スポンサードリンク

  1. 新聞販売店のフランチャイズオーナー募集の不思議
  2. 嗜好の地域差とフランチャイズ展開の失敗の原因
  3. コンビニ経営と家族の協力
    独立開業もしかりですが家族の協力は大きな力になるのです、逆に家族が最初から非協力的ですと上手く行くもの経営失敗、廃業の道を辿ることになりますし、その場合は悲惨ですから最初から手を出さない方が良いのかも知れないですよね。
  4. コンビニ経営と経営者の力量
    本部のマニュアルや指導によって運営を行うのですが、経営者の力量の差はやはり出てしまうのですが、なにせ加盟するオーナーは素人からスタートする場合が多いですから本部の口車とか豪華なパンフレットで勘違いしたりしてしまうのですよね。
  5. フランチャイズ本部の良し悪しの見分け方
    一言でフランチャイズチェーンと言っても玉石混合の雲泥の差が有るのですが、説明会で話を聞いて外から少し見ただけでは良し悪しが分からない場合が多いですし、優良なフランチャイズ本部でもとっつき難かったりする場合があるのです。
  6. フランチャイズ加盟のメリット
    言い換えればメリットを提供できないフランチャイズ本部は加盟する意味がないのですが、中には加盟店から徴収する加盟料と毎月のロイヤリティだけが目当てにオーナーを募集する本部もあるようですからね。
  7. 洗濯代行のフランチャイズ
    クリーニング屋さんとどう違うのか?フランチャイズのメリットはあるのかについて考えてみますが、通常はクリーニングに出さないような小物まで洗濯代行は請け負うようですが、果たして需要が有るかどうかまで少々疑問が湧いてきてしまうのです。
  8. コンビニと後継者の問題
    日本に登場して20年が経過致しまして、後継者の問題が出てきていますね、親が苦労するところですとか資金繰りに窮して借金が増えていたりと、後を継いでコンビニ経営をやってみたいって人が尻込みするような現実も多くて難しいですよね。
  9. 急成長のフランチャイズ本部
    短期間で急成長している事を誇るフランチャイズ本部も数多いですが果たして良い事なのでしょうか?勿論加盟店が上手く利益を出して成長している場合も有りますが、中には加盟店を集めるのが上手なだけで加盟店は儲ってない場合も有りますからね。
  10. 甘い収益モデル予測
    バラ色の収益モデルを提示されても冷静に判断する必要が有るのです、まあフランチャイズ本部の仕事の一番は加盟店を出来るだけ沢山集めることですから、オーナーがやる気を無くすような資料は見せる訳がないですよね。
  11. フランチャイズ商法
    フランチャイズ商法の本質について考えてみますが、実際の所、共存共栄と言いますかWin Winの関係を構築できているフランチャイズシステムがどの位あるかを考えてみますと、たぶん一割にも満たないのでは無いでしょうか。
  12. 貴金属買い取り
    金やプラチナ相場の上昇でフランチャイズが出てきているようですが、相場によって大きく左右される商売ですし、素人がいきなり初めて軌道に乗せることが出来る教育システムがあるかどうかはしっかり見極めが必要ですよね。
  13. フランチャイズ加盟金の問題
    慣例なのかもしれませんが加盟時に徴収される加盟金には謎が多いのです、誰もが知っている有名なフランチャイズチェーンでしたら加盟金も理解できますが、出来たての名も無き本部ならば逆にオーナーが加盟金を欲しい位では無いでしょうか。
  14. フランチャイズと上納金
    実際にはロイヤリティと呼ばれる代物ですが別の呼び方の方がしっくりくる気が致します、勿論フランチャイズ本部の収益の柱はこのロイヤリティですから無くなる訳はないと思いますが、加盟店の中にはこれの支払いに苦労しているところが多いのでは無いでしょうか。
  15. 飲食店で独立、成功と失敗
    脱サラして独立の定番と言えば飲食店ですが、季節によって変動がありますし不況の影響で家に籠って食事をする人が増加中でもありまして、小さな店でも軌道に乗せるのは並大抵ではないかも知れないですよね。
  16. フランチャイズオーナーの人件費
    どうもフランチャイズ本部の多くがオーナーの人件費を考えていないのではないでしょうか?つまりその加盟店オーナーが無給に近い形で滅私奉公することによってやっと経営が成り立っている所もあると聞きます。
  17. コンビニ弁当廃棄問題
    これがフランチャイズ加盟店の経営を圧迫していると聞きますが、訴訟とか勿体ないて感情だとか世間に知られてきたなどの理由で、コンビニの弁当廃棄にも少々新しい動きが出てきたようですね。
  18. 移動販売のフランチャイズ
    古くから有る焼き鳥に始まり、メロンパンにアイスクリームなど色々出てきていますが、時に軽自動車を少々改造した車で不当に高すぎる金額で斡旋していると思われる場合も有りますし、商品が作れても売れる場所を確保出来ないと売上げ確保は難しいですよね。
  19. フランチャイズ本部の選び方2
    一度加盟しますと簡単には脱退できない事も有りますので慎重が求められるのですが、加盟する時は失敗するだなんて考えませんし、経営者になったことがない人には、フランチャイズとはいえ経営の厳しさは幾ら言っても理解できないのは仕方が無いことなのでしょうね。
  20. 脱サラして独立
    不景気になりますと脱サラしてフランチャイズで独立を考える人が増えると聞きますが、サラリーマンで上手く行かなかった人が脱サラしたら上手く行くなんて事はそれほど多くないと思いますが、チャレンジする精神は良いことだと思います。
  21. のれん分け制度とフランチャイズ
    日本は昔からのれん分けと呼ばれるフランチャイズシステムが有るのですが、基本的にのれん分けって言葉が使えるのは何年も店で働いてから独立が認められるて制度でして、一ヶ月程度の研修で独立させてしまうフランチャイズとは訳が違うのです。
  22. フランチャイズと訴訟
    フランチャイズが定着して増えるにつれ争いも増えているのですが、加盟時に結ぶ相当オーナーにとって不利なフランチャイズ契約書にも光が当たりつつ有るようですが、加盟する時によく読まない人が多いのだとも感じますよね。
  23. デントリペアのフランチャイズ
    中小自動車整備工場がある中、果たして市場は大きいのでしょうか?まあ今のところ日本人は世界で一番車を綺麗に使う民族ですが、若者が車に対する憧れを失って、脱車社会に向かわないとも限らないですよね。
  24. 簡単に儲かる話
    甘い話は簡単には無いですよって事なのですが、とある場所には沢山転がっているようなのです、但し注意しなくてはいけないのは簡単に儲る話は沢山転がっていますが、実際に現金を手にすることが出来るかどうかは別問題なのです。
  25. 学習塾と生徒集め
    フランチャイズの効果が比較的出しやすい学習ですが少子化対策が急務でしょうね、それに小中一貫教育とか推薦入学とか通常の学力試験以外の入学窓口が増加してきますと、学習塾も生徒集めの方法に知恵を絞る必要が出てきますよね。
  26. お掃除、風呂釜クリーニングのフランチャイズ
    フランチャイズにも色々ありますが、一般家庭向けの商材ですね、まあ儲るか儲らないかは別にしましてこんなものが商売になるのかって内容までフランチャイズ本部が出てて来たりしますが、少なくとも3年は様子を見ないと商売になるかどうかは分からないですよね。
  27. 経営努力について考える
    フランチャイズ加盟後の経営努力について考えてみましたが、フランチャイズ本部はオーナーのお金と努力を当てにして、加盟店側は本部のノウハウや指導力に期待して加盟するって感じでしたら失敗する確率はうんと高くなりますよね。
  28. 誰かに背中を押してもらう
    誰かに背中を押して貰わないと決断が出来ない人っていますよね、ただ良い人が背中を押してくれればよいのですが、よからぬフランチャイズ本部の営業マンが契約確保の為に強く背中を押すことだって有りますから注意が必要ですよね。
  29. フランチャイズ契約の解約
    行きはよいよう帰りはコワイ?加盟店契約は話を聞いて判子を押せば直ぐに完了したり致しますが、脱退とか契約解除になりますと時として加盟金の返還だとか違約金だとか訴訟にまで発展する事も少なく無いので有りまして、改善の余地が大きいのではないでしょうか?
  30. 自己資金0円で独立開業
    やたらと高い加盟金を徴収する本部も有れば0円で開業可能なフランチャイズも有るのですが、元々フランチャイズに加盟して商売すれば一人で独立するよりも極端に成功率が高い訳でも有りませんから冷静に判断する必要がありますよね。
  31. 独立とプロダクトライフサイクル
    現在どんなに売れていてもいつかは商品寿命が尽きるのです、ですからこのプロダクトライフサイクルを見誤ると直にじり貧状態になって最後はどんなに手を尽くしても撤退を余儀なくされるって事も有りますよね。
  32. 不景気対策と経営者
    日本は長い長い不景気のトンネルに入ってしまったようですが、経営者は素早い対応が求められるのですが、フランチャイズに加盟してるって事で本部が何か考えるだろうなんて甘いことを考えて居ますと、本部もろとも破綻したりする場合も有りますよね。
  33. フランチャイズと共済制度
    オーナー即ち独立した事業主ですから、守ってくれる後ろ盾はないのですが何となく困った時には本部が助けてくれるなんて甘い考えのオーナーさんも少なく無いのでは無いかと思いますが、そう優しいフランチャイズ本部は少数派では無いでしょうか。
  34. 粗利率・利益率が高い商売
    粗利率が高いのは良いことですが、中身を確認する必要が有ります、つまり粗利率が非常に高くても商品単価が低ければ実際の所は手間賃位しか手に出来ませんし、体を動かして手にする作業系であれば粗利率が高いのは当たり前です。
  35. 赤字経営と家庭崩壊
    何のために働いているのか、冷静に考えないと分からなくなるのです、つまり加盟した店を守る為に家庭崩壊したり家族に苦労をかけてしまうのであれば本末転倒ですから、さっさと脱退して別の道を考えたほうが良いような気が致します。
  36. フランチャイズ中途解約と違約金
    店を閉めたくても閉店できない原因が高額な違約金の場合が有りますね、中には毎月高額のロイヤリティを加盟店から搾り取って、脱退できなように違約金を設定する場合も有るようですから、加盟する前にその辺りの確認をしておきたいものですよね。
  37. 損益分岐点
    利益を出すには売上を上げるか損益分岐点を下げるかですが、損益分岐点を下げるって事は時に人件費を削減したりしてオーナーを圧迫するだけだったりしますし、売上げを上げる何て事は言われなくても普段から努力しているのですよね。
  38. 開業前の研修とアフターフォロー
    フランチャイズ加入のメリットとして研修制度がありますが研修が終わればはい頑張ってねって感じで放り出される場合も有りますし、逆に軌道に乗るまで指導を徹底する所も有りまして、その差は大きく雲泥の差だと言っても良いのでは無いでしょうか。
  39. リサイクルショップのフランチャイズ
    その昔は質屋さんと呼ばれていました業界ですが、エコ思考とか勿体ないって言葉の広まりとともにリサイクルショップの人気が高まって参りまして、そう致しますと何時の間にかフランチャイズにして全国展開しようって考える人が出てくるのですよね。
  40. パソコン教室
    その昔、アビバってフランチャイズが御座いましたが最後は・・パソコンの一般家庭への普及と共に全国に色々なパソコン教室が開店致しましたが、それほど儲る業種でもなかったって事でしょうかね。
  41. コンビニで独立開業
    年中募集をしているのがコンビニオーナーですね、長時間労働だとか低賃金などネガティブなイメージが何時の間にか広がってしまったようで、全国展開で広く知れ渡っているにしては、結構ささえているオーナーは苦労しているのですよね。
  42. 儲かるフランチャイズ
    どんなフランチャイズ本部でも儲かるって言うのが普通ですが実際には過半数が赤字になるのです、しかもフランチャイズ本部は盤石の黒字だけど加盟店の多くが赤字に苦しんでいる何て事も結構有るようで、本部が景気よく見えても安心してはいけないのです。
  43. フランチャイズ本部比較
    どうせ比較するのでしたら徹底して比較して欲しいと思いますが、実際の所は加盟してみて営業を開始しないと分からない部分も沢山有ると思いますし、どこだって表面上は良く見せようと努力しますからね。
  44. 不況対策
    しっかり素早く対策を立てない企業は倒産するのですが、単価を下げれば客足は延びても利益が減ってしまいますし、広告宣伝をするにも結構な費用がかかりますし人件費カットではモチベーションが下がったりしますから、頭をひねってしまうのです。
  45. 破産と夜逃げ考
    経営者たる者最悪の状態も考えておく必要が有ると思いますが、独立する段階で失敗とかましてや夜逃げなんて考えて居る人は皆無だと思いますが実際の所は成功する人よりも失敗する人が圧倒的に多いのですから、考えておいて損はないと思います。
  46. 不況時に絶対儲る商売
    過去に何度も不況がありましたがその度に出てくる商売が有るような気がします、つまり不況で儲ってない人が沢山居る時代なら、絶対儲るって言えば多くの人が引っかかって来るので有りまして、まあ目先の現金に冷静な判断が出来なくなる人が昔も今も多いのですよね。
  47. 不況に強い商売【仕事】
    まあ経済情勢なんて好況と不況が交代にやってくるんですけどね?まあ世の中ある意味上手くできていまして好景気でも大きく儲らない商売でも不景気になっても大きく落ち込まないでむしろ伸びるって商売も有るのですよね。
  48. コンビニと万引対策
    たかが万引き、されど店の存続まで左右してしまうのです、大きな店では万引きGメンを雇って万引きするお客を摘発した方が、人件費を考えてもメリットが大きいほどになってしまいまして、不況になると更にこの状態が進むのでしょうね。
  49. ファーストフードは曲がり角
    日本初のファーストフードが銀座に出来てからすっかり定着しましたね、一部の大手は徹底的な低価格路線や健康路線で勢いを維持していますが思い切った手が打てない所は明らかに停滞しているようで、ココでも二極化が現れて来たって所でしょうか。
  50. フランチャイズ本部の選び方
    カタログの豪華さとか営業マンの物腰で決めてはいけないのです、独立して成功するかどうかの第一歩ですし間違った方向に歩み出しますとフランチャイズの場合は簡単に後戻りできませんから慎重の上に慎重が求められるので有りまして、営業マンがせかしてくるのであれば断ってしまったほうが良いと思います。
  51. 中古車販売のフランチャイズ
    モータゼレーション、車社会から変革を遂げつつ有るのが日本のような気がします、なにせ新車が売れなくなりましてメーカー系の販売店は認定中古車に力を入れるようになって参りまして、街の中古車屋さんも大変なのでは無いでしょうか。
  52. 加盟金詐欺
    オーナーと本部と加盟金を巡るトラブルが多いようですね、中には加盟店を出来るだけ沢山集めて加盟金を徴収することが第一目的で他は二の次なんてフランチャイズ本部も中には存在するようですから、気をつけなくてはいけないのです。
  53. 自信か過信か?
    その時の判断や感じ方が自信だったのか過信だったのかは後で分かるのですよね、つまり世の中は結果が全てで勝てば官軍ですし、買った方が強いって言葉も有るのでして、結果が出てみないと判断がつかない場合も多いのです。
  54. 脳内お花畑とは
    経営者たる者、時には突飛な発想も必要ではありますが、脳内お花畑を持つ人が大成功する場合も有りますが、失敗する人はその何倍も多い訳で、しかも結果は後にならないと分からないのですよね。
  55. 顔と名前を一致させる方法
    実は私も苦手なのでありまして、結構苦労したりしているのですが、営業とか商売をしていますと顔と名前を一致させて覚える方法を身につけている人は一つの長所であり特技なのでありまして、逆の場合は弱点になってしまうのですよね。
  56. コロちゃん倒産に思う
    日本中に同様の倒産事例はそてこそ山ほど有るのですが加盟店を大量に集めたフランチャイズ本部の倒産は多くの人に迷惑をかけますし、路頭に迷わせるのですが、事例としては多いのでは無いでしょうか。
  57. 経費の使い込み
    会社をおかしくしてしまう原因の中でも結構大きな要素なのですが、分かっていても目の前に現金があるとつい使ってしまうとか、元々浪費癖のある人が晴れて独立して経営者になった途端に、違う方向に走り出してしまったりする場合も有るのですよね。
  58. 集客商品と収益商品
    読んだ感じは同じような言葉ですが内容は全然違うのです、つまり集客商品で出来るだけ多くのお客を集めて、収益商品で利益を確保する必要が有るのですが、集客商品だけ買って帰るお客が多いのはどこも悩みの種では無いでしょうかね。
  59. 経営者とワーキングプア
    実際の所、フランチャイズオーナーでワーキングプアに陥っている人は少なく無いのでは無いでしょうか?一応は社長の肩書きで背広なんて着ているととてもワーキングプアだとは思えなくても、厳しい経営状態で財布が空の経営者も結構存在するのです。
  60. 日本蕎麦とフランチャイズ
    外食産業の世界でフランチャイズ全盛の中に有って、日本蕎麦屋さんは個人経営店が頑張っているのです、まあ立ち食いソバの世界ではフランチャイズ全盛ですが、本格的な日本蕎麦っていいますと頑固親父を想像する人が多いですからね。
  61. 貧困ビジネスとは
    まあ日本社会が二極化してしまいますと裕福層か貧乏人かどちらかを相手にして商売する必要が出てきてしまうのですが、貧民を相手にしたビジネスはリスクが高い分だけ色々と考えて損をしないような仕組みを導入したりしますが、時に国民の批判を集めたり致しますね。
  62. 外食チェーン考
    知らない土地に行っても名前を知っているとか利用した事がある外食チェーンだと安心して入ってしまう?って事で外食チェーンが全国的に進出して地場のレストランのお客を奪ったりしているようですが、果たして食文化って観点で良い事なのでしょうか?
  63. FCビジネスと指導力
    はっきりって指導力が無いって事は人間としての魅力も少ないのかもしれないですよね、しかも問題なのはフランチャイズ本部の場合は加盟してからでないと本当の指導力は推し量れないのでありまして、かけてみるみたいな所が有るのですよね。
  64. 経営者の心構え
    個人事業主でも上場企業でもフランチャイズオーナーでも経営者としての覚悟と心構えが必要で大切なのですが、特にフランチャイズオーナーの中に経営者としての心構えが不十分な人が少なく無いような気がしますが、気のせいでしょうか。
  65. 不況とコンビニ経営
    未曾有の大不況の中でもコンビニエンスストアの売り上げは健闘しているようですが、どうも外的な一時的な要因で油断禁物でしょうね、なにせスーパーが深夜営業を始めたり、惣菜に力を入れたりしていますからね。
  66. 単品商売の危険性
    その昔、テレビコマーシャルで牛丼一筋80年なんてのが御座いましたが、単品商売はメリットも大きいですが同じ位、経営上の危険がありますよね。
  67. 産業の栄枯盛衰
    どんなに時代の最先端の産業でも花形産業でも何十年か経過しますと他の産業に追い抜かれて主役の座を明け渡す事になるのですが中にいる人達は外から見るほど冷静になれなくて、頑張っちゃったり致しますね。
  68. 経営者の引き際
    例えば40歳で経営者に目出度くなる事が出来たとしても第一線で経営者として君臨できるのはどんなに長くてもせいぜい30年も無いので有りますからちゃんと引き際を考えておく必要があるのです。
  69. 不況に強い資格
    中には何の役にも立たない足の裏についた飯粒みたいな資格もありますし資格商法みたいなものまで跋扈する世の中ですが、いざというときに就職とか独立に役立つ資格も数多く存在するので有りまして、特に不況・不景気の時にそのありがたみを実感できる場合も有るのですよ。
  70. 独立開業資金調達と自己資金
    よーく考えようお金は大事だよなんてコマーシャルソングも聞いた事が有りますが、サラリーマンやOLに見切りを付けて経営者の道を歩み出そうとした瞬間から、お金の問題が大きく目の前に迫ってきたり追いかけてくるのが普通なのでありますが、独立前には甘い夢を見ていて現実との違いに後になってから気が付いたりするのですよね。
  71. 就職と会社の寿命
    日本を代表するような企業であっても、今もの凄い内部留保を抱えていて盤石の財務体質でも、無借金経営を何十年も継続していても、経営者が代替わりした途端とか、大きな経済状況の変化だとか、扱い商材のプロダクトライフサイクルの問題などで会社がその役割を終えて静かに世の中から消滅してやがてみんなに忘れられるって事は全ての企業に当てはまるのです。
  72. 農業で独立する方法
    ちょっと前までは農業で生計を立てるには農地の確保の問題とかがあって、農家の家に生まれないと事実上不可能なような所が有って農家になりたい人も非常に少数派だったのですが、時代の流れなのでしょうか農業がクローズアップされて参りまして、未経験で農業の世界に飛び込みたいと思う人が随分と増加してきたようですね。
  73. 適正(適切)な内部留保
    基本的に企業規模が小さいほど先行きに対する不安が大きいので、せっせと内部留保の励む気持ちは充分理解できますが、だからと言って簡単に人員削減に走ったり過剰な経費削減に走ってしまいますと、逆に企業は衰退の道を進み始めてしまうので有りますから、経営者はバランス感覚が必要なのです。
  74. 商売の種(ネタ)の見つけ方
    考え方の一つとして種を蒔かないと芽が出ないって考えもありますし、逆に芽が出るかどうか分からないような事業に投資するよりも安全確実に、将来性がはっきりした業種や商材に賭けるって考え方もあるのですが、中にはハイリスクでなおかつローリターンって事も有りますから注意が必要ですよね。
  75. 商売の基本
    えっと冷静に客観的に考えれば商売の基本なんてとっても単純な事ですし、難しい事はないのですが本部からのマニュアルを頼り切っていたり、何時の間にか徐々にずれていって、忘れてしまう事だって有るのですよね。
  76. 自動販売機のオーナー募集
    ジュースの自動販売機を一般個人に販売してオーナーになって貰うって商売はずっと昔から有ったと思いますが、とっくの昔に消滅していたと思いきや、今現在でも自動販売機のオーナー募集はされているようですが、そんなに儲るんだったら人にやらせないで自分でやれば良いのにって個人的に思うのですがね。
  77. 代行業での独立開業
    人が嫌がる事ですとか、面倒な事ですとか専門的な技術や知識が必要な作業など、代行業が世の中に必要とされる事は少なく無いのですが、ちゃんと選びませんと誰でも出来るような代行業では労多くして益少なしなのです。
  78. 週末起業
    甘い考えは最初から捨てて始めませんと損失を被る事もありますし、お金を貰う相手(お客)にとっては週末起業だろうとプロだろうとお金を払った相手としてプロの仕事を要求しますから、簡単じゃないのですね。
  79. 脱サラ成功率100%?
    フランチャイズ本部はオーナーを出来るだけ集める事が仕事ですから、そりゃ都合の悪い事は極力伏せてあたかも加盟すれば成功間違いなし何て感じで集めておいて、数年で破綻するなんて悪質な例も有るようですから、細心の注意を払う必要が有りますよね。
  80. 部下がついてこない上司(部下の管理方法)
    無能・ワガママ・イバリンボ・優柔不断など下っ端の社員だった頃は目立たなかった欠点が部下を持った途端に色々出てきてしまう事も有るのですが、簡単に降格されない日本では部下になった人も不幸ですが、企業にとっても損失が大きいですよね。
  81. 0円独立は本当に無料?
    全く無一文でも社長になれるって思って居る人は居ないと思いますけど、単なる完全歩合給の営業マンで社会保険や税金の処理も自分でやって下さいねって事で独立開業させちゃう悪徳企業も中には存在しているのが現状なのですよね。
  82. 学習塾経営とフランチャイズ
    経営効率とか知名度の問題とかこれから迫り来る少子化の事も合わせて考えますと、相当規模を拡大しないと負け組になってしまうかも知れない業界ですから、結構力を入れて加盟店の募集をしているフランチャイズ本部も多いですよね。
  83. フランチャイズと営業所展開
    まぁ素人のオーナーを集めて多店舗展開してみんなが黒字でハッピーになれるほどのノウハウや商品力があるのでしたら、直営店とか営業所展開したほうが余程確実な経営だと思いますが、わざわざ他人を集めて加盟金を徴収するのは何かわけがあるのでしょうか?
  84. 犬のレンタルシャワールーム
    たまたまたまたま車で前を通りかかっただけで、フランチャイズチェーンなのか独自にやっているのか不明ですが、場所によっては結構面白い商売かな?と感じましたね。
  85. フランチャイズ経営の成功率
    世の中フランチャイズ化されたチェーン店が増えてはいますけど、逆に倒産するフランチャイズ本部も多いわけですから成功率が高いという事にはならなくて、もしかしかた失敗率のほうがうんと高いのかもしれませんね。
  86. 起業のアイデア
    本人も周りの人間も素晴らしいアイデアだと思っていても実際に起業してみると数年で破綻してしまったり、逆に誰の目にも腐ったアイデアにしか思えなかった事が、大成功を収めたりとにかく実際に行動してみないと分からないのですけどね。
  87. 脱サラの失敗率
    まぁ独立する前から失敗する事を考えて居る人でしたら、たぶんそーゆー慎重な人は脱サラなんてしないのだろうと思いますが、ご想像通りに失敗率はとても高いですよね。
  88. ヒット商品と二番手商法
    リスクを取って商品開発をするよりも流行った時点で素早く真似しちゃうようなやり方をどう感じるかってのは、人によって考え方が違うと思いますが、ある意味安全な経営って事も言えるので有ります。
  89. 不要品買取回収と不法投棄
    私の住む千葉県東金市のとある場所では年に一回だか、町中のゴミゼロを目指して一斉清掃の日がありまして、その日は地域住民総出で地域の清掃やゴミの回収に当ります。
  90. 代理店契約と連帯保証人の問題
    各所で問題が取り上げられたり、連帯保証人はとってもコワイので絶対になってはいけないって言われていても、未だに連帯保証人の恐ろしさが理解できていない人がとっても多いのが現実なのでしょうけど、そーゆー話も含めまして今回の話題は代理店契約と連帯保証人について書いて見ようと思います。
  91. 代理店からの値引き要求対応
    同じ物を買うなら安い方が良いし、値引き交渉をするだけで何万円か安くなるのでしたら駄目で元々って感覚で、値引き要求を出すのは自由ですし値引きを要求された側にも、応じる権利も拒否する権利もあるわけですから、それは自由な商取引の話になりますが、今回のコラムでは中間に代理店が存在している場合の値引き要求について考えて見たいと思います。
  92. 保険外交員の収入
    そりゃ保険の外交員の仕事なんて言えば結構大変なのは直ぐに想像がつきますし、真面目に働いたらそれに見合った収入を手にする事も当たり前の話なので有りますが、やぱり生命保険とか一回加入してしまいますと、それから長い間にわたって毎月とかお金を支払う事になりまして、累計しますとそれはもう結構な大金になってしまう訳ですから、やっぱり勧誘に来る保険のおばちゃん(外交員)にどの位の掛け金が分配されるのかってのは結構気になる人も多いのでは無いでしょうかね?
  93. 支払い遅延のお客への対応
    まず最初に断わっておくといいますか言っておきたいのは、金を払わない奴はそもそもお客じゃなくて営業妨害しているか詐欺を働いている奴って感覚で一向に構わないと思いますし、そのくらいの感覚で接するとか対応しないと回収不良が増えてしまうだけのような気がしますからね。
  94. 会社規模の差と態度
    一応、過去には上場企業の拠点長をしてきた時期もありますし、超零細企業の経営者もやっていますので書けるのだと思うのですが、何と言いますが会社の規模がかなり違う2社が取引をする場合に、大きい方の会社の社員が結構露骨に相手を見下したような態度をとる場合が御座いまして、私自身はたぶん尊大な態度をとった事は無いと思いますし記憶にないのですけど、零細企業を立ち上げてからサラリーマン時代と違って、どうも相手に尊大な態度や生意気な口の利き方をされる事がたまに出てきてしまいますね。
  95. 赤字受注厳禁
    前にもこの手の話は書きましたけど、忙しくて儲っていない赤字の状態なら、まだ暇で儲っていない状態のほうが新しい何かを始める事が出来たり、今後の営業戦略を考えたり出来ますので、社員とか工場の機械が遊んでいるよりは良いだろうって事で赤字受注など絶対にしてはいけないと思いますね。
  96. 小さな奇跡と会社経営
    私が会社を設立してどーにかこうにか10年を経過してよくもまぁ持ちこたえたなってのが素直な感想なんですけど、ほんの少しの業績好調な時と売上げ確保に苦労した時期と、時には会社が継続していけるのか危なかった時期などが交代にやってきたのですが、今回のコラムでは自分を信じて一生懸命やっていると小さな奇跡が起きて報われるかどうかって事について書いて見ようと思います。
  97. 販売職(営業マン)と体力と使い捨て
    何となく新入社員が沢山入ってくるような大企業では、体力の有りそうな奴とか声の大きい人間を営業部隊へ配置しがちで営業マンは体力があって、それがクリアされて初めて提案力とか交渉力が生きて来るみたいな風潮が有るような気がしますよね。
  98. 管理部門は最低限が吉
    管理する側とされる側のどっちがエライかって一概には言えないのかもしれませんけれど、やはり99%以上の割合で管理するほうがエライので有りますが、会社つまり企業運営におきまして管理部門が大きくなって参りまして、悪い言い方を致しますと肥大化した企業の管理部門なんてものは百害あって一利なしとしか言えませんよねって事について今回は書いて見ようと思います。
  99. 忙しい事を喜ぶ?
    以前にも近い事を書いた事がありますが、会社にとって一番最悪の状態ってのは忙しくて儲っていない状態で、それはある意味では暇で儲っていないよりも問題が大きかったり致しまして、逆に理想と言いますか目指さないといけない状態ってのは暇でなおかつ儲っている状態になると思います。
  100. 零細企業の真骨頂
    世間一般では零細企業や中小企業ってのは経営基盤が脆弱で商品開発力に乏しく人材も不足しているので大企業に比べて格下のイメージが非常に強いと思います。
  101. 起業とロケーション
    新たに企業や事業を立ち上げて商売を始めるにあたってはロケーション(立地条件)ってのは非常に大切だって思います。
  102. 事業からの撤退
    これは良く言われる事ですが、新しい事業や分野に新規参入する事も難しいですが、撤退する事は新規参入よりも難しく手間がかかるって事が多いのではないかと思います。
  103. フランチャイズ商法と現実
    世の中の景気不景気に関係なく相変わらずあたらなフランチャイズ本部がどんどん立ち上がりまして、結構な割合で3年以内に撤退しているのが現状のように感じるのでありまして、口ではフランチャイズ本部も加盟店も両方が儲かる共存共栄ってのは簡単ですが、実際のところは加盟店が全然儲からなくて損をするとか、本部も含めて両方が赤字になって共倒れなんてことが全然珍しくないのが現状ではないでしょうかね?
  104. 高すぎる葬儀料金と戒名の料金の謎
    カルト集団だとか霊感商法専門の宗教団体ですとか人の不安心理に付け入ることによって組織を拡大したり巨額の集金を行う集団が日本中の至るところで活躍中のようですけど、そもそもごく普通のお寺ですとか葬儀業者なんてもの少々問題があるのでありまして、世界一高い葬儀料金の平均価格ですとか全く粗利率100%の高額戒名の料金ですとかこれじゃお金が無ければ葬儀代が気になって安らかに眠れないのではないでしょうかね?
  105. 牛丼業界の消耗戦とフランチャイズ本部の選び方
    日本国民に安い値段で牛肉の美味しさを伝えてきた功績がとっても大きいと思う牛丼業界ですが、気がつくと仁義なき戦いと言いますか激しい価格競争による消耗戦に突入しているのでありまして、並盛の牛丼が二百円代で提供されるなんてどうも勝者なき戦いに突入しているように思うのですよね。
  106. 0円開業について再び考える
    今回のコラムは少々厳しい書き方になってしまうかもしれませんが、会社の倒産とかリストラとか個人で事業をやっていてここの所の不景気で事業の継続が不可能と判断した人が考える事として、一つは再就職先を考える事ともう一つはフランチャイズで独立を目指す方が結構多いと思うので有りまして、過去に書いた自己資金ゼロで開業する事について書いたコラムには結構来場者があるようですのでその事について再度書いてみようと思います。
  107. フランチャイズ詐欺について考える
    さて先ず書いておきたいのはフランチャイズに加盟すると言ってもやっぱり自分が経営者としてこれから事業を始めることに根本的には変わりがないのでありますから、フランチャイズの説明会で成功事例を聞いて自分でも簡単に儲かるなんて甘い夢を見て安易に加盟しないことがオーナー希望者に求められる部分だと思います。
  108. 自己資金不足と独立開業について考える
    思い通りにならないのが計画だなんて言われますが、いざ自分で会社を興して事業を始めていると当初考えていたよりも予想以上に出費がかさむので有りまして、塵も積もれば山となる類の小さな出費が積み重なってそれないりの金額になることも有りますし、思いもよらない出費が発生して当初の資金計画が大きく狂うなんて事も現実にはよくあります。
  109. コンビニの倒産について考える
    かれこれ日本にコンビニエンスストアが営業展開を始めてから30年は経過したと思いますが、ここ10年ほど前からコンビニの閉店や撤退や倒産が目に付くようになりまして、街道を車で走っていても明らかに元々はコンビニエンスストアが営業していたとおぼしき店舗で別の店が営業しているのを良く見るようになってきましたね?
  110. 小売店(実店舗)の生き残り販売戦略
    実際に店舗を持っている小売店の多くが売上確保に苦戦しているって話は良く耳にしますが、ラジオを聞いていましても最近はコマーシャルの広告主が確保出来無い影響も大きいのでしょうがラジオショッピングが随分と増えているようですし、私はここ数年テレビを見ないのですけどテレビの世界でもコマーシャルの代わりにテレビショッピングを放送することが増えているようですし、言うまでもなくインターネット上のネットショッピングも不況を尻目に全体として売上を伸ばしているのでありまして、小売店の苦境はとても進行しているように思います。
  111. 個人輸入代行
    良く分からない事がありまして、”個人輸入代行”って仕組みが有って”個人輸入代行業者”って法人が運営する”個人輸入代行”があって、一般の人に商品を 販売している・・分かります?
  112. 中食人気と外食フランチャイズ
    中食と書いて(なかしょく)と読むのだそうで昔か業界用語として存在していた言葉なのか最近になって創作された造語なのか知りませんけど、なんでも不景気になりまして外食を控えて食事を家の中でするって事で中食なのだそうで、これは家でご飯を炊いて作る食事からデパートの地下の(通称デパ地下)食品売り場でお惣菜を買ってきて自宅の部屋で食べるのも含まれているそうですね。
  113. 直営店による加盟店潰し
    これは今から約15年ほど前に聞いた話で真偽の程は不明ですし、今ではどうなっているのか良くわかりませんがとあるフランチャイズチェーン展開している本部の直営店による加盟店の営業を圧迫してトラブルになった話です。
  114. 独立志願
    独立して開業しようか、就職しようか迷っている若者が会社に相談に来ました。
  115. 不要品買取
    最近、近所を不要品買取の軽トラックが巡回する事が多くなってきませんか?
  116. セブンイレブンの頭の良さ
    インターネット上のショッピングモールに行けば、今やあらゆる物が手に入る時代になってきました、本・書籍はアマゾンさんでかなり有名ですが、CD・ DVD・食品・地方の名産品からブランド物の服や、車やバイク関係の部品、趣味等々特に地方で今まで手に入らなかった特産品やレアグッズ、一部マニア関係 の商品などはインターネットなら手に入ることが有りますので、インターネットの通信販売はこれからも伸びることでしょうね。
  117. 24時間営業の是非
    コンビニエンスストアの雄、セブンイレブンの名前の由来ってのは、営業時間が朝7時から夜11時までって事でセブンイレブンって名前だったはずなんです。
  118. コロッケのコロちゃん自己破産(倒産)
    穏やかなる夏の暑き午後、コロッケのコロちゃんが自己破産(倒産) したってニュースが流れてきました。
  119. 代理店開拓
    自分の会社の商品を取り扱ってくれる代理店が沢山出来てくれればコツコツ自分たちで営業展開してくれなくても多くの売り上げを見込むことが出来ますし、新規顧客開拓に悩まなくても済みますので多くのメーカーでは代理店の新規獲得に頑張るわけですけど、粗う簡単に新規代理店が開拓出来るのでしたら誰も苦労などしないのですよね?
  120. デフレとファーストフード
    確かファーストフードの走りは私が小学生時代に銀座に出現したマクドナルドだと思いますけど、又無くても注文して即座に料理が提供されるって事でファーストフードなんだと思います。
  121. フランチャイズ本部の選びのポイント
    さて繁華街を歩きましても多くのフランチャイズ方式の店舗を目にする昨今ですし、これから自分で商売をはじめようと考える選択権にはフランチャイズに加盟してってのがあると思います。
  122. 買物代行業の開業
    限界集落の出現ですとかどうも高齢化が急速に進みまして、都会ならいざ知らず地方都市など車で出かけないと買物が出来ない地域において買物代行業が商売になるのではないかといった動きが出ているようですよね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新聞販売店のフランチャイズオーナー募集の不思議
  2. 嗜好の地域差とフランチャイズ展開の失敗の原因
  3. コンビニ経営と家族の協力
  4. コンビニ経営と経営者の力量
  5. フランチャイズ本部の良し悪しの見分け方
  6. フランチャイズ加盟のメリット
  7. 洗濯代行のフランチャイズ
  8. コンビニと後継者の問題
  9. 急成長のフランチャイズ本部
  10. 甘い収益モデル予測
  11. フランチャイズ商法
  12. 貴金属買い取り
  13. フランチャイズ加盟金の問題
  14. フランチャイズと上納金
  15. 飲食店で独立、成功と失敗
  16. フランチャイズオーナーの人件費
  17. コンビニ弁当廃棄問題
  18. 移動販売のフランチャイズ
  19. フランチャイズ本部の選び方2
  20. 脱サラして独立
  21. のれん分け制度とフランチャイズ
  22. フランチャイズと訴訟
  23. デントリペアのフランチャイズ
  24. 簡単に儲かる話
  25. 学習塾と生徒集め
  26. お掃除、風呂釜クリーニングのフランチャイズ
  27. 経営努力について考える
  28. 誰かに背中を押してもらう
  29. フランチャイズ契約の解約
  30. 自己資金0円で独立開業
  31. 独立とプロダクトライフサイクル
  32. 不景気対策と経営者
  33. フランチャイズと共済制度
  34. 粗利率・利益率が高い商売
  35. 赤字経営と家庭崩壊
  36. フランチャイズ中途解約と違約金
  37. 損益分岐点
  38. 開業前の研修とアフターフォロー
  39. リサイクルショップのフランチャイズ
  40. パソコン教室
  41. コンビニで独立開業
  42. 儲かるフランチャイズ
  43. フランチャイズ本部比較
  44. 不況対策
  45. 破産と夜逃げ考
  46. 不況時に絶対儲る商売
  47. 不況に強い商売【仕事】
  48. コンビニと万引対策
  49. ファーストフードは曲がり角
  50. フランチャイズ本部の選び方
  51. 中古車販売のフランチャイズ
  52. 加盟金詐欺
  53. 自信か過信か?
  54. 脳内お花畑とは
  55. 顔と名前を一致させる方法
  56. コロちゃん倒産に思う
  57. 経費の使い込み
  58. 集客商品と収益商品
  59. 経営者とワーキングプア
  60. 日本蕎麦とフランチャイズ
  61. 貧困ビジネスとは
  62. 外食チェーン考
  63. FCビジネスと指導力
  64. 経営者の心構え
  65. 不況とコンビニ経営
  66. 単品商売の危険性
  67. 産業の栄枯盛衰
  68. 経営者の引き際
  69. 不況に強い資格
  70. 独立開業資金調達と自己資金
  71. 就職と会社の寿命
  72. 農業で独立する方法
  73. 適正(適切)な内部留保
  74. 商売の種(ネタ)の見つけ方
  75. 商売の基本
  76. 自動販売機のオーナー募集
  77. 代行業での独立開業
  78. 週末起業
  79. 脱サラ成功率100%?
  80. 部下がついてこない上司(部下の管理方法)
  81. 0円独立は本当に無料?
  82. 学習塾経営とフランチャイズ
  83. フランチャイズと営業所展開
  84. 犬のレンタルシャワールーム
  85. フランチャイズ経営の成功率
  86. 起業のアイデア
  87. 脱サラの失敗率
  88. ヒット商品と二番手商法
  89. 不要品買取回収と不法投棄
  90. 代理店契約と連帯保証人の問題
  91. 代理店からの値引き要求対応
  92. 保険外交員の収入
  93. 支払い遅延のお客への対応
  94. 会社規模の差と態度
  95. 赤字受注厳禁
  96. 小さな奇跡と会社経営
  97. 販売職(営業マン)と体力と使い捨て
  98. 管理部門は最低限が吉
  99. 忙しい事を喜ぶ?
  100. 零細企業の真骨頂
  101. 起業とロケーション
  102. 事業からの撤退
  103. フランチャイズ商法と現実
  104. 高すぎる葬儀料金と戒名の料金の謎
  105. 牛丼業界の消耗戦とフランチャイズ本部の選び方
  106. 0円開業について再び考える
  107. フランチャイズ詐欺について考える
  108. 自己資金不足と独立開業について考える
  109. コンビニの倒産について考える
  110. 小売店(実店舗)の生き残り販売戦略
  111. 個人輸入代行
  112. 中食人気と外食フランチャイズ
  113. 直営店による加盟店潰し
  114. 独立志願
  115. 不要品買取
  116. セブンイレブンの頭の良さ
  117. 24時間営業の是非
  118. コロッケのコロちゃん自己破産(倒産)
  119. 代理店開拓
  120. デフレとファーストフード
  121. フランチャイズ本部の選びのポイント
  122. 買物代行業の開業

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

メニュー

ページのトップへ戻る