スポンサードリンク

手抜き工事しないと利益が出ない?

例えば新築住宅を注文建築で建てる場合に、坪単価30万円と坪単価50万円の住宅では当然の事ながら使う材料も手間も勿論コスト(原価)が違ってくるのですが、全ての施主が安いものはそれなりと考える訳はなく、値段相応の施工をしてもクレーマーに限った事でなく、一生に一度の買い物だと思うと、些細な事で欠陥住宅だと騒ぎ立てる人が居る半面、施工する工務店にしても建築戸数が伸びない以上、どこかで切り詰めて行きませんと利益が確保しにくくなっているのも事実でありまして、コスト、利益、品質のせめぎ合いなので有りまして、採算を度外視して品質確保しちゃいますと倒産してしまいますし、手抜き工事ばかりやっていますとやがて訴えられて、やっぱり倒産してしまったりするのでありまして、ある意、現代は工務店冬の時代とも言えるのでは無いでしょうか?

ただまあとんでもない手抜き工事を行って欠陥住宅を平気で販売して、利益を上げている工務店も存在するようですし発覚したらしたで、さっさと計画倒産しちゃう場合も有るように思いますし、そもそも日本の住宅にはリコール制度がしっかり整備されて居ないのが現状ですが、何度も買い換えが利かない住宅こそ消費者保護の仕組みが必要だと思いますが、これがまあ全然進まないのですよね。

で本題に話を戻しますと、まず坪単価30万円以下の住宅では手抜きをしないと利益が出ないとは言いませんが、住宅として必要最低限の機能を装備する程度に考えませんと、とても利益を出して営業していけるとは思いませんし、上手にコストダウンしませんと、直ぐに赤字になってしまうのですよね?

では坪単価の高い業者に頼めば手抜き工事が発生しないかと言いますと、たちの悪い業者は低品質の住宅を高い金額で販売するプロですから、それは巧みに営業をかけまして施工段階では思い切り手抜きをしたり致しますので、坪単価だけで手抜き工事や欠陥住宅を防ぐ事は出来ないので有りまして、施主としては高い買い物の割に危険が多い買い物でもありまして、日本の住宅事情の貧弱さがこのあたりにも出てきてしまいますね?

特に住宅不況時のように着工件数が落ち込む時期では、日本全体の住宅建築戸数が減少するわけですから企業として営業を継続する為の利益を維持していく為には、一棟あたりの利益をいかにして確保していくかって部分が大切になるのでありまして、何となく手抜き住宅発生の芽が有るような気がするので有ります。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る