スポンサードリンク

残業と夜型人間

たまたま私が過去にお世話になった会社だけがそうなのかもしれないのですが、就業時間が9:00~18:00までの会社におきまして19:00まで仕事を致しますと1時間分の残業代をしっかり請求できるのですが、朝早く起きて8:00から仕事を始めても残業代は請求できたのかもしれませんが、何となく請求しにくい雰囲気だったので有りまして、タイムカードがあればまた違ったのかもしれませんが、同じような会社は多いのでは無いでしょうかね?

個人的には定時に退社する事を良しとする性格ですので、仕事が立て込んできたら早めに出社して極力定時に退社できるように仕事をこなしていたのですけど、なんとなく遅くまで残って仕事をしている人間のほうが愛社精神が高くて頑張って仕事に取り組んでいるって雰囲気を感じ取ってしまうのですよね。

それと金銭的な事はさておき、例えば新人社員が朝早く出社して頑張って仕事に取り組みまして定時で自分の仕事を終わらせても、上司とか先輩社員が残業を始めていますと中々そーゆー状態でお先に失礼しますって言えなくて、新入社員も残業に付き合わされてしまったり無駄な残業代が発生してしまうって事は無いでしょうかね?

まぁ残業をしている人の中には朝早くから出社して昼飯もそこそこに仕事に取り組んでいても、山のような仕事が後から後から入ってきてしまって、帰りたくても仕事を残して帰れないので仕方が無く残業をしている人も大勢いらっしゃると思いますけどね。

ただ膨大な仕事量を抱えて朝早くから夜遅くまで仕事をしている人を除きまして、夜遅くまで仕事をするよりも朝早く仕事に取りかかって早く終わらせるほうが健康的だと思いますし、電車も朝早いほうが空いていますし、アフターファイブの時間も確保できますし良い事が多いように思うのですけどね。

あと書いたついでに言いますと、聞くところによりますと残業代が生活費に計画されてしまっている状態で仕事が少なくなって残業が減ってしまうと、給料の手取額が減少して生活に差し障りがあるって人も少なく無いようですね。

これはまぁ採用広告に年収が記載してあった場合に残業代を含めての表示だった場合など企業側に問題が有るような気もいたしますし、仕事が多くて残業が発生するのはむしろ良い事だって風潮もありますからね。

企業にとっては安易に人員を増員しても仕事が減少した時に簡単に首は切れませんから、残業でカバーするってのが経営手法として適切なのかもしれないですけどね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 良い経費削減と悪いと縮小均衡
  2. 経費削減による利益確保
  3. 人件費削減方法と社員の士気
  4. 経費削減の事例(失敗)
  5. 家賃の値下げの交渉方法
  6. 企業・工場の電気代の節約方法
  7. 経費削減のアイデア
  8. 広告宣伝費の削減
  9. 時間の節約とATOK
  10. 仕事中の喫煙
  11. 経費削減と設備投資
  12. 電話料金の削減
  13. 祝祭日、休日が多すぎる事
  14. 使えない社員をクビにする方法
  15. リース・レンタカー・タクシー
  16. NHK受信料の合法的解約方法
  17. 振り込み手数料の節約方法
  18. 安物買いの銭失い
  19. 家庭での節約術
  20. 見切り千両
  21. 休日出勤
  22. 時は金なり
  23. 携帯電話料金分計サービス
  24. リサイクルトナーとは?
  25. 消耗品の節約方法
  26. 固定費の削減
  27. 社員への節約意識の徹底
  28. 歩く効果と経費削減
  29. 経費削減コンサルティング
  30. 経済の将来と経済政策の問題
  31. 給料カットと人件費倒産
  32. 節約献立
  33. 企業内カーシェアリング
  34. 事務所の統廃合
  35. コスト削減と品質保持
  36. 扇風機の復権
  37. ささやかな贅沢
  38. 税金の節約
  39. 経費削減チェックリスト
  40. 残業を無くす方法
  41. Zライト
  42. 会社内の時間泥棒
  43. 法人用クレジットカード
  44. 正社員の削減
  45. アポ取り
  46. 灯油を軽油として使う方法
  47. 経費削減の成功と失敗の具体例
  48. 無駄な作業や無意味な仕事
  49. 営業マンの経費削減
  50. 節約の反動
  51. 固定費の削減方法2
  52. 悪い会議の進め方
  53. 通信費削減で長電話の増加?
  54. 名刺の整理や管理方法
  55. キッチン菜園と家庭での節約術
  56. 職場の人間関係の改善
  57. コストカットと大義名分
  58. ペレストロイカとは
  59. 経費削減運動とスポットの活用
  60. さぼる社員
  61. 泥縄式節約方法
  62. 社員旅行は必要か?
  63. 太陽光発電と助成金
  64. コスト削減(カット)のアイデア
  65. 見積書作成のコストと、あいみつ
  66. 顧客切り
  67. 経費削減の弊害
  68. 電話代(通信費)の削減(節約)方法
  69. 断る事と経費削減
  70. 消えゆく接待交際費
  71. 無駄使いの原因と対策
  72. ITで経費削減
  73. レシート(領収書)と税金の関係
  74. コストダウンと人件費の削減とか
  75. 時間と効率とコストについて
  76. 重税国家ニッポン
  77. 旅館ホテル民宿の経費削減
  78. 整理整頓と経費削減
  79. コストと需要と収益とコスト
  80. 残業と夜型人間
  81. 我が家の事業仕分けで年間約20万円節約成功
  82. 右肩下がり経済
  83. 残業を減らす方法
  84. まとめ買いと節約効果?
  85. 節約疲れと反動と
  86. 安売り競争の終着点
  87. コスト管理と営業活動
  88. 能率アップと並列処理
  89. 法人用クレジットカードとポイントと税金の事
  90. 経費削減と社員の動揺と士気の低下
  91. 経費削減と長期戦略
  92. 会議の進め方と段取り
  93. リサイクルトナーの問題
  94. 経理・総務社員の経費削減
  95. コストカットと下請けいじめ
  96. 携帯電話と仕事の効率
  97. 携帯電話2台持ちで経費節減成功です。
  98. 夕食材料宅配
  99. やっぱり石油ストーブ
  100. 良いコスト削減・悪いコスト削減
  101. 再び原油価格上昇でガソリン値上げ
  102. 雇用を守る企業と人員削減
  103. リストラの方法と対策
  104. コミュニケーションと飲みにケーション
  105. 事業仕分けと経費削減
  106. お先に失礼しますと残業削減
  107. 経営危機が会社を強くする?
  108. 経費削減のメリット

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る