スポンサードリンク

ABC分析

エービーシーは知っててもそれだけじゃ困りますなんて歌を知っている人はもう年配の方だと思いますが、今回のコラムでは営業用語のABC分析について書いてみようと思います。

まぁ概ね字を見ただけでお分かりになると思いますけど、顧客をね勝手にランク分けして対応を区別(差別)するって事なので有りますね。

月に何百万円も購入してくれるAランクのお客は三日と欠かさず訪問致しまして、お客の注文は他の仕事を差し置いても最優先で対応したり致します。

これがCランクのお客になりますと営業マンから連絡したり訪問するのは年に一回にして、たまの注文もまぁ買いたきゃ買ってね・・なんて極端な対応はしないと思いますけど、とにかくそーゆー事です。

これはルート営業ですとか既存客からの売上比率が高い場合に営業効率を落とす要因になってしまう手間ばかりかかって儲けにならないお客の存在も有るのでは無いでしょうか?

でねABC分析ってその分析する作業自体は購入頻度だとか売上高だとか、どのくらい利益に貢献してくれているかと比較的簡単に分類分析できちゃうと思いますけど肝心なのはそれを営業マンの行動にどう反映させるかじゃないですか?

例えばねABC分析によって目出度くCランクに分類されたお客の社長にね『おまえ最近全然顔を出さないじゃないか、うちへこないんだったらよそから買うぞ!』なんて営業マンが言われて、『すいませんもっと頻繁に寄るようにします。』なんて答えていたらABC分析の意味が無くなってしまいますよね?

まぁCランクのお客だって塵も積もれば山となるって事で考えるのか、それとも切り捨てる方向で考えるのか、どうすればCランクのお客をBランクやAランクのお客に引っ張り上げることが出来るのか考える必要張るのですけど、少なくとも訪問頻度が少なくなったりするお客をどう扱うか位は決めておく必要が有りますよね?

そんなわけでABC分析ってのはお客を分析して分類しただけでは何の役にもたたない代物で、それを普段の行動や戦略にどう活かして行くかが大切なのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ABC分析
  2. クロージング
  3. ペンディング
  4. キックバック
  5. 粗利
  6. 是々非々とは
  7. ソリューション営業
  8. ロープレ
  9. テレコール
  10. クライアント
  11. キーマン
  12. デモンストレーション
  13. ソーシャルビジネスとは?
  14. GNP営業
  15. 根回しと社内営業
  16. ネゴ
  17. OJT
  18. あいみつ
  19. アンテナショップとサクラ
  20. パワハラ
  21. プレゼンテーション
  22. 当て馬
  23. クレーマー
  24. 接待営業
  25. ニッパチ景気
  26. みなし残業とは?
  27. 泣き落とし
  28. 架空売上と赤黒処理
  29. テリトリーとは
  30. 言い訳
  31. マーケティング
  32. 眉唾
  33. リース与信
  34. ルート営業
  35. 火の車
  36. トップセールス
  37. ヒアリング
  38. 直行・直帰
  39. テストクロージング
  40. 草刈り場
  41. ニッチ市場
  42. 燃え尽き症候群
  43. 鼻薬を嗅がせる
  44. 稟議書
  45. モグリ業者
  46. 雛形
  47. 隠し玉
  48. やっつけ仕事
  49. 夏枯れ対策
  50. タコ・ボウズ
  51. 空売り
  52. 見込み客
  53. 二匹目のドジョウ
  54. おいしいお客
  55. 焼畑農業
  56. 大本営発表
  57. ホウレンソウ(報連相)
  58. マーチャンダイジング
  59. 一匹狼
  60. 商談をひっくり返す
  61. 名刺症候群
  62. 面従腹背
  63. 太鼓持ちと茶坊主
  64. 棚ぼた
  65. 蛇の道は蛇
  66. 溺れる者は藁をも掴む
  67. デファクトスタンダード

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る