スポンサードリンク

燃え尽き症候群とは

症状としては何もやる気が起きないとか脱力感などが表れますが、営業職ほどこの症状が出やすい職種は無いのではないでしょうか?

多くの会社でね期末が近くなりますと販売目標が引き上がりまして今期の数字作りに発破がかかって見込み客は根こそぎ売るか潰すか結論を出さなきゃいけないなんて事になる場合も多いですし、移動やテリトリーの変更が控えている場合もありますし、会社によっては決算月には通月の倍以上の売り上げを計上する時も有るわけですよ。

でまぁ休日出勤に夜討ち朝駆けなんのそので出来ないと思っていた販売目標を何とかクリア致しまして期が変わって翌月になると見込み客はゼロ状態だし、先月の月末に押し込んだ処のサポートは山のように残っているし・・心のほうは気がついたら燃え尽き症候群状態になっているなんて営業マンも全国に結構発生するのでは無いでしょうか?

でこれってね外から見ていてもいつも通り元気だしちゃんと始業の30分前には出社してくるし全然気がつかない、けど前の期にはあれだけ売り上げを計上していたのに期が変わった途端にぱったり売り上げを持ってこなくなってしまった。

単に期末の追い込みで見込み客に対して全部売り尽くしただけでそのうちに見込み客も増えてきていつもの調子を取り戻すだろうなんて思っていても、半年経っても全然売り上げは上がってこないし段々元気が無くなってきたようだ。

で始めて半年前に燃え尽き症候群になっていたのだと気が付くのですけど、それでも実はそうじゃなくてライバル他社の外的要因だったりする場合もありますから、一概に決めつけるわけにもいかないのですよね?

勿論ね営業の仕事に幾ら打ち込んで頑張ってもさっぱり成果が上がらないって事で絶望とともに燃え尽き症候群になってしまう人もいらっしゃるでしょうけど、そんな人の場合でしたら転職を考えるとか営業以外の仕事を視野に入れて見るほうが良いと思います。

まぁどちらの場合でも頑張りすぎると燃え尽き症候群状態になり易くなるのは同じなのですけど、だからといって頑張らないで仕事をまともにこなせるワケが無いのでありまして、効果的有効な対策はコレといって無いのが実情では無いでしょうかね?

追伸
3日間とか一週間とか短い期間に燃え尽き症候群状態になってしまって立ち直ったって経験が有る人は少なくないと思います。

私も過去になんどもプチ燃え尽き症候群状態になった覚えが有りますけど、だんだんと耐性が出来て発症しにくく心が強くなってくるような気が致しますよ。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ABC分析
  2. クロージング
  3. ペンディング
  4. キックバック
  5. 粗利
  6. 是々非々とは
  7. ソリューション営業
  8. ロープレ
  9. テレコール
  10. クライアント
  11. キーマン
  12. デモンストレーション
  13. ソーシャルビジネスとは?
  14. GNP営業
  15. 根回しと社内営業
  16. ネゴ
  17. OJT
  18. あいみつ
  19. アンテナショップとサクラ
  20. パワハラ
  21. プレゼンテーション
  22. 当て馬
  23. クレーマー
  24. 接待営業
  25. ニッパチ景気
  26. みなし残業とは?
  27. 泣き落とし
  28. 架空売上と赤黒処理
  29. テリトリーとは
  30. 言い訳
  31. マーケティング
  32. 眉唾
  33. リース与信
  34. ルート営業
  35. 火の車
  36. トップセールス
  37. ヒアリング
  38. 直行・直帰
  39. テストクロージング
  40. 草刈り場
  41. ニッチ市場
  42. 燃え尽き症候群
  43. 鼻薬を嗅がせる
  44. 稟議書
  45. モグリ業者
  46. 雛形
  47. 隠し玉
  48. やっつけ仕事
  49. 夏枯れ対策
  50. タコ・ボウズ
  51. 空売り
  52. 見込み客
  53. 二匹目のドジョウ
  54. おいしいお客
  55. 焼畑農業
  56. 大本営発表
  57. ホウレンソウ(報連相)
  58. マーチャンダイジング
  59. 一匹狼
  60. 商談をひっくり返す
  61. 名刺症候群
  62. 面従腹背
  63. 太鼓持ちと茶坊主
  64. 棚ぼた
  65. 蛇の道は蛇
  66. 溺れる者は藁をも掴む
  67. デファクトスタンダード

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る