スポンサードリンク

住宅寿命と水捌け

特に木造住宅の場合は住宅を建築しようとする土地の水捌けが大きく住宅寿命を左右するような気がするので有りまして、あまり気にしない人も多いような気がしますが、水捌けの悪い土地に住宅を建てる時には、基礎工事をベタ基礎にするのは当然ですが、事前に水捌けが悪い事が分かっているのでしたら、他の場所に家を建てる事をお勧め致しますね。

何故ならば、日本の住宅の多くが構造材に木材を使っておりまして、材木が傷むのは基本的に白アリにやられてしまうか、湿気で腐り始まるかのどちらかなのでありまして、乾燥して水捌けの良い場所に建築された木造住宅と、水捌けの悪い場所に建築された木造住宅では倍以上の寿命の違いが出てくるのでは無いでしょうかね?

※水捌けの調べ方ですが専門家に頼みますと費用がかかってしまいますが、聞くところによると穴を掘ってバケツ一杯の水を流し込みまして、流し込んだ水が土地に染み込んで無くなってしまうまで5分以上かかるようだと、その土地の水捌けは悪いようで注意が必要なのだそうです。

ですから土地を探して家を建築しようとする場合、その土地の水捌けも充分に注意したいですし、その事は事前に不動産業者や工務店にも確認を取るべきでしょうし、その辺りを曖昧な答えしか返ってこないようであれば、契約はストップする位しませんと、後々水捌けと住宅寿命はとても関係してくるので有りまして、ちょっと庭の水が引かないレベルの話では無いのですよね。

住宅建築お水捌けについてもう少し書きますと、新しく売り出された分譲地などの場合ですと、元々その土地が何だったのかってのを確認したほうが良いお思いますよ。

聞くところによりますと、元々池だったり沼地だったり湿地だったところを埋め立ててしまいまして住宅分譲地にしてしまう例も少なくないので有りますが、通常、販売する人間はそんな事をわざわざ自分から言い出す事は致しませんので、周辺から聞き出すとか昔の地図を確認してみるとか用心するに超した事は無いので有りまして、少々面倒だなって思ってももの凄く住宅の寿命と水捌けは関係が深いわけですから、注意するに超した事はないのです。

追伸
この土地の水捌けについては、もの凄く住宅寿命を左右する重大事項なのですが、ハウスメーカーで言及する所は非常に少ないようでして、勿論、水捌けの悪いところに建築できないって事まで言えないのは充分に理解できるのですが、もう少し土地の水捌けに目を向けても良いのでは無いかなって思いますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る