スポンサードリンク

オール電化住宅

えっとオール電化住宅ってのを屋根に太陽光発電のパネルを載せて全ての発熱や発光のエネルギー源を電気でと思って居る人も多いと思いますが、屋根の 上の太陽光発電は別になくてもオール電化住宅かどうかの判断には関係なくて、火が使えないでそれを電気だけで賄う事にした住宅がオール電化住宅の定義にな りますね。

まあ個人的には折角人類が手に入れた火を手放して良いのかって大げさに構える気持ちは無いのですが、住宅内における全てのエネルギー源 を電気一本に頼ってしまうって考え方には賛成しかねる所が有りますし、何の根拠も無いのですが火の無い生活は煙も立たなければ、安らぎも縮小して殺伐な世 の中が来てしまうのでありますね、理由はないですけどね。

私は一時期、山に出かけてテントを張ってキャンプする事が好きで、その際の煮炊きは基本的にたき火によって賄っていたのですが、炎って のは怖い存在の反面、人間の心に安らぎを与える存在だと思いませんか?

勿論、炎は火傷するとか火災が発生するとかってマイナス面も有りますが、それは電気だって漏電もして火災になる事だって有りますし、電 熱ヒーターやIHクッキングで火傷もするので有りまして、確かに少々ガスや灯油に比べてオール電化のほうが安全性が高いのかもしれませんが、直火を手放す ほどの理由にはならない気がしますね。
(勿論、電気には感電って事故が有るのです)

あと別のコラムで石油ストーブを褒めちぎった事が過去にありますが、オール電化住宅ってのは自家発電装置でも備え付けない限り、停電を 前にすると全くの無力の存在なのでありまして、例えば台風や地震などの大災害が勃発して、停電が数日間続きますともうオール電化住宅はお手上げでしょう ね?

※個人的には煮炊きにも暖を取るにも使える石油ストーブが最強だと思います。

そんなわけで、電気とガスと灯油などの各種エネルギーを適材適所に使うのが一番良いのでは無いでしょうかね?

追伸
ただし化石燃料は地球温暖化を加速しますし、CO2を発生しながら燃焼しますので、太陽光発電や風力発電などのクリーンエネルギーの普及が待たれるのであ りまして、その辺りが普及して自動車の数が一気に減るなり、電気自動車が主流になれば空気は随分綺麗になるでしょうね。

そういったクリーンエネルギーがしっかり普及しましたら、オール電化住宅をどんどん普及させれば良いと思うのですが、現状ではまだ少々 時期尚早では無いのかなって思いますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?
  2. オール電化のデメリット
  3. オール電化住宅の損益分岐点
  4. オール電化住宅
  5. 新築住宅と太陽光発電
  6. オール電化と日照権
  7. 直流家電と太陽光発電
  8. 太陽熱温水器
  9. 太陽光の力
  10. 日曜大工で太陽光発電
  11. 太陽光発電と助成金
  12. 日照権の事
  13. マンションの屋上を利用
  14. 原油価格高騰
  15. 燃料電池とは
  16. バイオエネルギーについて考える
  17. 国や自治体による助成金
  18. ヒートポンプとは?
  19. 太陽光発電が高すぎる件
  20. 太陽光発電の買い時
  21. ハーフ電化住宅
  22. 直火の力とオール電化
  23. 売電単価の引き上げの件
  24. 中古の太陽光発電装置
  25. 省エネ家電
  26. 太陽電池
  27. 太陽熱温水器の寿命
  28. パワーコンディショナーと維持費
  29. パネルの掃除と効率アップ
  30. 太陽光発電とEV
  31. 日光浴は有害?
  32. 太陽光発電の共同利用と採算割れ
  33. 光のエネルギーとヒーロー達
  34. 可動式発電パネルと効率アップ
  35. カーボンマイナス住宅
  36. リチウムイオン充電池回収にみるブランド力
  37. 屋上緑化とヒートアイランド現象
  38. 温水器と併用とハイブリッド
  39. 確実に元が取れる太陽熱温水器
  40. 太陽熱発電
  41. 太陽光発電の故障率
  42. 日傘男子

スポンサードリンク

著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る