スポンサードリンク

就職難と資格商法

どうも景気は悪いし正社員として働くにはこれといった特技も資格も経験も無いし、かといって一生非正規社員やアルバイトでやっていくのは避けたいしって事で、何か簡単に取得が出来て就職に有利に働いてカッコイイ資格がないかななんて安易に考えていると資格商法にひかかっちゃいますよ!

と言うわけで今回のコラムは就職難と資格商法について思うところを書いてみたいと思います。

さて具体名を出すと営業妨害なんて抗議がきたり訴訟にまで発展して裁判になる可能性だってありますから書けないのですが、一つはっきり言えることはこの資格を取れば就職に有利ですよなんて資格が少し勉強したくらいで取得出来るワケが無いのですよね。

それとね確かに資格を持っていると就職に有利ってのはありますけど、誰も必ず就職出来るとか採用されるとは宣伝していないのでありまして、皆無じゃないけど少しは就職に有利だよって事であっても誇大広告とは良いきれない部分が有るのでは無いでしょうかね?

まぁ冷たいことを書きますと例えば歯科医師の資格だとか行政書士とか最近では弁護士までが資格取得者の増加ですとかで、資格はとったけど食えるだけの仕事が無くてワーキングプア状態になってしまっているとか、折角資格を取得したのにその道じゃ食っていけないので仕方が無いので別の仕事で生活の糧である収入を得ているなんて人も結構大勢いらっしゃると聞いていますからね?

勿論ですが世の中には資格を持っていないとなれない職業は沢山ありますし、資格ってのは外見からは判断出来ない技能や技術を持っていることを証明したり、何の知識も技術も持ち合わせていないのに勝手に商売をして他人に迷惑をかけないような役割を果たしていますから必要性は充分にありますけど、持っていてもさほど力を発揮しない場合も多いのではないでしょうか?

その辺りは良く考えまして資格商法に引っかからないようにしましょうね?

追伸

ちょっと気になって私自身が何か資格を持っているかどうか考えてみたのですけど、強いて言えばアマチュア無線電話級の免許くらいなもので何もありませんでした。

ただ著名な文化人とかコンサルタント業で食べている人の中にも、別に資格なんか無くたって要は実力だよって人も多いと思いますし、中には舌先三寸で勝手に自分を権威付けしちゃっている人も実に多いのでは無いでしょうかね?

そう言えば昨年でしたっけ?漢字検定がずさんな運用で批判を浴びてましたけど、何のためにあれだけ多くの受験者が集まったのか私には良く分からないのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. マイナンバー制度と副業
  2. 深夜・夜間のアルバイト
  3. 公設市場のアルバイト
  4. 高齢者の求人情報考
  5. Webデザイナーの収入とコンテンツ泥棒
  6. 人を雇うリスクについて
  7. 人余り時代の求人情報
  8. 2010人気就職先ランキング考
  9. 賄い付きのアルバイト
  10. 試用期間中の解雇について考える
  11. 募集広告と社員の平均年齢
  12. 三日三月三年と退職
  13. 失業者と職業マッチング
  14. 不自由業と自由業とは?
  15. 就職とむしろ鶏口となるも、牛後となるなかれ
  16. ツテやコネでの入社や転職
  17. 非正規社員から正社員への脱出方法について考える
  18. 転職と適正と損得勘定
  19. 週末起業とアルバイトとネットショップ
  20. フレックスタイム勤務の落とし穴(弊害)
  21. 就職浪人の活動と過ごし方
  22. 採用と個性的な社員
  23. シュガー社員と対応
  24. 求人情報と社員の定着率
  25. 就職活動と日経新聞
  26. 日本航空の特別早期退職募集について考える
  27. 同一労働と差別賃金
  28. 就職活動と留年と(就活留年)
  29. 適材適所について考える
  30. 就職難と資本主義経済
  31. 入社試験と面接と作文
  32. 副収入を得る方法について考える
  33. 女性の容姿と面接の問題と美容整形手術
  34. 廃品回収のアルバイト
  35. リストラと逆恨み?
  36. エキストラのアルバイトは日当なし?
  37. ヒーローショーのアルバイト
  38. 希望退職と損得勘定
  39. 中高年の再就職難
  40. 営業マンの転職について考えてみる
  41. 事務職の転職・再就職
  42. 農家の求人
  43. 就職・転職活動と携帯電話
  44. 海外で働く事と人材の流出
  45. 就職希望は年功序列へ
  46. 面接で面接官のチェック項目
  47. ヘッドハンティング・引き抜きされる人
  48. 入社試験と自己PRの方法
  49. 国家公務員の新規雇用半減へ
  50. 職業選択・給料と時給と余録
  51. 茶髪と採用面接
  52. 正社員の有効求人倍率
  53. 降格からの復活と転職
  54. 2009年3月完全失業率は5%に
  55. 再就職活動で不採用になる理由と原因について
  56. 公務員志向と志望動機
  57. 公務員の中途採用
  58. 斜陽産業と就職先
  59. 面接試験と第一印象とプチ整形
  60. 会社の寿命は短くなった?
  61. 新聞配達のアルバイト
  62. 良い転職、悪い転職、転職成功方法
  63. 大学ランクと就職試験と採用基準
  64. 会社を見限るとき転職を考えるとき
  65. ヒゲと人事考課
  66. 入社試験の面接での質問と回答
  67. インバスケット試験と問題点
  68. 面接試験の突破方法
  69. 派遣労働者、過去最多に思う
  70. 人を使うという事
  71. 就職難
  72. 昇給と人事考課
  73. インターネットで求職、転職活動に成功するには
  74. 有給休暇取得率
  75. 大学生人気就職企業ランキング
  76. ニート(NEET)働かない若者
  77. 働きアリの”働かないアリ”
  78. サービス残業
  79. パート・アルバイト・派遣社員の比率
  80. 立つ鳥跡を濁さず
  81. 就職か独立か
  82. リゾート地でアルバイト
  83. 競争社会と敗者復活
  84. 降格人事と日本型経営と敗者復活
  85. 連休明けの仕事とモチベーション
  86. 情熱の勧誘(求人)
  87. 少なくなった閑職についての所見
  88. 完全失業率とワーキングプアについて考えてみる
  89. 転職の判断
  90. 降格と適正について考える
  91. 自分の器の大きさ
  92. ブラック企業の見分け方
  93. 転職先人気企業ランキングと転職元
  94. 勝ち組企業の要素と条件
  95. 雇用を守る企業と人員削減
  96. 希望退職の募集と対応
  97. 転職に有利な能力や資格
  98. 入社してはいけない会社
  99. 社員旅行
  100. 馬鹿でも出来る仕事と求人
  101. 夏休みのアルバイト
  102. 賃上げ交渉について考える
  103. 円満退社の方法
  104. 就職浪人と公務員試験
  105. 内定取り消しをどう評価するか
  106. 転職の動機と本音と建て前
  107. 派遣切り捨てとお門違い
  108. 終身雇用制度の崩壊
  109. 自分にあった仕事の探し方
  110. 名ばかり正社員の増加について考える
  111. リストラ回避策
  112. 電気自動車不況と雇用の収縮
  113. それでも芸能界を目指す?芸能界に入りたい?
  114. 年齢別の給与水準
  115. 年齢不問・容姿不問
  116. 面接で落ちる人、採用される人材
  117. 就職難と資格商法
  118. 職を転々とする
  119. 最低賃金と生活保護
  120. 転職で成功する方法と転職支援サイトの利用法
  121. 遊ぶように仕事をする

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る