スポンサードリンク

住宅ローンの問題点

昔から住宅ローンの支払い不能って事態は枚挙に枚挙にいとまがないのですが、バブルの頃のように土地の値段が上昇していれば、高額な住宅ローンが支払えなくなっても、購入した住宅を手放してしまえば、多少の借金が残ったとしても、大きな痛手を負う事は少なかったのですが、ここ最近(2008年から2009年)では、住宅バブル、不動産バブルはとっくの昔に消滅していますので、住宅ローンの支払いが滞る状態になってしまいますと、売却(任意売却)しようとしても、大幅に資産価値が落ちてしまって、例え売却が成功しても残債務の穴埋めにはほど遠く、家は手放して住む場所は無くなってしまうは、それでも借金は残るという悲惨な状態になってしまう人も少なく無いのでは無いでしょうかね?

で今回の本題の住宅ローンの問題点ですが私は大きな部分で2つの問題点が有ると思うのですが、それは住宅の資産価値の下落の事と金融機関の担保設定の査定の能力の二つです。

まず最初の資産価値の下落の問題ですが、これはバブルの時代であっても資産価値が認められるのは、もっぱら土地に関してで有りまして、建物に関してはせいぜい築後20年位までしかまっとうな資産価値が認められないのでありまして、これは高い割に耐久性に問題が有る住宅が少なく無いのと、メンテナンスに関してハウスメーカーや工務店が積極的に告知してこなかった部分が大きいのでありまして、住宅の資産価値を維持するって視点が欠けている場合が多いのでは無いでしょうか?

もう一つは別の所でも書きましたが、銀行で住宅ローンを組む際に審査は入りますし、通常物件価格の八割程度までしか貸し出ししませんし、該当の物件に担保設定されるのですが、多くの場合において住宅ローンの支払い不能になって任意売却ですとか場合によって競売になった時に、殆どの場合、大きな借金が残ってしまうのでありまして、どうも銀行の査定能力ですとか担保に対する考え方に問題が有るような気が致しますね。

まあ日本だけに限った事では無いのかもしれませんが、経営が苦しくなったら公的資金を注入して助けてしまったり、責任を誰も取らないような体質を持った銀行ですし銀行員は能力が無いのに妙な特権意識だけは一丁前に持っているので有りまして、そーゆー問題が有る銀行ですから住宅ローンの問題点は解決しないでしょうね?

個人的には、ノンリコースローンが住宅ローンの主流になれば余計な保証会社も不要ですし、担保査定能力も飛躍的に向上するのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る