スポンサードリンク

花粉症が日本中に蔓延した理由
何でも花粉症の発症率は地域によってなんと20倍もの格差があるそうで流石に格差社会と言われるだけの事はあるのでして、何でも最高の山梨県では44%以上になるそうですが最低の北海道では2%程度の花粉症発症率なのだそうでして、これは一票の格差など問題にならないほどの大きな格差になっているようですね。

無花粉杉普及反対
花粉症対策のようですが人為的にあまり自然の生態系を変更してはいけないのですし、無花粉杉に変更して出てくる様々な生態系への影響を調査検討しないまま大量に植林するのは大きな問題では無いでしょうか。

花粉吸着シート
その昔、はえ取り紙なんてのもありましたが花粉用もあるのでしょうか?窓を閉め切っていても隙間とか何より外出から帰宅した段階で大量の花粉が洋服に付着して家中を飛散したりするので対策が必要なのですよね。

花粉症とジャンクフード
医食同源ってのは中国の諺だったでしょうか?何時の間にか口に入れるものの大半が工場で大量生産されたジャンクフードが多くなって参りまして、それに応答するように花粉症にかかる人とかアレルギーが出やすい人が増えて来たような気がするのです。

花粉症とバイクライダーの陰鬱
ライダーにとって花粉症の発症は非常につらいのです、なにせ両手は塞がっていますし、顔はヘルメットで覆われていますし、バイクの運転中は手も離せない、気も抜けないですから花粉症の症状に何も手を出す事が出来なくなってしまうのです。

花粉症とレーザー治療
なんとレーザー光線で花粉症対策をしてしまうお話ですが、別に家の入り口にレーザー光線の発射装置を据え付けて花粉を打ち落としてしまうような花粉症対策でもないようで、レーザー光線が照射されるのは人間の鼻の粘膜なのだそうです。

花粉症と寄生虫と清潔日本と
清潔にすればするほど抵抗力が低下してくるのでありまして、つまり花粉症対策を徹底して花粉との接触が減れば減るほど耐性とか免疫力とか落ちてきて、孫の代になるとどうなるのか心配になってしまうのです。

花粉症と経済質損失とオートバイと
もちろん、多少の経済効果は有りますがその数倍の経済損失が発生していますが、花粉症の時期になるとマスクとか治療行為だとか今まで無かった需要が発生するのですが喜ばしい事では無いですよね。

花粉飛散情報
最近では天気予報で花粉の飛散情報を提供するようになりましたが敏感な人は花粉が周りを飛んでいなくても、杉花粉の話をテレビでされただけで何だか鼻がむずがゆくなったり、クシャミが出てしまったりする人が居るのでは無いでしょうか。

花粉症の仕組み
仕組みを知ったからといって花粉症が直るわけではないのですが、基本的には正常な防御反応が杉花粉などに少々過敏に過剰反応してしまっている状態なので有りまして、深刻に考える必要は無いと思います。

花粉症の経済的損失
症状が酷いと仕事も手に付きませんよね、特に集中して何かを生み出したり作業をして働いている人にとっては、花粉症の諸症状は、仕事の邪魔者以外に何者でもないって事になりますでしょうかね。

花粉症対策とアレルギー対策の問題点について考える
最近はアレルギーよりもエネルギーの方が問題なのですが、どうもクリンな社会を作ろうとした反面、排気ガスとか化学物質だとか人間がアレルギーを起こすようなものを、生活の中に取り入れてしまったのでありますが、後戻りは難しいのですよね。

花粉症対策と加湿器
部屋の湿度を適度に保つ事は有効とされていますが、花粉症対策ばかりに気を取られてしまって、締め切った部屋で加湿器をフル稼働させますと今度は結露とかダニとかカビの問題が出てきてしまうのです。

花粉症対策と杉材木の一般建築住宅
木に囲まれて共に生活してきた人類なのですが、自然素材と少々相性が悪くなってきたようで、その現象の一つが杉花粉による花粉症の発症かもしれないですよね。

減感作療法
とある治療方法のお話ですが、目先の症状の緩和だけに走ってしまって後々他の副作用がないのか少々心配な気もしますし、子供を作る前でしたら子供への影響がないのか少々考えてしまいますよね。

花粉症対策の種類
人間も色々考えるのですが、まあ業界によっては花粉症の拡大によって恩恵を受ける業界や企業もまた出てくるので有りまして、仕方なく対策費用を出費せざるを得ない人も出てくるのですよね。

花粉症治療とステロイド剤と副作用
絶対駄目ではありませんが注意する必要は有りそうですね、まあ最終的には医師の判断になるのでしょうが、個人的にはどうもステロイドって響きには危険な香りを感じてしまうのです。

花粉症デビュー
公園デビューって言葉は知っていましたが、何時の間にか花粉症が国民的な症状になってしまったようで、何時の間にか花粉症デビューって言葉が有るのです。

犬猫ペットの花粉症対策
長年飼われている犬などのペットは飼い主に似てくるって言われますが、しっかり花粉症なんかも感染するようになってきたようです。

無花粉杉の植林に反対する
同じような意見も多いと思いますが人間にとっての都合だけで簡単に後の事も考えないで生態系を変化させてはいけないのです。

鼻毛と花粉症の関係
基本的に社会人の身だしなみとして鼻毛の手入れを致しまして鼻毛を切ってしまいますが、花粉が侵入しやすくなってしまうのですよね。

鼻洗浄の方法と問題点
鼻の奥が痛くなったり頭まで痛くなったりしますがまあ花粉を綺麗に洗い流してすっきり状態になるのですが、問題点もあるのです。

花粉症対策と目薬の選び方
一応クスリの一員なのですがどうも軽く考える人が多くて用法や回数を適当にしちゃう人が多いのですよね。

花粉症の特効薬?ステロイドについて
人によっては絶賛しますし違う人に言わせると止めた方が良いと言いますが、個人的には最後の手段かなって思っています。

花粉症レーザー治療とは
杉の木には杉の木の都合があって飛散する花粉を止める事は出来ないので、じゃあ人間の警報機のほうを焼き切ってしまいましょうって事になりますでしょうか?

花粉対策と加湿器VS空気清浄機
宇宙空間に存在する宇宙ステーションでもない限り、身の回りには何時も空気が存在して居て花粉は空気中を漂っている訳ですから、何かすれば花粉は消滅するのですよね。

花粉症関連商品景気
10年前には考えられないほど不織布のマスクですとか花粉症関連の商品が時期になると売れているのだそうで、ドラッグチェーンの業績を左右するほどの影響力が出ているのです。

住宅構造と花粉症
住宅の機密性を高めますと隙間から花粉は入ってきませんが今度は結露とかカビとか別のアレルギーの原因が出来てしまいますし、中々簡単にはいかないのが現実ですよね。

低年齢化する花粉症デビュー
まず徹底的に花粉症対策ツールで杉花粉を排除しますと、今度は耐性って言いますか免疫力みたいなものがどんどん低下してきてしまって次の世代は更に花粉に弱くなってしまうのでは無いでしょうか?

花粉症対策と鼻毛の効果
人が持って生まれた体は全ての器官がそれぞれ意味をもって備わっているのだそうですが、どうも鼻毛ってやつは嫌われ者の筆頭のようなので有りまして、引っこ抜かれたり鼻毛カッターで丹念に刈り取られるのは大部分の鼻毛の宿命なのですけど、スギ花粉が飛び散る季節になりまして鼻がむずむずしてきますと、もしかしたら花粉症で鼻がむずむずしたり鼻水が出たりくしゃみが止まらなくなってしまう原因は、鼻の穴の門番であります鼻毛を邪険に扱ってきた報いではないかと思ってしまうのでありますね。

年代と花粉症発症率
えっと今回のコラムはどこかでちゃんと調査して統計をとった資料を全然元にしていなくて、ここ数年の間に実際にお会いしたことがある人をしかも見た目で判断した結果統計なので有りますが、どうも花粉症にかかる人は20代から40代位の人が多くて、それより年齢が上の人ですとか若い人は花粉症が発症する確率が低いような気が致します。

湿気過敏と花粉症と喫煙(禁煙)
禁煙に成功して飲みに行くことも年に数回とすっかり真面目な生活態度に改めたお陰なのか、花粉症の方もほぼ影を潜めている良い感じが続いているのですけど、そ~いえば私は湿気に弱くて梅雨時ですとか湿度が高い時は風邪を引いたわけでも無いのに、クシャミ鼻水鼻づまり状態で往生していたのですがこちらも花粉症が鳴りを潜めると同時に姿を消してくれたようです。

花粉症対策グッズあれこれ
光あるところに影があって需要があるところには商品やサービスが提供され、もう一歩踏み込むと商品やサービスを先に提供してあとから需要を作り出すなんて事もあるわけですが、すっかり国民病?として定着してしまいました花粉症ですが、そうなりゃ当然ですが花粉症対策グッズもいろいろと出回っているのでありまして、今回はそんな事について書いてみたいと思います。

花粉症と耐性
確か人間に限らず生物は皆、耐性って能力ですとか耐性を次の世代に受け継ぐ能力を持っていたと記憶していまして、今の世代には有効だった薬剤が次の世代になりますと耐性を持った個体に進化しているって感じだったと思のですけど、人は花粉に対して耐性を持つようになるのかを考えてみたいと思います。

花粉症と食物アレルギー
花粉症に限らず子供を中心にアレルギー体質の人が増えているそうで、一説によりますと花粉症患者の増加と食物アレルギーの因果関係を指摘する声も有りますが、私が思うに食品添加物だらけの食生活に次世代を担う子供の体が警告を発しているのでは無いでしょうかね?

花粉症対策
元来、鼻腔が弱くちょっとすると即、くしゃみが出たりしていたのだが花粉症ではなかった筈だったのだが、春先になってスギ花粉が飛び交うようになると、私 も世間並に鼻水が出たり目が痒くなったりしてしまうようになってきた。
世間並に花粉症になったからといって別に嬉しくも無いし、迷惑な事である。特にバイクを運転中に花粉症の症状が出てきたら、もう運転どころじゃなくてコン ビニに止まって休憩である。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る