スポンサードリンク

  1. 良い経費削減と悪いと縮小均衡
  2. 経費削減による利益確保 経費を削っても売上を上げても利益としては同じなのですが。
  3. 人件費削減方法と社員の士気 出来れば人件費にまで手を付けたくない経営者の方も多いと思いますが、
  4. 経費削減の事例(失敗) 今回のコラムは今までのまとめのような感じで、過去自分が体験したとか見聞した経費削減の事例について書いてみようと思います。
  5. 家賃の値下げの交渉方法 家賃が下がりますとストレートに固定費削減になりますので効果は大きいのです。
  6. 企業・工場の電気代の節約方法 小さい節約を行うよりも思い切って節約できる方法があるのです。
  7. 経費削減のアイデア 単に社員に発破をかけても出てこないのがアイデアでして方法が有るのです。
  8. 広告宣伝費の削減 真っ先に削減対象になる場合も多いのですが
  9. 時間の節約とATOK 個人的な体験を交えて時間時と経費の削減について書いています。
  10. 仕事中の喫煙 冷静に考えてしまいますと仕事中に席をたって喫煙に向かうのは相当のロスですよね?
  11. 経費削減と設備投資 ある程度の設備投資をしないと取り残されますが、借り入れが経営を圧迫する事も有りますね。
  12. 電話料金の削減 電電公社の時代に比べて随分と選択権が増えましたがわかりにくくもなってますね。
  13. 祝祭日、休日が多すぎる事 経費を削減しても休日が増えると水の泡になったりします。
  14. 使えない社員をクビにする方法 素早く大幅に経費削減できて更に業務効率も向上しますが。
  15. リース・レンタカー・タクシー 今回は社員の移動コストに関する内容です。
  16. NHK受信料の合法的解約方法 思い切ってテレビと決別しても何の不自由も発生しないのです。
  17. 振り込み手数料の節約方法 数が多くなってくると振り込み手数料も馬鹿にならない額になりますよね。
  18. 安物買いの銭失い 間違った経費削減方法の典型のようなやり方ですよね?
  19. 家庭での節約術 今回は家庭での節約について書いてみます。
  20. 見切り千両 元々株取引の世界での格言ですが
  21. 休日出勤 売上が不足している場合の休日出勤は費用対効果を良く考えましょうね。
  22. 時は金なり 経費削減の基本とも言える格言のような気が致します。
  23. 携帯電話料金分計サービス 携帯電話本体を負担しないで通話料金だけを会社で負担するシステムですが。
  24. リサイクルトナーとは? 何故かリサイクルトナーの普及は遅いのです。
  25. 消耗品の節約方法 塵も積もれば山となるって言いますが消耗品も合算すると結構な出費になりますよね?
  26. 固定費の削減 固定費の削減に成功すれば年度ベースでの利益確保ができますね。
  27. 社員への節約意識の徹底 笛吹けどおどらずって感じている経営者の方は多いのでは無いでしょうか?
  28. 歩く効果と経費削減 様々な意味で歩くって事が見直されているのです。
  29. 経費削減コンサルティング 経費削減は社内全員で考えたほうが効果が出るのでは無いでしょうか?
  30. 経済の将来と経済政策の問題 今回はちょいと暗い話です。
  31. 給料カットと人件費倒産 モチベーションが下がろうと反発が出ようと時には確固たる気持ちで断行が必要かな?
  32. 節約献立 会社の中での節約も家庭での節約も通じるところが有るのです。
  33. 企業内カーシェアリング 営業車は複合的にもの凄く経費を圧迫したり致します。
  34. 事務所の統廃合 地代家賃のような固定費の削減は効果が大きいですからね。
  35. コスト削減と品質保持 両立できない場合も多いのですよね
  36. 扇風機の復権 空気をかき回すって事はコスト削減に有効なのです。
  37. ささやかな贅沢 節約ばかりしていると息が詰まってしまう事も有りますよね。
  38. 税金の節約 沢山払う事を誇りにしたいところですが、実際は払いたくないって所が本音でしょうか?
  39. 経費削減チェックリスト 個別の経費削減を点検する為の一覧表の話です。
  40. 残業を無くす方法 これが成功しますと経費削減効果は大きいのです。
  41. Zライト スポット照明の代名詞、受験生の必需品だった時代もありますが
  42. 会社内の時間泥棒 本人に自覚がない場合が多くて始末に悪かったりするので有ります。
  43. 法人用クレジットカード 上手に利用すれば経費削減に効果を発揮するのです。
  44. 正社員の削減 人件費ってのは企業の支出に占める割合が高いですから避けて通れないのですよね。
  45. アポ取り これを確実に致しませんと膨大な無駄が発生するのです。
  46. 灯油を軽油として使う方法 はっきり言って脱税になるのですが、添加剤は割と堂々と販売されて居たりするのですよね。
  47. 経費削減の成功と失敗の具体例 まぁ元々無駄な経費を使いたい経営者なんて滅多にいないものなので有りますから、要は効率とかモチベーションを低下させないで経費をカットするにはどうすれば良いかって事なのでは無いでしょうかね?
  48. 無駄な作業や無意味な仕事 中には乾いた雑巾を更に絞るなんて言う雑巾が傷むだけみたいな事をやる企業も有るようですが、一般的には何処の会社にも無駄はそこら中に転がっているのですよね。
  49. 営業マンの経費削減 売れてりゃ何をしていようと一向に構わないし、経費を使ってもそれ以上の利益を会社にもたれしてくれていれば歓迎するなんて企業も結構有るように思いますけど、一番経費を無駄に使っているのが経営者と営業マンなんて事も少なく無いのでは無いでしょうかね。
  50. 節約の反動 過ぎたるは及ばざるがごとしって諺も有りますけど、節約も度が過ぎると色々と弊害があるのではないでしょうか。
  51. 固定費の削減方法2 日本中が企業も個人もこぞって一気に節約してしまったら、景気は一気に冷え込んでしまいますから一概に贅沢は敵だとは言えませんけど破綻したり破産するのはもっと問題なんですよね。
  52. 悪い会議の進め方 一応会議ってのは大切な社内の意思疎通や重要な事柄を決定するために行うのですけど、中には単なる時間の無駄でやらない方が良いって会議を毎月漠然と行っている場合も有るのでは無いでしょうかね。
  53. 通信費削減で長電話の増加? さもしいって言えば語弊があるのかもしれませんけど、無料で通話が出来るとなると無駄に長く話てしまう人も居ますし、昔の長距離電話は高かったので手短に要件を伝えて素早く電話を切ったと思います。
  54. 名刺の整理や管理方法 ちょっと溜め込んでしまいますと、整理にもの凄く時間がかかりますし、探したい名刺が見つからないと結構仕事に差し障りが出てしまって困ってしまうのですよね。
  55. キッチン菜園と家庭での節約術 まぁ節約になるかどうかは別に致しまして、結構楽しそうですし生命の息吹を感じる事が出来ますので、流行っても良いような気が致しますね。
  56. 職場の人間関係の改善 何だか何だ言っても人間が2人以上集まって企業が成り立っているわけですから、いくら改善策とかアイデアとか言ってみても、それを実行する人間同士がいがみ合っていたら何にもならないのですよね。
  57. コストカットと大義名分 時にはだれもが納得する理由が必要なのですよね、経費削減にはね。
  58. ペレストロイカとは その昔ソビエト連邦のエライ人ゴルバチョフって人が国家単位で凄い立て直しを行ったんです。
  59. 経費削減運動とスポットの活用 固定観念も捨てて固定費の削減を考えた場合にスポットの活用は経費削減に有効なのです。
  60. さぼる社員 もしかしたら経費削減を阻害する最大の要因はさぼる社員の存在だったり致します。
  61. 泥縄式節約方法 個人的には経費削減に泥縄式はとても有効だと思います。
  62. 社員旅行は必要か? 本当かどうかは疑わしいのですが一部報道によると社員旅行見直しの動きが有るそうですがね。
  63. 太陽光発電と助成金 何時の間にか廃止になって知らない間に復活していたようですが、告知が不足しているのでは無いでしょうか?
  64. コスト削減(カット)のアイデア まあコストなんて削れば削るほど利益に反映して儲るようになりますが、過ぎたるは及ばざるがごとしって事で、大変な事になってしまう場合も有りますから注意が必要ですよね。
  65. 見積書作成のコストと、あいみつ 営業マンや経営者の中には見積もり依頼を手放しで喜ぶ人も少なく無いようですが、内容によっては見積もり作成に随分と手間とコストがかかるのです。
  66. 顧客切り 冷たい素っ気ない書き方を致しますと顧客ってのは利益を与えてくれてこその顧客なのでありまして、単に赤字の原因であれば時に企業は赤字の原因を除去(削除・カット)する動きに走るのです。
  67. 経費削減の弊害 青い眼の経営者の方にコストカッターなんてあだ名を持った人も居たと思いますが、後になって色々と経費削減の弊害が出てくる事も有るのでありまして注意が必要です。
  68. 電話代(通信費)の削減(節約)方法 昔と比べて随分と電話代は安くなりましたし、電子メールの普及で安価な通信手段も増えたのですが携帯電話の普及のお陰で逆に通信費は増加傾向にある企業も少なく無いのですよね。
  69. 断る事と経費削減 別に営業マンじゃなくても断るべき時にはきっぱりと相手の要求を拒絶するって事は実は経費節約にかなり貢献するんだなって事が最近になってやっと分かってきましたので、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。
  70. 消えゆく接待交際費 商取引の潤滑油だなんて言い方をする人もいらっしゃったように記憶していますが、接待交際費って事について今回は書いて見ようと思います。
  71. 無駄使いの原因と対策 基本的にお金を使って何か物を手に入れるとかサービスを受けるってのは気持ちの良いことで、国で一生懸命やっている無駄使いと個人の浪費と少々違うのかもしれませんけど、無駄使いの原因ってのはやっぱりお金を使うのは楽しいことだからなので有りまして、それにまさる何かを会得するってのが無駄使いを止める最良の方法なのでは無いでしょうかね?
  72. ITで経費削減 これは一般企業にパソコンの導入が始まった頃から販売促進のためだか何だか分かりませんけどITでコスト削減だとか経費削減だなんて事を声高に叫んでいる企業が一部に有ると思いますが、今回のコラムではIT化と経費削減・コスト削減について考えて見たいと思います。
  73. レシート(領収書)と税金の関係 今日も朝からとあるマクドナルドでノートパソコンを開いてメールのチェックを初め一日の仕事はじめって感じなのですが、今日のコラムはレシートと税金の事について書こうと思います。
  74. コストダウンと人件費の削減とか 多くのと言いますか大部分の営利企業ってのはライバルがあって価格競争やら品質競争などを日夜考えて創意工夫しているわけですが、今回のコラムではコスト削減における人件費の削減について書いてみようと思います。
  75. 時間と効率とコストについて 営業マンでも事務職でも経営者でも時間の使い方とコストを効率良く使える人間に使えない人間は少ないと思います。(そーゆー事を書いている私自身が時間の使い方が上手いのかって効かれましても分からないって返事になってしまいますけどね)
  76. 重税国家ニッポン えっと分散させると全体像が分かり難くなるからかどうか分かりませんが、法人が国家に支払う法人税の場合ですと地方税を併せて実効税率は40%を超えていましたし、個人に対する所得税や住民税、社会保険料の合計で楽に30%を超えているのが普通なのでありまして、どう考えても法人も個人も稼いだ利益から三分の一以上は国民の義務として国家に税金の形で納めているのでありますから、使い道についてもっとシビアに目を光らせても良いのでは無いでしょうかね?
  77. 旅館ホテル民宿の経費削減 ちょっとしたことで太陽熱温水器のメーカーの方と話をする機会があったのですが、その内容と絡めて今回は旅館とかホテルなど宿泊業の経費削減について書いてみたいと思います。
  78. 整理整頓と経費削減 思うに整理整頓と経費の削減は深い関係にありまして、整理整頓が出来ないようですと、無駄な出費がかさむ原因になりますし無駄の排除も出来ないのではないでしょうか?
  79. コストと需要と収益とコスト 日本における特撮映像といいますか変身ヒーローや怪獣モノの第一人者といえる円谷プロダクションが経営危機に陥って最近パチンコメーカーに買収されたようですが、情報によりますとコンテンツ作成にコストがかかりすぎて低迷する需要に収益が確保出来なかったとの事。
  80. 残業と夜型人間 たまたま私が過去にお世話になった会社だけがそうなのかもしれないのですが、就業時間が9:00~18:00までの会社におきまして19:00まで仕事を致しますと1時間分の残業代をしっかり請求できるのですが、朝早く起きて8:00から仕事を始めても残業代は請求できたのかもしれませんが、何となく請求しにくい雰囲気だったので有りまして、タイムカードがあればまた違ったのかもしれませんが、同じような会社は多いのでは無いでしょうかね?
  81. 我が家の事業仕分けで年間約20万円節約成功 支持率の低下が著しい民主党は事業仕分けで支持率上昇につなげたいようですが、個人の家庭でも赤字じゃなくても事業仕分けのような事を行って見てもコストがかかるわけでも有りませんから結構面白いのではないかと思いませんか?
  82. 右肩下がり経済 私も20年以上の長きにわたって営業マンですとか営業責任者ですとか社長を務めていますが、過去は終始一貫して右肩上がりが基本で営業マンの売上目標の設定は前年度の実績に対して何パーセント上乗せするかが問題でしたし、会社の売上目標も全く同じに右肩上がりを前提に考えておりまして、目標設定とか予算を考える段階で前年割れの右肩下がりで計画することなんて考えられなかったのですが、最近は少々様子が違ってきているように思います。
  83. 残業を減らす方法 景気が良くて儲かっているときには残業が多くて会社の残業代の支出が多額になりましても、それは売上が好調に伸びている証で残業続きの社員の皆様は大変ですけど頑張ってくださいみたいなところが多分に有ったと思いますが、一転して景気が悪くなって会社の売上が落ちてきて経費の削減を考えなくてはいけなくなりましたら、やっぱり残業代の支出にもチェックが入ってしまうのですよね。
  84. まとめ買いと節約効果? 原油価格の高騰で一時期よりは郊外型大規模ショッピングモールやディスカウントショップやアウトレットモールの人気が落ちたとは思いますが、それでも休日になりますと安いところでまとめ買いして節約しましょうと考える買い物客で賑わっておりまして、帰るときには車いっぱいに荷物を積み込んで帰る人も珍しくないのですが、今回のコラムではまとめ買いは節約になるのかどうかを考えてみたいと思います。
  85. 節約疲れと反動と 一部の報道によりますと高級品の販売に持ち直しの動きが出ているとの事で、マスコミ曰く節約疲れの反動によって少々購買意欲が戻ってきたとの解説が有りましたが、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。
  86. 安売り競争の終着点 時代や消費者の動向を敏感に察知して対応して行くことは商売の基本ですが、どうも世の中が不景気で消費者が節約志向に走っている状況になりますと、どうしても安売り競争になってしまいがちですし、大概の商売は競争相手の存在が有りますから相手が価格競争を仕掛けてきたら自社のお客を取られてはなるまいと、追随するのが世の常で最近では牛丼業界がまさにこの様相ですよね。
  87. コスト管理と営業活動 製造業の場合でしたらコスト管理をしてない企業は無いと思いますし、なんとかして製造コストを下げるために試行錯誤している会社も非常に多いと思いますが、営業マンを束ねる営業部門のコスト管理ってとても難しい場合が有るのではないでしょうか?
  88. 能率アップと並列処理 能率と効率の違いは良くわかりませんが、今回はパソコンを主にパソコンを使って作業する方向けに能率アップの方法について書いてみようと思います。
  89. 法人用クレジットカードとポイントと税金の事 私の会社でも法人用のクレジットカードが存在しておりまして、電話料金からレンタルサーバーの利用料に有料道路の精算に会社の備品の購入まで各種支払いに大活躍しているのでありまして、毎月届く明細は経費支出のチェックにとても重宝するのです。
  90. 経費削減と社員の動揺と士気の低下 普段から徹底して経費の削減に務めているる会社は別と致しまして、売り上げ不振で急に様々な経費の削減を始めた場合は下手すると社員の間に動揺が広がりまして会社の将来に不安を感じたり、士気が低下したり仕事が出来る社員は念のため?転職のことを考え始めたり致しますので社長としては徹底して経費削減をしなくてはいけないのに、色々考えてしまって大ナタが振るえない場合も有りますし、逆に社員の気持ちを予測しないで経費削減を進めてしまって社員の間に動揺が走ってしまう場合もあると思います。
  91. 経費削減と長期戦略 会社の経費削減策にも短期的目線に立って短い期間での出費なら確かに経費削減効果は認められるけど、年単位の経費を考えますと実際にはかえって支出が多くなってしまうなんて事は良く有る話なんですけど、なにせ切羽詰った状態になりますと、先行きは分からないのでとにかく目先の経費を削減しましょうって事で実際には逆に事をやっている場合が少なくないのでは無いでしょうか?
  92. 会議の進め方と段取り たぶん想像ですが多くの会議は個人毎の発表会の会場になっていたり、責任者の演説会になっていたり酷いときには営業マン個人の追求の場所になってしまって、わざわざ全員の見ている前で個人責任追及のつるし上げ会なんて光景も珍しくないので有りまして、一昔前でしたら情報伝達の手段が少なかったですから会議の場は情報伝達と共有の場的な意味合いも有ったのかもしれませんが、どうも時間の無駄みたいな会議も少なくないのでは無いでしょか?
  93. リサイクルトナーの問題
    まずのっけからお断りしておきますと私の会社ではレーザープリンター(ブラザーHL-2040)にはリサイクルトナーを使いまして特に何の問題も起きていないので有ります。
  94. 経理・総務社員の経費削減
    今回のコラムでは先ずは見える化ありきって事と積み上げるのか達成目標削減額有りきにするのかって事で書いてみようと思いますが、経理の方ですとか総務関係の方の場合は社内で絶大な力を持っていて社内を掌握している場合と、反対に縁の下の力持ち的な存在で脇役に徹している場合と有りますよね?
  95. コストカットと下請けいじめ
    確か数年前にトヨタだったと思いましたが部品の納入価格を三割カットするなんて発言が有りまして下請けいじめに繋がるなんて声が出たことを記憶していますが、コストカットで一番手っ取り早いのは部品や商品を納入している業者に対して値引き交渉を行うって手法で、下請法では有利な立場を利用しての価格誘導は禁止していたと思いますけど、これが実際の運用となると中々難しいのでは無いでしょうか?
  96. 携帯電話と仕事の効率
    これは個人的に疑問に思っている事なのですが、ビジネスの世界に携帯電話が15年ほど前から入ってきまして、社外に出る営業マンを始めとしたビジネ スマンや経営者は、ほぼ100%携帯電話を持ち、仕事に使っているので有りますが、果たして個人の仕事の効率や全体の効率は上がったのでしょうかね?
  97. 携帯電話2台持ちで経費節減成功です。
    多くの企業では営業マンに支給している携帯電話の電話料金が経費を予想以上に圧迫している事を気にかけているのでは無いでしょうか?
  98. 夕食材料宅配
    夕食材料の宅配を利用されたことは有りますか?
  99. やっぱり石油ストーブ
    我が家の暖房器具は石油ストーブ、石油ファンヒーター、エアコンと有るが、最も活躍してくれているは石油ストーブである。
  100. 良いコスト削減・悪いコスト削減
    売上が上がらなければ利益を確保する為に、コストを削減する事は当たり前だと思います。
  101. 再び原油価格上昇でガソリン値上げ
    ここの所落ち着いていた原油の価格が上昇に転じて、ガソリンや石油製品の値上げが順次始まりだしました。
  102. 雇用を守る企業と人員削減
    人間なんて弱いもので一度溜め込んだ内部留保を吐き出せば乗り切れる状況だったとしても先が見えない限り、従業員を使い捨てにして人件費を削減して しまったほうが、内部留保の現象も食い止められますし、まあ景気が戻ったらまた求人でも出して、安い賃金で雇い入れればいいやって考えて居るかどうかは知 りませんが、まあ元々派遣社員を使い出した時点でいざというときにお払い箱にする事は想定済みだった訳ですし、非正規雇用を素早くお払い箱にして固定費を 流動費にしておいて助かった事を実感した企業は、次のステップとして正社員の待遇や雇用にまでステップアップする企業が出てきてもおかしくないですよね?
  103. リストラの方法と対策
    確か本来の意味は再構築だったと思いますが、我が日本国内ではリストラとは不要な人材にクビを言い渡してお払い箱にして人件費の削減をもって事業の 立て直しを図るって意味のほうが通用する気が致しますよね?
  104. コミュニケーションと飲みにケーション
    会社なんてものは人間が複数集まって構成されているのでありますから、人と人とのコミュニケーションがしっかりとれていないと組織として営利を目的 にして動くことが出来無いのでありまして、どんな会社でも指示系統が決められていてその指示系統にのっとって会社が運営されていきますので、その中で色々 とコミニュケーションが熟成されていくのでありますが、会社の仕事を離れて飲食を共にするって感じで、相互の理解を図るって事も昔からありますよね。
  105. 事業仕分けと経費削減
    政権交代が成功致しましてそれを実感出来る現象の一つに事業仕分けってやつがございまして、とにかく今動いている各種事業を俎上にあげて必要性ですとか予算の妥当性を半ば強引に結論をつけてしまうのでありまして、はっきり言って自民とはなぜ今までコーユー事をやってこなかったのか怠慢と言われても仕方がないと思いますね。
  106. お先に失礼しますと残業削減
    よしっ今日も仕事に集中して頑張って終わったし業務時間も終了したから、じゃお先に失礼しますとか、じゃ帰りますからって他に仕事をしている人を横目に帰れないで何となくどうでも良い仕事をやっているなんて場合が無いでしょうか?
  107. 経営危機が会社を強くする?
    例え話が大好きな人がする話の一つに竹には節がってだから強いんだなんて話が有りますけど、今回のコラムでは会社の経営危機について書いてみようと思います。
  108. 経費削減のメリット
    今回のコラムは1行で終わってしまいそうですが、経費削減のメリットは売り上げが上がらなくても利益が確保できる以上!なのですが気をつけなくてはいけないデメリットについてもスペースが大量にありますので書いてみようと思います。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る