スポンサードリンク

ダイヤモンドの資産価値

一応、貴金属の買い取り店は存在しますし、全く資産価値が無くなってしまう事も無いのですが、個人的な感想では金やプラチナのように、市場があって万国共通のグラム数などで相場が決まっているわけでなく、ダイヤモンドも場合はカラット数の他にカット(デザイン)だとか透明度などで販売金額が決定してますし、中々相場が有って無いような世界だと感じていますので、資産として買い集めるには他にもっと良い投資対象が有ると思いますが、宝石が好きで中でもダイヤモンドが大好きなので趣味と実益を兼ねてとかの理由でダイヤモンドを買い集めている人も結構いらっしゃるのではないでしょうかね?

まあ実は先日、銀座じゅわいよくちゅーるマキの名前で結構有名な宝石販売業、三貴株式会社が倒産(民事再生法の申請)のニュースを見てふと思ったのですが、ダイヤモンドに金やプラチナのように換金性が有れば、手持ちのダイヤモンドを始めとする宝石を売却すれば、資金繰りは何とかなったような気もしますが、まあダイヤモンドを売るほど持っていても、負債を圧縮して生き延びるほどの力は無かったのですね。

つまりもしダイヤモンドに資産価値が有ってインフレ率に相当する位の価値の上昇があって、しかも換金したくなった時に、素早く換金できませんと資産形成には余り向いているとは言えないので無いでしょうかね?

ついでに書いておきますと世界的なダイヤモンドの流通組織では、価格を維持する為に生産調整を積極的に行って居るそうですが、一部の私企業の思惑によって価格が操作されるような状態は良いとは思わないですね。

まあその手の物で資産形成するんでしたら、やはりプラチナか金のどちらかが良いって事になるのでは無いでしょうかね?

何でもダイヤモンドは高温で燃焼してしまうらしいですから、火事になったら燃えて無くなってしまうらしいですし、質屋に持って行ってもちゃんと鑑定できる質屋さんは少ないでしょうから、かなり安くなってしまうのでは無いでしょうかね?

追伸
資産価値とは少しだけ違う話になってしまいますが、私の目の前に1カラットのダイヤモンドを身につけた女性と、金銀パールが当たるかもしれないブルーダイヤを手にした女性が立っていたとしまして、どっちに交際を申し込むかと聞かれても、はっきり言って1カラットのダイヤモンドもブルーダイアも先行要素の中には入ってこないので有りまして、まあ逆に1カラットのダイヤモンドに目がくらむような人間にはなりたくないと思うので有りますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 1月の誕生石 Garnet-ガーネット
  2. 2月の誕生石 Amethyst-アメジスト
  3. 3月の誕生石 Aquamarine-アクアマリン
  4. 4月の誕生石 Diamond-ダイヤモンド
  5. 5月の誕生石 Emerald-エメラルド
  6. 6月の誕生石 Pearl-パール真珠
  7. 7月の誕生石 Ruby-ルビー
  8. 8月の誕生石 Peridot-ペリドット
  9. 9月の誕生石 Sapphire-サファイヤ
  10. 10月の誕生石 Opal-オパール
  11. 11月の誕生石 Topaz-トパーズ
  12. 12月の誕生石 Turkish stone-トルコ石
  13. 人は何故宝石が好きなのか?
  14. 宝石の買取
  15. 普通の石と宝石の境目
  16. パワーストーンとは?
  17. 宝石好きは自分に自信が無い?
  18. 宝石の資産価値
  19. 田崎真珠が希望退職者を募集
  20. キュービックジルコニアとは
  21. 工業用ダイヤモンド
  22. ダイヤモンドの価値
  23. ダイヤモンドの資産価値
  24. 差し押さえ品の宝石の競売
  25. 宝石(ダイヤモンド)の鑑定方法
  26. 下落した結婚指輪の相場
  27. 自分に似合う宝石
  28. 指輪の存在価値

スポンサードリンク

著作権

メニュー

ページのトップへ戻る