スポンサードリンク

時間の節約とATOK

今回のコラムでは個人的な体験を交えての内容になりますが、あなたは月にどのくらいパソコンに向かってキーボードを使って日本語を入力するのに時間を使っているでしょうか?

私の場合でメールの作成が1日平均で約30通程度と今書いているようなコラムが一日に二千文字程度ですから、そこから計算しますとざっと毎月50~60時間程度は日本語をパソコンに入力している訳ですが、この場合の日本語の変換精度ってのが結構な時間のロスにつながったり、ストレスの原因になったりするのでして、2008年現在私は誤変換だらけのMS-IMEは絶対に使いません。

MS-IMEの誤変換の多さはネット上でもかなり取り上げられていますが、あの誤変換の多さによる時間のロスたるや相当の時間になると予測されるのでありまして、実験した訳ではありませんが私が今使っているATOK とMS-IMEでは入力にかかる時間で最低でも10%位の違いが出てきてしまうと思います。

※MS-IMEは誤変換が多いせいも有りまして、単語毎に変換をかけていかないと、間違いが多すぎて一気に文節で入力出来ないのに比べて、ATOKは一気に文節で入力してしまって変換を書けても間違いが少ないのでとても効率に差が出るのです。

企業がコスト削減を考える場合において、どうしても直接的な出費や支払いを押さえる事に、先に目がいってしまいがちですが、コスト=時間の側面も非常に大きいのでありまして、私の場合ではパソコンでの日本語入力時間が長いため日本語変換辞書の変更が時間の短縮とコスト削減に非常に有効だった訳です。

でね、例えばこの文章を会社勤めの事務員さんとか営業マンが読んでですね、MS-IMEの誤変換によって無駄な時間を使っているって事に気がついて、上司とか経営者にATOKの購入をお願いしても、約半分の上司や経営者は理解できないのですよ。

これはいくら説明しても、数字で表しても頭の悪い経営者は上司は馬鹿の壁が邪魔をするのか、目先の僅かな支出を嫌がるのか、根本的にコスト削減の原則と原理を分かっていないのか、とにかくMS-IMEからATOKに辞書を変更して効率が上がってコスト削減になるって事が絶対に理解できないのですよね?

そーゆー上司は多くの場合、俺もMS-IMEを使っているけど全く不都合無く使えているし、誤変換はそれほど気にもならない、余計な事を考えてないで働けって間抜けな事を真顔で言ったりするのですが、まあ次元が違う低レベルの旧バージョンの脳みそでは一生理解できないでしょうね?

私はATOKで今日も快適に仕事していますがね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 良い経費削減と悪いと縮小均衡
  2. 経費削減による利益確保
  3. 人件費削減方法と社員の士気
  4. 経費削減の事例(失敗)
  5. 家賃の値下げの交渉方法
  6. 企業・工場の電気代の節約方法
  7. 経費削減のアイデア
  8. 広告宣伝費の削減
  9. 時間の節約とATOK
  10. 仕事中の喫煙
  11. 経費削減と設備投資
  12. 電話料金の削減
  13. 祝祭日、休日が多すぎる事
  14. 使えない社員をクビにする方法
  15. リース・レンタカー・タクシー
  16. NHK受信料の合法的解約方法
  17. 振り込み手数料の節約方法
  18. 安物買いの銭失い
  19. 家庭での節約術
  20. 見切り千両
  21. 休日出勤
  22. 時は金なり
  23. 携帯電話料金分計サービス
  24. リサイクルトナーとは?
  25. 消耗品の節約方法
  26. 固定費の削減
  27. 社員への節約意識の徹底
  28. 歩く効果と経費削減
  29. 経費削減コンサルティング
  30. 経済の将来と経済政策の問題
  31. 給料カットと人件費倒産
  32. 節約献立
  33. 企業内カーシェアリング
  34. 事務所の統廃合
  35. コスト削減と品質保持
  36. 扇風機の復権
  37. ささやかな贅沢
  38. 税金の節約
  39. 経費削減チェックリスト
  40. 残業を無くす方法
  41. Zライト
  42. 会社内の時間泥棒
  43. 法人用クレジットカード
  44. 正社員の削減
  45. アポ取り
  46. 灯油を軽油として使う方法
  47. 経費削減の成功と失敗の具体例
  48. 無駄な作業や無意味な仕事
  49. 営業マンの経費削減
  50. 節約の反動
  51. 固定費の削減方法2
  52. 悪い会議の進め方
  53. 通信費削減で長電話の増加?
  54. 名刺の整理や管理方法
  55. キッチン菜園と家庭での節約術
  56. 職場の人間関係の改善
  57. コストカットと大義名分
  58. ペレストロイカとは
  59. 経費削減運動とスポットの活用
  60. さぼる社員
  61. 泥縄式節約方法
  62. 社員旅行は必要か?
  63. 太陽光発電と助成金
  64. コスト削減(カット)のアイデア
  65. 見積書作成のコストと、あいみつ
  66. 顧客切り
  67. 経費削減の弊害
  68. 電話代(通信費)の削減(節約)方法
  69. 断る事と経費削減
  70. 消えゆく接待交際費
  71. 無駄使いの原因と対策
  72. ITで経費削減
  73. レシート(領収書)と税金の関係
  74. コストダウンと人件費の削減とか
  75. 時間と効率とコストについて
  76. 重税国家ニッポン
  77. 旅館ホテル民宿の経費削減
  78. 整理整頓と経費削減
  79. コストと需要と収益とコスト
  80. 残業と夜型人間
  81. 我が家の事業仕分けで年間約20万円節約成功
  82. 右肩下がり経済
  83. 残業を減らす方法
  84. まとめ買いと節約効果?
  85. 節約疲れと反動と
  86. 安売り競争の終着点
  87. コスト管理と営業活動
  88. 能率アップと並列処理
  89. 法人用クレジットカードとポイントと税金の事
  90. 経費削減と社員の動揺と士気の低下
  91. 経費削減と長期戦略
  92. 会議の進め方と段取り
  93. リサイクルトナーの問題
  94. 経理・総務社員の経費削減
  95. コストカットと下請けいじめ
  96. 携帯電話と仕事の効率
  97. 携帯電話2台持ちで経費節減成功です。
  98. 夕食材料宅配
  99. やっぱり石油ストーブ
  100. 良いコスト削減・悪いコスト削減
  101. 再び原油価格上昇でガソリン値上げ
  102. 雇用を守る企業と人員削減
  103. リストラの方法と対策
  104. コミュニケーションと飲みにケーション
  105. 事業仕分けと経費削減
  106. お先に失礼しますと残業削減
  107. 経営危機が会社を強くする?
  108. 経費削減のメリット

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る