スポンサードリンク

ホームページの違法コピー無断複製への対応

私が法律の専門家でも無ければ格別詳しいわけでもないのですが、時間をかけて作ったホームページのコンテンツが丸ごとコピーされてしまったり、引用の範囲を超えてコンテンツの一部としてて利用されてしまったり、知らない間に複製されてしまったりと他人の苦労を何とも思っていない人が世の中には結構いるようで、最近わたし自身がその手のトラブルに遭遇して、その際に複数の方から情報を頂きまして、苦労して作成したコンテンツを勝手に流用されたりして悔しい思いをしている人も多いらしく、随分とアドバイスや情報を貰いましたので、簡単にまとめてアップしておこうかと思います。

※引用とコピペによって起きる検索エンジンへの影響はこちら

特にコンテンツ制作をやっている企業の経営者の方はコンテンツの盗用を放置しておくと、利益の損失以上に製作スタッフのモチベーション低下が発生するそうですから、断固として対応しないと宜しくないようですね。

まず自分のホームページを複製されたり一部を流用された事に気が付いたら、後々どんな展開になるか分かりませんから念のため証拠保全を行います。

これは問題のページをプリントアウトしておく事とダウンロードして自分のパソコンに保存、それとWeb魚拓なども併用すると良いでしょうね。

次にメールやFAXなどで相手に対して警告や削除依頼を出します。(連絡先が一切不明の場合はプロバイダに連絡します)
  独自ドメイン使用でなおかつ連絡先が不明の場合はこちら(http://www.mse.co.jp/ip_domain/)でドメイン名を入力して所有者を割り出して下さい。

これで該当するコンテンツが削除されなかった場合の対応になりますが、ケースバイケースで一概には言えませんので、先ずは法テラスへ電話して無料相談するのが良いでしょう。
http://www.houterasu.or.jp/

実は私もこちらの無料相談に電話して聞いてからこの原稿を書いていますが、電話だけですからあまり具体的アドバイスは難しいようですが、内容によって相談窓口の紹介をしてくれる所と考えれば良いでしょう。

私が法テラスで聞いた範囲の情報を書きます。

・違法性が明確、又は高いと思われる、名誉毀損など問題が発生している場合の相談窓口
  サイバー犯罪相談窓口(http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm)に電話をかけてみる

・違法かどうかも分からない場合
  弁護士会等の無料相談窓口(法テラスで所轄の無料相談窓口を教えてくれました、私の地域では月一回の無料相談で予約制になっていました)
大手企業のように顧問弁護士がいる場合はそちらに相談すれば良いでしょうが、私のように都度必要に応じてスポットで時間幾らの料金を支払って相談している場合や、お金が勿体ない方は無料相談を活用すると宜しいでしょう。

■検索結果への対応
違法コピーや引用の範囲を超えたページ内テキストのコピーなどが検索結果に影響を与えて居る場合、またはその恐れがある場合は、デジタル ミレニアム著作権法に基づいて申し立てを行います。

http://www.google.co.jp/dmca.html
書面を作ってFAXをすれば良いようです。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 短期間で稼ぐ方法
  2. ホームページの無断コピー発見と損害賠償請求
  3. ホームページ表示スピードの改善と向上の方法(スピードアップ)
  4. ホームページを作るときの入り口の考え方
  5. ホームページ作成代行業者に作成を外注の留意点
  6. 広告を出すときの注意点
  7. ホームページのリース商法
  8. ホームページのアクセスアップ
  9. ドメインの売買
  10. ホームページ作成のプロフェッショナル
  11. SEO業者に注意
  12. ホームページ作成業者は儲るか?
  13. IT業界の労働環境
  14. 定年退職の年齢とホームページ作成
  15. 静的HTMLの復権
  16. 巣ごもり景気とネットショップ
  17. 差出人詐称メール対策
  18. 作業と対価
  19. 個人サイトの成功法
  20. 巣ごもり景気とネットショップ(2)
  21. 失業中の過ごし方
  22. 無料ホームページ作成について
  23. 原稿執筆代行の原稿料
  24. ネットショップはモール出店が有利?
  25. 不況とアクセス数の関係
  26. 広告貧乏(無料で集客)
  27. 漫画広告の効果
  28. クレーム対応と電子メール
  29. 相互リンク募集の注意点とホームページの寿命
  30. ホームページ作成業者が減少した原因
  31. コンペはお断りと競争入札
  32. ホームページ製作マッチングサイト
  33. ホームページを検索エンジンの上位表示させる方法
  34. ホームページ運営で儲かる条件
  35. リピーターを増やすホームページの作り方
  36. 動画が普及しない理由
  37. メールチラシ
  38. お客の差別と区別
  39. ブログの炎上とか掲示板の祭りとか
  40. 引用とコピペの問題
  41. ネット社会の匿名性
  42. ホームページの違法コピー無断複製への対応
  43. 小さな作業もしっかり請求
  44. Twitterの活用法を考える
  45. パソコンが遅くなる原因と対策
  46. IE8の画像表示の不具合
  47. ホームページの過疎化対策
  48. Windows7の導入
  49. CDの寿命
  50. 句読点の入れ方と使い方
  51. 広告費の費用対効果
  52. 印象に残るCM
  53. スルー力(りょく)
  54. 迷惑なFAXDM3
  55. 儲ける方法とスパムメール
  56. ネット販売と価格競争に関する考察
  57. ホームページの売買
  58. 情報流出対策
  59. 売れるホームページ制作
  60. ホームページの過疎化対策
  61. ドメイン名の転売と権利について
  62. 中古ドメイン購入のメリット
  63. ウインドウズXPサポート終了時期
  64. IT化による非効率について考える
  65. アフィリエイトで儲かる方法
  66. 検索エンジンの精度が上がった件
  67. robots.txt (ロボッツ・テキスト)の問題点
  68. メールマガジン読者の減少傾向
  69. 効果的なランディングページ作成
  70. 零細企業のネット戦略について考える
  71. レジストリクリーナーとは
  72. 最近の検索エンジンに上位表示される方法
  73. 掲示板
  74. メールマガジンの発行
  75. レンタルサーバーの選び方
  76. 著作権の問題
  77. 最近のホームページ事情、トップページ
  78. エスクローサービスとオークション
  79. ホームページ製作の基本、ページ構成について
  80. お天気と、世間とホームページアクセス数の関係
  81. 出店費用無料ショッピングモール誕生
  82. ドメイン名の決め方
  83. インターネットカフェの設立
  84. 急がば回れとSEO
  85. メールでの回答、雛型とテンプレート
  86. ページを増やしてもアクセスが増えない、内部リンクについて
  87. ホームページの収益確保
  88. ホームページと著作権について考える

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る