スポンサードリンク

ロープレ

生まれた時から電子ゲームがあった世代の方でしたらロールプレイングゲームには慣れ親しんでいるかもしれませんが営業ロープレとは、まぁ大人になって社内で行うオママゴトってところでしょうか?

営業ロープレの場合はお客さん役と営業マン役になりきって擬似的にアプローチや商談の練習を行うのであります。

でね大概は先輩とか上司がお客さん役で新人営業マンとか若い営業がそのまんま営業マンに扮してってそのままですけど社内で営業ロープレを行うのですが、中には意地悪なお客さんを徹底してやる先輩なんかもいるんですが、社内ロープレはそれで良いのですよね?

何と言いますか社内ロープレの意義ってのは一つは営業トークを磨くとか先輩のトークを参考にするってもの有りますが、ウォーミングアップと言いますか、ごく自然に切り返しが出来るように練習するまぁ漢字ドリルみたいな一面も有りますからね。

さて社内ロープレが苦手な方はいらっしゃいませんか?

実は私も大の苦手でこれは営業スタイルに関係してくるのですけど、聞き上手の営業マンとでも言いましょうかこっちからは極力話をしないで相手がしゃべってくれるように仕向ける形だと、お客さん役の営業マンとかみ合わない事が多いんですよね?

営業ロープレってのは基本的にお客さん役の人は余りしゃべらないで営業マンが売り込むために一生懸命セールストークを展開するのが普通ですから、聞き上手の営業スタイルの人には少々向かないと言いますか、お客さん役の人がちゃんと役作りしてくれなくちゃ成り立たないのですよね?

あとね内弁慶とでも言いましょうかブルペンエースって言葉も有りますけど社内ロープレだと淀みなくセールストークを展開するのに実践になると大したことない営業マンっているんですよね?

原因としては推測するにしゃべりすぎなのと、場の雰囲気ですとか相手の顔色だとか声のトーンなどで心理を読むって事が出来ないと言いますか、自分の営業トークを展開する事に一生懸命になりすぎちゃっているんです。

そんなわけで社内ロープレなんてものは軽い練習とウォーミングアップ程度に考えれば良いと個人的には思っていますし、なにしろ聞き上手の話引き出し上手の営業マンの場合には、お客さん役の人がちゃんとしていないと、噛みあわないだけですし無理して営業マンが営業ロープレを成立させ用途してしゃべると自分の営業スタイルを壊しちゃうだけですから、ある意味気楽に適当に考えれば良いのでは無いでしょうか。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ABC分析
  2. クロージング
  3. ペンディング
  4. キックバック
  5. 粗利
  6. 是々非々とは
  7. ソリューション営業
  8. ロープレ
  9. テレコール
  10. クライアント
  11. キーマン
  12. デモンストレーション
  13. ソーシャルビジネスとは?
  14. GNP営業
  15. 根回しと社内営業
  16. ネゴ
  17. OJT
  18. あいみつ
  19. アンテナショップとサクラ
  20. パワハラ
  21. プレゼンテーション
  22. 当て馬
  23. クレーマー
  24. 接待営業
  25. ニッパチ景気
  26. みなし残業とは?
  27. 泣き落とし
  28. 架空売上と赤黒処理
  29. テリトリーとは
  30. 言い訳
  31. マーケティング
  32. 眉唾
  33. リース与信
  34. ルート営業
  35. 火の車
  36. トップセールス
  37. ヒアリング
  38. 直行・直帰
  39. テストクロージング
  40. 草刈り場
  41. ニッチ市場
  42. 燃え尽き症候群
  43. 鼻薬を嗅がせる
  44. 稟議書
  45. モグリ業者
  46. 雛形
  47. 隠し玉
  48. やっつけ仕事
  49. 夏枯れ対策
  50. タコ・ボウズ
  51. 空売り
  52. 見込み客
  53. 二匹目のドジョウ
  54. おいしいお客
  55. 焼畑農業
  56. 大本営発表
  57. ホウレンソウ(報連相)
  58. マーチャンダイジング
  59. 一匹狼
  60. 商談をひっくり返す
  61. 名刺症候群
  62. 面従腹背
  63. 太鼓持ちと茶坊主
  64. 棚ぼた
  65. 蛇の道は蛇
  66. 溺れる者は藁をも掴む
  67. デファクトスタンダード

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る