スポンサードリンク

マイナンバー制度と副業

深夜・夜間のアルバイト
私の住む千葉県もご多分にもれず景気の悪化と雇用情勢の悪化の波が押し寄せているのですが、今回のコラムでは深夜から夜間のアルバイトについて思うところを書いてみようと思います。

公設市場のアルバイト
もう二十年以上前の話で記憶が薄れているのですが、とある公設市場の中に有る魚市場の仲買いのところで1年ほどアルバイトをした経験がありますので今回のコラムではその事について書いてみようと思います。

高齢者の求人情報考
高度経済成長中とか日本中が好景気で人手不足が顕著で消費も拡大中って状態でしたら、老若男女能力とやる気に応じて一応は職業を選ぶことが出来るのですが、逆に日本がいつ終わるともしれない大型不況に突入中で、しかも少子高齢化で人口は急激に減少中で消費は縮小中って事になりまして、おまけに機械化が進み海外からの輸入も増えていて、労働力は過剰な状態で雇用よりも使えない人間をいかにして削減するかって状態ですと、今度は雇用に関して企業はいかに費用対効果が高い人材を選ぶかって事になってくるのでしょうね。

Webデザイナーの収入とコンテンツ泥棒
とある転職サービを行っている企業の発表によりますと各産業の平均年収ランキングにおきましてWebデザイナーに分類される労働者の収入は他の産業と比べて低い方に分類されていて平均年収は381万円なのだそうでして、う~ん平均とはいえこの収入では一人の収入で家族を養っていくは相当厳しいのではないでしょうか?

人を雇うリスクについて
ある人に言わせますと一千万円の物品を購入するよりも人を採用するリスクのほうが全然高いのだそうで、確かに私の過去の経験からも使えると思って入社させてみたら全然使えなかったとか、もちろんその逆のあまり期待出来ない様子だけど人が足りないし他に応募も無いので採用してみたら予想に反して結構仕事が出来たり、事前にカタログを見たり説明を受けて購入する物品よりも人を雇い入れる方がよほどリスクが高いのですよね。

人余り時代の求人情報
どうもこのまま日本は景気の二番底を経験して長期不況に突入する勢いのなさなのですが、今回のコラムでは人余り時代の求人情報について考えてみたいと思います。

2010人気就職先ランキング考
かなり昔から就職情報会社のダイヤモンド・ビッグアンドリードですとかリクルートなどが大学卒業者を対象とした人気就職先の企業ランキングを発表していますが、2010年の傾向として業界トップクラスに人気が集中しているのと、食品など不況の影響を受けにくい手堅い企業が人気を集めているそうですね。

賄い付きのアルバイト
飲食店関係のアルバイトは仕事の間じゅう立ちっぱなしで結構大変そうですけど、賄いがでるって事で結構人気があったり希望する人が少なくないようなのでありまして、今回のコラムでは賄い付きのアルバイトについて思うところを書いてみようと思います。

試用期間中の解雇について考える
私の知っている範囲での話ですが、採用試験を突破して本採用前に三ヶ月から半年程度の試用期間中に何らかの問題があって本採用を見送るとか逆に辞退するって事は非常に少ないのではないかと思いますが、その反面では使えない社員に頭を悩ませる経営者ですとか管理職の方が少なくないのでは無いでしょうかね?

募集広告と社員の平均年齢
どうせ求人広告を出して人材募集するのならできるだけ良い人を採りたいし、それなら多くの人が応募するような求人広告の内容を考えて掲載するって事になると思いますが、今回のコラムでは社員の平均年齢を絡めて考えてみたいと思います。

三日三月三年と退職
その昔に誰かに聞いた話しですが就職して会社を退職したくなる気持が湧いてくる時期が入社してから三日目と三ヶ月目と三年経過したときなのだそうですけど、それがちゃんとした統計に基ずいている話なのか、単に語呂が言いので定着したのかわかりませんけど今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

失業者と職業マッチング
どうも日本の失業率は高止まりしたままで低下する気配が感じられない昨今でして、そんな中でミスマッチとか適正とか一部には未だに人手不足とか色々と問題が有るようですので、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

不自由業と自由業とは?
最近はフリーランスって横文字も良く聞く言葉になってきたような気が致しますが、今回のコラムでは不自由業と自由業について勝手なことを書いてみたいと思います。

就職とむしろ鶏口となるも、牛後となるなかれ
新卒での就職活動でしたら中途採用よりも多少は自分の希望する職場を色々と物色出来るのではないかと思いますが、たしか中学校だかの国語の授業で”むしろ鶏口となるも、牛後となるなかれ”なる漢文だかを習ったことを思い出すのですが、今にして思い起こせば公務員で身分が安定している先生が、大きの組織の後ろに所属しているのよりも、小さい組織の頭になれって言われてもなんだか説得力が無いような気がするのですけど、とにかく今でも頭には残っていますのでちゃんと授業を聞いていた真面目な子供だったのでしょう。

ツテやコネでの入社や転職
人を雇入るって事は本当に難しいことで、なにせ他人の人生を左右してしまいますし、良い人材を獲得できれば会社の業績も向上しますが逆にロクでもない社員が在籍していますと人件費がかさむだけで下手すると会社が傾いてしまうのでありまして、特に会社の規模が小さいとそのあたりのリスクがとても高くなるのでありますから、経営者としてはとっても慎重になってしまうのではないでしょうか?

非正規社員から正社員への脱出方法について考える
聞くところによりますと非正規社員と正社員との所得格差は3倍以上になるらしいですし、退職金ですとか福利厚生まで含めて考えますと、これはもう一種の階級社会と言っても差し支えないのでは無いでしょうかね?

転職と適正と損得勘定
隣の芝生は青く見えるなんて言葉も有りますし、外部からみていてあんなに立派で働きやすそうだと思っていた会社にいざ転職してみると、外見とは裏腹に内情は知っていれば転職なんてしなかっただなんて話はそれこそ山のように有るのではないかと思いますが、今回のコラムでは転職の適正と損得勘定について考えて見たいと思います。

週末起業とアルバイトとネットショップ
デフレ状態だけが唯一の助けで給料は上がるどころか残業が無くなって下がってしまうし、ボーナスの支給はどうも危ないらしく、かといって住宅ローンの支払は毎月重くのししかかってきてしまうし、子供にもだんだんお金がかかるようになるので、何とかしなきゃってって事で週末から休日にアルバイトをしたり将来のリストラや会社の倒産に備えて週末起業にチャレンジするなんて人も少なくないのではと思いますが、今回のコラムでは週末起業とアルバイトについて思うことを書いてみようと思います。

フレックスタイム勤務の落とし穴(弊害)
私は独立開業するまでは長くパッケージソフトウェアを開発する企業に務めていたのですが、ソフトハウスや研究開発型の企業で多く取り入れられているフレックスタイム勤務について今回のコラムで思うところを書いてみようと思います。

就職浪人の活動と過ごし方
江戸の時代には仕官の口が無くて浪人生活を送っているお武家様が結構いたようで、傘張りなどの内職で食いつないだり寺子屋を開いて生計を立てたりしながら仕官の口を探していたようですが、とっくの昔に消滅したと思われた浪人ってのが、このところの不景気で正社員の雇用も減ってしまって就職浪人になってしまう人が増えているようですね。

採用と個性的な社員
今回のコラムでは人を採用する際の採用基準みたいなものを考えてみたいと思いますが、会社の中には個性的な人材を求むなんて公言している社長さんもいらっしゃいますが、実際に個性的な人ってのは部下として扱いにくかったり、個性的すぎると組織に馴染めなかったりそう簡単ではないんですよね。

シュガー社員と対応
前にも書きましたがネーミングされるとにわかにそんな人がクローズアップされてしまいまして、増殖を始めるって感じが有ると思うのですがシュガー社員って言葉が世の中に出てきてから急にそんな人が一時的に増えたような気もするのでありまして、ただ不況の影響でシュガー社員の数が減少傾向になっているような気も致します。

求人情報と社員の定着率
求人広告なんてものはそれなりにコストを掛けて行いますので、いかに沢山の人が応募してきてその中から一番仕事の出来そうな人を採用するかみたいなところがありますから、当然の事ながら良いことしか書かないと思いますし、だから入社してから思っていた会社と全然中身は違っていたなんてことが至る所に転がっているのでしょうね。

就職活動と日経新聞
聞くところによりますと大学生が就職活動を始める時期になりますと日経新聞を購読する学生さんが増えてまいりまして、その日経新聞を購読し始めた学生が社会人になりまして何年も経過しないうちに購読を辞めてしまう人が多いって聞いたことが有るのですが、なんだかそれでは日経新聞は就職活動のツールのような感じになってしまいますよね。

日本航空の特別早期退職募集について考える
鶴のマークで知られた日本を代表する航空会社だった日本航空が日本の凋落と歩みを合わせるかのように、企業としての力も輝きも急速に失いつつ有るのを目の当たりにしているのですが、報道によりますとこの度日本航空ではなんと三十五歳以上の社員を対象として早期退職者を2700名を見込んで(目標と)しているのだそうでありまして、今のこのご時世で後数年で定年退職する社員ならいざ知らず、三十代や四十代の社員で早期退職に応じる人がいるのでしょうかね?

同一労働と差別賃金
一億総中流社会なんていわれたのは相当遠い昔の話になってしまいまして、いつの間にか弱肉強食の二局化差別社会のはじまりはじまりのような感じなのかもしれませんが、何といいますか能力の差が賃金の差に現れるストレートな社会でしたら問題は小さいのかもしれませんが、本人の能力よりも正社員と非正規社員とかの身分による大きすぎる差賃金差別ですとか、同じ仕事内容でも身分によって賃金格差が大きすぎるのが大きな問題なのですよね。

就職活動と留年と(就活留年)
景気の動向と企業の新卒採用の状況は密接にリンクしているようですが、どうも大手企業を筆頭に採用に関しては新卒重視が徹底しているようなので有りまして、おかげでバブル経済真っ盛りの頃には箸にも棒にもかからないような、三流学生でもそれなりの企業に正社員として採用されたり逆に超氷河期と言われる年代の学生は、普通に学業に励んだ学生でも相当就職活動に苦労したり場合によっては就職浪人になってしまうのでありまして、人生なんてのはそんなものかもしれませんが、新卒重視主義ってのはどこかに弊害が出ているのではないでしょうかね?

適材適所について考える
適材適所って言葉がありまして企業の人事部などでも複数の新入社員が入社してきましたら、考えられる適正に合わせまして各部署に配置するってのが流れだと思いますが、これがまぁ実際のところは使える新入社員は何処に配置してもそれなりに仕事が出来そうですけれど、使いない新入社員は何処にいってもお荷物になる可能性が高そうなので、余り重要じゃない部署に配置するって場合も少なくないのでは無いでしょうか?

就職難と資本主義経済
戦後の就職事情を振り返ってみますと一定の周期で景気の山と谷が繰り返しているわけですが、不運にも景気の谷間で社会にでることになった人はひどい就職難で苦労致しまして、景気の良い時期に社会にでる事になった人は至れり尽くせりの企業からの攻勢で就職先を選ぶことになるのが現実ですよね。

入社試験と面接と作文
私自身が何度か入社試験を受けた体験と逆に中途採用で採用担当者をやった経験を今回のコラムに書こうと思いますが、実は入社試験を自分が受ける時よりも採用する側のほうがある意味大変で緊張するのでありまして、なにせ私の場合は零細企業の経営者ですから変な人を入社させてしまいますと会社の存続が危なくなってしまいますし、有能な人に面接で愛想をつかされて取り逃がすのも勿体ない話なので有りまして、正真正銘の真剣勝負なのです。

副収入を得る方法について考える
公務員が規定に違反してアルバイトをしていたことが発覚して処分されたなんてニュースが流れることもありますけど、住宅ローンの支払いに追われている人もいらっしゃいますし携帯電話の毎月の料金は高いし、思ったよりも子供にはお金がかかるしなんて事で安定して恵まれているはずの公務員の方ですら夜間ビル清掃のアルバイトに手を出したりしてしまうのですから、正社員として働いている方の中にも副収入を得る方法について考えていらっしゃる又は考えたことが有る人は少なくないのではないでしょうかね?

女性の容姿と面接の問題と美容整形手術
美人薄命とか美人は三日で飽きるけどブスは三日で慣れるとか養子に関する諺ですとか美人はプレゼントを貰ったり食事を御馳走してもらう事が多いので得することが多いとか様々な意見が有りますけど、今回のコラムでは企業の採用面接における女性の容姿と合格に関する問題について書いてみようと思います。

廃品回収のアルバイト
ここのところすっかりちり紙交換の車を見かけなくなったのでありますが、最近やたらと廃品回収の車が近所を大音量のスピーカーで無料回収を叫びながら巡回しているのでありまして少し気になってネットで調べてみましたらアルバイトを雇って廃品回収を行っている業者があるのですね。

リストラと逆恨み?
定期的にリストラされた逆恨みで会社に放火した男が捕まったとか、業務妨害で逮捕されたなんてニュースが舞い込んできますが景気の良い時期ならまだしも今のこの景気ですからリストラによって職を失うって事は生活基盤を失ってしまって、ことによるとホームレスへの道の第一歩を踏み出したことにもなりかねませんから、リストラには多くの逆恨みですとか逆さじゃない正当な恨みですとかそーゆーマイナスな要素を大量に生み出してる事になるのでしょうね。

エキストラのアルバイトは日当なし?
つい面白そうなサイトが有ると好奇心から念のため覗いてみたりしちゃうわけですが、まぁ私の場合はそれがコラムのネタになってしまう事も多いのでそれほど仕事の邪魔にはなっていないと思いますが、今回のコラムではエキストラのアルバイト募集のページが少々気になったのでそのことについて書いてみようと思います。

ヒーローショーのアルバイト
たまには気分を変えてノートパソコンを持ち出して無線LANが使える場所に出かけて仕事出来るのが役得みたいな感じで一応ありますが、本日は千葉市内の大型ショッピングセンター(アリオ)にきてみたところヒーローショーがどうやら開催されるようなので、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

希望退職と損得勘定
ニュースによりますと消費者金融大手のアコムが希望退職者を募集した所、予定通りの人数に達しなかったとの報道がありましたが、今回のコラムでは希望退職と損得勘定について勝手な考えを書いてみようと思います。

中高年の再就職難
気がついたら私も40才の半ばを過ぎてしまいまして、あのまま普通にサラリーマンとして会社員生活を送っていたら窓際に飛ばされているか、リストラ要員にリストアップされて小部屋に呼ばれて希望退職の説得を受けているか、出世して役員に上り詰めていたのかまぁ人生なんてやってみないとわかりませんけど、とにかく今回のコラムでは中高年の再就職難について考えてみようと思います。

営業マンの転職について考えてみる
最近はすっかり営業活動から無縁の世界で仕事をしていまして営業マンとは言えない立場になってしまいましたけど、一応は世間一般で転職がし易い職種として考えられている営業マンの転職について考えてみようと思いますが、私の昔の転職経験も踏まえて色々考えてみようと思います。

事務職の転職・再就職
会社の中にも様々な職種が有りますが移動が少なくて定年退職まで勤め上げる人が多くて転職する人が少ない職種は、俗に事務職と言われる経理とか総務とか財務関係の人だと思いますが、逆に転職を考えた場合には他の職種と比べまして求人の数は少なくて、少々大変な職種ではないかなと思います。

農家の求人
先月のことですが農業関係の方と宴席を共にする機会が有ったのですが、後継者がいないとか高齢化で農作業をやるだけの体力が無くなってしまったとかの理由で、田んぼや畑を放置してしまったまま何年も経過して荒地になっている場所が増えているのだそうで、食料自給率が極端に低い日本ですしちょっと天候不良が続くと直ぐに農作物の供給が激減する日本なんですから、農家で働きたい人は沢山いると思うので求人でも出して、農作業で働いてもらえば良さそうなものだと思ったのですが、ただでさえ農業は儲からないので人を雇い入れて利益を出すことは無理なんだそうですね。

就職・転職活動と携帯電話
どうもすっかり携帯電話が普及致しまして、今や社会人はおろか高校生でも携帯電話を持っているのが当たり前みたいな感じになってしまっていまして、就職活動や転職活動にしても説明会の日程を確認するとか、応募の連絡を入れて結果を受け取るとか携帯電話やパソコンを持っていないと少々不利な状況になってしまったのではないでしょうかね?

海外で働く事と人材の流出
一昔前から定年退職して年金が支給されるようになったら物価の高い日本を脱出して、物価の安い海外に移住して悠々自適の生活を送ろうなんて人が結構いらっしゃいまして、そーゆー人をサポートする会社なども存在するはずですけど、最近は技術系の働き盛りの人でも国内を飛び出して海外に活路を見つけようって人が結構いらっしゃるようですね。

就職希望は年功序列へ
新卒者を対象にした就職先に対する希望アンケートで賃金体制は年功序列型の企業を希望する学生が最近になって増えているそうなので有りまして、公務員への就職希望も非常に高いものが有りますから、先行き不安の時代ですから安定志向に走るって気持ちなのでしょうね。

面接で面接官のチェック項目
人を品定めするってのは勿論される側も気分が良いものでは有りませんが、会社が人を雇い入れるって事は大きなリスクも有るのでして、採用担当者(面接官)は言い方は悪いですが業務として面接に来た相手を品定めしてしまうのは仕方が無いことでありますが、今回のコラムでは過去に行った採用面接時のチェックしたポイントなどを書いてみようと思います。

ヘッドハンティング・引き抜きされる人
そういえば私の経験では1990年代はヘッドハンティングが随分と行われていた時代で、私も一応はとある大企業の管理職を務めていましたので実際にその手の電話がかかってきて条件を提示された事も有りましたし、私の同僚の中にも随分とヘッドハンティングのお話を戴いていた人も多くて、思えば経済がまだ成長していた良い時代だったと思いますが、最近ではすっかりその手の話が少なくなってしまったような気が致しますね。

入社試験と自己PRの方法
人を採用して正社員として入社させる場合でもアルバイトやパート社員の採用であっても、企業としては無駄に給料を支払うわけにはいきませんからどこも真剣に取り組みますし、逆に簡単な面接で特に問題がなければ簡単に入社させてしまうような企業の場合は、人を使い捨ての労働力としか思っていない場合が多少は有るかもしれませんから、少々厳しいことを質問されてもそれは仕方が無いことではないかと思います。

国家公務員の新規雇用半減へ
確かあまり国家公務員の給料を下げると優秀な人が集まらなくなるなんて発言が有ったと思いますが、来年度の国家公務員採用枠を半減するのだそうで、私を含めて反発が大きいと思うのですが一体民主党は何を考えているのでしょうか?

職業選択・給料と時給と余録
職業を選ぶ際には基本的には自分に何が出来て何がやりたいかが職業を選択する基準になると思いますが、未経験者ですとか初めて働くとか何をやるのが良いのか分からない人は、どうせなら収入が多い方が良いとか、余録が有った方が良いなんて事で働く先を選ぶのでは無いでしょうか?

茶髪と採用面接
何年か前に夜の札幌ススキノを歩いていたら真夜中とは思えなほどの人通りで茶髪はおろか白髪からピンク色に金髪まで実に様々な色に髪の毛を染め上げた人が歩いていたことを思い出しましたが、長髪だった男性が学生生活に別れを告げて会社の入社試験を受験する際に長い髪をバッサリ切ったとか、茶髪だったのを黒に戻したとか聞きますが、これから採用面接で自分はどうしようかと思っている人は少しはいらっしゃるのでは無いでしょうか?

正社員の有効求人倍率
雇用情勢を推し量る指標には完全失業率と併せまして有効求人倍率が有りますが、正社員の有効求人倍率に限って言えばいまや倍率は0.3を下回る数値になっておりまして、単純計算で4人に一人しか正社員の雇用がない状況で、これでは日本の景気は回復しなでしょうし人件費の削減で業績を持ち直した企業も、可処分所得の少ない労働者が増加してしまったのでは、購買力が落ちてしまって、数年後には業績不振に陥ってしまうような気が致します。

降格からの復活と転職
実数については全然知りませんが、転職者の中には勤めていた会社から降格を申し渡されて今まで部下だった社員の下で働けないとか、プライドが許さないとかの理由で退職を決意して新天地を目指した人が少なくないと思います。

2009年3月完全失業率は5%に
どうも企業が業績好調で利益を出している状態でも一般の労働者が必ずしも同じように潤うことが無いのがはっきりしてきた感じですが、2009年3月の完全失業率は前年度より1.1ポイント悪化して5.2%になってしまったのだそうで、これは20人に一人が失業している状態ですからそうとう雇用情勢は悪いですよね。

再就職活動で不採用になる理由と原因について
先ず最初に書いておきたいのはどんなに能力が高い人であっても募集枠が1人しか無くて、そこに何人もの就職希望者が試験を受けに来れば一人の採用者を除いて残りの全員には不採用通知を出さなくてはいけませんから、不採用になったからといって自信喪失してしまいますと益々今後の再就職活動が困難になりますから自信を持ちましょうね。

公務員志向と志望動機
なんでも最近は小学生でも将来なりたい職業を質問すると公務員とか警察官とか消防署員とか公務員関係を志望する小学生が多いそうで、これは大学生とか高校生でも同じような傾向が出ているとの事でありまして、殆どの人は恰好が良いとかやりがいが有るとかじゃなくて、食いっぱぐれが無い安定した職業だからって理由が多いのではないのでしょうか?

公務員の中途採用
基本的には国家公務員でも地方公務員でも一種の特権階級なのでありまして、倒産もリストラも無縁の世界ですしボーナスが大幅にカットされることも有りませんし、特に男性の場合は婚活でもきわめて有利なので有りまして、希望者が殺到して狭き門なのはわかるような気が致します。

斜陽産業と就職先
商品や製品にはプロダクトライフサクルってやつが有って過半数の商品やサービスが別のものに置き換えられてしまったり淘汰されてしまうのでありますが、産業におきましても時代の流れとともに消え去っていく運命に逆らえないで消えて行ったりするのですけど、とにかく今回のコラムでは斜陽産業について考えてみようと思います。

面接試験と第一印象とプチ整形
人は見かけで判断してはいけないといいつつ、やっぱり顔や見かけで判断してしまう人が大部分なのでありまして、アブドラーザブッチャーとかタイガー・ジェット・シンみたいな風貌ですと凶暴そうなイメージを第一印象で持ってしまいますし、優しそうな顔をしている人はやっぱり優しい人の場合が多いのでありまして、私自身が過去に正社員の中途採用面接におきまして、やっぱり風貌や第一印象は選考の要素になっているのでありますから、口で何と言いましても容姿や第一印象が面接試験の結果を左右する事は間違いなく有るのが現実でしょうね。

会社の寿命は短くなった?
一昔前までは会社の寿命ってのは25年から30年ってのが通り相場で一般的だったと思うのですけど、なんだか一部の話では会社の平均寿命はいいつの間にか短くなってきておりまして、一説によりますと10年とかもっと極端な例ですと5年とか言われているのでありまして、もちろんこれは平均寿命ですから設立して1年で資金が尽きて倒産してしまう会社ですとか、設立して数カ月で計画倒産させてしまう事例だって有るでしょうし、50年以上の歴史が有る会社ももちろんありますよね。

新聞配達のアルバイト
その昔、まだ私の体重が60キロも無かった頃に一年間、新聞配達のアルバイトをした経験があるので、その時の様子を書いておこうと思います。

良い転職、悪い転職、転職成功方法
絶対に100%成功する転職を転職する前から解っていることはあり得ないですし、統計を取ったわけでは無いのですが、転職の成功率や転職して良かったと 保っている人と転職して失敗している人は半々位なのではないでしょうかね?

大学ランクと就職試験と採用基準
企業の新卒採用におきましては選考基準として筆記試験と面接が基本になってくるわけですけど、筆記試験ってのは社会人としての基本的な知識教養が有るかどうかの最低ラインを満たしているかどうかを確認する意味合いが強いですし、面接試験にしても長くてせいぜい2時間程度の事ですから採用面接官の力量にもよりますが、ちゃんと採用試験対策をしてくる応募者も多いでしょうから筆記試験と面接以外に出身(在籍)大学を考慮する場合も少なくないのでしょうね。

会社を見限るとき転職を考えるとき
私と同年代の方でしたら丁度その転職に対する世間の目が柔らかくなってきて、経済は成長してジャパンアズナンバーワンなんて言葉が出てきて、給料は右肩上がりで常に企業は人員の確保が必要な状態で採用意欲が高い企業が沢山有って、サラリーマンにとって良い時代で転職の成功体験なんて山のようにあった時代を過ごしてきたのではないかと思いますが、どうも最近は人員整理や事業からの撤退に関する話題が多いですし、超氷河期と言われるほどの就職難の時代で多くの企業は採用を縮小している状態ですから、転職に関しても昔と違って厳しい時代になったのではないかと思います。

ヒゲと人事考課
報道によりますと日本郵政グループ職員が生やしたヒゲを理由に最低の人事考課をされたって事でおこしました損害賠償の判決が下りて、訴えが認められまして賠償されることになったのだそうですけど、なにか判決に違和感を持った人も少なくないのではないでしょうか?

入社試験の面接での質問と回答
一般的に企業が正社員を新たに雇用する場合、新卒でも中途採用でも先ずは筆記試験(学力試験や適性検査)で一定のレベルに達しない受験者をふるい落 としまして、でもって本格的に人物を見極めるのはもっぱら面接試験で、結構な確率で面接は先ずは一次審査で人事部員の面接を行って、それを突破しても最終 的には役員面接をクリアしないと採用に至らない場合が少なく無いと思います。

インバスケット試験と問題点
ちょっとした機会が有ってこの名称を知ることになったのですが、自分の覚書のような気持ちで今回のコラムを書いてみようかと思います。

面接試験の突破方法
はじめにお断りしておくが、面接試験をするのは人間であって、人それぞれなのであるから、面接試験突破方法といっても、私の場合で有ることを始めにお断り しておく。

派遣労働者、過去最多に思う
派遣労働者の数か212万人となり過去最高の数だそうだ、しかも派遣労働の料金は下落だそうだ。

人を使うという事
人を使うことは簡単だと思っている人は少ないと思う、逆に人を使うことは本当に難しいと思っている人は実に多いと思う。かくいう私も人を使うことは実に難しいことだと思う。

就職難
昔、聞いた話ですがアメリカでは優秀な学生ほど就職をしないでベンチャー企業を立ち上げたがって、実際に学生のうちから起業してしまう学生も多いと聞きま す。

昇給と人事考課
桜が咲く季節は、昇給の時期でもある、サラリーマンだった頃は毎年の昇給で給料が上がっていくのが楽しみでも有ったし、昇給していくことがやりがいになっ て仕事の励みになっていました。

インターネットで求職、転職活動に成功するには
最近は、転職するにも求職つまり 仕事を探すのもインターネットの接続環境がないと、求人を出している企業の情報が十分集まらなくなっていますので、インターネットが就職・転職の必需品と 言ったら言い過ぎでしょうか?

有給休暇取得率
調査によりますと、会社員の有給休暇の取得率は五割以下だそうで、大部分のサラリーマンやOLは満足に有給休暇を取っていないそうだ。

大学生人気就職企業ランキング
毎年リクルート社が調査発表している大学生の人気就職先企業ランキングが今年も又発表されました。

ニート(NEET)働かない若者
働く意欲が無く働かない若者が昨年63万人(独立行政法人「労働政策研究・研修機構」)にのぼり、10年で1.6倍になるそうです。

働きアリの”働かないアリ”
勤勉のシンボル?働きアリの世界も研究がすすむにつれて、最近の発表では働きアリの約2割は全く仕事をしない働かないアリで、一日中仕事もしないで自分の 体をなめたりウロウロするだけで、他のアリが持ってきた食料を口移しでもらって、とにかく働かないそうです。

サービス残業
サービス残業:労働者が会社に残業申請をしないで行う時間外労働。時間外手当がつかない。

パート・アルバイト・派遣社員の比率
最新の総務省が発表した労働力調査によりますと、雇用者4934万人のうち、パート、派遣社員など非正規社員の割合が31・5%と調査開始以来最高だそう だ。

立つ鳥跡を濁さず
先ほどとある取引先の営業担当者より、退職のご挨拶なるメールをもらいまして、それも本日をもって退職するのだそうで、本人も今日になって急に聞か されて、そのままその日をもって最終日だそうで、その事が理由である業績低迷と一緒に書いて有りまして、お別れの挨拶で結ばれていました。

就職か独立か
日本の場合職業選択の自由は保障されているわけですから、何の職業についても良いのです。

リゾート地でアルバイト
高校生・大学生のアルバイトでリゾート地でアルバイトってのが有りますよね?

競争社会と敗者復活
今回のコラムでは競争社会と敗者復活って内容で書いてみようと思いますが、そもそも競争なんてのは今に始まった事でなく、人類が誕生してからずーー と競争ってのは有った訳で有りまして、昔々の頃に比べてば現在のほうがずっと、ぬるいのかもしれませんね?

降格人事と日本型経営と敗者復活
年功序列の日本型の経営手法では降格人事っては稀なケースでは有りましたがと過去形で書かざるを得ないのが、今の日本の企業経営で有りまして、能力主義、 実力主義、信賞必罰ってのが一般化してきまして、徐々にでは有りますが、降格人事ってのも一般的になってきているので有ります。

連休明けの仕事とモチベーション
休みの時はしっかり休んで英気を養って、またバリバリ仕事に立ち向かうって形は理想的だと思いますが、多くの人の場合は逆に休みボケって言いましょ うか、連休明けなどの仕事のブランクが一定期間以上あった場合には、休み明けにどうもモチベーションが上がらなって人も多いのでは無いでしょうか?

情熱の勧誘(求人)
たまたまなのですが、とある千葉県内のマクドナルドで例によってノートパソコンを開いて仕事をしていましたら、すぐ隣の席で入社の勧誘を一生懸命 やっていまして、聞く気もないのですが、大きな声で話をするもので、そっちの話に頭が行ってしまうので、仕事を中断してこのコラムを書き始めてしまってお ります。

少なくなった閑職についての所見
古き良き、高度成長の時代から昭和の経済発展で右肩上がりが当たり前の時代には、閑職って職場がごく普通に存在していた企業が少なくなかったと思い ますが、現代日本の民間企業で、特定の意味を持つ閑職っては存在しているんでしょうか?

完全失業率とワーキングプアについて考えてみる
時折ニュースでは完全失業率が改善されたとか、上昇したとかって事が出てきますが、今回のコラムのテーマはこちらについて思う所を書いてみようと思 います。

転職の判断
社会に出てから転職するって事が 年々普通の事、特別じゃない事って風潮が出てきてますが、転職するしないの判断には基本的に関係の無い事だと思いませんか?

降格と適正について考える
今回のコラムでは降格ってあまり良くない響きがする事について考えてみようと思います。

自分の器の大きさ
今回のコラムでは人間の器の大きさって事について考えてみようと思いますが、そもそも人間の器ってのは目に見える形ある訳もなく、さらに何か基準や 単位があってはかれるって事も有りませんので、自分のも他人のもなかなかちゃんと見極める事が出来ないのではありますがね?

ブラック企業の見分け方
念のため書いておきますがブラック企業と言っても自己破産者とかの金融系の事故を起こした企業ではなく、社員をとんでもない労働環境に追い込むと か、親族や友人関係への自社商品の販売を強制するとか、残業代を払わないとかそーゆー基本的に体をこわしてリタイヤする結果になるから入社してはいけない 企業を指すのでありまして、別名ブラック会社とも言うようです。

転職先人気企業ランキングと転職元
先日の報道で転職先として人気企業のランキングが発表されていましたが、私はビックリしたのですがトヨタ自動車が2年連続のトップなのですね?

勝ち組企業の要素と条件
日本社会が二極化してしまった影響なのか、何時の間にか何でもかんでも勝ち組と負け組に区別してしまうような風潮が有りまして、つい最近も勝ち組企 業10社なんて記事がありましたので、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

雇用を守る企業と人員削減
人間なんて弱いもので一度溜め込んだ内部留保を吐き出せば乗り切れる状況だったとしても先が見えない限り、従業員を使い捨てにして人件費を削減して しまったほうが、内部留保の現象も食い止められますし、まあ景気が戻ったらまた求人でも出して、安い賃金で雇い入れればいいやって考えて居るかどうかは知 りませんが、まあ元々派遣社員を使い出した時点でいざというときにお払い箱にする事は想定済みだった訳ですし、非正規雇用を素早くお払い箱にして固定費を 流動費にしておいて助かった事を実感した企業は、次のステップとして正社員の待遇や雇用にまでステップアップする企業が出てきてもおかしくないですよね?

希望退職の募集と対応
一昔前までは社員や従業員は家族のようなもので、最後の最後まで雇用だけは守るのが経営者の美徳と言うよりも、基本的な心得だったと思うのですが、 何時の間にかなのか経営者が賢くなったのか、ずるくなったのか分かりませんが業績が悪化して人手(労働力)が余り気味になると素早く人員整理を行いまし て、売り上げや必要な労働力に見合った人員に調整する事を多くの企業経営者が行うようになってきましたよね。

転職に有利な能力や資格
いくら安定した大企業だと思って就職しても10年ほどで業績が急降下して倒産してしまって、何の準備もないまま放り出される事だって有りますし、滅私奉公を旨として身を粉にして働 いていても一寸した経営陣の経営方針から部門そっくり不採算事業だって事で、個人の能力も過去の実績も一切考慮しないで、来月いっぱいであなたは解雇です 何て事が現実には結構あるのですが、多くの場合において放り出された本人は寝耳に水といった感じでもう途方に暮れてしまって、人によっては鬱状態になって しまったりするのだそうですね。

入社してはいけない会社
何だか景気の影響なのか格差が広がった社会が生み出すのか、俗に言うブラック企業つまり入社してはいけない企業がどんどん増えているようなのであり まして、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

社員旅行
1999年の創立以来、わが社は今だかつて社員旅行をやったことが無いのです。

馬鹿でも出来る仕事と求人
さて今回のコラムでは、軽い気持ちで馬鹿でも出来る仕事(商売)について書いて見ようと思うのですが、このテーマを書こうと思ったきっかけっての は、ご存じ!日本の歴代でも希に見るKYと言われる麻生太郎総理大臣の登場によってなのですが、漢字が読めないのはまだしも、人の気持ちも読めないは、 数ヶ月前に自分で話した事も簡単に忘れて、自分から墓穴を掘って迷走を始める姿を見ていますと、親の資産としっかりした取り巻きが存在すれば、総理大臣っ てのは馬鹿でも出来る仕事じゃないかと思った次第ですが、まあ麻生太郎のように恵まれた馬鹿はそうそう存在しませんから、もう少し現実の馬鹿でも出来る仕 事(商売)について書いて見ようと思います。

夏休みのアルバイト
今にして思えばとってもいい時代だったと思うのですが、私の高校生の頃ってのは夏休みに何らかしらのアルバイトをしてまとまったお金を稼ごうと考え たら、アルバイト情報誌などで結構やる気があれば誰でも仕事にありつく事が出来ましたし、仕事の内容も海の家などの季節限定アルバイトとか、何故か夏休み に工場に大量のアルバイトを入れて増産に励むメーカーなんかもありまして、高校生でも夏休み期間中で20万円近くの現金を手にする事もそれほど難しい事 じゃ無かった良い時代がありましたね。

賃上げ交渉について考える
ちょうど今は春闘の時期でこのコラムを書いているのですけど、組合がしっかりしている企業でしたら労働組合が賃上げ交渉を行うことになりますけど、多くの会社が社長の一存で賃上げや場合によっては賃下げになる事も多いでしょうし、中には給料の安さに憤慨して経営者に直談判して給料を上げてもらったなんてかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

円満退社の方法
今回にコラムのテーマは円満退社の方法なのですが、言うはやすしを地でいくようなもので、業績が悪化したり人員が余っている時には簡単に人員削減したりする経営者が増えている反面、会社に利益面で貢献している社員の退職希望に対しては、様々な留意やテクニックを使いまして退職させないようにする場合が多いので有りまして、特にライバル企業や同業種の企業に転職しようと考えて居る場合は、円満退社は結構難しいのかもしれないですよね。

就職浪人と公務員試験
不景気とか不確実性の時代なんて状態になりますと、就職先として公務員の人気が高まるって言われますが、時代の移り変わりと共に大学を卒業しちゃえ ば就職は何とかなるなんて事を言っていられなくなりましたし、高卒での就職内定率と言いますか高卒で就職浪人になってしまう確率は相当高くなっていますよ ね。

内定取り消しをどう評価するか
景気が良かった頃、それもバブル経済なんて言われ方をされていた頃には、大した能力もない学生が複数の会社から就職内定を貰っておいて、ぎりぎりまで態度を明確にしないで、大部分を蹴ってしまう何て事が沢山有ったようですし、その頃の学生が今や企業の中堅どころって感じだと思いますが、学生が内定を貰って意思表示をしないまま入社直前になって断るなんて事は問題になりませんでしたけど、逆に企業が内定出していた学生を取り消しにしますと、マスコミは喜んで記事にするって意見も一理あるような気がしませんか?

転職の動機と本音と建て前
その昔に何処かで目にした事があるのですが、転職市場にやってくる転職希望者の過半 数は挫折転職と言われる、仕事が自分に合わなかったとか、職場の雰囲気に馴染めなかったとか営業マンでしたら成績が上がらなくて足を引っ張っていて退職せ ざるを得なかったとか、まぁ惜しまれて辞める人よりも挫折して転職しちゃう人が多いらしいのですけど、けど履歴書とか採用試験面接で、そーゆー人が本当の 事を書いたり話したりしますと、見事に不合格になってしまいますから、そのあたりは建前と本音の使い分けみたいな感じになってしまうのですよね。

派遣切り捨てとお門違い
2008年の年末から2009年にかけまして世界的な、誰が言い出したのか100年に一度の大不況におきまして、マスゴミの目に止まって報道しやす かったのか、現象として早く分かり易かったのか分かりませんが、非正規労働者の派遣社員とか請負契約の切り捨てや雇い止めや契約満了前の契約打ち切りなど かなり世間の注目を集めまして、何故か批判される標的が、キャノンとかの大手製造メーカになっているようですが、 100%間違っていないにしろ、批判したり抗議する先は違うのでは無いでしょうかね?

終身雇用制度の崩壊
日本型経営の象徴とも言える終身雇用の崩壊が指摘されまして既に10年が経過しているのですが、今回のコラムではその事について取り上げて書いて見 ようと思います。

自分にあった仕事の探し方
今回は失業とか職探しについて書こうと思いますが、自分にあった仕事を見つけられない人の約半分は、とにかく働ける場所で働いて労働は食べる為にっ て事で割り切って考えて居て、残りの人は職を転々としたりフリーターで食いつなぎながら自分にあった仕事が見つからないかなって事で、努力したりしなかっ たりって感じでしょうかね?

名ばかり正社員の増加について考える
誰が名付けて言い出したのか知りませんけど、名目上は正社員としての雇用契約になっているけど給料は10万円そこそこでボーナスは無しなんて非正規 社員と待遇は殆ど変わらなかったり、逆により重労働を強いられる労働者が増えているのだそうで、こーゆー人達を名ばかり正社員と言うのだそうですけど、名 ばかり管理職然り企業のほうもいかに安いコストで人を雇ってコストダウンできるのかって事に色々考えるのですよね。

リストラ回避策
今回のコラムでは少々暗い話題ですがリストラを回避する方法に付いて考えて見ようと思いますが、どうも日本ではリストラって言葉が持つ本来の意味で ある再構築って意味よりも、人員削減の対象者またはその行為って感じになってしまっているのですが、とにかく肩たたきされないように、両肩にイガイガを置 いておくなんて非現実的な方法以外で考えて見ようと思います。

電気自動車不況と雇用の収縮
私の知識の限りでは産業革命以来、技術の発展とともに多くの雇用を生み出してきたわけですが、ここへ来まして新しい技術によって雇用を収縮させる減少が出てくる感じなので感じていることを書いてみようと思います。

それでも芸能界を目指す?芸能界に入りたい?
本日のニュースで清水健太郎さんが、悪い薬を持っていたとの事で逮捕された事を報じていました。

年齢別の給与水準
今回のコラムでは男女の給料格差の事はさておきまして年齢と給与水準について書いてみようと思います。

年齢不問・容姿不問
最近は見かけることが少なくなりましたが求人広告の応募要項欄の年齢不問ってやつについて今回は書いてみます。

面接で落ちる人、採用される人材
私の場合は面接して採用して貰う側よりも面接官になって選考する側の経験のほうが多いのですけどハッタリでも単に勢いだけでも自信満々の態度でこられた方が騙されて思わず採用しちゃう場合が多いですね。

就職難と資格商法
どうも景気は悪いし正社員として働くにはこれといった特技も資格も経験も無いし、かといって一生非正規社員やアルバイトでやっていくのは避けたいしって事で、何か簡単に取得が出来て就職に有利に働いてカッコイイ資格がないかななんて安易に考えていると資格商法にひかかっちゃいますよ!

職を転々とする
今も青い鳥症候群なんて表現を使うのか分かりませんが、様々な理由から転職を繰り返す人は結構多くて確か昔聞いた話では新卒で入社して会社に定年退職まで勤め上げる人は半数に満たないのだそうです。

最低賃金と生活保護
厚生労働省の調べによりますと最低賃金が生活保護よりも下回る都道府県が12も有るのだそうで、今回のコラムではその事について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る