スポンサードリンク

建築確認申請とは

今回のコラムでは、姉歯建築して脚光を浴びました建築確認申請について書こうと思いますが、簡単に偽装されてしまって認可した国さえも責任を取らないような仕組みであれば、さっさと廃止してしまったほうが良いとも思いますが、そうしますと今度は粗悪な建築物が増えてしまうような気もするので有りまして、中々難しいのですよね。

聞くところによりますと建築確認申請の由来は、地震が多い日本におきまして一定以上のレベルを持った住宅や建築物の建築や設計を義務づけるって所から始まっているようですが、書類による申請が基本ですし全てが書類や設計図通りに施工されているかどうかを、見張っている人など居ませんので、かなりの穴があるのは間違いないと思いますし、完全に穴を塞ぐのは無理じゃないかなって思いますね。

現行の建築確認申請では審査が終わって許可がおりませんと、建築に着手できないのですが、そーゆー建築前に縛りを入れても最初に書いたように、設計図通りに施工されているかどうか24時間監視出来ないのですから、事前審査に力を入れるよりも、完成後の保証ですとか仮に建築を請け負った工務店やゼネコンが倒産した場合の保証関係に力を入れたほうが、品質の良い住宅が供給できるのではないかなって思うのですよね。

つまり建築確認申請なんて事は廃止してしまって、その代わりに公的機関や第三者機関による建物の完成後の瑕疵や不具合に対する保証を充実させましたら、自然と保証機関のほうで住宅に対する品質要求は高くなりますし、住むほうだって安心して住宅を購入できるようになると思うのですよね。

私が思うには、建築確信申請のような線引きを行いますと、逆にそのレベルをクリアしてしまえばOKで品質的に大丈夫って感じになってしまうので有りまして、変な風に国が最低レベルを設定してしまうから、日本の木造住宅は20年位で寿命が来てしまうような気がするのですよね。

私は専門家では無いのですが、ヨーロッパ辺りでは100年とか200年前の住宅が当たり前のように使われていると聞きますし、高温多湿だとか地震が多いってマイナス要素を考慮致しましても、日本の技術力を持ってすれば、100年住める住宅を建築する事は全然難しくないと思うのですが、そんな事をしたら住宅着工件数が減少して工務店の倒産が一気に増えて景気が冷え込んで大変な事になってしまうから、やってはいけないのでしょうかね?

なにせ住宅産業は裾野が広い産業ですからね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る