スポンサードリンク

自転車の任意保険(自転車保険)

現在の日本は第何次か分かりませんが自転車ブーンの再来になっていまして、背景として原油価格高騰の余波による車離れですとか、メタボ検診の発足による健康指向の高まりから自転車が売れに売れているようで、私もブームに便乗して?クロスバイクタイプの自転車を購入して週に 100キロ程度走行しているのですが、走行する前に自転車の任意保険を随分探しましたね。

調べてみると一時期は数社から自転車保険の名目で保険が販売されていたようですが、長い間の自転車離れだかそもそもわざわざ自転車だけの為に任意保険に加入する人が居なかったのか、殆どが発売中止になっておりまして、最終的に加入したのがJCA自転車総合保保険なる自転車単体で加入できる保険です。

このJCA自転車総合保険はJCA の会員になると自動的についてくる会員特典のような感じなのですが、年会費4000円で一回の事故での最高限度額を1000万円として本人の死亡や怪我をした時の保障や自転車で他人にぶつかって怪我をさせたり物を壊した時の保障が受けられます。

※加入している自動車保険や生命保険の特約で自転車による事故や怪我がカバーできる種類の保険も有るようですが、自転車単体で加入できる保険は現時点では中々見つからないのです。

でね最近になって自転車の通行区分を原則車道にして、一部に自転車走行可能な歩道を作ったり、三人乗りの規制をしてまた引っ込めたり自転車を巡る動きが色々出てきているようですが、聞くところによると自転車側が加害者の事故も全国的に随分と多いようで、交通弱者でも何でもなくスピードを出して歩行者にぶつかった場合には、時として重大事故に繋がってしまう事も少なくないようですね。

私自身、自転車に乗って結構スピードを出しますし、脇道から子供が何時飛び出してくるか分かったものでは有りませんので、乗る前に自転車保険に加入してから走行を始めたのですが、多分いま現在日本中を走っている自転車の99.99%以上は保険に入らないで走行していると思うのですが、スピードを出して走る自転車はかなり危険な存在だと思いますので年間千円位の保険料で加入を義務化しても良いのでは無いかと思いますね。

まあ今はエコロジーな生活を目指す必要が有る訳ですから、高速道路の通行料金値下げなんて事やらないで、自転車専用道の整備だとか片側二車線の道路を1車線を自転車用にしちゃうとか、自転車保険の充実を図って、一緒に自転車の盗難対策に力を入れて貰えれば、CO2の排出量は減りますし、空気は綺麗になりますし、日本人が健康になってGDPが増えると思うのですが、自転車に乗らない国会議員には理解できないでしょうね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 外資系保険会社と日本の生保
  2. 掛け捨て型の生命保険
  3. 生命保険に入るとき注意点
  4. 生命保険会社比較サイトに物申す
  5. 自転車の任意保険(自転車保険)
  6. 従業員への生命保険
  7. 金融工学
  8. 保険が作り出すリスク
  9. 生命保険の見直しと解約
  10. 保険と貯金(貯蓄)
  11. 保険会社不要論
  12. 保険金の不払い
  13. 生命保険の解約
  14. 保険会社の破綻と保険金の減額
  15. 生命保険と節税の関係
  16. 中古バンパーと自動車保険
  17. 生命保険の解約と見直し
  18. 生命保険の必要性
  19. 学資保険のメリットとデメリット
  20. ホールインワン保険

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る