スポンサードリンク

欠陥住宅への対応方法

今回のコラムは欠陥住宅について勝手な意見を書かせて頂こうと思いますが、とある人に聞いた話では建築して引き渡ししてから1年以内に発覚するような露骨な欠陥住宅を建築しているのは欠陥住宅のプロ?とは言えないので有りまして、巧みな住宅建築業者になりますと引き渡してから最低5年は欠陥が発覚しないような最低限の?品質を保ちますが兎に角、見えないところやすぐに気が付かない場所では徹底的に手を抜くのでありまして、例えば防音とか保温性に関係してきますグラスウールのような部材は、あとから絶対に気が付きませんし、設計図にも細かく決められて居ませんから、徹底的にケチりますし、土台の材木も安い粗悪な乾燥が不十分で直ぐに白アリが発生してしまうような材木を平気で使ってしまうので有りまして、欠陥住宅として訴えられない範囲で手を抜いてくるわけです。

施主としましては、誰が見ても明らかに欠陥住宅だって施工であれば訴訟に訴えて責任を追及する事が可能ですが巧妙に金物を減らしたり設計図に現れない部分で手を抜いたり、資材を節約されましても途中でチェックのしようがないですし、5年とか10年経ってからガタが出てきて初めて気が付くのですから結局は泣き寝入りするか、そーゆーものだと納得するしか無いのですよね。

つまりその、余程慎重に業者を選びませんと欠陥住宅と高品質住宅の境目に位置する微妙な建築になってしまう可能性は非常に高いのでありまして、多分そーゆー住宅は非常に多いと思いますし、工務店やハウスメーカーが一年間に受注して建築できる建築棟数は大きく変動する事は無いわけですから、出来るだけ利益を出そうと完全に営利主義に走られてしまいますと、建築物毎に出来るだけ手を抜いたり材料を節約して、一棟から 10万円でも20万円でも利益を多く出そうと考える業者が出てきても全く不思議では無いので有りまして、一生に一度か二度の高い買い物の割に欠陥住宅が結構有るわけですから施主としては不幸なお寒い現状なのですよね?

でね、欠陥住宅かなって少しでも感じましたら先ず自分で工務店とかハウスメーカーに交渉やクレームを入れるって手も有りますが、それよりも信頼できる建築士と弁護士を通じて訴訟を前提にクレームを入れたほうが良いと思いますね。

なにせ何年経っても欠陥住宅が一向に無くならないのでありまして、それは行政機関が非常に甘い対応をしているからではないかって思いますが、黙っていても行政は一向に動きませんから、実力行使して上げるしか無いのでして、欠陥住宅の建築が高いものに付く事を建築業者に分からせてあげなくちゃいけないと思うので有ります。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る