スポンサードリンク

ブラインドの掃除

年末の大掃除で一番厄介なのがブラインドの掃除じゃあないかと思っています。

日本の伝統的な建具、障子の場合紙を破いて、新しい紙を貼りつければ、新品のように蘇った、障子と対面することが出来ますが、ブラインドの場合はそうはいきませんね?

ブラインドの掃除は先ず時間がかかって、時間がかかる割りにキチンと綺麗にならないって事でしょうか?

あの細くて薄くて頼りない、ブラインドの薄板を一枚一枚、雑巾とか、場合によっては軍手ですとか、アイデア商品のブラインド掃除用具で吹いて行くわけですが、どうもブラインドだけは掃除が終わった後の達成感を味わうことが出来ないのであります。

何故ならば
ブラインドはどうしても拭き残しが出やすい
何故か、ブラインドの掃除が終わった後に、薄板が一枚曲がっていたりしてかえって掃除をしないほうが良かったと思ってしまったりするのであります。

まあそんな背景からアイデアグッズにはブラインド掃除グッズなんてのが色々と出回っていますが、どれも大した実力ではなくて、はっきり言って軍手でブラインドの間に指を入れて綺麗にしてしまうとか、思い切りよく取り外して水洗いしてしまった方が、素早く掃除出来るのであります。

掃除が楽々ブラインドなんて出てきたらきっと売れると思うのですが・・。

追伸
掃除が難しいと言いますか面倒なブラインドってのは見た目は良いのかも知れませんが、深く考えられていない、未熟なインテリアじゃないかなって思いませんか?

最近はブラインドは一掃しまして快適なので有ります。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ブラインドの掃除
  2. 大掃除
  3. 失敗しないカラーコーディネイト
  4. 電球の寿命
  5. 高気密住宅とカーテンの関係
  6. カーペットの選び方
  7. カーペットの匂い?臭い?ニオイ?
  8. カーテンの洗濯について
  9. カーテンと障子どちらが偉いか?
  10. オーダーカーテン選び
  11. インテリアと照明の関係
  12. カーペットと暖房費の節約とウォームビズ
  13. タバコと壁紙
  14. 障子紙の張り替え方法
  15. カーペットとジュウタンの違い
  16. インテリアと気分の関係
  17. カーテンの臭い対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る