スポンサードリンク

2009年3月完全失業率は5%に

どうも企業が業績好調で利益を出している状態でも一般の労働者が必ずしも同じように潤うことが無いのがはっきりしてきた感じですが、2009年3月の完全失業率は前年度より1.1ポイント悪化して5.2%になってしまったのだそうで、これは20人に一人が失業している状態ですからそうとう雇用情勢は悪いですよね。

ただその反面として昨年度のリーマンショックを契機に素早くリストラをしたり製造業を中心として派遣社員の雇い止めなどで、人件費の削減に着手した企業の多くは業績回復をしているのですから、仕方が無いのでしょうが景気の変動(悪化)は一番弱い労働者にしわ寄せが来て、景気が上向いてた時に最後に恩恵が労働者に廻ってくる構造なのでしょうね。

企業が人件費の人員削減によって苦境を乗り切ったところが結構有るのは仕方が無い事と致しまして、確か派遣村ですとか一部の派遣労働者の方たちがリストラを行った製造業のメーカーですとか人材派遣の会社に対して抗議行動を起こしたわけですが、これも今にして思えば微妙なところだと思いませんか?

業績の回復によって人員の増員を考えている企業が有ったとしても、派遣社員の雇い止めでさえあれだけ反発を招いて下手をすると消費者に対する企業イメージの低下まで招いてしまいますですから、積極的に雇用枠を拡大するのをためらってしまうと思いますし、最低限の人員増にとどめて残業の増加で対応しようと考える経営者も多いのではないでしょうか?

もちろん派遣労働者にとっては真面目に低賃金で働いてきて、いざ業績が低迷したら真っ先にクビを斬られて路頭に迷う状況に追い込まれてしまうのですから、黙っているわけにはいかないでしょうし、誰かが声を出さないとこの問題は解決しませんからね。

思うに企業としても会社の業績悪化などの都合で真っ先に整理してしまう派遣労働者のような立場の弱い人には一定の配慮が必要で、人員削減のお陰で業績が持ち直したのでしたら、再度雇用の増大を図るときには真っ先に声を掛けるくらいの行動は必要では無いでしょうかね?

しっかし大量に存在する労働者の経済状況が良くならないと日本全体の景気は絶対に回復しないのですが、かといって会社を存続させるには日本全体の景気のことよりも先ずは自分の会社の経営立て直しが最優先になってしまうのでありまして、この問題は簡単に解決しないのですよね。

考える為の視点とスタート点が違うと方向性が全く逆になってしまいますからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. マイナンバー制度と副業
  2. 深夜・夜間のアルバイト
  3. 公設市場のアルバイト
  4. 高齢者の求人情報考
  5. Webデザイナーの収入とコンテンツ泥棒
  6. 人を雇うリスクについて
  7. 人余り時代の求人情報
  8. 2010人気就職先ランキング考
  9. 賄い付きのアルバイト
  10. 試用期間中の解雇について考える
  11. 募集広告と社員の平均年齢
  12. 三日三月三年と退職
  13. 失業者と職業マッチング
  14. 不自由業と自由業とは?
  15. 就職とむしろ鶏口となるも、牛後となるなかれ
  16. ツテやコネでの入社や転職
  17. 非正規社員から正社員への脱出方法について考える
  18. 転職と適正と損得勘定
  19. 週末起業とアルバイトとネットショップ
  20. フレックスタイム勤務の落とし穴(弊害)
  21. 就職浪人の活動と過ごし方
  22. 採用と個性的な社員
  23. シュガー社員と対応
  24. 求人情報と社員の定着率
  25. 就職活動と日経新聞
  26. 日本航空の特別早期退職募集について考える
  27. 同一労働と差別賃金
  28. 就職活動と留年と(就活留年)
  29. 適材適所について考える
  30. 就職難と資本主義経済
  31. 入社試験と面接と作文
  32. 副収入を得る方法について考える
  33. 女性の容姿と面接の問題と美容整形手術
  34. 廃品回収のアルバイト
  35. リストラと逆恨み?
  36. エキストラのアルバイトは日当なし?
  37. ヒーローショーのアルバイト
  38. 希望退職と損得勘定
  39. 中高年の再就職難
  40. 営業マンの転職について考えてみる
  41. 事務職の転職・再就職
  42. 農家の求人
  43. 就職・転職活動と携帯電話
  44. 海外で働く事と人材の流出
  45. 就職希望は年功序列へ
  46. 面接で面接官のチェック項目
  47. ヘッドハンティング・引き抜きされる人
  48. 入社試験と自己PRの方法
  49. 国家公務員の新規雇用半減へ
  50. 職業選択・給料と時給と余録
  51. 茶髪と採用面接
  52. 正社員の有効求人倍率
  53. 降格からの復活と転職
  54. 2009年3月完全失業率は5%に
  55. 再就職活動で不採用になる理由と原因について
  56. 公務員志向と志望動機
  57. 公務員の中途採用
  58. 斜陽産業と就職先
  59. 面接試験と第一印象とプチ整形
  60. 会社の寿命は短くなった?
  61. 新聞配達のアルバイト
  62. 良い転職、悪い転職、転職成功方法
  63. 大学ランクと就職試験と採用基準
  64. 会社を見限るとき転職を考えるとき
  65. ヒゲと人事考課
  66. 入社試験の面接での質問と回答
  67. インバスケット試験と問題点
  68. 面接試験の突破方法
  69. 派遣労働者、過去最多に思う
  70. 人を使うという事
  71. 就職難
  72. 昇給と人事考課
  73. インターネットで求職、転職活動に成功するには
  74. 有給休暇取得率
  75. 大学生人気就職企業ランキング
  76. ニート(NEET)働かない若者
  77. 働きアリの”働かないアリ”
  78. サービス残業
  79. パート・アルバイト・派遣社員の比率
  80. 立つ鳥跡を濁さず
  81. 就職か独立か
  82. リゾート地でアルバイト
  83. 競争社会と敗者復活
  84. 降格人事と日本型経営と敗者復活
  85. 連休明けの仕事とモチベーション
  86. 情熱の勧誘(求人)
  87. 少なくなった閑職についての所見
  88. 完全失業率とワーキングプアについて考えてみる
  89. 転職の判断
  90. 降格と適正について考える
  91. 自分の器の大きさ
  92. ブラック企業の見分け方
  93. 転職先人気企業ランキングと転職元
  94. 勝ち組企業の要素と条件
  95. 雇用を守る企業と人員削減
  96. 希望退職の募集と対応
  97. 転職に有利な能力や資格
  98. 入社してはいけない会社
  99. 社員旅行
  100. 馬鹿でも出来る仕事と求人
  101. 夏休みのアルバイト
  102. 賃上げ交渉について考える
  103. 円満退社の方法
  104. 就職浪人と公務員試験
  105. 内定取り消しをどう評価するか
  106. 転職の動機と本音と建て前
  107. 派遣切り捨てとお門違い
  108. 終身雇用制度の崩壊
  109. 自分にあった仕事の探し方
  110. 名ばかり正社員の増加について考える
  111. リストラ回避策
  112. 電気自動車不況と雇用の収縮
  113. それでも芸能界を目指す?芸能界に入りたい?
  114. 年齢別の給与水準
  115. 年齢不問・容姿不問
  116. 面接で落ちる人、採用される人材
  117. 就職難と資格商法
  118. 職を転々とする
  119. 最低賃金と生活保護
  120. 転職で成功する方法と転職支援サイトの利用法
  121. 遊ぶように仕事をする

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る