スポンサードリンク

カーペットの選び方

カーペット選びと一言で言っても、色・素材・予算が有って、最終的には個人の好みになりますので中々難しい処です。
粗悪なカーペットを購入してしまうと、直ぐに毛が抜けてくる、色が褪せてくる等々の問題が出てきまして再度カーペットを買いかえることになってしまいます。

かのアメリカ・ユーロッパの場合カーペットの歴史は古く、又、生活習慣が家の中でも靴をはいて歩き回りますので、ことカーペットに関しては日本とは歴史が全然違いますね。

日本の場合、カーペットに使われる色が薄い色が多いようですね、一部の方を除いて重い色は好まれない傾向があるようです。

その昔、住宅関連のカラーコーディネイトをやっているカラーコーディネーターの方に伺ったことなのですが、部屋全体の色合いを決定する場合、カーペットは一番部屋の下になって、天井と照明器具が上になりますが、それなりの基本が有るそうです。

部屋の下を暗い色にして、上部に行くにしたがって明るい色にしていきますと、広く開放的に感じて、逆に部屋の下を明るい色にして、上部を暗い色にしておくと、重々しい感じになるって言っていました。

日本の場合、靴を脱いで部屋に入りますので、比較的、汚れや、痛みに関してはダメージが少ない使われ方ですが、丈夫なしっかりした作りのカーペットを選びたいですね。

良いものはそれなりに高価ですし、安いものはそれなりの品質なのはしかたが無いとしまして、高価なものが必ずしも良いものとは限らないって難しいところがありますね。

カーペットの場合、ブランドやメーカー名での選択が少し車などと比べて弱いですから、結局は自分で信用できるお店を選ぶなり、品質をチェックする必要がありますね。

追伸
ダニの発生ですとか、アレルギーとか花粉だとか、各種諸問題によりカーペットの利用率は落ちていないでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ブラインドの掃除
  2. 大掃除
  3. 失敗しないカラーコーディネイト
  4. 電球の寿命
  5. 高気密住宅とカーテンの関係
  6. カーペットの選び方
  7. カーペットの匂い?臭い?ニオイ?
  8. カーテンの洗濯について
  9. カーテンと障子どちらが偉いか?
  10. オーダーカーテン選び
  11. インテリアと照明の関係
  12. カーペットと暖房費の節約とウォームビズ
  13. タバコと壁紙
  14. 障子紙の張り替え方法
  15. カーペットとジュウタンの違い
  16. インテリアと気分の関係
  17. カーテンの臭い対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る