スポンサードリンク

カーテンの臭い対策

自分が住んでいる家であればよほどのことが無い限り臭いは何も感じないのですが、他人の家に訪問致しますと個別に独特の臭いを感じることが有りますよね?

さて布ってのは基本的に臭いを吸着すると言いますか、臭いが移りやす性質を持っていまして料理の時に部屋中に充満する臭いですとか、お父さんの靴下の臭いですとか様々な臭いや香りを別け隔てなくカーテンは吸着致しまして、やがてその家の臭いを形成する重要な役割をになってくるのでは無いかと思っています。

まぁ基本的にはカーテンは布で出来ていますから、定期的に外して選択してお日様の光に晒してやれば綺麗さっぱり洗いたての洗剤の香りに復活するのでありますが、意外と面倒ですしなにせ多くのカーテンは選択しますと、縮むし色は落ちて色あせてくるし何だかみすぼらしくなってしまう場合が少なくないですし、下手に高給カーテンなんぞ使っていますと洗濯するのも少々勇気が飛鳥になってくるのですよね?

そんなわけで最近では布用の消臭スプレーが随分と出まわっておりまして、シュッとひと吹きで臭いが消える・・らしいですね。

ただコレも全然洗濯もしないで消臭スプレーばかり使っていますと、スプレーではホコリは取り去ることが出来ませんから知らない間に部屋がホコリ臭くなってしまう可能性があると思います。

こちらに関しても部屋に漂う各種悪臭と同じですが、部屋に漂っているホコリは床に落ちるとかカーテンに付着するとか最終的に自分の居場所を確保するのでありまして、長い間の放置ですとか、消臭スプレーを吹きつけた時の水分などで、気がついたら結構なホコリを身にまといまして部屋をホコリ臭くしている場合もあると思います。

ですから洗濯が面倒だったり色あせや縮みが気になるのでしたら、定期的に天気の良い晴れた日でついでに風が無くて花粉が空中を飛び散っていない日を狙いまして、裏側を太陽光に当たるような形で日光浴させてあげながら布団たたきでホコリを落とすのがニオイ対策には有効だと思っています。

まぁ最初にも書きましたけど、布ってのは基本的に臭いが移り付きやすい性質ですし、ホコリだって付着しやすいのですからそーゆー材質で出来ているカーテンを窓のところに広げているのが現状で、部屋の臭いが気になるようでしたらやっぱりカーテンのニオイ対策に着手致しませんと、完全解決にはならないのでは無いでしょうかね?

しっかしいざやろうとするとこれが面倒なんですよね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. ブラインドの掃除
  2. 大掃除
  3. 失敗しないカラーコーディネイト
  4. 電球の寿命
  5. 高気密住宅とカーテンの関係
  6. カーペットの選び方
  7. カーペットの匂い?臭い?ニオイ?
  8. カーテンの洗濯について
  9. カーテンと障子どちらが偉いか?
  10. オーダーカーテン選び
  11. インテリアと照明の関係
  12. カーペットと暖房費の節約とウォームビズ
  13. タバコと壁紙
  14. 障子紙の張り替え方法
  15. カーペットとジュウタンの違い
  16. インテリアと気分の関係
  17. カーテンの臭い対策

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る