スポンサードリンク

不動産を値切る(値引き交渉)

一般的に値切るテクニックと言えば西の方角、関西は大阪のおばちゃんとか上手だと言われて居ますが、八百屋で大根を値切る人は当然、車を買う時には数時間でも時間をかけて値切ると思いますが、何故か?不動産、つまり土地とか建物とか一戸建て住宅を値切る人は少ないようなので有りまして、大根を値切ってもせいぜい数十円ですし、車だって最近は数万円程度の値引きで収まる事が多いわけですが、なにせ不動産は価格が高いですから、時間をかけて交渉すれば百万円単位の値引きに成功する事だって有るわけですから、どんどん値引き交渉すべきでしょうね?

実は今回このコラムを書く目的として、不動産を購入するのに値引き交渉をする人を日本中にどんどん増やそうと思って居るので有りまして、多くの人がどんどん不動産の購入時にダメ元でも値引きの交渉をすれば、値引いて貰って購入するのが当たり前の時代が来ますし、そもそも建ててから20年位で大規模な改修が必要な日本の木造建築物を不動産とか資産とは呼べないのでありまして、高い耐久消費財でしかないんです。

※耐久消費財とは耐用年数が1年以上の価格が高い物の事です。

特に不況時には中古物件の価格がどんどん値崩れして販売価格が下がってきますから、釣られるように新築住宅もマンションの価格も下がってきますから、まあ買う側としてはじっくり構える又は、内心は速攻で売買契約を結んだり手付けを出してしまいたくても、買いたい素振りはおくびにも出さないで”う~んあと 500万円位下がれば契約を考えるんだけど~”って感じで交渉に臨めば良いと思うのですよね。

個人的な思いとして不動産業界や不動産の営業マンは他の業種と比べて値引き交渉をされてこなかった業界だと思いますし、ある意味値段提示したら値引き交渉は一切無しで営業マンに値引き権限は有りませんなんて事が普通だったと思うのですが、不動産って商品は同じ物が二つ無いのが特徴なのですから、もっと値引きの余地が有る市場だと思うのですよね。

まあ不動産は下がらないって不動産神話みたいなものが本気で信じられていた頃はそれでも良かったのでしょうが、今や日本の人口はどんどん減少していく事が確実なのですから、不動産価格が上昇する要素は少なく、下がっていくのが当たり前になると思うのですよね。

って事は今後は大根や車と同じようにどんどん値引き交渉すべき商品の筆頭が不動産関係の物件になるはずなので有りまして、この動きが大きくならないかなと思って居るので有りますね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る