スポンサードリンク

ドルコスト平均法とは

さて今回のコラムのテーマでありますドルコスト平均法とは別名として定額購入法ともいわれる、相場によって価格が変動する商品を購入する場合のリスクを軽減する方法として知られていますが、簡単に説明してしまいますと、毎月1万円とか10万円とか決められた一定金額で株式とか金とかを購入する方法でして、まあ相場が下がった(安い)時には沢山購入できて、逆に相場が上がった(高い)時には少ししか購入できなくて結果として、購入金額が平均化されるのでリスクが軽減されるって事ですが、もう少し冷静に考える必要が有るのでは無いでしょうか?

で先ず何よりも私が感じる事がこのドルコスト平均法のメリットを一番享受できるのは投資家は3番目でありまして、1番と2番目にドルコスト平均法で恩恵を受けるのは、安定した売り上げとか取引高とか手数料収入を得る事が出来る代理店(証券会社)や販売店、次に株式ですと自社株式の安定した相場が維持できる、株式の発行元ではないでしょうかね?

勿論、証券会社は自分たちの安定した売り上げを確保する為にドルコスト平均法なる手法を使った商品を開発して販売しているとは絶対に言わないと思いますが、個人的にはこれが普及した一番の理由だと思います。

まああちこちに同じような事が書かれていると思いますが、そもそも相場で価格が変動するような商品を購入する場合、価格が高騰(暴騰)した場合には買わないって選択権が最も賢い投資法ですし、株式相場で考えますと大きく損をする確率は低下致しますが、大きく儲る可能性もまた低下するわけですし、それでも会社の倒産や上場廃止などの要件によって、株券が紙屑になる可能性は全く軽減されるわけでは無いのですから、少なくともドルコスト平均法が万能って考えは、捨てたほうが良いでしょうね。

それと注意したいのがドルコスト平均法で購入を続ける事で思考停止状態と言いますか、株価の変動に無頓着になったり、業績や将来の予測をしっかり行う事を怠ってしまって、株価が下がっていても、”これで沢山買えるし購入した商品の平均単価が下がるし”って感じで自分の資産が目減りしているのに喜んでしまうって事だけは絶対に止めましょうね?

但し、株式投資や金の購入などソバが変動する商品を最低でも10年の単位で長期で保有したい且つ、資金的に毎月無理のない範囲で投資を行いたい希望を持っている人には、ドルコスト平均法を利用するのは悪くないと思います。

追伸
相場が変動して価格が上下するって事は結局はリスクを伴うって事を忘れないようにしたいですね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ロト6当選番号予測ロジックと欲が身を滅ぼす原理
  2. バブル時代の株式運用の成功体験は使えるか?
  3. 株式運用成功方法はなぜ実践できないかを考える
  4. 私の株式経験談
  5. 株主の権利と権限について考える
  6. 大恐慌と株式取引
  7. 株価操作と掲示板
  8. FX取引に手を出すな
  9. 値幅制限の問題
  10. 世界同時株安考
  11. 絶対に損をしない投資方法
  12. 株式取引と鉄火場とは
  13. 空売りの問題点
  14. 投資と投機の違い
  15. 従業員持株会のデメリット
  16. 年金と株式運用
  17. ビギナーズラックとは?
  18. ナンピン買いに注意
  19. 政治と株価と零細企業
  20. 冷静な判断
  21. 株価予測ソフト
  22. 未公開株の販売
  23. タンス預金と運用
  24. ヘッジファンドとは
  25. 投資家の心得
  26. 信用格付け機関の格付けが必要です。
  27. 円高+デフレ時代の資産運用
  28. ドルコスト平均法とは
  29. 金融工学の正体とは
  30. アイデアと投資とベンチャーキャピタル
  31. 不動産ファンド
  32. 株価変動の理由
  33. 株価対策不要論(政府の株式(CP)買い取り介入)
  34. イスラム金融とは
  35. デフレの時は現金が一番
  36. 投資コンサルタントの選び方
  37. 金のなる木
  38. お金を安全確実に増やす方法
  39. ロボットによる株式運用
  40. 担保と資産価値の減少
  41. 景気と二番底とは?
  42. やってはいけない資産運用
  43. 倒産・破産と弁護士費用の問題
  44. 計画破産と方法論
  45. 損切りとは?
  46. 安全確実にお金を増やす方法
  47. 外貨預金について考える
  48. 投資の世界でカモになる人
  49. ファイナンシャルプランナーとは
  50. 投資詐欺と安全な投資
  51. 不労所得を得る方法を考える
  52. 資産運用と税金の事
  53. サイバークレジット(決済代行会社)倒産
  54. 必ず儲かる投資の話
  55. 将来への蓄えについて考える
  56. 天候不順と株価の変動
  57. 最近FX投資の広告が多い件(儲かるの?)
  58. 2010年の業界別株価予測
  59. ブラジル投信は危険?安全?
  60. 老後の資金と老後難民
  61. 不労所得と課税強化を考える
  62. ギリシャショックと株価の下落
  63. 商品先物取引と電話コールとセールストーク
  64. 目減りしない資産
  65. 老後資金について考える
  66. 株安対策
  67. 資産運用と完全成功報酬型コンサルタント
  68. 水に落ちた犬は打て
  69. 元金保証・高利回り、高配当の金融商品
  70. 円高対策
  71. 先行投資
  72. 株屋は信用無い発言を考える
  73. 新銀行東京
  74. 一攫千金とお金持ちになる方法
  75. 濡れ手に粟
  76. 人民元預金は危険?
  77. レバレッジ規制
  78. あぶく銭とは
  79. 必勝法

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る