スポンサードリンク

  1. 暗記のコツと方法
    何はなくとも先ずは記憶から始めませんと受験勉強は始まらないので有りますが、まあ試験に合格してしまえば公式も単語も忘れてしまったのが私ですが、他の方は入学試験が終わってからどの位の期間は勉強した事を覚えているのでしょうか?
  2. 有名中学校受験
    実際の所、小学生と言えば遊びたい盛りで熱心なのは親だけ何てことが普通なのでは無いでしょうか?まあ教育熱心なお陰で有名校に入学できて幸せな人生を送ることが出来た人も多い訳ですし、受験勉強も長くて2年ですからまあ頑張って下さい。
  3. 受験産業考
    少子高齢化って事は子供の数が減ってくるわけでから業界としては厳しい時代がやってくるのですが、基本的には公立校のレベルを向上すれば日本人全体の学力が上がって国力が増すって事ですよね。
  4. カンニングの方法
    この世界で試験ができてから直ぐに登場して未だに無くならないのですが、中にはカンニングする技術を磨いたり色々方法を考えることが楽しくてかえって手間のかかることを勉強そっちのけでやっている人もいるのでは無いでしょうか。
  5. 試験監督のアルバイト
    受験生にとってはその後の人生を左右する試験でも監督はアルバイトだったりするのですが、聞くところによりますと試験監督のアルバイトってのは基本的に何もしないで立っているだけで楽なアルバイトだそうですね。
  6. 記憶力向上方法
    日本において受験に打ち勝つ為には応用力はさておき、とにかく記憶力が大切なのですよね、ですから受験勉強の大半はひたすら覚える為に紙に書いたり復唱したりと退屈な時間が多かったりするのでは無いでしょうか。
  7. 受験勉強と一夜漬けのコツ
    はっきり言って一一夜漬けを侮ってはいけないと思いますし、成績を結構左右すると思いますよ、思うに何処が試験出でるのか山を張る技術と一夜漬けで勉強する能力が有れば結構世の中渡っていけると思うのです。
  8. 受験と夜食について
    基本的には空腹が収まればOKで眠くなって勉強をSTOPするようでは意味がないのですが、夜遅くまでの受験勉強で勉強に集中していないと直ぐに空腹が気になったりしてしまうのですよね。
  9. 受験競争は必要か?
    どーせって表現が適切かどうか分かりませんが社会に出てもずっと競争は続くのです、ですから受験勉強は社会に出てからの競争社会を生き抜いていく為の訓練って考える必要が有るかもしれませんね。
  10. 集中力を高める(アップする)方法
    効率よく受験勉強する為には集中して勉強するしかないのですが、これが難しかったり致しますが、受験勉強を効率よくできるかどうかの肝はやはり集中力では無いでしょうかね。
  11. 受験と不合格体験と親の対応
    受験生がどんなに頑張っても現実は厳しいもんで時には不合格って現実を受け入れる必要が有るのでして、そもそも受験生全員が不眠不休で勉強して受験日に120%の実力を発揮しても定員数以上に合格者は絶対でないのであります。
  12. 替え玉受験
    ふと思ったのですが一卵性双生児の場合は、簡単に替え玉受験が出来てしまうように思うのですが、まあ片方だけ頭が良いって事も無いでしょうし、ややこしいことになるだけですからやらないでしょうね。
  13. ガリ勉とは
    はい、私の知る限りこの言葉に尊敬の意味は微塵もなくて、蔑むようなニュアンスが有ると思いますが、受験戦争なんて言われた時期を過ぎましてすっかりガリ勉君は生息数を減らしてしまいまして、そのうちに外見上は絶滅するのでは無いでしょうか。
  14. 受験勉強と速読術
    受験勉強にもの凄く有利な技術だと思うのですが、実際はどうでしょうか?もし本当に速読術が受験に有効でしたら予備校とか塾に行かないで速読術を身につけたほうが合格の可能性が高くなると思いますが、そーゆー人はいないように思います。
  15. 睡眠学習器
    一応もっともらしい能書きはありますが、充分な熟睡もとても大切なのですし、そもそも睡眠学習器なんぞを購入するのは勉強の出来ない子供又はその親ですから、基本が出来ていないからやっぱり成績は上がらないでしょうね。
  16. 学習計画の立て方
    人生全てを無計画に行き当たりばったりでも別に本人の自由では有りますが、受験勉強は長丁場ですしそれなりに広範囲に及びますからやっぱりしっかりした学習計画の作成は必要でしょうね。
  17. 受験とスパルタ教育
    眉をしかめるインテリさんもいらっしゃると思いますが、100%否定は出来ないのでは無いでしょうか?何故ならば日本人の学力が落ちてきているようですし、授業中歩き回る子供がいて学級崩壊なんて話もマスコミに出てきていますからね。
  18. 幼児教育
    幼児教育には何歳までが親の完全管理下にあるかって線引きの問題が有ると思いませんか?ただまあ語学なんてのは小さい子供のうちにやると覚えが早いなんて事も言われますし、子供なんて勉強よりも遊びが好きですから黙っていると遊んでばかりになりますからね。
  19. 効率の良い勉強方法
    多くの受験生が効率よく勉強できる勉強方法を探したりするのでしょうか?基本的には勉強方法よりもやる気の問題と集中力だと思いますが、どうしても気持ちとして少しでも楽に効率よく学習したいって気持ちが出てしまうのですよね。
  20. 受験と滑り止めグッズ
    たかが受験、されどお受験なのでありまして縁起を担いだりゲンを担ぐのも分からなくは無いのですがね、キットカットはメーカーが思いもつかないで受験生から勝手に広まりましたが、二匹目のドジョウを狙ってウカールとかはどうなのでしょうか。
  21. 学習塾選び
    学習塾と言っても千差万別で内容や指導能力には大きな違いが有りまして、良く考えて選ぶ必要が有りますよね、特に有名中学受験の小学生の学習塾選びは親がしっかりした目で選ぶ必要が有りますよね。
  22. 学習指導参考書
    教える先生もアンチョコとか虎の巻と言われる参考書を使っているのです、教育熱心な親でしたらきっと欲しいと思うに違いないのですが、門外不出で決して書店に並ぶことはないのです。
  23. 徹夜の方法とコツ
    その昔の受験生は結構徹夜していたようですが冷静に考えると徹夜しないでも合格できるような学習計画が無かったのでしょうか?エライ学者さんの話では記憶を脳に定着させるにはしっかりした睡眠が必要とのことです。
  24. 受験生の風邪対策
    試験日は雪は降りやすいし風邪の季節だし、少し考えたほうが良いのでは無いでしょうか?何だか毎年のように受験当日に降雪の為に交通機関に乱れが生じて受験時間を変更したりしているような気が致します。
  25. 志望校の選び方
    むしろ鶏口となるも牛後となるべからず、などとも言われますが結局は入学してみないと分からない事も多いのですよね、入学する学校によってその後の人生が大きく変わる事は間違い有りませんが、比べることも事前に良いほうを調べる事も出来ないのです。
  26. 勉強が好きになる方法
    好きこそものの上手なりとは良く言ったものですが、好きな趣味のことだったら飯も食わないで徹夜しても勉強したりしますが、嫌いな漢字の書き取りなんぞは、中々手が付けられなかったりしますよね。
  27. 偏差値教育とは
    自分の学力を客観的に知る事が出来る便利なものですが否定的な意味合いが言葉には有りますよね、エクセル教師は本人の能力とか希望よりも偏差値から導き出される結果を最優先して進路指導を行うのです。
  28. 受験勉強の邪魔者達
    やれば出来る何て言われますが、勉強しようとすると別のものが気になったり良くしますよね、その昔は漫画本とテレビが受験勉強の邪魔をする二大巨頭だと言われていましたが、最近は携帯電話が一番では無いでしょうか。
  29. 学校間の学力格差
    どんなに考えても格差は出来てしまいますが、そこに競争や努力が生まれるのです、まあ学校の成績が全てではありませんが、良い会社に入って一生誰かに使われて平穏無事な人生を送りたいのでしたら、受験勉強に精を出すんですね。
  30. ながら族とは
    実際の所これをやって受験勉強の効率が上がるかどうかは別問題だとは思います、音楽やラジオを聞きながら勉強するって人も多いと思いますが集中して勉強していると一切外部の音は耳に入ってこなくなりますから、有ってもなくても一緒ではないでしょうか?。
  31. 受験生の友
    まあそのコーヒーだけが受験勉強の友ではないんでありますが、受験が終わるとお別れになる友も多いのですが、砂糖の入れすぎで虫歯とか肥満には気をつける必要が有りますよね。
  32. 大学進学の意味と意義
    何の為に大学に行って勉強するのかって進学が最終目的ではない事を祈りたいですよね、なにせ今の日本の現状ですと社会に出てからのほうが何倍も競争が激しくて大変だったりしますからね。
  33. 受験勉強の進め方
    まあがむしゃらに勉強すれば良いと言えば良いのですが効率よく頭に入る自分のペースを見つける事も必要でね、人によって集中力を持続できる時間に大きな差が有るそうです。
  34. ゆとり教育とは
    誰かが言い出して何時の間にか始まって、しっかりした検証も無いまま終わってしまった教育方針ですよね、まあゆとり教育なんて言っている間に、日本の競争力が低下して経済的にゆとりが無くなってしまったような気も致します。
  35. 通信教育について
    まあ個別指導でも家庭教師でも塾でも通信教育でも勉強を効率的に出来れば良いのですけど、なにせ見張ってくれる人も隣にライバルも見えませんから、頑張れない子供も多いのでは無いでしょうか。
  36. 適切な学習量
    だらだらと長い時間勉強しても不効率ですが結構勉強した時間で安心してしまうのですよね、ただエライ学者さんの話ではしっかりとした睡眠時間も確保しませんと記憶が定着しないそうです。
  37. 新・学習指導要領
    これはまあ、こーゆー風に子供達に勉強を教えなさいよって指導方法を定めた物で、それについての話題ですが、毎年ころころ変更があるようでは現場の教師も大変ですよね。
  38. 受験生と睡眠時間
    四当五落とか寝ないで勉強とか言われるのですが、睡眠もとっても大切なのでは無いでしょうか?寝ないで勉強したってのは一種の自己満足の世界と感じるので有りまして、決して効率が良いとは思えないのです。
  39. 学習塾の合格実績
    どんなに合格実績が多い学習塾でも結局は他人の実績なのですが、学習塾選びの大きな要素ですよね、ただ数の発表ですからどうしても大手の多店舗展開中の学習塾が有利で有りまして、本当は割合を知りたいと思うのですけどね。
  40. 学校の進路相談
    進路指導の先生も人間ですから、確実に合格できる安全確実無難な高校や大学を薦めるに決まっているのですが、中学二年生だったらその後の頑張り次第でどうにでもなるのでは無いでしょうか。
  41. 受験料収入
    聞くところによりますと学校によっては受験料の収入が大きな収入源になっていて定員割れしてなくても受験者数が減るとかなりの減収だそうですが、これを大きな収入源にしているのはどうも間違っているような気が致します。
  42. そろばんの復権
    その昔の日本人に必要な三大教養と言えば、読み、書き、ソロバンの言われていまして御三家復活なのでしてラジオでのコマーシャルも流れていますし、街のソロバン教室も増えていくのではないでしょうか。
  43. コーヒーと受験勉強
    眠気覚ましと徹夜対策でしたら濃く入れた日本茶のほうが有効らしいのですが、コーヒーのほうがしっくり来ますよね、ただ利尿作用が強いので何度もトイレに行って集中力を切らさないようにして下さいね。
  44. 通信教育考
    家にいながらにして勉強を教えて貰える通信教育ですが、意志が弱い人には難しいのでは無いでしょうかね?それに中には市販のドリルと余り変わらない教材を送りつけて来るだけの通信教育も有るようですからね。
  45. 日本の教育費用と制服の値段
    日本の場合義務教育までは無料と言われますが、そんなのは真っ赤な嘘で無料なのは授業料だけで、教材費など高い値段で買わされますし、制服など何故あれほど高いのでしょうか?
  46. カンニングの方法と電子ツール
    たぶん想像するには筆記試験がこの世に誕生してすぐにカンニングってやつが開発されたのだと思いますが、カンニングに使える電子ツールが随分と増えて来た気が致しますね。
  47. 勉強中に気が散って集中できない
    まあ子供がね何時間も集中して勉強する方がどこか変なのでありまして、私が思うに小学生ならせいぜい30分が集中して勉強できる限界ではないかと思いますが、勉強が好きな子は違うのでしょうか。
  48. 受験と暗記力
    なんだかんだ言っても記憶力が頭の良さと言いますか、受験に最も必要な能力だと言って否定する人は殆どいないと言って良いと思うので有りまして、他の能力が高くても、記憶力が低いと志望校に合格するのはかなり厳しいのでは無いでしょうか?
  49. アカデミック価格の基準
    つまりその学割って事なのですが特にソフトウェアの場合ですと将来的なシェアの確保ですとかデファクトスタンダードの地位をしっかり固めるとか深い意味と目的があるような気が致しますし、貧乏な学生にとっても助かる価格設定ですが基準は一体どうなっているのでしょうか?
  50. 集中力を高めるツールと100円ショップ
    精神統一して簡単に受験勉強に集中して何時間でも連続で打ち込める受験生も居れば、中々集中できない割に十分も勉強すれば飽きてしまって集中力が切れてしまう残念な受験生も居ますが集中力を高めるツールに頼る人も居ます。
  51. 受験勉強とエンドルフィン
    ちゃんと頭の中に記憶されているかどうかを別にしますが、単純作業に没頭していると何時の間にかハイな状態になって居る事が有るそうでして、単純な反復練習とか書き取りとか何時の間にか時を立つのも忘れて没頭してしまう受験生もいると思いますが、果たしてその状態が良いのか悪いのかは私には分からないです。
  52. 数学の公式の覚え方
    まぁ数学って言っても算数の延長上に存在する訳ですから加減乗除から始まって四則演算に基本的な公式を徐々に理解して覚えて暗記して理解していけば何とかなるとは言いますが、藺生は易行うは結構難しいの典型のようなものでありまして、何処かで挫折してしまう人が多くて、後で取り返すのも大変なのですよね。
  53. 替え玉受験の実態
    昔も今も大差ないと思いますが大部分の受験において本人確認を厳密にやっているとは思えないのでありまして、真面目に受験勉強する受験生が不利を被る事がないように、本人確認は厳格にやって欲しいと思いますし、指紋を採るなりしてばれた時は厳罰に処する必要が有りますよね。
  54. 入学試験の面接
    人は顔や見かけで判断してはいけませんって、小学校の頃に聞いたような記憶が有りますが、面接試験の採点には受け答えの内容以外に間違いなく表情ですとか見かけが入っているのでありまして、本音と建て前は違うって事でそれなりの、入学試験面接の対策が必要ではないでしょうかね?
  55. 効率アップの勉強法
    人間一人当りの一日の時間は24時間って平等に与えられていますし、効率よく勉強したほうが睡眠時間も十分に取れて、体力も温存できるのでありまして、いたずらに時間ばかり長きにわたり勉強しても仕方が無いって意見もあるのです。
  56. 好きな音楽を聴きながらの勉強は?
    色々な意見が有って、音楽なんて流れていたら勉強に集中できないって考え方とか、一心不乱に勉強している状態なら何も耳には聞こえないって意見もありますし、心をリラックスさせたり集中させる音楽があるって話も有るのです。
  57. 大学や高校の中退について
    報道等から伝え聞くところによりますと高校や大学の中退者が年々増加傾向でその理由のトップが学業不振よりも、経済苦によって学業を続ける事が困難になったって事らしいのですが、なにせ政府自民党は箱物行政には熱心に税金をつぎ込んだり致しますが、こーゆー所にはお金を回しませんからね。
  58. 少子化と受験産業とか
    受験産業が成立する条件ってのはやっぱり学力とか受験の世界において激しい競争があってこそなのでありまして、生徒の獲得に学校がしのぎを削っているような状況ですとやっぱり苦しいのでは無いでしょうかね?
  59. 欠伸(アクビ)対策
    集中力が欠けている状態を表す最も端的な行動がアクビだと思いますが、必ずしも眠気に逆らってしまうよりも時には潔く布団に入ってしまったほうが結果として学習できる場合も有りますよね。
  60. 学習計画は誰が立てる?
    浪人している受験生を除きまして中学受験も高校受験も大学受験も一生に一度だけの経験でみんなが初体験なわけですから、もしかしたら学習計画は経験者に立てて貰ったほうが良いのかもしれないですよね。
  61. 一貫教育の弊害について考える
    世間一般的には何となく小中一貫教育とか中高一貫教育とかその一貫して教育するほうがエライって考えて居る人が少なく無いように思いますけど、弊害のほうも幾つかあるのでは無いかなって思いますね。
  62. 貧富の差と教育制度
    もちろん中卒でも高校中退でも頑張って経営者まで上り詰めた人も居ますし、大学でのホームレスなんてのも存在致しますが、やはり生まれ落ちた家庭の経済的な状況によって、教育に格差が出て社内に出る際のハンデキャップが発生したり致しますよね。
  63. 暗記の方法2
    不思議なもので別に覚えようとしなくても一回聞いただけで頭にしっかり記憶される事柄は沢山有るのに逆に一生懸命覚えようとしても中々記憶できない事も多いですよね。
  64. 後退する?高学歴社会
    確か私の記憶では日本ってのは世界でもトップクラスの境域水準で分盲が一人もいない素晴らしい国であったと思うのですが、いつの間にか大学生を筆頭にして知識水準はどんどん低下しているようですし、一説によると教員や教授の水準が落ちているって話も有りますからね。
  65. 受験産業の将来
    少子化の影響で子供の数は右肩下がりで減っていく事が確実とは言えないまでも、かなり可能性が高いわけですが、今回のコラムでは受験産業の将来について頼まれた訳でもないのに勝手に考えて見たいと思います。
  66. 親の年収と子供の学力の差
    文部科学省の全国学力テストの集計によりまして、小学校六年生の場合は親が裕福なほど子供の学力が高い傾向になるって発表がありましたけど、本題に入る前に素朴な疑問としてどうやって親の年収まで調べて結びつけたのかなってのが結構気になった人も少なくないのでは無いでしょうか?
  67. 徹夜は勉強にプラスかマイナスか?
    1日は24時間ですってのは万国共通ですから、受験勉強ってのはある側面から見ますとどれだけ有効に時間を使って、知識を蓄積していくかって事になるのでは無いかと思いますが、じゃぁ睡眠時間を削って勉強するのはどうかって事になりますと、少々問題が有るような気がしますね。
  68. 寝不足対策
    昔話では三年寝太郎ってお話がありましたけど、残念ながら睡眠に関して睡眠時間を貯めて置いてあとで貯金しておいた睡眠時間を使って、寝ないで仕事したり勉強する事は不可能なのですよね。
  69. 受験勉強と息抜き
    勉強ばかりしていないでたまには息抜きでもしないとって自分に言い聞かせて、どうも勉強している時間よりも息抜きしている時間のほうが長いって人の場合は、並外れた集中力の持ち主で少しの勉強時間で一を聞いて十を知る人なのか、もしくは単に勉強が嫌いでなるようになるとしか思っていない人なのか、たぶん後者のほうが多いような気がしますが今回のコラムでは受験勉強と息抜きについて書いて見ようと思います。
  70. 集中力散漫で仕事に集中出来ない
    子供の多くは集中力が不足していて勉強していても、なんだかんだと気になることが出現致しまして時間だけは経過して肝心の勉強はさっぱり進んでいないなんて事が良くありまして、かくいう私も45歳になった今でも気を付けないと注意力散漫状態になってしまうのでありまして、今回のコラムでは注意力散漫で仕事(勉強)に集中出来ない人の対応法について書いてみようと思います。
  71. 勉強の習慣と目標設定
    その昔私がまだ若い頃の話ですが、何故か肉体を鍛えることに目覚めてしまって毎朝腕立て伏せを20回行うことを日課にしてそれが確か一年少し続いたような記憶が有ります。
  72. 受験生を持つ親の心得について
    受験生を持つ親の心得みたいな書籍も販売されているらしいのですが、まぁ基本的に自分の子供ってのは命をつなぐ後継者なのですから少しでも良い学校に入学させて、順風満帆な人生のレールに乗せてあげたいって気持は私も人の子で親でもありますから充分にわかるのでありまして今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。
  73. 受験勉強と寝不足対策
    人間の体ってのは正直なもので疲労が溜まったり寝不足になりますとテキメンに集中力は落ちるし記憶力は低下して下手するとせっかく暗記したことまで忘れちゃったりするのでありますが、眠ってばかりいますと三年寝太郎のように良いことが起きるわけでもなく脳細胞は沈滞してしまって思考が働かなくなってしまうのでありまして、過ぎたるは及ばざるが如しで睡眠は結構受験勉強の肝になってくるのでありますね。
  74. 暗記力アップの方法
    しっかし人生の中でも一番とも思えるほど勉強に打ち込んだ受験勉強の時に暗記した内容は一体どこに行ってしまったのか、今では欠片さえも頭の中に残っていないようなので有りまして、せっかく詰め込んでもやがて忘れてしまうと思えば暗記する気も失せちゃいますけど、日本の受験ってのは基本的に暗記力が結果を大きく左右するのでありまして、丸暗記さえしていれば合格点を取れてしまう科目も少なく無いのですよね。
  75. 全国学力テストの問題点
    私もそうでしたが頭の悪い子、勉強の出来ない子にとっては試験とかテストは大嫌いですし、試験当日は良くても答案が採点されて返ってくるのは恐怖なので有りまして、悪い点数の解答用紙をランドセルの中に隠し持っていた子供時代を過ごした経験の有る人もいらっしゃるのではないかと思いますが、今回のコラムでは全国学力テストについて書いてみようと思います。
  76. 脳トレは効果なし?
    さんざん効果を宣伝されて爆発的にヒットして売上がピークを過ぎた頃に実は効果が無かったなんてデーターが出てくる事は今に始まったことじゃなくて、海藻入り石鹸とか超音波美顔器だとかなんとかダイエット法だとか数え上げればキリがないのですけど、イギリスで1万人を対象に脳トレゲームの効果について検証したところ効果が認められなかったと発表されましたね。
  77. 学歴社会と負の連鎖
    これが私が昔に何人かの違う人から聞いた話ですが、学歴と負の連鎖とでも言いましょうか親が貧しくて子供に満足な教育を受けさせてやることが出来ない、具体的には高校や大学受験をさせてやる事が出来ないと子供は低学歴で社会に出ることになりますから、子供の代もやっぱり貧しい家庭になってしまって孫の代に更に引き継がれるって感じの話でした。
    (確か貧乏の連鎖とか)
  78. 受験勉強と受験計画の立て方について考える
    大人になっても行き当たりばったりの人生しか送れなくてダッチロール中の方は受験勉強も行き当たりばったり方式で、人生を規則正しく計画通りに送る方は受験勉強の時にも正しい計画を立てて勉強して志望校に合格したかどうかは分かりませんが、中学生になって高校受験を始めるときに人生の中で初めて自分で計画を立てて実行した経験になる人も少なくないのではないでしょうか?
  79. 居眠り防止の方法とグッズと受験勉強
    受験勉強中でしたら下手に眠気を我慢しているよりも1時間でも横になって眠ってしまったほうが椅子に座って居眠りをするよりも効率が良いと思いますが、明日までにレポートや報告書を仕上げなくてはいけないとか、時間的に切羽詰っているときには居眠りしないように何らかの対策が必要になってきますよね。
  80. 替え玉受験と本人確認の方法
    ごくたまに替え玉受験が発覚してニュースになることが有りますが、思うに私の経験から感じるには大量の受験生が受験する高校受験や大学受験ではいまのやり方では、替え玉受験は完全に防げないし、発覚しないで替え玉受験に成功する例は結構有るのではないかと思います。
  81. 受験生の友と敵
    昨日の友は今日の敵なんて言葉も有りますけど、受験生を取り巻く様々なものは終始一貫して受験生の友である場合も有りますし、逆の場合も有りますし時として立場を変えることも有るのでして今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。
  82. 受験勉強は朝型と夜型のどっちが良いか?
    社会に出て何か作業とか仕事を片付ける場合には極力朝型に致しまして、夜はプライベートな時間をしっかり確保する方が正しい姿だと思いますが、受験勉強に関しては朝型が良いのか夜型の深夜突貫型が良いのか意見がわかれるところでは無いでしょうか?
  83. 受験勉強とキオークマン
    おお、何と懐かしいキオークマンの話が今回のコラムの話題の中心なのですが今の40代の方でしたら、どこかしらで驚異の学習記マシン・キオークマンの広告を見たことが有るのでは無いでしょうか?
  84. 受験勉強と家族の協力
    蛍の光窓の雪、螢雪時代なる受験生向け雑誌もなくなってしまって、電気代が勿体無いので蛍の光と窓の外の雪に反射する雪あかりで受験勉強に勤しんだなんて話は古き良き遠い過去の記憶の中に埋もれていってしまいましたが、一般的には家庭環境と学歴には関連性が有ると考えられていまして、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。
  85. 受験対策と目標設定
    例えば有名中学の入試に合格して入学するぞ!とか絶対に東大に入るぞなんてのも立派な目標ですし、受験勉強を進める上でモチベーションになり得るのですが、その目標以外には?ってのが今回のコラムのテーマになります。
  86. 熟睡する方法
    特に受験生の場合は基本的には短時間で熟睡致しませんと、睡眠不足が勉強の足を引っ張ってしまいますので良く眠れない人は対策を考えなくてはいけませんよね?
  87. シニア大学、中高年の大学入学
    私の子供の頃は大学ってのは睡眠時間を削って勉強するとか努力して入学するもので大学卒業者はエライってイメージが有りましたが、どうも大学が増えすぎたのと人口が減少したのとを合わせまして定員割する大学が全国で続出していますし、授業料さえちゃんと払ってくれれば入学を許すみたいな処が有るように感じているのでありますが、大学の方も手をこまねいていましたら廃校になってしまうかもしれないって危機感をいだいているようで、大学によっては中高年をターゲットにして社会人とか定年退職後のシニア世代を取り込もうとしている動きが活発になりつつ有るようですね。
  88. 集中力を持続させるには?
    火事場の馬鹿力なんて言葉が有りますが、基本的に怠け者に属する私の場合ですとどうも何かに追い立てられるとか切羽詰った状況に追い込まれないと勉強でも仕事でも集中力の持続が3分程度が限度だったりするのですけど、かといって切羽詰った状態ですとか追い込まれた状態には好き好んでなりたくないのでありまして、難しいところなので有りますね。
  89. 勉強と息抜きとリラックスの方法
    受験勉強でも仕事でも同じですが根を詰めて長時間集中していますと、だんだんと脳味噌がオーバーヒート状態と言いますか参考資料を読んでもなかなか頭に入っていかなかったり、つまらないミスを連発したりして、一気に能率が下がってきますからそんな時には思い切って息抜きでもしてリラックスする必要が有りますよね?
  90. ダメな勉強法
    やってはいけないとは言いませんがどうせでしたら効率の良い勉強法をしたほうが良いに決まっていますし、受験勉強にもなりますと受験日までって提出期限?が決まっているのですから、その辺りを考えませんと無駄な時間を過ごしてしまいます、てことで今回のコラムではダメな勉強法について考えて見たいと思います。
  91. 高校授業料無償化について考える
    私が中学高校の頃は受験戦争って言われるほど受験勉強とか偏差値教育ですとか進学塾が盛んだった頃で、有名な私立中学ですとか私立高校の受験費用ですとか入学金なんてのは高額でしかも入学金の支払期日が結構厳しいものが有って、入学するかどうか他の学校の試験結果が出ないと分からない段階で入学金を払込まないとけないような殿様商売とも呼べるような有名な学校があったように記憶しています。
  92. 寝不足対策と集中力
    受験勉強でも仕事でもそうですが睡眠時間を極端に短く致しまして、これで他の人よりも何時間も得をしたと思っているのは本人だけで、確かに時間だけは費やしまして勉強したのに実際には全然頭に入っていなかったり、つまらないミスを連発致しまして後になってから気が付いて、余計な時間を取られてしまったりする事って多いのでは無いでしょうか?
  93. 志望校の決め方と通学費
    中学受験でしたらたぶん志望校を決めるイニシアチブは親が勝手に決めるのでは無いかと思いますが、これが高校受験とか大学受験になりますと段々親の影響力が弱くなってきまして、本人や進路指導の先生あたりの意見が強くなってくるのですよね?
  94. 受験勉強の意義
    大人になって思うことの一つに子供の頃にもっと勉強しておけば良かったななんて事が有りますけど、社会人になりますと仕事上の事で覚えなくちゃいけない事とか勉強しなくてはいけない事が結構出てくるのでありまして、社会に出てから役にも立たない因数分解だとか連立方程式を覚えるのは無駄ではないかと思っていましたけど、あの受験勉強は社会人になってからちゃんと学習が出来るようにする練習のようなものだったんですね?
  95. 早生まれと学力格差
    聞くところによりますと子供が勉強嫌いになるのかそうでないかは小学校の低学年の時代に決まるなんて話も有りますけど、今回のコラムでは早生まれの子供と学力格差について考えてみたいと思います。
  96. 勉強嫌い克服(を治す)の方法について
    私の子供時代を思い出してみますといくら親が口を酸っぱくして勉強しろとわめき立ててもちっとも勉強なんてしようとしませんでしたし、お小遣いを減らすなんて強硬手段に出られそうになりましたら仕方が無いので、とりあえず机に向かうふりだけはした事を思い出すのですが、そんな私が今回のコラムでは勉強嫌いの克服方法について考えてみたいと思います。
  97. 学習塾とインターネットと通信教育
    日本は少子化が進んでいるようで、おちおちしていられないのは学習塾をはじめとする教育産業関係者の方たちだと思います。
  98. 集中力の持続時間と甘い物
    パソコンだって長時間酷使していますとメモリーが一杯になるのか時々リセットをかけてやらないと、どうも動作が遅くなったりその昔はフリーズして固まってしまうなんて事がごく普通に有ったと思いますが、受験勉強にしても仕事にしても集中力が持続出来る時間には限りが有るのですよね。
  99. 子供の学校の宿題問題
    中学生になる子供がインターネットを使って何か探している、聞くと学校で出た社会の宿題でヨーロッパの何かの資料を探しているようだ。
  100. 夏休みの宿題と計画表
    最近の子供はどうだか知りませんけど昔は夏休みに入る前には勉強の計画表なんてものを先生の命令で作らされた記憶が有る人が多いと思います。
  101. 小学校教科書の脱ゆとり教育
    来年から使われる小学校の教科書が、小学生の学力低下を受けてゆとり教育が一転して削除されていた内容や上級レベルの学習内容が発展的記述で復活、追加掲 載されるとの事。
  102. 睡魔対策
    人の体は毎日の睡眠によってリフレッシュするように出来ていますから幾ら気持ちのほうが寝なくちゃとか、勉強頑張らないとって思っていても眠くなるのは体の自然の摂理に基づくものなので有りますね。
  103. メガネは顔の一部です(眼鏡について)
    二十歳の頃からメガネをかけていまして、かれこれメガネをかけて20年以上になります、コンタクトレンズも当時から出てはいましたが、無精なものですから コンタクトレンズを洗ったり管理が出来そうもないので、ずっとメガネを愛用しております。
  104. 子供向け通信教育と玩具
    日本中の労働者が二極化に向けてジワジワと進んでいるのに同調しまして、子供にかけるお金も又二極化しているのでありまして、お金持ちや中流家庭の 子供が少ない家庭では、子供の教育にお金をかけて、中流に入れない家庭では、子供にお金をかけることが出来ないわけです。
  105. 鉛筆とシャープペンシル
    筆箱の中に絶対に鉛筆が入っているのは小学生までなんだそうで、中学生高校生になりますと、鉛 筆が入っていなくて、シャープペンシルとボールペンしかない事も珍しくないそうです。
  106. 夏期講習と学力アップ
    えっと夏休みの間に大幅に学力アップ致しましょうなんて感じで各教育環境業界では、夏休期間ってのは受験生獲得に頑張っちゃう時期なので有りますが、もちろん受験生にとっても学校も休みだし受験対策の肝みたいな時期でも有りますよね?
  107. 子供が勉強しない対策
    勉強好きの子供になるのかそれとも勉強嫌いの子供に成長するかは小学校低学年に決まるなんて話もありますし、親の性格が遺伝するなんて本気で言う人もいらっしゃいますし、逆に生まれてからずーと勉強嫌いだった子供が中学校に入学したら急に勉強好きになる場合もありますし、一概に何とも言えないから対応が難しい問題について今回のコラムで書いてみようかと思います。
  108. 学力と体力
    人間最後は体力勝負ってのは非常によくわかるのでありまして、体力がないと受験勉強にも最後のふんばりが効かないと言いますか、椅子に座って机に向かっているだけでも猛烈に勉強するともなりますとやはり体力が基本になってくるのではないでしょうか?
  109. 教師と相性
    当然の話ですけど教師も生身の人間ですから能力の違いは出てきますし、人間性の問題もありますから今まで大嫌いだった科目が先生が代わったおかげで好きな科目になったなんて事はよくあると思います。
  110. 頭を冷やすグッズと方法
    頭を冷やす方法と言っても物理的に冷却するって事と、頭に血が上って冷静じゃない状態になっているのを平静を取り戻すって二種類有りますが、折角なので両方について書いてみたいと思います。
  111. 短時間睡眠
    確か記憶は睡眠によって定着するなんて事を聞いた事が有りますが短時間で熟睡出来て、瞬時に飛び起きることが出来て通常モードの状態に入れる人は受験勉強にもとっても有利だと思います。
  112. 験担ぎ(げんかつぎ)
    最近はそんな事を気にする人は随分と少なくなったと思いますが、験を担ぐっていうんですか落ちるとか滑るとか不合格を連想するような言葉を受験生の前で使わないなんて風習があったと思いますが、今でもそんな事を気にしている人はいらっしゃるのでしょうか?
  113. 学力と遺伝
    人類の祖先なんてのは元を辿れば一緒なのですからうちの子の頭が悪いのは遺伝のせいだなんて言っていたら単なる気休めかいなってしまうかもしれないと思いませんか?
  114. 忘れない方法
    あれれちゃんと覚えたつもりだったのにとか、理解できた筈なんだけど綺麗さっぱり忘れてしまって頭の中の何処を探しても消え失せてしまったようで出てこないなんて、折角勉強したのに学習時間が無だになったような感じですし、これだったら最初から勉強しなくても一緒じゃないか・・なんて事を思う時が有ります。
  115. 受験対策
    昔ほどじゃ無いと思いますが同居する子供が遅くとも中学三年生とか高校三年生になりましたら、いよいよ待望の受験勉強の時期に突入するのでありまして、今回のコラムでは受験対策について考えてみたいと思います。
  116. 図書館で自習
    今でも市内の図書館に出かけますと受験生とおぼしき学生さんが机の上に参考書を広げて勉強する姿を発見することが出来ます。
  117. 家庭教師の問題
    もう随分と昔のことになってしまうほど私も年を取ってしまったのですが、私の子供がまだ中学に通っているときに随分と家庭教師などいかがでしょうか?なんて電話がかかってきたものです。
  118. 友達付き合い
    高校受験でも頑張って難関高校を目指す人もいれば、早々に推薦入学が決定した子供やまぁほどほどで安全圏の学校に入るから受験勉強なんてしなくていいやって人もいます。
  119. 夏休みの計画表ダウンロード
    エクセルで作成したものを無料ダウンロード出来ます。
  120. 就職留年
    報道によりますと大学生が卒業になっても留年する人の数が約8万人出ているのだそうで、理由として一番多いと考えられるのが就職留年なのだそうですね?
  121. 四当五落
    今でも使われているかどうか知りませんが四当五落って言葉が有るじゃないですか?
  122. 字を書くのが遅い・汚い
    確固たる根拠が有るわけじゃないのですけど、字が汚くてしかも書くのが遅い子供も大人も頭が悪くて勉強が出来ない・・かもしれませんよね?
  123. 進学塾の生徒争奪戦
    ひところのように受験戦争なんて時代じゃなくなってきまして、気がつけば子供の数も徐々に減少してしまう少子化進行中の日本なので有りますが、進学塾を始めとする教育関連で生計を立てている業界にとっては受験戦争が無くなったおかげで、学習塾同士の生徒争奪戦が激しくなってきたのでは無いでしょうかね?
  124. 受験とメガネ
    小学生でメガネをしている子がいたら、あの子は勉強ばかりしてるから近視になってしまったんだろうと思われていたのが昔の話ですけど最近は違うみたいですね?
  125. 無意味な徹夜
    最初に断っておきますが今回のコラムは徹夜明けの状態で書いてますから、支離滅裂な文章になる可能性がございます。
  126. 自由研究
    主に多いのは小学校の夏休みですけど自由研究の宿題って有るじゃないですか?
  127. 一日を二倍に使う方法
    一年間を通じて仕事量が安定かつ一定していれば宜しいのですけど、暇なときは閑古鳥が仕事場を飛び回りまして忙しい時はもう二人ほど自分が欲しいほどの状態になってしまうわけです。
  128. 漢字の覚え方
    小学校に上がって初めて漢字を教わった時の事を覚えている人は結構多いと思いますけど、”大(おおきい)”って漢字は人が手足を広げて大きくなった状態から考え出されたとか、逆に小さいって漢字は人が小さくしゃがみこんだ状態を表したとかね?
  129. 落ちこぼれ
    明確に偏差値が40以下だと落ちこぼれとするなんて定義は存在していませんが何時の時代にも落ちこぼれは存在しますよね?
  130. 高学歴就職難民
    何でも報道によりますと今年の大学新卒者の約二割の方が就職先が決まっていないのだそうで、すかさず難民認定によりまして就職難民・・って何でも決めつけられてしまうのでありますが、今回のコラムではその事について書いてみようと思います。
  131. 宿題の追い込み

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 暗記のコツと方法
  2. 有名中学校受験
  3. 受験産業考
  4. カンニングの方法
  5. 試験監督のアルバイト
  6. 記憶力向上方法
  7. 受験勉強と一夜漬けのコツ
  8. 受験と夜食について
  9. 受験競争は必要か?
  10. 集中力を高める(アップする)方法
  11. 受験と不合格体験と親の対応
  12. 替え玉受験
  13. ガリ勉とは
  14. 受験勉強と速読術
  15. 睡眠学習器
  16. 学習計画の立て方
  17. 受験とスパルタ教育
  18. 幼児教育
  19. 効率の良い勉強方法
  20. 受験と滑り止めグッズ
  21. 学習塾選び
  22. 学習指導参考書
  23. 徹夜の方法とコツ
  24. 受験生の風邪対策
  25. 志望校の選び方
  26. 勉強が好きになる方法
  27. 偏差値教育とは
  28. 受験勉強の邪魔者達
  29. 学校間の学力格差
  30. ながら族とは
  31. 受験生の友
  32. 大学進学の意味と意義
  33. 受験勉強の進め方
  34. ゆとり教育とは
  35. 通信教育について
  36. 適切な学習量
  37. 新・学習指導要領
  38. 受験生と睡眠時間
  39. 学習塾の合格実績
  40. 学校の進路相談
  41. 受験料収入
  42. そろばんの復権
  43. コーヒーと受験勉強
  44. 通信教育考
  45. 日本の教育費用と制服の値段
  46. カンニングの方法と電子ツール
  47. 勉強中に気が散って集中できない
  48. 受験と暗記力
  49. アカデミック価格の基準
  50. 集中力を高めるツールと100円ショップ
  51. 受験勉強とエンドルフィン
  52. 数学の公式の覚え方
  53. 替え玉受験の実態
  54. 入学試験の面接
  55. 効率アップの勉強法
  56. 好きな音楽を聴きながらの勉強は?
  57. 大学や高校の中退について
  58. 少子化と受験産業とか
  59. 欠伸(アクビ)対策
  60. 学習計画は誰が立てる?
  61. 一貫教育の弊害について考える
  62. 貧富の差と教育制度
  63. 暗記の方法2
  64. 後退する?高学歴社会
  65. 受験産業の将来
  66. 親の年収と子供の学力の差
  67. 徹夜は勉強にプラスかマイナスか?
  68. 寝不足対策
  69. 受験勉強と息抜き
  70. 集中力散漫で仕事に集中出来ない
  71. 勉強の習慣と目標設定
  72. 受験生を持つ親の心得について
  73. 受験勉強と寝不足対策
  74. 暗記力アップの方法
  75. 全国学力テストの問題点
  76. 脳トレは効果なし?
  77. 学歴社会と負の連鎖
  78. 受験勉強と受験計画の立て方について考える
  79. 居眠り防止の方法とグッズと受験勉強
  80. 替え玉受験と本人確認の方法
  81. 受験生の友と敵
  82. 受験勉強は朝型と夜型のどっちが良いか?
  83. 受験勉強とキオークマン
  84. 受験勉強と家族の協力
  85. 受験対策と目標設定
  86. 熟睡する方法
  87. シニア大学、中高年の大学入学
  88. 集中力を持続させるには?
  89. 勉強と息抜きとリラックスの方法
  90. ダメな勉強法
  91. 高校授業料無償化について考える
  92. 寝不足対策と集中力
  93. 志望校の決め方と通学費
  94. 受験勉強の意義
  95. 早生まれと学力格差
  96. 勉強嫌い克服(を治す)の方法について
  97. 学習塾とインターネットと通信教育
  98. 集中力の持続時間と甘い物
  99. 子供の学校の宿題問題
  100. 夏休みの宿題と計画表
  101. 小学校教科書の脱ゆとり教育
  102. 睡魔対策
  103. メガネは顔の一部です(眼鏡について)
  104. 子供向け通信教育と玩具
  105. 鉛筆とシャープペンシル
  106. 夏期講習と学力アップ
  107. 子供が勉強しない対策
  108. 学力と体力
  109. 教師と相性
  110. 頭を冷やすグッズと方法
  111. 短時間睡眠
  112. 験担ぎ(げんかつぎ)
  113. 学力と遺伝
  114. 忘れない方法
  115. 受験対策
  116. 図書館で自習
  117. 家庭教師の問題
  118. 友達付き合い
  119. 夏休みの計画表ダウンロード
  120. 就職留年
  121. 四当五落
  122. 字を書くのが遅い・汚い
  123. 進学塾の生徒争奪戦
  124. 受験とメガネ
  125. 無意味な徹夜
  126. 自由研究
  127. 一日を二倍に使う方法
  128. 漢字の覚え方
  129. 落ちこぼれ
  130. 高学歴就職難民
  131. 宿題の追い込み

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

メニュー

ページのトップへ戻る