備が行われるのかもしれませんね。

まあ国土が狭いって事は有るのですが、都心部の土地があれほど高くなければ、地震の巣の上に乗っているような日本で超高層ビルが乱立す る事も無かったと思いますが、ニューヨークと肩を並べて一時期は世界一の土地価格でしたから、今のように上へ上へビルが延びていきましたが、今度はエネルギーの事を考える必要が出てきているのでは無いでしょうかね?

ビルの高さが高くなればなるほど、水を屋上まで吸い上げるとか、エレベーターやエスカレーターの動力ですとか、メンテナンスの電力と か、結構なエネルギーが必要になって来るように思うので有りまして、これからは全てのビルを10階建て以下にして、屋上での太陽光発電に力を入れたほうが 良いと思いますね。

追伸
本題の屋上利用とは少し外れるのですが、何百世帯も入居する超高層マンションが築後30年経って、建物の老朽化が進んで建て替えとかもの凄く大変そうです がどうするのでしょうかね?

建物の解体だけでもかなりの金額がかかるでしょうし、その間の住民の方達の住まいの問題とか建て替え費用の負担の事とか色々問題が山積 してくると思うのですが、そろそろ超高層マンションの建設をしなくて良いような地価に落ち着いて、人間が地面に近いところで住むようにしたほうが良いので は無いでしょうかね?

超高層マンションの高層階では確かに眺めは良いですが、地上に出るまで結構時間がかかって面倒だとも聞きますし、面倒になって引きこも るのも良くないですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?
  2. オール電化のデメリット
  3. オール電化住宅の損益分岐点
  4. オール電化住宅
  5. 新築住宅と太陽光発電
  6. オール電化と日照権
  7. 直流家電と太陽光発電
  8. 太陽熱温水器
  9. 太陽光の力
  10. 日曜大工で太陽光発電
  11. 太陽光発電と助成金
  12. 日照権の事
  13. マンションの屋上を利用
  14. 原油価格高騰
  15. 燃料電池とは
  16. バイオエネルギーについて考える
  17. 国や自治体による助成金
  18. ヒートポンプとは?
  19. 太陽光発電が高すぎる件
  20. 太陽光発電の買い時
  21. ハーフ電化住宅
  22. 直火の力とオール電化
  23. 売電単価の引き上げの件
  24. 中古の太陽光発電装置
  25. 省エネ家電
  26. 太陽電池
  27. 太陽熱温水器の寿命
  28. パワーコンディショナーと維持費
  29. パネルの掃除と効率アップ
  30. 太陽光発電とEV
  31. 日光浴は有害?
  32. 太陽光発電の共同利用と採算割れ
  33. 光のエネルギーとヒーロー達
  34. 可動式発電パネルと効率アップ
  35. カーボンマイナス住宅
  36. リチウムイオン充電池回収にみるブランド力
  37. 屋上緑化とヒートアイランド現象
  38. 温水器と併用とハイブリッド
  39. 確実に元が取れる太陽熱温水器
  40. 太陽熱発電
  41. 太陽光発電の故障率
  42. 日傘男子

スポンサードリンク

著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る