スポンサードリンク

通電治療

自らの頭で考えて行動実践し失敗や成功の体験を積んでいくのは心と頭の成長には欠かせないことではありますが、抜け毛やハゲの大きな原因の一つに頭皮の血行不良が有るって事でじゃぁ肩こりや血行不良に有効な通電治療のマッサージ器はどうだろうなんて考えてしまう方がいらっしゃるようです。

まぁ鍼治療なんかで頭皮に刺激を与えると髪の毛が生えてくるなんて事は有るでしょうけど、かえって抜け毛が増えちゃいそうですしなにより髪の毛よりももっと大切な脳味噌がその下には存在するのですから勝手な自己流の発毛法は試さない方が良いでしょうね?

他にも血行不良治療としてはピップエレキバンの商品名で有名な磁力を使った医療器具がありますけど、確かアレも張るだけで血行をよくする効能が有って肩こりが治るなんて事でしたから、もし血行不良が原因で抜け毛ですとか禿げてしまったなんて事でしたら、ピップエレキバンを頭に貼りつければタチドコロニ血行がよくなって髪の毛が生えてくるって理屈になりますけど、流石に頭に直接磁石を張り付ける人はいないでしょうね?

たぶんそんな事をしたら血液の中には鉄分が含まれてますから、磁石の力で頭の中の血の巡りが可笑しくなってところどころお花畑になってしまいそうですからね?

でね発毛法ってのは結構自己流でやっちゃう人がお多くて、訳の解らん食品をなすりつけてみたりブラシで叩いたり冷やしてみたり温めたりと色々でしてそんな中から通電治療にチャレンジするチャレンジャーが出てきたりするのですけど、個人的な意見としては何らかの刺激によって発毛に成功する場合も有るのでしょうけど、それはたまたまかもしれませんし万人に有効な発毛じゃない場合が多いと思うのですよね?

追伸
確か江戸時代にエレキテルって言いましたっけ?電気を発生させる機械がオランダから持ち込まれましてビリビリする不思議な力を発生させるって事で、治療器具への応用がされた歴史が有りますけど、古今東西古くより電気には人間に不思議な作用を及ぼすと考えられていて確か不思議の国のアリスでも主人公が、頭の妄想を追い払うために電気治療をされそうになるんじゃなかったでしたっけ?

ただやっぱり本文に書きましたけど脳味噌が詰まっている(かもしれない)場所に安易に電気を流すのは、控えた方が良いのではないかと思っているのです。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. かつらと経費と芸能人及び結婚詐欺
  2. カツラと植毛どっちがエライか
  3. カツラと海水浴
  4. カツラの広告は何処へ行ったの?
  5. カツラの新機能は出ないのか
  6. ハゲと脱毛と遺伝の関係
  7. ハゲは差別用語かの考察
  8. 抜け毛と水道水の関係
  9. 生え際の後退
  10. 発毛とアロエ
  11. 発毛と女性ホルモンの関係
  12. 発毛の頭皮マッサージ方法
  13. 紅白歌合戦カツラの歌手の件
  14. 育毛と椿油と
  15. 脱毛と帽子の関係
  16. 脱毛の原因、整髪料
  17. 脱毛の原因、煙草・喫煙
  18. 脱毛の原因お酒(アルコール)
  19. ストレスと脱毛と
  20. 針治療と発毛
  21. 髪の毛に良い食べ物
  22. ハゲと出世の関係
  23. 定額制のカツラ
  24. 白髪の原因と対策
  25. ストレス社会と脱毛症と労災と
  26. 素敵に禿げる事は出来るのか?
  27. ハゲと結婚難民の関係を考える
  28. かつら・育毛業界の不況
  29. 結婚後のハゲ(カツラ)告白は詐欺にあたるか?
  30. ストレスと脱毛症の関係
  31. ハゲと結婚の事
  32. ハゲのイメージ
  33. 発毛剤と発毛率の根拠
  34. オールバックと額の生え際
  35. 何故ハゲを気にする?ハゲはスケベ?
  36. ギモールの思いで(髪の毛の振りかけ?)
  37. 育毛剤と匂いの問題
  38. 若ハゲの対策について考える
  39. 若ハゲと婚活の問題
  40. AGA対策は不要です
  41. 頭髪と貫禄のこと(ハゲは得する?)
  42. 最近は頭髪で年齢の推定が出来ない件
  43. 抜け毛とストレスの関係
  44. ストレスに強くなる方法とハゲる現象について
  45. ヒゲの脱毛について考える
  46. ハゲ対策について
  47. 発毛シャンプー・リンス
  48. ハゲ頭と父親・授業参観
  49. 髪の毛とイメージ
  50. 男性用カツラ
  51. 生え際の復活は無理?
  52. 塩素とシャワーと抜け毛
  53. 通電治療
  54. 紫外線対策とハゲ対策
  55. 海水浴と塩分とハゲ
  56. 脱毛サロンと口コミ
  57. 抜け毛の季節

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る