スポンサードリンク

ステテコブームとリバイバル

昔聞いた話ですけど確かファッションの世界には何十年かのサイクルが有ってリバイバルを繰り返すのだそうで何だか中島みゆきさんの歌にそんなのが有ったような気がしますが、今回のコラムのテーマはステテコなのであります。

まぁ今では映画の中と一部の地方で縁側が有るおたくのオッサンしかステテコ愛用者はいなくなってすっかり市場から姿を消しつつ有ると思われた下着のような、そうでないようなオッサンご愛用のズボンとパンツの中間着が、一部の報道によりますと復権の兆しなのだそうです。

まぁ家族しかいない室内でステテコ姿ってのはかなりリラックス出来ますし地球温暖化対策のためにもクールビズに繋がるのだと思いますが、確かね女のお子さんがお父さんが家の中でステテコ姿で歩き回るってのは嫌われるんじゃ無かったでしたっけ?

それに聞くところによりますと女性用のステテコなども発売されましてそれなりに購入者がいらっしゃるようなのですけど、まぁ私個人の感想と致しましたら恋人同士であってもステテコ姿で縁側でスイカを食べてウチワで仰いでいる姿なんてのは想像したくないですし百年の恋も覚めてしまう男性が多いのでは無いでしょうかね?

まぁそんなわけですからステテコメーカーを始めと致しましてアパレル関係者としては何とかステテコを流行らせまして売上増に繋げたいって希望が有るのだと思いますけど、間違っても飛びついて購入したら他人に見られない場所での着用にとどめましてステテコ姿で外出しない方が良いと思いますよ。

ついでにもう少し

ステテコ姿もそうですし合わせて腹巻を表から見える形で着用致しまして表を堂々と歩いても、風景と全く同化して違和感を感じさせない人になるには、そえなりの年季と風貌と貫禄が必要になってくるのでは無いでしょうか?

思うに今の日本人でしたら30代以上でないとステテコ姿で人前に出るのは貫禄や風貌の面でイマイチ経験が足りないように思うのです。

まぁ昭和の時代の人でしたら暫く着用していればすぐに違和感なく着こなせるようになると思いますけどね?

追伸
私自身はステテコじゃなくてパッチと呼ばれるズボン下の愛用者なので有りますが、下着とズボンの間にパッチを履いていますと汗を吸い取ってくれて結構快適なのでありまして、一度着用致しますとけっこう病みつきになるのでありますが、難点として人前でズボンを脱げない・・ってまぁ私の場合でしたら人前でズボンを下ろす機会など一切ないのでありますけどね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. マネキン人形、トルソー マネキン
  2. リバイバルについて考える
  3. ブランド激安ショップ
  4. 腕時計
  5. 万引
  6. 目覚まし時計
  7. 巨大ショッピングセンター
  8. 入学祝い、入社祝いのプレゼント
  9. 偽りのブランドと買取
  10. ステテコブームとリバイバル
  11. 日本のファッションブランド

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る