スポンサードリンク

  1. 風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?
  2. オール電化のデメリット
    一説によりますとあと10年もすれば日本の住宅の過半数が太陽光発電を設置してオール電化住宅になるって推測も有りますが、今回のコラムではオール電化住宅のデメリットについて考えてみようと思います。
  3. オール電化住宅の損益分岐点
    一時期は補助金の関係もあると思いますが、太陽熱発電機の設置とかオール電化住宅などの環境対策商品?が随分活発に営業されていましたが、最近は少々下火 になったような気がするので有りまして、景気の低迷の影響も有りますが、どうも初期投資を回収するまでに何年かかるかって損益分岐や太陽光発電用のパネル の寿命がそれほど長くない事などが分かってきたって部分が大きいような気が致しますね。
  4. オール電化住宅
    えっとオール電化住宅ってのを屋根に太陽光発電のパネルを載せて全ての発熱や発光のエネルギー源を電気でと思って居る人も多いと思いますが、屋根の上の太 陽光発電は別になくてもオール電化住宅かどうかの判断には関係なくて、火が使えないでそれを電気だけで賄う事にした住宅がオール電化住宅の定義になります ね。
  5. 新築住宅と太陽光発電
    素人考えですが既に建っている家に太陽光発電装置を取り付けるよりも、新築住宅を建築する時に最初から屋根の上に太陽光発電ユニットを乗せて建てて しまったほうが相当のコスト削減になると思いますし、屋根と一体化してしまえば太陽光発電のソーラーパネルの下敷きになる部分の屋根材も節約出来るような 気が致しますが実際の所はどうなのでしょうかね?
  6. オール電化と日照権
    オール電化住宅とは太陽光発電を中心にガスを使わないで家の中の全てのエネルギー供給を電気力エネルギーで行う住宅の事ですが、今回のコラムではそ えに絡めまして日照権の事について思うところを書いてみると致します。
  7. 直流家電と太陽光発電
    小学校に入って初めて電気について教わるのは乾電池と豆電球を使った実験だったと思いますが、あれはプラスから電気が出てきてマイナスに戻ってくる のですからとても分かりやすかったのですが、交流になるとなんどか良く分からないけどそーゆーものだろうって納得している人も多いのでは無いでしょうかね?
  8. 太陽熱温水器
    最近、太陽熱温水器のテレビコマーシャル目にしましたか? すっかり太陽光発電に押されてしまって、元祖?太陽光利用のエコロージー商品、太陽熱温水器が 影を潜めたような気がします。
  9. 太陽光の力
    天気の良い休日は、なにはともあれ靴を日向に出して靴の中に太陽光が出来るだけ入るようにして干すことですね
  10. 日曜大工で太陽光発電
    地球温暖化対策の一環として環境省は、住宅の外壁などに簡単に設置できる低価格版の太陽電池パネルの開発を支援する方針をうちだしたそうだ。
  11. 太陽光発電と助成金
    国の方針や時々の社会情勢によって様々な助成金制度が有りますが、2005年度にいったんは終了した個人宅への太陽光発電システムの設置における助成金制 度が何時の間にか復活したようで、助成金の有無によって太陽光発電システムの売れ行きにかなりの違いが出るそうですから、業界からの働きかけも有ったのでしょうかね?
  12. 日照権の事
    さて日照権とはお日様の光を受ける権利を指すのですが、太陽光発電や太陽熱温水器が本格的に普及してきた現在では、もっと日照権について厳密に運用 すべき時代に来ていると思いますし、金銭に換算して日照権を論じる事が出来るようになってきたと思いませんか?
  13. マンションの屋上を利用
    周りに高いビルが建っているかどうかで違ってきますが、都会のビル街で最も日当たりがよい場所はビルの屋上なので有りますが、ほんの一部を除いて未利用の状態で、屋上緑化とか話は出てきておりますが、今ひとつ都会のビルの屋上は利用されて居ないようですね。
  14. 原油価格高騰
    原油価格の高騰が止まらないようでありまして、影響が直ぐに現れるガソリンの値段が上がっていまして、続いて石油製品の値上げになってくるでしょうね?
  15. 燃料電池とは
    最近になって良く燃料電池って言葉を聞くようになりましたけど、私自身よく分からないので少々調べてみたのですが、何と言いますかベンジンを入れて 発熱するハクキンカイロのようなもので、何か燃えるもの水素とかアルコールとか入れて発電する発電機みたいなものらしいのですが、じゃぁガソリンとが軽油 を入れてエンジンの回転によって発電する発電機と何処が違うのかって説明を求められてもよく分からないのですよね。
  16. バイオエネルギーについて考える
    石油資源が枯渇したりあれだけ景気よく石油燃料を燃やせば地球環境に様々な影響が出る事なんてとっくの昔に分かっていたと思うのですが、どうも人類 の英知を集めましても私の脳味噌と対して変わらないようなので有りまして、石油の次はバイオエネルギーだって事で、いきなりトウモロコシやサトウキビを燃 料にしてしまって食料価格を高騰させてみたり、森林を伐採して農地を広げて実際のところやっている事は地球環境を破壊してバイオ燃料の生産を拡大して利潤 の追求をしているに過ぎなかったり、なんどか世界の頭の良いエライ人は何を考えて居るのか不思議な気分になってしまいますね。
  17. 国や自治体による助成金
    今回のコラムのテーマは国や自治体による補助や助成金についてですが、例えば雇用を促進する為に決められた条件によって、雇用を創出した企業に 100万円上げますよとか、広く企業家個人が利用できる助成金に関しては大歓迎だと思うのですが、特定の企業や団体だけが利益を得るような助成金ですと か、天下りの役人が多数在籍するような団体が、自分の利益拡大の為に助成金をばらまくようなやり方は無くなって欲しい物ですよね。
  18. ヒートポンプとは?
    オール電化住宅の普及に伴いましてヒートポンプ方式のエアコンが市場に随分と出てきまして、何だか効率が良くて省エネに繋がるとの触れ込みですので、今回のコラムではヒートポンプの原理について考えてみようと思います。
  19. 太陽光発電が高すぎる件
    一応は量産効果によりまして太陽光発電パネルの価格の方は徐々に下がってくるのだとは思いますがそれでも、オール電化住宅にするともなりますと300万円以上の費用がかかってしまうのが普通なので有りまして、どうも価格が高すぎて二の足を踏んでしまう人が多いのではないでしょうかね?
  20. 太陽光発電の買い時
    どんな商品でも世の中に発売された当初は価格も高いし機能的にも後からどんどん追加されますので、特に高額な商品になるほど慌てて購入すると後で後悔する事になるわけですけど、今回のコラムでは太陽光発電システムは買い時かそれとも待つべきかについて書いてみようと思います。
  21. ハーフ電化住宅
    どうも太陽光発電装置の普及が爆発的に進まないのは設置費用の高さから果たして損益分岐点を上回るのか下回って損をしてしまうのか不安になってしまうところが有るのではないかと考えますが、そもそも太陽光パネルで発電した電気を100Vに変換して使おうとするから装置がでかくなってしまうのでありまして、電圧が低い家電製品に限って併用すれば結構面白いと思うのですけどね。
  22. 直火の力とオール電化
    今回のコラムは別にオール電化住宅のデメリットを語るつもりもないのですけど、やっぱり直火の力は素晴らしいって事について書いてみようと思います。
  23. 売電単価の引き上げの件
    確か少し前に電力会社が太陽光発電で発生した電力を買取る際の売電単価を二倍に引き上げるなんて事になったと思いますが、まぁ太陽光発電装置を既に設置している人やこれから導入をしようかと検討中の方にとっては朗報ですが、付けたくても設置出来ない人にとっては自分の電気料金が上がるのではないかと心配になるのでは無いでしょうか?
  24. 中古の太陽光発電装置
    日本には物が有り余るほど溢れかえっているわけですけど、どんな商品でも普及率が上がって一定以上の商品が流通致しますと必ず中古市場が出来てくるのでありまして、その側面から考えますと2010年6月の今現在ではまだまだ太陽光発電装置そのものですとかオール電化住宅については発展途上で資産価値についても評価が定まっていないって処でしょうかね?
  25. 省エネ家電
    家電業界ってのはブームとか牽引役ってのをいつも求めている業界のような気が致しましが、それはエアコンであったり大型テレビであったりDVDレコーダー であったり時代とともに移り変わって行くのでありますが、どうやら最近は省エネ家電とかエコ商品関連にシフトしているようですよね。
  26. 太陽電池
    確か私が生まれて初めて太陽電(当時はソーラーバッテリーなんて呼び方だったような記憶が有りますけど)が組み込まれた製品に遭遇したのは、時計と電卓だったと思いますが当時はその程度の電力しか賄えなかったものがいつの間にか家屋の屋根に設置した太陽光発電が家庭の電力を賄うようになってきたのですから、大変な技術の進歩だと思いますよね。
  27. 太陽熱温水器の寿命
    どうも雨も降っていないのに屋根の上から大きな水音がするとおもったら設置して有る太陽熱温水器の脇から大量の水が吹き出ているのでありまして、水漏れなんてものじゃなくて勢い良く水を出しているのであります。
  28. パワーコンディショナーと維持費
    家庭で使われている電気製品は基本的にはモーターを使うもの以外は直流電気で動いているのに、交流モーターで動かすものも多くてしかもそれらの電力消費量が多いものですから、太陽光発電の方も発電した直流電気を交流に変換しなくちゃいけいないわけですよね?
  29. パネルの掃除と効率アップ
    前回のコラムでは我が家の太陽熱温水器がボールタップの浮き玉の破損によりまして大量の水漏れを発生させて交換修理した件を書いたのですが、屋根の上に上がったついでに集光パネルの掃除をしましたのでその事について書いてみようと思います。
  30. 太陽光発電とEV
    今はまだインフラの整備が殆ど出きていないので普及が今ひとつのEVですけど、太陽光発電の発電効率が大幅にアップしてきましたら車の屋根の上に発電パネルを搭載して、給電も不要で自力で走るなんて事が出来るようになるのでしょうか?
  31. 日光浴は有害?
    屋根の上で人知れず?発電していたりお湯を沸かしている装置の話はさておきまして、太陽光に対する人の認識が一部で180度変わっているような気が致しますので今回のコラムで勝手な考えを書いてみようと思います。
  32. 太陽光発電の共同利用と採算割れ
    日本で住宅地といえば密集している場合が多いですし、日照権に関する権利関係もアバウトな感じですから立地条件によって太陽光発電が利用出来たり、日当たりが悪くて採算割れしちゃう場合が出てくると思うのですが、別に各家庭で個別に完結しなくても共同利用をもっと推進した方が良いと思いませんか?
  33. 光のエネルギーとヒーロー達
    今回のコラムでは太陽光発電もオール電化住宅も忘れ去りまして光のエネルギーで活躍したヒーロのことを書いてみたいと思います。
  34. 可動式発電パネルと効率アップ
    確か小学校の理科の校外学習でプラネタリウムの中で習ったと記憶していますが、太陽光が真上から垂直に当たった時と比べて斜め45度から光が当たった時では光のエネルギーは半分になってしまうのでありますが、見回す限りどこの家庭の屋根に設置されている太陽光発電パネルも固定式ですよね?
  35. カーボンマイナス住宅
    報道によりますと竹中直人じゃなかった竹中工務店が建物内のエネルギーを全て太陽光エネルギーで賄いまして、余った電気を他の建物にお裾分けするカーボンマイナス住宅の構想を発表したとの事です。
  36. リチウムイオン充電池回収にみるブランド力
    ノキア及びドコモ、ソフトバンクモバイル(旧ボーダフォン)に携帯電話用のリチウムイオン充電池を供給していた松下グループの松下電池製の回収交換 の動きの中で、マスコミは一斉にブランド力に対する影響を書きたてていますが、今回のコラムではこの件について思うところを書いてみようと思います。
  37. 屋上緑化とヒートアイランド現象
    緑が無いコンクリートと鉄筋のビル群ばかりの都心部が、気温が高くなってしまって、夜になっても気温が下がらないで熱 帯夜が続く現象。これを緩和するために、ビルの屋上などの空きスペースを利用して、樹木や草花、芝生などを植えて少しでも都会のヒートアイランド減少を防 ごうとする試みですね。
  38. 温水器と併用とハイブリッド
    オール電化住宅ってのは家の中のエネルギーを全て電気で賄いまして基本的には屋根の上に取り付けた太陽光発電装置で太陽光を利用して電気を作るって事になりますけど、お湯を沸かす部分は素直に太陽熱温水器を使ったほうが効率が良いと思いませんか?
  39. 確実に元が取れる太陽熱温水器
    最近はすっかり屋根の上の主役の座を太陽光発電に奪われてしまった感の有る太陽熱温水器ですが、どうも考えてみますとかなりお得度が高くてコストパフォーマンスが高いのではないかと思いましたので今回のコラムに書いてみます。
  40. 太陽熱発電
    聞くところによりますと中東やアメリカで太陽熱発電の大規模なプロジェクトが進行中なのだそうで、先端技術を必要としないこの発電方法はかなり有望との事です。
  41. 太陽光発電の故障率
    都内のNPO団体の調査結果によりますと住宅に設置された太陽光発電装置が12年以内に故障する確率が31%が故障しているのでありまして、こりゃちょっと故障率が高すぎる気が致しますね?
  42. 日傘男子
    ちゃんとした調査に基づいているのか業界が糸を引いて流行らせようとしているだけなのか私には分かりませんが、男性の間でも日傘を愛用する人が増えている?のだそうです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 風呂バンス商品レビュー太陽熱温水器とのタッグは最強かな?
  2. オール電化のデメリット
  3. オール電化住宅の損益分岐点
  4. オール電化住宅
  5. 新築住宅と太陽光発電
  6. オール電化と日照権
  7. 直流家電と太陽光発電
  8. 太陽熱温水器
  9. 太陽光の力
  10. 日曜大工で太陽光発電
  11. 太陽光発電と助成金
  12. 日照権の事
  13. マンションの屋上を利用
  14. 原油価格高騰
  15. 燃料電池とは
  16. バイオエネルギーについて考える
  17. 国や自治体による助成金
  18. ヒートポンプとは?
  19. 太陽光発電が高すぎる件
  20. 太陽光発電の買い時
  21. ハーフ電化住宅
  22. 直火の力とオール電化
  23. 売電単価の引き上げの件
  24. 中古の太陽光発電装置
  25. 省エネ家電
  26. 太陽電池
  27. 太陽熱温水器の寿命
  28. パワーコンディショナーと維持費
  29. パネルの掃除と効率アップ
  30. 太陽光発電とEV
  31. 日光浴は有害?
  32. 太陽光発電の共同利用と採算割れ
  33. 光のエネルギーとヒーロー達
  34. 可動式発電パネルと効率アップ
  35. カーボンマイナス住宅
  36. リチウムイオン充電池回収にみるブランド力
  37. 屋上緑化とヒートアイランド現象
  38. 温水器と併用とハイブリッド
  39. 確実に元が取れる太陽熱温水器
  40. 太陽熱発電
  41. 太陽光発電の故障率
  42. 日傘男子

スポンサードリンク

著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る