スポンサードリンク

勉強嫌い克服(を治す)の方法について

私の子供時代を思い出してみますといくら親が口を酸っぱくして勉強しろとわめき立ててもちっとも勉強なんてしようとしませんでしたし、お小遣いを減らすなんて強硬手段に出られそうになりましたら仕方が無いので、とりあえず机に向かうふりだけはした事を思い出すのですが、そんな私が今回のコラムでは勉強嫌いの克服方法について考えてみたいと思います。

さて先ずですね大人になってから勉強嫌いが治っても仕方が無いとは言いませんが高校受験も大学受験もとっくに終わっていますし、私の過去の経験や見聞から推測しますと小学校の低学年時代に勉強が好きで良く出来た子はその後も一貫して優等生である場合が多くて、逆に小学校低学年の時点で既に勉強が大嫌いで成績の悪かった子は、その後も終始一貫して勉強が出来ないままの生活を送るような気がするのですが間違っていますでしょうか?

もし私の推測が当たっているのでありましたら出来れば小学生の低学年時代に勉強嫌いを克服する必要が有りますし、間違っていたとしても出来るだけ年齢が低い若い間に克服してしまったほうが良いですよね?

ただ言うのは簡単ですけど子供の勉強嫌いを克服させるのは並大抵のことではなくて、私の子供の場合で考えてみますとまず嫌いな勉強でしたら集中出来るのはせいぜい一日に30分程度しか無理なので、いかに30分以内に基本的な部分を親が指導して理解させてしまうかってところが勉強嫌いにさせないためのポイントじゃないかと思います。

つまりその低学年の子供に対していかに勉強しないと将来苦労するかとか、重要性を説明してもそりゃ勉強よりも遊びの方が楽しいですから理解しろっていって勉強しなさではかえって逆効果になるだけだと思うのですよ。

ですから少々親は少々大変ですけど小学校二年生くらいまではちゃんと子供の理解度をチェックしながら、とにかく基本的な部分を30分以内で理解させる位の努力と言いますか、ちゃんと親が勉強を見てあげる以外に画期的な勉強嫌い克服法などないと思いますし、まぁ口うるさく言うと勉強嫌いが治るどころか更に大っきらいになっちゃいますからね?

それとですね子供の能力の差もあるのだと思いますが子供が勉強嫌いになりそうな場合、まぁいきなり全科目なんてのは所詮無理だと諦めまして算数だけでも人並みにしてやる位の気持ちの余裕も時には必要でしょうね?

少なくとも何らかの科目が嫌いでなければまぁなんとかなると思うのでありまして、それまで基礎部分をしっかりフォローしてあげる親の力は結構大切なのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 暗記のコツと方法
  2. 有名中学校受験
  3. 受験産業考
  4. カンニングの方法
  5. 試験監督のアルバイト
  6. 記憶力向上方法
  7. 受験勉強と一夜漬けのコツ
  8. 受験と夜食について
  9. 受験競争は必要か?
  10. 集中力を高める(アップする)方法
  11. 受験と不合格体験と親の対応
  12. 替え玉受験
  13. ガリ勉とは
  14. 受験勉強と速読術
  15. 睡眠学習器
  16. 学習計画の立て方
  17. 受験とスパルタ教育
  18. 幼児教育
  19. 効率の良い勉強方法
  20. 受験と滑り止めグッズ
  21. 学習塾選び
  22. 学習指導参考書
  23. 徹夜の方法とコツ
  24. 受験生の風邪対策
  25. 志望校の選び方
  26. 勉強が好きになる方法
  27. 偏差値教育とは
  28. 受験勉強の邪魔者達
  29. 学校間の学力格差
  30. ながら族とは
  31. 受験生の友
  32. 大学進学の意味と意義
  33. 受験勉強の進め方
  34. ゆとり教育とは
  35. 通信教育について
  36. 適切な学習量
  37. 新・学習指導要領
  38. 受験生と睡眠時間
  39. 学習塾の合格実績
  40. 学校の進路相談
  41. 受験料収入
  42. そろばんの復権
  43. コーヒーと受験勉強
  44. 通信教育考
  45. 日本の教育費用と制服の値段
  46. カンニングの方法と電子ツール
  47. 勉強中に気が散って集中できない
  48. 受験と暗記力
  49. アカデミック価格の基準
  50. 集中力を高めるツールと100円ショップ
  51. 受験勉強とエンドルフィン
  52. 数学の公式の覚え方
  53. 替え玉受験の実態
  54. 入学試験の面接
  55. 効率アップの勉強法
  56. 好きな音楽を聴きながらの勉強は?
  57. 大学や高校の中退について
  58. 少子化と受験産業とか
  59. 欠伸(アクビ)対策
  60. 学習計画は誰が立てる?
  61. 一貫教育の弊害について考える
  62. 貧富の差と教育制度
  63. 暗記の方法2
  64. 後退する?高学歴社会
  65. 受験産業の将来
  66. 親の年収と子供の学力の差
  67. 徹夜は勉強にプラスかマイナスか?
  68. 寝不足対策
  69. 受験勉強と息抜き
  70. 集中力散漫で仕事に集中出来ない
  71. 勉強の習慣と目標設定
  72. 受験生を持つ親の心得について
  73. 受験勉強と寝不足対策
  74. 暗記力アップの方法
  75. 全国学力テストの問題点
  76. 脳トレは効果なし?
  77. 学歴社会と負の連鎖
  78. 受験勉強と受験計画の立て方について考える
  79. 居眠り防止の方法とグッズと受験勉強
  80. 替え玉受験と本人確認の方法
  81. 受験生の友と敵
  82. 受験勉強は朝型と夜型のどっちが良いか?
  83. 受験勉強とキオークマン
  84. 受験勉強と家族の協力
  85. 受験対策と目標設定
  86. 熟睡する方法
  87. シニア大学、中高年の大学入学
  88. 集中力を持続させるには?
  89. 勉強と息抜きとリラックスの方法
  90. ダメな勉強法
  91. 高校授業料無償化について考える
  92. 寝不足対策と集中力
  93. 志望校の決め方と通学費
  94. 受験勉強の意義
  95. 早生まれと学力格差
  96. 勉強嫌い克服(を治す)の方法について
  97. 学習塾とインターネットと通信教育
  98. 集中力の持続時間と甘い物
  99. 子供の学校の宿題問題
  100. 夏休みの宿題と計画表
  101. 小学校教科書の脱ゆとり教育
  102. 睡魔対策
  103. メガネは顔の一部です(眼鏡について)
  104. 子供向け通信教育と玩具
  105. 鉛筆とシャープペンシル
  106. 夏期講習と学力アップ
  107. 子供が勉強しない対策
  108. 学力と体力
  109. 教師と相性
  110. 頭を冷やすグッズと方法
  111. 短時間睡眠
  112. 験担ぎ(げんかつぎ)
  113. 学力と遺伝
  114. 忘れない方法
  115. 受験対策
  116. 図書館で自習
  117. 家庭教師の問題
  118. 友達付き合い
  119. 夏休みの計画表ダウンロード
  120. 就職留年
  121. 四当五落
  122. 字を書くのが遅い・汚い
  123. 進学塾の生徒争奪戦
  124. 受験とメガネ
  125. 無意味な徹夜
  126. 自由研究
  127. 一日を二倍に使う方法
  128. 漢字の覚え方
  129. 落ちこぼれ
  130. 高学歴就職難民
  131. 宿題の追い込み

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

メニュー

ページのトップへ戻る