スポンサードリンク

  1. 効果的なアポ取りと営業効率、時間の無駄を生み出す予定の立て方
  2. 売れる方法
    今回のコラムでは基本的のことを書いてみようと思いますが、法人相手の営業でも個人向けでも売れる方法の基本は同じだと思います。
  3. 営業代行と成功報酬
    年に何件か成功報酬で営業代行をする事が有る、”完全成功報酬で営業代行”なんて専門でやっている会社もあるが、うちの場合は専門でやっているわけではな いので、営業代行を請け負うのは年に数件程度しかしないのである。
  4. 成功するメール広告と失敗するメール広告・携帯メール編
    今回のお話は、メール広告の話です、パチンコ店、スーパーマーケット、酒屋の集客・販促目的でお客の携帯電話に、特売情報とか割引情報をメールで配信し て、売上増大に繋げようとする、新しい形の広告で、ここ3年ほど前から徐々に浸透していっている。
  5. 今、売れ筋の商品
    なにか儲かる商材はないかな?今売れ筋の商品をちょっと探してみよう・・・おっ 販売売上ベストが有った・・・これ取り扱ってみようかな、代理店募集して るぞ。
  6. 新規顧客開拓は難しい?
    新規顧客開拓に苦戦している会社や営業マンはとても多い、必死に営業で飛び込みを続けたり、ひたすら電話営業をやっても、中々新規顧客開拓は出来ないもの である。
  7. 成功するDM(ダイレクトメール)の送り方
    ダイレクトメールは凝ってた時代がありまして、随分色々な商品・サービスのDMを送りました、成功したものも失敗したDMも数有りますが、数ある失敗の中 から、効果的なDMを送れるようになってきたと自分では自負しているのであります。
  8. ナレッジマネジメント成功方法
    導入を決定して導入するのは殆どの場合が経営者側又は管理職側で有りまして、ひどい会社ですとある日突然ナレッジマネジメント システムを導入したからこれを活用しろって命令を下して、自分は日がな一日、ナレッジマネジメントシステムの管理集計画面を眺めている・・・。
  9. CTIアウトバウンドとインバウンド
    営業ツールとしての電話はまだまだ根強いものが有りまして、電話コールで新規顧客開拓を行うために、電話 コールをテレマーケティング会社に外注したり自社で人を雇って、毎日電話コールに精を出している会社も多いですね?
  10. 値下げの危険性、販売価格の決め方
    商品やサービスの販売価格を決めるのは非常に難しいものがあります、わが社では過去に値下げしたとかキャンペーンを行って特典をつけて販売したことは一度 もないのですが、これは過去の会社員時代の経験に基づいて、値下げやキャンペーンを行うことなく現在に至っています。
  11. 飛び込み営業の成功方法
    最近はすっかり飛び込み営業をやらなくなったのですが、昔々お客がゼロの状態から始めた頃は、とにかく新規顧客開拓をやって、お客を捕 まえなければならなくて、宣伝広告費も使えませんでしたから、飛び込み営業で新規顧客開拓をやりました。
  12. やる気が起きない時の対処、やる気は出せる方法
    零細企業の場合、365日仕事に果敢に立ち向かわなければ会社が傾いてしまいかねないので有りますが、私の場合半年に一回くらいの出現率で、やる気が全然 わかなくなって、仕事への情熱がダウンしてしまう事があります。
  13. 広告宣伝AIDMA(アイドマ)の法則は生きているか?
    広告宣伝やマーケティングを習った方やかじった方なら覚えていると思いますが、最初に出てくるのがAIDMA(アイドマ)の法則ではないでしょうか?
  14. FAXDM代行業者
    広告の種類の一つとしてFAXDMが有ります、FAXDMは主に企業向けの広告手法で一般家庭に向けてはほとんど使われていません。
  15. サービス残業
    日本の企業では伝統的にサービス残業が蔓延っているようで、想像ですが日本のGDP・GNPが サービス残業を日本中でゼロにしたら一時的にマイナスになってしまうかもしれないと思います。
  16. ビジネスと勝てば官軍
    私の記憶に間違いがなければ、日本マクドナルドの創業者、藤田田(デンと発音してください)氏の座右の銘だったかの言葉が、勝てば官軍って言葉だっ たと思います。
  17. 仕事と喜怒哀楽
    日本人は他の民族と比べて比較的、喜怒哀楽を表に出さない人が多いようで有りますが、今回のコラムでは仕事で又は営業現場における喜怒哀楽と演技に ついて考えてみようと思います。
  18. 実質値上げについて考える
    値上げとは勿論、販売する価格を引き上げるって事なのですが、販売する価格は据え置いたまま、内容量を減らすとか、機能を削減するなどして、原価を 下げて販売価格は同じでも、単位あたりは実質値上げって形をとる場合も増えていますよね?
  19. 営業マンの特権
    概ね営業マンってのは売り上げ目標に追われるように出来ているので有りまして、まあ誰でも簡単に数字を達成できるような企業であれば、目標設定値が 低すぎるのか、よほど商品力が高いのか、企業の信用力が高いのかって事になりますね。
  20. 客先での遠慮について考える
    営業マンが客先、まあ個人宅への営業の場合は一般家庭って事になりますし、法人相手の営業活動の場合は訪問先社内の応接室って場合が多いと思いますが、特 に中小企業のオーナー社長の場合などは、お茶以外にも色々出てくる事が有ると思います。
  21. 疲れたら休もう
    24時間タタカエマスカってCMが日本中に流れてから10年以上の時が流れましたが、営業マンだって人の子、人間ですから疲れは溜りますね?
  22. 売り上げ目標と決意表明
    企業において販売を受け持つ部署ですと月末とか、売り上げの締め日に近くなりますと進捗率によって、上司とか役員からチェックが入る事も珍しく無い と思いますが、サラリーマンを辞めて10年以上経過した今でも、月末になるとその頃のアホらしい上司とのやりとりを、ふと思い出したりしますが今回のコラ ムではそんな事について書いて見ようと思います。
  23. 成功の方程式の見つけ方
    勝利の方程式って言葉が世の中に流れたのは何処かの監督さんの言葉が発端だったと思いますが、仕事においても勉強にしても人生においても成功の方程式なん てものは、探しても見つからないのでありますが、今回のコラムのテーマは成功の方程式って内容で書いてみようと思います。
  24. 不況と、あいみつ
    さて、あいみつとは?合い見積もりの略と言われて居まして購入者が複数の見積もりを業者から取り寄せて比較検討する行為って事になりますが、まあ見積書を 作成提出する業者にとっても、多少手間がかかっても見積書を提出する件数と売上高は比例するような所が有りましたので、単独だろうと”あいみつ”だろうと お客の要望に対しての見積もり提出ですので、喜ばしい事だったのかもしれませんが、大恐慌とも言われるほど景気が悪くなってきますと、まあ見積もり作成す ら何も無いよりはましかもしれませんが、買うのか買わないのか分からないしかも”あいみつ”ばかりが増えてしまって、見積もり作る手間ばかり増えてしまっ て仕方が無いって企業も出てきているのでは無いでしょうか?
  25. 物が売れない理由
    一夜にして状況が変わるって事は良くありますが、2008年末から2009年にかけまして経済状況は劇的とも言えるほど変化したので有りまして、この原稿 を書いている今はもう大不況を通り越して大恐慌と言って良いほどの壊滅的な経済状況・・・と一応マスコミが言っていますし、自動車メーカーをはじめとする 名だたる製造業がこぞって業績予想の下方修正やら便乗赤字決算とはいいませんが、赤字決算の発表から倒産企業が目白押しなのでありまして、そんな訳で今回 のコラムでは私なりに物が売れない理由について考えて見たいと思います。
  26. 打たれ強い性格と鈍感力
    確か小泉元首相が支持率の低下と四方八方から袋だたき状態でギブアップ寸前の安倍総理に対して、鈍感力が大切だって言葉を贈った事で渡辺淳一さんの鈍感 力って言葉が有名になった気がしますが、まあ確かにやたらと敏感って事はえてして過敏になってしまうので有りまして、花粉症などは飛散する 杉の木に対して過敏になりすぎてしまった結果かも知れませんし、やたらと他人に対して攻撃的な人は他人の目や考えや行動に対して過敏に反応しすぎている状 態なので有りまして、確かに今の日本人には少し鈍感になって貰ったほうが良い人が沢山居るのかもしれませんよね。
  27. 売上げ確保と目標設定
    一年の間で売上げ確保が難しい月ってのは有るもので、平日が営業日の企業の場合ですと先ず1月は正月休み開けたらもう残り稼働日数が15日ちょっとです し、2月は元々日数が少ないですし、5月はゴールデンウイークなんて大型連休のお陰で休みボケと稼働日の少なさとの闘いになりますし、8月はお盆休みや夏 休みといった感じで1月2月5月8月で合計三ヶ月間ですから一年のうちで四分の一は稼働日が少なくて売上げ確保に苦労する月が出てくる企業も、少なく無い のでは無いでしょうかね?
  28. 断る方法
    借金やら連帯保証人に始まってセールスや宗教の勧誘に至るまで、人生を平穏無事に生きていこうと思うと、結構な頻度で断るって事を確実に行っていきません と、どうも具合が悪いことになる可能性が飛躍的に高くなってしまうのでありますが、なにせ断る技術なんてのを教えてくれる学校も通信教育も目にしたことが ありませんから、各自独学で断る方法を会得していまして、今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。
  29. 不況の時の営業活動
    過去の成功体験ってのは勿論無いよりも有ったほうが良い場合が圧倒的に多いのですけど、時に過去の成功体験が原因で間違った方向に進んでしまう事も注意が 必要なので有りまして、2009年の世界的な大不況ってのは、体験した事が無いのですから特にバブル時代の誰でも出来たような成功体験を持ちだして、対策 を考えるなんて事をしてしまいますと大失敗してしまうのですよね。
  30. 成功体験の共有
    企業の中には色々な人間が在籍していて能力の高い社員も居れば、中にはどーして入社試験に合格したんだろうと思ってしまうほど、無能な社員が混ざっ ていたりする場合も希にあるのですが、経営陣としては使えない社員とか駄目社員はさっさと退職して貰うか、底上げして一丁前の戦力になって貰うかのどちら かして欲しいと思いますので、何とかして出来る社員の成功体験を共有させて、スキルアップさせようとしたりするのは良くある話ですよね。
  31. 営業代行と新規顧客開拓
    よほど私の会社が営業力が不足しているのだと思われているのかもしれないのですが、月に一回くらいの割合で営業代行だの営業アウトソーシングの売り 込みの電話ですとか、メールが入ってくるのでありまして、結構これが私にとっては謎なんですよね。
  32. 迷惑なFAXDMとFAX番号の収集と販売
    業務時間中にかかってくる営業や売り込みの電話も迷惑なんですけど、FAX DMって言うんですか一方的にFAXで送りつけて来る広告宣伝には、全く困っ てしまうので有りまして、なにせ受け取り側の紙とインクを消費して打ち出してくるのでありまして、中にはとっても塗りつぶし面積が多い、つまりこちらの FAXのインクを沢山消費するようなDMですとか、それから2枚以上になる複数枚のFAX DM も大変困りものですよね。
  33. 新規顧客開拓と後出しジャンケン
    本日、長年(10年以上)使っていた携帯電話を解約してきましたので、今回のコラムではその事について書いて見ようと思います。
  34. 営業力強化の方法
    営業力の強化って一言で言いましても、なにせ営業マンも人間ですし、売り込まれる側つまりお客も人間ですから、何か画期的な処方箋があってそれを忠実に実 行すれば売れるなんてノウハウは存在しないので有りまして、簡単に書いてしまいますと多くの要素を少しづつ改善なりパワーアップしまして、売れるようにし ていく必要が有る場合が、圧倒的に多いと思いますし、希には根本的に販売方法を変更して急に売れるようになったなんて事例もあるでしょうけど、それは少数 派では無いかと思いますね。
  35. 不思議な営業アウトソーシング
    不思議なピーチパイと言えば確か竹内まりあさんだったと思いますが、おっと全然関係ない事から書き始めてしまいましたが、不景気になりますと不思議 な営業の電話ですとかメールが飛び込んでくるように感じるので有りますが、最近は営業代行の営業ってのが結構頻繁 に来ていますのでその事について書いて見ようと思います。
  36. 人心把握術
    今回のコラムでは人心把握って内容について書いてみようと思いますが、特別な秘訣や方法を期待していたら、そんなのは私のほうが知りたいくらいで有 りまして、このページにはございませんので他のページに移動して戴いたほうが良いかもしれません。
  37. 目先の出費と営業効率
    営業マンも経営者もとにかく営利目的で活動している人間は、目先の出費と営業効率と、費用対効果ってのを天秤にかけて考える必要が有りますよね?
  38. 営業マンの移動と無駄を考える
    内勤の営業マンを除けば、殆ど営業マンが営業時間(拘束時間)っていいますか、勤務時間の20%以上、人によっては半分以上が客先に訪問するための 移動時間に費やしているので有りまして、冷静に考えれば移動中てのは経費を使っても、利益は 生み出さない訳ですので、無駄な時間って言えると思います。
  39. 営業マンと聞き出す技術
    これはよくよく言われる事ですが、営業マンにとって話す事よりも聞く事のほうが重要だって言われますし、またある人は人間ってのは口は一個しかない けど耳は左右に2つ有る、だからしゃべる事の倍、人の話を聞かなくっちゃだめだって言う人も居たような気がいたします。
  40. 学割と新規顧客開拓の方法
    基本的に商売なんてものは新規顧客開拓がなされないとお客が増えないわけですから商売として継続は無理ですし、顧客を多数抱えていたとしても様々な 理由で顧客なんてものは減っていくわけですから、どんな企業でも新規顧客開拓に頑張るわけですが、今回のコラムでは新規顧客開拓と学割について考えたこと を書いてみようと思います。
  41. 折衝力
    仕事に私生活にこれだけの人間が社会生活を営んでいますと様々なシーンで他人と交渉したり折衝する必要が出てくるのでありまして、日本はアメリカほ どの訴訟社会ではないですけど、近所のご隠居さんが仲立ちしてくれる社会でもなくなってきていますから、現代人でしたら少しは交渉や折衝に強くなっておい て良いのではないでしょうか?
  42. テレアポと営業の分業
    新規顧客開拓は会社の売上を維持する要なので有りまして固定客相手の商売をしていても様々な理由で固定客を失っていくのでありますが、どうも今まで は特別頑張って新規顧客開拓など行わなくても、お客の方から問い合わせしてきたのに不況だとかライバルが出てきたとかの理由で新規顧客開拓に本腰を入れな いと業績はジリ貧って企業も少なくないのでは無いでしょうか?
  43. 飛び込み営業マンのスランプ脱出対策
    今まで好調だった営業マンが突然または短期間に売上不振に陥った状態をスランプと呼びまして、普段か ら営業成績の芳しくない売上が上がらない営業マンの場合はスランプじゃなくていつもの成績不振って事になるわけですが、今までと同じように出社していつも の営業カバンに販促資料を詰めていつもどおりに営業活動に精を出しても何故かさっぱり営業成績が伸びないなんて経験は長年営業マンをやてきた人には経験が 有るのではないでしょうか?
  44. 営業力強化の方法について
    これは今に始まった事じゃなくて昔からとも言えるのですが、物が売れないとか営業マンの能力が不足しているので何とかして営業力強化を図らないとい けないなんて企業は実に多くて、私もサラリーマン時代には営業マンをやっていましたので様々な事をやってもしくはやらされてきたので、今回のコラムではそ んな事について書いてみようと思います。
  45. 連休ボケと営業成績
    法人相手の営業活動をしていて売上確保に四苦八苦している営業マンですとか会社社長は大型連休が近くなりますと、なんでこんなに連休ばかり多いのだ ろうと嘆いてみたり、前から分かっていた事なのに売上確保に悩んでしまう場合も少なくないのでは無いでしょうか?
  46. 営業報奨金の設定
    完全歩合制の飛び込み営業の 世界でしたら話は簡単ですが、それ以外の場合で営業マンに対して成績に対する報奨金を設定している場合も多く、人参をぶら下げる効果だと思いますが、他の 社員の兼ね合いですとか結構難しいものが有りますよね。
  47. 製品寿命と売上確保
    日々新規顧客開拓の飛び込み営業一本槍で、リピーターさ んからの売上は一切考えていない狩猟民族と言いますか近畿顧客開拓命な会社さんを除きまして多かれ少なかれ、一度製品を買ってくれたお客さんが再び自社商 品を買ってくれるリピーターさんの売上が一定割合あると思います。
  48. 紹介営業と飛び込み営業
    営業の方法には色々有りますが新規顧客開拓営業の方法において一般的には辛くてやりたい人が少ない飛び込み営業と、顧客から新たな顧客を紹介して貰ってかなり高い確率で顧客獲得 に成功する紹介営業の手法があると思います。
  49. 反響営業とは
    反響営業とは折り込みなどの広告宣伝やダイレクトメールやホームページなどに反応して引き合いが(反響)があったお客だけに営業をかける方法で、新規顧客開拓のために飛び込み営業を行ったり、初対面の相手 に自分の会社の説明を一からすることが無く、最初から自社商品やサービスに興味を持った相手だけに営業をしたり商品の説明をすれば良いので、営業マンに とっては余計な時間を新規顧客開拓に費やさなくて良いので、効率のよい営業手法と言えるのです。
  50. 飛び込み営業マンは使い捨て?
    これは訪問販売の営業マンですとか法人相手でも新規客一本槍の営業と言えば朝から晩までしたすら新規顧客を訪問して販売に明け暮れる営業活動につい ての話です。
  51. 売上不振対策と休日出勤
    今から10年ほど前の話になりますが、私がまだ創業当時で売上が安定していなくて夏の暑い時期に月の半ばになっても受注が一件も無くて、このままで は今月の受注がゼロになってしまうと経営の危機感を覚えまして土曜日と日曜日に自主的に?休日出勤を致しまして両日は朝から晩まで新規顧客開拓の飛び込み営業に費やした事が有ります。
  52. 名刺の活用法と売上不振対策
    私がまだサラリーマンをやっていて営業マンだった頃に、売上が厳しくなると過去の名刺を全て机の上に出して、一枚一枚目を通してバージョンアップの 提案が出来ないだろうかとか、何か売り込める商材が無いかどうかを考えながらゆっくり名刺を見直したものです。
  53. 営業のサボり方・方法
    携帯電話が無い頃には喫茶店やその後全国に出来たファミリーレストランなどには仕事をサボっている営業マンを良く見かけたものですし、お天気の良い日には 公園のベンチなどで営業マンなのか失業中なのか良く分からない人を見かけることが多かったと思います。
  54. 売れない営業マンと転職で化けること
    統計も何も無くて全くの私の独断と偏見ですけど営業マンが転職する場合の多数は俗に挫折転職と言われる売上不振だとか、とにかく営業マンの本分であ る売上成績が出せなくて会社を去って転職するのですが、過半数の繰り返し転職しても芽が出ない人と少数派の化けると言いますか、転職先で急に売れる営業マ ンになる人がいるのですよね。
  55. 新規顧客開拓と第一印象の関係
    私の会社にも飛び込み営業とか電話営業の類が入ってきますすが、忙しければ無条件でお断りして多少は仕事に余裕が有って気分が良ければ第一印象の良い飛び 込み営業マンでしたら話を聞くのですけど、たぶん殆どの方は似たり寄ったりで特に飛び込み営業の人の場合は、第一印象が成功率を大きく左右しているように 思いませんか?
  56. 応酬話法の是非イエスバット方式
    応酬話法とは平たく言えばあー言えばこう言うの類で有るセールスの基本的なテクニックになるのですが、あまりに応酬話法が鼻につきましとやっぱりあー言え ばこう言う奴は相手にしたくなくなってくるのでありまして、中にはお客の言う事に過剰に反応しすぎてしまって、販売する目的を忘れてしまって商談を潰して しまうケースも出てきてしまうのでは無いでしょうか?
  57. 売り上げ対策と営業マン心理
    さてこのコラムは大型連休のゴールデンウィークの真っ最中にポメラを使ってパチパチやっているのでありますが、どうせゴールデンウィーク明けの木曜日と金 曜日はお客の方も休みボケで仕事にならないでしょうし、土日を挟んで週明けで本格的に仕事モードに入る時点で既に5月の10日ですから、もう月も三分の一 が基本的には楽しい思い出と共に終了して、今月も既に残る稼働日は三分の二の三週間程度って事になってしまいますして、売上確保に苦労される営業マンとか 社長も多いのでは無いでしょうか?
  58. トップセールスとお膳立ての方法
    今年のゴールデンウィークは民主党の閣僚たちが世界各国に出かけてトップセールスに熱を入れているようで、大変喜ばしいことだと思いますね?
  59. 部署内の叱られ役とパワハラ対策
    私もそれほど多くの会社を知っているわけでは有りませんが、特に営業部隊とか客先を訪問しての販売を主体にする会社の場合は朝礼とかミーテイングの場にお いて、気合を入れると言いますか厳しい叱責を飛ばすことが日常化している職場が少なくないと思います。
  60. 営業活動と気持ちを切り替える方法
    いつも元気はつらつ明るい営業スマイルで客先を訪問しないと成績は上がらないので有りまして、暗い表情で営業マンにやってこれれたらこっちまで気分が落ち 込んでしまいますから、そーゆー営業マンには素早くお引き取り願うのですが、営業マンに限らず上手に気持ちを切り替えまして、明るい気分になりませんとな かなか仕事はスムーズに運びませんよね?
  61. 新人営業マンの教育
    新入社員は先ずは営業マンとして配属されて鍛えられる会社もあると思いますし、どこの会社でも基本的には営業職の社員を入社させる数が一番多いのでありま すが、なにせルート営業でもうるさいお客は沢山いますし、飛び込み営業でも精神的に結構参ってし まう新入社員も多いので新人教育には苦労している会社も多いのではないでしょうか?
  62. お客の心をつかむ方法
    今回のコラムの内容は顧客の心をつかむ方法ですが、まず最初に書いておきたいのは心を掴む事と良い人でいるって事は違うって事を書いておきたいと思 います。
  63. 営業に気合と根性は必要か?
    一応建前上は市場分析に基づくマーケティングでニーズに有った提案を行ってなんて事になっている場合も有りますが、結局は人の心を動かして販売するのは人 間ですし、自動販売機なら別ですけどお客に相対する営業マンにも感情が有りまして、感情によって人の行動はコロッと変わってしまうのですから、やっぱり気 合と根性は必要なのでは無いでしょうかね?
  64. クロージングの方法とタイミングと言葉
    営業用語でクロージングとは進めてきた商談の最終段階でお客様に購入の意思を確認して、契約書に捺印を貰って売買契約を成立させる行為のことを指し ますが、このクロージングで失敗しまうと進めてきた商談の努力も時間も無駄になりますし、この関門を突破致しませんと売り上げには結びつかない最も重要な 部分なのですよね?
  65. 営業力強化の方法
    もしこのコラムを読んでいるあなたが社長や営業マンを束ねる管理職の方だとしたら、営業力強化の方法は部下を鍛え上げるだけが強化の方法じゃないっ て事を先に書いておこうと思います。
  66. クロージングとリースの与信が通らない件
    少し高額な商品の販売になりますとリース契約で購入して頂く場合が多く、営業マンとしても数百万円の商談でも毎月数万円の支払いですとクロージング をかける事が出来て便利ですし、代金回収の心配も無く誠に便利な代物なのですけど、問題はリースの申し込みに際して与信審査で引っかかって契約が組めない 場合なんですよね?
  67. 営業効率と無駄な時間?
    私も一介の営業マンとしては15年ほどの経験から今回のコラムを書こうと思いますが、営業マンの一日ってのは結構無駄な時間と形容しても差し支えな い時間が沢山ありまして、ただそれが無いと仕事にならないって事も沢山あるじゃないですか?
  68. 営業成績と嫉妬と競争意識
    一人しか営業社員が在籍していない場合を別に致しまして、営業マンは自分の目標(ノルマ)とのタタカイと別に社内の同僚との競争心が芽生えるのであ りまして、これがうまく作用しますと社内の競争心が全体に良い方向に作用して全体の営業成績の底上げを図ることが出来ますよね。
  69. 売れない原因と内的要因・外的要因
    基本的には営利を目的にしている会社はどこでも提供している商品やサービスが売れませんと会社は成り立たなくなってしまうのでありまして、どこの会社でも 売り上げの確保に躍起になっているのが現実で、どうすれば売れるかってのは裏を返すと売れない原因を潰して行くって事になりますよね。
  70. 営業力と演技力とお客のタイプ
    私も多数の営業マンを知っていますが、客先での営業活動の最中とそれ以外の時では別人格と思えるほど豹変する人が中には存在していまして、たぶん素の姿の 他に営業活動中は演技をして売れるように振舞ったいるのだと思いますが、もし仮に素のままの自分の性格でどうも営業成績が芳しくないと思われましたら、人 格改造までは必要ありませんが演技力を磨って営業力強化の方法も有ると思うのです。
  71. 営業代行会社の利用方法
    いまの日本では実に様々なサービスが提供されていますが、物が売れない時代になりますと営業代行会社つまり販売部分だけ を代行する会社が注目されたり致します。
  72. 飛び込み営業のコツについて考える
    私も若い頃と自分の会社を立ち上げた当初には飛び込み営業に明け暮れた時期が有りますが、今回はそんな飛び込み営業のコツについて書いてみようと思 います。
  73. 営業支援の方法
    言うまでもなく会社における営業部門ってのは収入を得る最前線なのでありまして、間接部門や製造部門や商品企画部門がどんなにしっかりしていても、 営業部門が苦戦してしまいますと会社にお金が入ってこなくて下手すると倒産してしまったりするのですよね。
  74. 飛び込み営業が怖い対策
    私の場合はまずルートセールスの世界から事情が有って飛び込み営業の世界を体験する経験です が、まったく面識のない個人宅でも会社でも飛び込み営業って何だか怖いって感じる事を経験した人もあると思いますし、今はトップセールスな人だって最初は そんな気持ちでいた人も少なくないと思います。
  75. 最近の新規顧客開拓
    既存客からのリピート注文が安定していても、プロダクトライフサイクルが変わってしまったりライバル企業が力を伸ばしてきたりも有りますし、そもそも年を 追うごとにお客の心理は移ろいやすく、消費動向なんてすぐに変化してしまいますから、どんな会社でも新規顧客開拓には一定の力を入れ ているでしょうし、またそうしませんと会社の業績はジリ貧になってしまいますよね?
  76. 二重人格の営業マン
    これは何処にでもいると思いますが、お客と対応や商談をしている間はいつもニコニコ現金払い・・じゃなかった笑顔を絶やさず好人物でとっても気持ちの良い人のようなんですけど、お客が前にいない社内ですとか出入の業者と対峙している時にはうって変わって嫌な奴に豹変する営業マンっていないでしょうか?
  77. 飛び込み営業の成功方法2
    今回は飛び込み営業の方法、私流の飛び込 み営業の成功方法を書こうと思います。
    勿論、人によって性格の違いや、営業スタイルの違いはあると思いますので、あくまで私が思う”飛び込み営業の成功方法”だと思って読んでくださいね。
  78. 電話営業、テレコールの成功方法
    電話営業、いわいるテレコールによる営業、新規顧客開拓は難しいですね。
    大手テレマーケティング会社ではノウハウがあって、プロのテレホンアポインターさんたちが、新規顧客開拓の為にテレコールでそれなりに成果を上げるのであ るが、金額もそれなりにかかるので、資金力が乏しい場合、自分で電話コールをしようとする経営者の方もいらっしゃると思います。
  79. 新規顧客開拓とSOHO
    新規顧客開拓この言葉から
    難しい とか 大変だ とか やりたくないといった言葉を思い浮かばれる方もいらっしゃるでしょうか?
    しかししかし、取引先の倒産だとか、他社に顧客を奪われたとか、様々な理由で何もしなければ取引先は減っていくのが常なのであります。
  80. 損して得取れ
    損して得取れって諺をご存知だろうか?
    これからSOHOとして独立しよう、又は独立間もない方が、このコラムに目を通している事が多いと思いますが、”損して得取れ”は余程の場合を除いて実践 しない事をお勧めしますね。
  81. バーター取引
    今回のコラムはSOHOとバーター取引についての考察です。
    バーター取引って何? って方もいらっしゃると思いますので、先ずはバーター取引について簡単に説明しようと思います。
  82. 嫌な客は断ろう
    このコラムはSOHOさん、又はこれからSOHOとして独立開業しようと準備してる方向けの内容ですが、今回の本題は嫌な客、気にくわない、気に入 らない、うるさい客、金払いの悪い客、態度の大きい客、けちな客等々、兎に角規模が小さくてもSOHOでも個人事業主でも、少しでも自分が、こいつと仕事 したくないなって思ったら、即刻断るなり取引停止にするなりして、嫌な客とは一切仕事をしないようにしましょうねってのが、今回のコラムのテーマになります。
  83. サボり、怠け心との戦い
    全ての人が当てはまるとは限りませんが、SOHOとして自宅を事務所にして仕事を始めますと、生活空間=仕事場になりまして、朝はゆっくり仕事を開始致し ましても、午後になって疲れてしまって昼寝をしても、散歩をしても読書をしても誰も文句は言わない訳で、ふと怠け心に引っ張られてしまいますとSOHOと して成功にはおぼつかない状態になってしまうのですよね?
  84. 代金前払いの交渉方法
    今回は代金の回収に関するコラムですが、特に景気が悪くなってきますと売掛金の踏み倒しの事例が増えてきますし、会社の規模が小さいほど支払いを後 回しにされてしまう事が多いですか、SOHOや個人事業主として営業している場合は、代金回収、売掛金の回収に気を配りませんと、踏み倒される可能性が高 くなってしまう訳ですね。
  85. 倒産の予兆・前兆
    天災は忘れた頃にやってくると言いますが、売上も安定して安心していたら突然の取引先の倒産で茫然自失って経営者は枚挙に、いとまがないのでありま して取引先が倒産しますと、売掛債権の回収は不可能だと思ったほうが良いですし、下手をすると連鎖倒産から自分自身が債務者になって債権者から追求を受け る事になってしまいますので、取引先の倒産の予兆や前兆には充分に注意を払っておきたいですよね。
  86. 顧客第一主義の取り扱い
    今まで大手企業に勤めていた人の中には、頭を下げて仕事を取る事とか、随分と足元を見られるとかで嫌になってしまって挫折してしまった りする方もいらっしゃるようですが、逆の方向に走るっていますか、顧客第一主義を標榜して顧客を大切にして、何とか信用と安定した売上を確保しようって考 えで奔走する方も多いと思いますが、個人的な意見として大概にしないと、お客に振り回されて忙しくて赤字って最悪に状態になってしまいますよって事を書い ておきたいですね。
  87. お客の選別と取引停止
    取引を始めた当初は分からなくても実際には実に嫌な客だったりクレーマーだったりするって事は無いですか?今回のコラムでは取引を始めてしまったけ ど、問題が有るお客だったり嫌いなお客になってしまった場合は、場合によってはさっさと縁を切って取引を停止にしましょうねって事について書こうと思いま す。
  88. スランプ脱出方法と営業の実力
    今回のコラムでまず最初に書いておきたいのが、一年中調子が悪いとか好調時が年間を通じて少ししか無い人の調子が上がらないのはスランプでも何でもなく て、単に実力がないだけなのでありまして、スランプから脱出する方法云々ではなくて、たまたま運が良くて営業成績が上がった時がかつてあったって位のもの で、まあ修行積んで営業力の向上に努めるほうが先決なので有りますね。
  89. 売れるやり方【方法】
    どこかのホームページに書いてあったのですが(少々昔の話でうろ覚えですが)、賢い奴はばかでも売れる商品を扱うのだそうですが、まあ誰でも簡単に 販売できて大儲けする事が出来るのでしたら、直ぐに多くの参入者が現れるか、もしくは規制とか既得権に守られていて簡単には参入出来ないと思いますので、 そう簡単に誰でも売れる商品(商材)を見つけるのは難しいと思いますが、今は不況のまっただ中で物が売れないで困っている人は多数いらっしゃると思います ので、今回のコラムでは売れるやり方について考えて見ようと思います。
  90. 営業力向上とハッタリ力
    営業力の向上ははったりが全てとは言いませんが、ヒアリング能力とかプレゼンテーション能力とか、コミュニケーション能力とか商品知識とか最終的に販売成 績に表れてくる営業力の中にハッタリ力ってのも少々有るのでは無いでしょうかね?
  91. 営業力の強化向上方法
    何とかして売上げ目標を達成しないとそのうちに資金が尽きて会社が倒産してしまうのだから、とにかくおまえら(営業マン)は売れるまで帰ってくる な!とか売れない営業マンに対して罵詈雑言を浴びせて叱責する何て事を毎日のようにやっている、経営者の方とか営業部門の責任者の方は今時は存在しないで すよね?
  92. 売れない時の言い訳(の方法)
    まず最初に書いておきたいのは、言い訳と事実の報告を区別する、必要が有るのでありまして言い訳は聞いていても見苦しいですし、単に時間の無駄でし かないのですが、売れない理由を客観的事実に基づいて報告している場合は、上司や経営者はきちんと耳を傾けて必要な助言やアドバイス又は問題点の解決に努 める必要が有りますよね。
  93. 営業代行とか成功報酬とか
    何と言いますか倒産したり破綻しちゃう企業の過半数は売上不振とか業績の低迷が原因でありまして、残りは経営者の放漫経営とか経費の公私混同による使 い込みですとか、投資の失敗なんかに分類されるのだと思いますが、とにかく会社が倒産してしまう原因のトップは会社を維持できるだけの売上げを確保出来な いで資金繰りに行き詰まるって所で間違いないと思います。
  94. ペンディングとは?
    えっとこの件はペンディングと致しましてって言葉を最初に聞いたのは10年ほど前の事だと思いますが、菊は一生の恥とばかり意味の分からない言葉をその場 で聞くことに躊躇してしまいまして、会議では別の項目に話題が移りましたので、何となく終了的な意味なんだなって思っていたのですが、後で調べてみますと 終わりって言うよりも保留状態で結論を先延ばしにする事ってのを知ったわけですが、何と言いますか関西弁で言うところの”よぉ考え時まっさ”的な断りと言 いますか終了の仕方のように感じたので有りますね。
  95. セミナー依存症
    先ず最初にお断りしておきますがセミナーや勉強会に出席して新しい知識を吸収したり商売のヒントを発見したり、自分の欠点を見つめなおしてみたりす る事で自分が成長するって事は大変良いことだと思いますし、何もしないで怠惰に毎日を過ごすよりも数倍良い行為だと思いますが、中にはセミナー依存症じゃ ないかなってところまで行ってしまう人も少なくないようですので、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。
  96. 電話営業と新規顧客開拓
    どうも電話営業が最近多いと思いましたら不況の影響で業績確保する為に電話営業に力を入れる企業が増えているようで、何でも効果的に新規顧客開拓を 電話営業で行う方法を伝授する渡渉するセミナーや勉強会を開いているコンサルタント系企業も有るようなのでありまして、そりゃまぁ営業マンがドアtoドア で企業や個人宅を訪問して新規顧客開拓を行うよりも電話営業した方がコストも掛からないでしょうし、時間あたりのアプローチ件数も飛躍的に増大しますし訪 問して責任者にアポなしで訪問するよりも責任者と話が出来る確率が上がるとは思いますが、電話をかけてこられるほうにとっては冗談じゃないですよね。
  97. 飛び込み営業用の肩書
    営業職として入社したらいきなり渡された名刺の肩書きがエリアマネージャーだとか主任が印字されていまして、翌日から営業に回るなんて会社が全国に はあちこちあると思います。
  98. テレアポ代行と費用について考える
    闇雲な飛び込み営業では効 率が悪いし、営業マンは疲れるし辛いし営業経費が嵩んでしまうので 先ずはファーストアプローチは電話によるテレアポ営業を行いまして、アポイントが取れた客先だけ訪問しようと作戦を立てた会社が増えているのか、一時期は 減っていた営業の電話がかかってくることが最近になって増えたような気が致します。
  99. テレコールとセールストーク
    最近はCTIを使ったオートコールの類の電話は掛かってこなくなりましたが、相も変わらずテレコールがわが社にかかってくる事が多いのでありまし て、月曜日の九時過ぎから立て続けに2本の電話がかかってきまして、こりゃよほど見込み客が無くなって訪問先がないので焦って電話をしているのでは無いか と推測するので有りますね。
  100. 飛び込み営業の方法とは
    営業マンが行う営業活動と一口で言っても色々なスタイルがありますが、今回のコラムでは飛び込み営業について書いてみますが、まあ世間一般の飛び込 み営業に対するイメージは決して芳しい物では無く、効率の悪い営業方法の代表のような言われ方をしたりしていますが、まあそれでも今日も飛び込み営業を個 人宅だったり企業だったりの違いは有りますが、続けている営業マンは多数存在しているので有りますから、完全否定されたわけでもないって事になりますで しょうかね?
  101. 精神力
    確かアクション仮面は、勇気!正義!ど根性!でアクションビームだと思いましたが、飛び込み営業を筆頭に営業マンは精神力を鍛えておきませんと、心が折れてしまったり本来の営業力を発揮出きないまま営業成績不振で上司に叱責されまして更に落ち込んでしまう事になってしまいますよね?
  102. 部下を追求する方法
    上司や管理職には部下を追求するって業務が御座いまして、部下は上司に上手に追求されて営業成績を伸ばしたり問題点に気が付いたりする場合も有りま すが、逆に言い訳ばかり上手になって巧みに上司の追求をかわす方法を会得しただけで、肝心の営業成績は全然伸びないなんて場合も有ります。
  103. 顧客離れの原因
    多くの場合において売上が下がる原因は客単価が下がってしまったか顧客離れがおきているか、単に商品がいきわたってしまって顧客離れどころか市場が 残っていないかって感じのどれかになると思いますが今回のコラムでは顧客離れについて書いてみたいと思います。
  104. 営業マンのサボりを監視する
    全く個人的な意見ですが、上司や管理職それに経営者全般に言えるのが、人望が無いとか部下の営業マンに適切な指示が出来ていないとか、職場の雰囲気 を盛り上げて営業マンのモチベーションを向上させる事が出来ない無能な人間ほど、営業マンがさぼる事について疑心暗鬼になったり、サボりを防止するために 余計なコストや神経を使ったりしてしまうのですが、そーゆー不毛な行為はさっさと止めて、営業マンのモチベーションややる気を上手く盛り上げて引き出して いくとか、人間的に尊敬されるように自己改革するとか、そっち方面に目を向けた方が良いと思うのですが、まぁ中々難しいのでしょうね。
  105. 不況脱出とトップセールス
    企業のトップ、経営者にも実に様々なタイプが有りますが、平穏無事で何事もなく順調に利益が上がって社員が問題なく働いている時には、まあ何も仕事 をしないに等しい経営者であってもそれはまぁ構わないと思いますが、急激な社会情勢の変化やライバル企業の動向などによって業績が急降下して赤字経営に陥 ろうかという時に、企業の経営者つまりトップ自らがセールス活動に動いて売上げを確保出来る所と、部下を叱責する事しか出来ない経営者ではその差はもの凄 く大きいでしょうね。
  106. 我が儘なお客が増えていると思いませんか?
    会社をやっていて連絡先の電話番号をホームページ上に記載していたりしまうと、実に様々な人から電話がかかってくるのでありますが、どうも20年ほ ど前と比べて横柄で我が儘な客が増えたと実感するのでありまして、仕事がなければそーゆーお客も相手をするのかもしれないのですが、何せ色々と仕事が積み 上がっている状態ですので、さっさとお断り又はお引き取り頂いているのでありますが、聞くところによりますとマニュアル化したコンビニとかファーストフー ドでは金もって買いに来た中学生にまで敬語使って話をしてしまうらしいですから、そーゆー子供が成長して大人になって我が儘なお客になったり、更に成長し てクレーマーに育ったりしているのでは無いでしょうかね?
  107. 使えない経営コンサルタント
    これは言い尽くされている事かどうか知りませんけど、出来の悪い口先だけで中身が全く無いコンサルタントほど、あれも出来るこれもコンサル出来ると 大風呂敷を広げがちで、しかも抽象的なことしか言わないってのは正解では無いでしょうか?
  108. 商談と笑いとクロージングの方法
    私も経営者兼営業マンの端くれでして過去に実に様々な相手と商談をしてきた経験があると思いますが、一番話しが進めにくい相手ってのは表情は一切変 えないで、こちらからの問い掛けには必要最低限の事しか答えようとしないで、じっと私のことを観察するように見ていた人でしょうかね?
  109. お客の心理と営業報告書
    自分以前、私がまだ会社員で営業社員だったり営業責任者だった頃の話しを書こうと思う。
    今の私の会社には営業報告書は存在しないのだが、当時は上司に見せて売上状況や売上見込みを報告する報告書を毎週と月末に提出する義務があった。
  110. 顔写真入名刺
    先日、名刺スキャナー管理ソフトを購入したので溜まりに溜まった3,000枚以上の名刺を整理しだしました。
  111. 頭の中の整理整頓
    机の上やカバンの中がとっ散らかっている営業マンってのは他の職種に比べて極端に多いような気が致しますが、机上の上と同様に頭の中が整理されてい ませんと、やはり仕事の効率が上がらないので有りますね。
  112. ビジネス文例集
    ビジネス文章の書き方だとか、ビジネス文例集の類、大概の会社に有るようですし、個人的に購入して、個人で重宝している方も多いと思います。
  113. 小さな時間の積み重ね
    私は普段からノートパソコンを持ち歩きまして、5分でも10分でも時間が有ればさっさとノートパソコンの電源を入れて仕事を始めます。
  114. 謝罪の方法と基本
    怒っている相手に対して謝罪して怒りを静めて貰ったり、より大きなトラブルや諍いに発展しないようにするって事は本当に難しくて、当人は謝罪したつ もりでも謝罪の内容によっては、余計に相手を怒らせてしまいまして、より大きな問題に発展してしまったりするので有りまして、今回のコラムでは謝罪の方法 と基本について書いて見ようと思います。
  115. 広告媒体の選び方
    今まで営利目的で、お金を払って広告を出した媒体を先ずは金額の高い順に並べる。
  116. モバイル営業マンは仕事が早い?
    実際に調査した訳でもデータが有る訳でも無いのですが、ノートPCを持ち歩いて外でパソコンを使って仕事するのは結構慌ただしいので有ります。
  117. 代金回収とお金にルーズなお客対応
    今回は経営と営業マンの話を書こうと思いますが、注文を貰って商品を納入したりサービスの提供をしたら当然の事ながら企業の伝票上、売上が計上され まして、帳簿上では利益が計上されるのですが、これは実際に代金が入金されていても、未回収の状態でもちゃんと利益は計上されていますので、税金はちゃん とかかってきます。
  118. リフォームの営業方法
    私の住む木造二階建ての家も築15年が経過して、雨漏りはしないまでも屋根のコロニアルはすっかり色あせて、真っ黒だった色がグレーのまだらになっ てしまっていますし、壁にひび割れが出来てどうにも見た目は汚らしくなってしまっていまして、お陰でリフォーム会社の営業マンにとっては格好のターゲット に映るらしく、日曜日になると頻繁に壁の塗り替え業者を中心に営業マンの訪問が始まるわけですが、不思議な事にこの家を建てた工務店や不動産会社の方は全 く訪問がないのですよね。
  119. 空気を読む
    営業マンは基本的にはその場の雰囲気を読まないと中々大成しないものでは有りますが、時には空気を不可読みしすぎてクロージングに失敗してしまったり、飛び込み営業で門前払いされてばかりなんて事も有るのではないでしょうか?(相手の心を把握するのは結構重要な営業ノウハウだったりしますね)
  120. 飛び込み営業の効率
    一日の時間は誰にでも平等に分け与えられているのでありまして、飛び込み営業マンでもお客でもこれは全く同じなので有りますから効率的に仕事を進めませんとあっという間に一日なんて終わってしまって今日も売り上げは無かったなんて事になってしまうのですよね?
  121. アポイントの取り方
    営業マンが売り込み先と面談する際にはアポイントを取りませんと相手にも不快に思われる迷惑訪問になってしまいますし、営業効率も悪くて仕方が無いのでありましてアポイントをしっかり取ることが営業の基本行動の一つでありますがこれが中々難しいのでありますよね。
  122. オーバートークと営業トーク
    友達同士の会話でしたら少々オーバートークしちゃう人のほうが楽しくて宜しいので有りますが、営業マンがオーバートークし過ぎますと後でクレームに発展したり返品騒ぎになったり致しますので注意が必要ですよね?
  123. しゃべりすぎても売れないのです。
    人によっては営業マンといえば雄弁で立て板に水の如く喋る人を想像するかもしれませんが、商談中のお客が買おうか断ろうか黙って考えているときに、決断を促すならともかく最初に戻って自社商品の効能の説明を始めてしまったりしてクロージングに失敗しちゃう人はいらっしゃるのでは無いでしょうか?
  124. 高く売る
    今回は値引きと販売価格の話をしようと思いますが、ワンプライス商売で値引きが無い販売も沢山有りますけど高額商品になるほど営業マンには一定幅の値引き権限を持たせまして、商談の駆け引きの場に置いて自由裁量で値引きを認めている会社も少なくないと思いますが、やたらと大幅値引きばかりしてしまう困ったちゃんがいると思えば、ほぼ定価販売に近い形で高く売る営業マンも居ますよね?
  125. 瀬戸際商談・交渉
    チキンゲームってどっちが根性と度胸があるかどうかを競うゲームが有りますけど、商取引の商談におきましても瀬戸際外交ならぬ瀬戸際商談みたいなやり方を得意とする人もいらっしゃるようで今回のコラムではそんな事を書いてみようと思います。
  126. 転勤、人事異動と顧客管理
    4月は人事異動や転勤の時期でありまして私の会社は一箇所、しかもワンフロアで営業中ですので机の配置を変えるくらいしか出来ないのですが、大きな企業で は遠くに転勤になってしまって単身赴任で北海道に転勤だとか、色々転勤、人事異動にまつわる話はあるようです。
  127. 新規顧客開拓成功方法
    どんな企業であっても新規顧客開拓無しに会社を存続できないことは明らかな事実なのですが、この新規顧客開拓ほど重要でたいへんな仕事はないのですが、どんな企業にもあては まる、新規顧客開拓成功方法なんてものが有る訳でなく、絶対成功する新規顧客開拓方法なんて書籍が販売していたら、そんなもの人に教えないで、儲かる商材 を探して自分で新規顧客開拓を実行すれば良いと思ってしまいます。
  128. やるきの無い部下
    前にも書きましたが営業成績は本人の能力上にやる気やモチベーションが最終的な結果を大きく左右するのでありまして、いくらセールストークが上手でお客の心理を読むのに長けていて、クロージングが上手な人でも、ひとたびやる気を失ってしまいますと俗に言う営業マンスランプな状態に陥ってしまうのですよね?
  129. 営業(販売)ノウハウとは?
    あそこの会社はこの商品の販売に関してはノウハウを持っているからとか言う場合が有りますが、平たく言いますと知識や技術の事をノウハウと呼ぶのでありまして、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。
  130. 売れない対策
    会社全体でも営業マン個人でも今まで通りに営業しても全然売れなくなって困ってしまう事が有りますし、時には長期間に及ぶスランプ期間に入ってしまう事だって長く営業や販売をしていますと一度や二度は経験するのではないかと思いますが、当人にとっては笑い事じゃないですし特には会社の業績に直結しますから何らかの対策を考えたりするのが当然の流れだと思います。
  131. 泥臭い営業スタイル
    特に定義はないのですがスマートな営業スタイルだとか、どうもあいつは泥臭い営業だとか形容したり致しますが、今回のコラムではそんな事について書いてみます。
  132. 販売職(営業マン)と体力と使い捨て
    何となく新入社員が沢山入ってくるような大企業では、体力の有りそうな奴とか声の大きい人間を営業部隊へ配置しがちで営業マンは体力があって、それがクリ アされて初めて提案力とか交渉力が生きて来るみたいな風潮が有るような気がしますよね。
  133. チーム営業とお荷物社員
    当社の営業スタイルは個人じゃなくてチームで活動しますからどなたでも安心して取り組めますし、飛び込み営業が怖いとか客先に訪問するのが不安だとか思っている方でも、同じチームのベテラン社員がフォローしますから安心して下さいなんて言葉は簡単に信用してはいけませんよ?
  134. 販売してから困るお客
    見込み客のストックが沢山有って販売先を選べるような状況に有る営業力の高い営業マンは、どうもうるさそうだとか売ってからクレームになりやすそうなお客だと直感致しましたら、君子危うきに近寄らずとでも申しましょうか、売ってしまってから後悔しないような販売相手を選ぶわけですけど、どうも売り上げが芳しくなくて見込み客が無くて上司から叱責されているような営業マンの場合は目先の売り上げを確保するために、相手をよく考えないで販売してしまうとか、分かっていても背に腹は代えられないって事で販売してしまうのですよね?
  135. 売れる条件
    ひたすら毎日一生懸命に飛び込み営業を繰り返したり新規顧客開拓のために販売促進策に資金を投入したり手を尽くしても売れないことも有りますし、その逆に何の努力もしていないのに売れ行き好調な商品や会社もまた存在するのでありまして、今回のコラムでは売れる条件について考えてみます。
  136. 部下を追い込む上司
    営業の世界では部下に対して厳しい追及で徹底的に追い込む上司ってよく存在しますよね?
  137. 販売力の向上策
    設立してから年数が浅い会社を除きましてたぶん今の営業職を束ねる営業所長ですとか営業部長さんは、たぶん自分が営業現場の第一線で活躍していてバリバリ売っていた頃はバブル経済が真っ盛りの頃で苦労はしたけど見込み客の確保はなんとなく出てきて、あとは営業力と言いますか押しと粘りでなんとか契約をものにしたって人が多くて、現在のようにそもそも見込み客がどこかに消え失せてしまったような状態では、昔の手法が使えなくて売上不振から脱却出来ないって事が少なくないのでは無いでしょうか?
  138. 飛び込み営業のコツ
    昔私が飛び込み営業をやっていた頃を思い出してみますと、飛び込み営業ってのはコツとか方法とか最初にどんな言葉をかけるとかは二番目以降の話で、気後れしないとかなんとなく飛び込むのが嫌だなって思わないとか、気持ちの部分がすごく大きいと思うのですよ。
  139. 営業成績と職場の人間関係
    本人の能力差が数字になって現れやすい営業の仕事に携わる職場では、他の内勤職のように年功序列よりも本人の能力によって昇進や昇格が決定される傾向が有りますから、なんとなく他の職種と比べて職場における人間関係が雰囲気的に違う部分が出てくるのですよね?
  140. 値引き権限と理由書
    これはとある会社に私がまだ勤めていて営業所長をしていた頃の話ですが、確か営業マンは定価の10%までの値引き権限が許されていたのですが、特定の営業マンにおいては商談のたびごとにそれ以上の値引きでの見積提出の許可を求める理由書が提出されて、私もまぁ渋々応じていたわけですけど下手に値引き権限を与えますと営業マンの力の差が歴然と出てしまいますね?
  141. 売れるセールストーク
    まずね人それぞれ個性が有りますし、それは買う立場のお客さんもそうですし営業マンもそうですから絶対売れるセールストークなんてものは存在致しませんし、私自身がお客の立場で過去を振り返ってみますと、暇なときやしっかり説明を聞きたいときには丁寧に説明する営業マンを好ましいと感じたり、逆に忙しい時には要点だけ素早く伝えてくれた方が助かったり致しますからね?
  142. ライバル潰しと草刈り場
    とても限られた市場の中で同様の商材や製品を扱うような会社が複数存在する場合におきまして、どこか一社の商品力が見劣りしてきたとか市場シェアを落としてきたなど販売力や商品力に翳りが出てきた時に一気に草刈り場と化して徹底的に顧客を奪われてしまう場合が有りますよね?
  143. 営業マンの勉強会や研修会
    私もまだ組織の人間として営業の仕事に携わっていたときは社内で営業研修と称する勉強会に随分と強制参加させられましたし、管理職になってからは自分が音頭をとって勉強会を実施して営業力アップを試みたものですが、今回のコラムではそんなテーマについて書いてみたいと思います。
  144. クロージング同行と分業
    私の存じ上げているとある訪問販売系の飛び込み営業を主体として営業している会社では、新入社員やまだ充分にクロージング出来る力が備わっていない営業マンの場合はチームを束ねるリーダーがクロージングに動向して威力を発揮しています。
  145. 売上アップと直間比率
    これはその昔にハローワーク(当時は職安)で聞いた話ですが不況の時でも業績が悪くても売り上げは確保しなくちゃいけないので営業マンの数は減らさないって事を聞いた事があります。
  146. 新入社員と飛び込み営業
    入社前の説明会では一切営業スタイルについては触れないかもしくはグループ営業で安心ですなんて事で営業職に配属されたら、翌日から用意されたリストに従って飛び込み営業をする日々が続くとか電話コールをさせられてアポイントが取れるまで電話をかけなくちゃいけないなんて話は昔は良く有ったと思います。
  147. 楽に売れるやり方、方法
    まず言いたいのは何かの例え話で結構有名なセールスの話しで、腕利きの営業マンはエスキモーに冷蔵庫を売ってくるとか、靴を履いてない未開の地に住む人にもちゃんと靴を売ってくるなんて話しが有ったと思いますけど、わざわざ売るのに苦労するような場所に出かけて簡単には買いそうもない相手に営業するなんて、いくら営業力に自信が有っても私だったら冷蔵庫を販売するならまだ普及率が50%しかなくてこれから本格的に売れる場所に出かけて営業しますけどね?
  148. 債権回収と与信管理
    営業マンの方や、会社経営者にとって売上を上げる事よりも、売上代金回収のほうが、重要で場合によっては大変なのではないでしょうか?
  149. 見積を出しても売れない
    心のなかで固く売れるためには見積書をお客さんに提出しなくちゃいけないって思い込んでいる営業マンは少なからずいらしゃるのではないかと推測致しますが、大きな会社で社内的に稟議書を上げて貰って決済をとってもらう段階以外は見積なんてものは簡単に出さなくても良いって考えています。
  150. 付加価値向上の提案
    ライバル他社と全く同じ商品を販売している状態ですと、どうしても価格競争になっていまいますし、限られた顧客の中で最大限の売上げや利益を確保し ていくためには、付加価値を付けてその分高く売って粗利益の上昇に努めるって方向に考えが向かう場合が多いと思いますが、これがまた難しいのですよね。
  151. 嘘をつく才能
    一体誰が言い出したのか知りませんが今から20年ほど前には既に嘘つきは営業マンの始まりなんて言い伝えがございまして、今回のコラムでは嘘をつく才能について書いてみたいと思います。
  152. 二重人格・多重人格
    どうも隠れ二重人格と言いますか多重人格者が日本には多い・・というよりも90%以上が二重人格者と呼んでも良いほどになっていると思いませんか?
  153. 見込み管理表ダウンロード(無料)
    先に書いときますと見込み管理てっさ、それを書くために仕事してるんじゃ無いんだから、そんなものの記入に時間がかかるようじゃしょうがないし、一番問題なのは上司が見るためだけに存在してるて場合じゃないですか?
  154. キックバックの要求
    これは断ったので書けるのでありますが今回のコラムでは納入先の業者からのキックバックの要求について書いてみようと思います。
  155. 迷惑FAX_DM対策
    あの知らない会社から一方的に送りつけてくる FAXによるDMって本当に頭に来ませんか?
  156. 営業用語の解説
  157. 見込み客の見極め

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る