スポンサードリンク

二世帯住宅の問題とか

まずね、私の知る限り昭和の時代までは大家族とか2世代3世代が同じ屋根の下に暮らす何て事はごく普通に行われて居た事で、とりたてて2世帯住宅とかを建築しなくても、まぁそれなりに多人数が暮らす家が結構有ったと思いますが、特に都心部を中心に何時の間にか二世帯住宅って言葉が定着してきて、2世代以上の同居は二世帯住宅が必要かなって思う人も何故か増えて来たのが現実では無いでしょうか?

でね、私自身の経験から言いますと子供なんてのは直ぐに大きく成長して家を出て行ったりしちゃいますし、自分自身も親も気が付いたら年を取って後期高齢者一直線ですし、なにより日本の木造住宅の寿命が結構短くて、マメにメンテナンスしないと直ぐにぼろくなってしまうって事なのですよね。

まぁ日本の木造住宅の耐久性が今の倍くらい有って、資産価値の下落率が低くて中古物件の市場が活況を呈していれば、全く問題が無い事なのかもしれないですけれど、基本的に親の世代は途中で先に旅立ってしまいますし、新築から20年とか年数が経過してしまいますと、場合によっては結構大規模な改修工事が必要になってしまうのでありますから、建ててから二十年後の家族構成を想像すると、結構厳しいものがあるのかもしれないですよね。

たぶんこの辺りは、一般住宅の耐久性とか資産価値の維持とか固定資産税とかメンテナンスの費用とか、家族構成が変わった時の売却や住み替えなどの対応ですとか、結構いろんな事が絡み合っていて簡単に解決しない問題ではないかと思います。

なにせ今の日本は少子高齢化で、このままのペースですとあと何十年か先には日本の人口は今現在の三割くらい減ってしまって居るって試算するエライ先生もいらっしゃったと思いますし、エネルギー利用の効率化を考えますと、少なくなった人口と合わせて人口の集中が進む事も考えられますので、はたして二世帯住宅を今から建てるのはどうかなって思いますね。

たぶん、全額即金で現金一括で購入するのでしたら良いのでは無いかなとも思いますけど、25年ローンとか親子二世代ローンなんて長期のローンを組むのは個人的意見としては絶対に止めておいたほうが良いと思いますよ。

勿論、固定金利で住宅ローンを組んでいて、凄いインフレでも起きてくれればかなり得する事になりますけど、スーパーインフレは庶民の生活に壊滅的な打撃を与えちゃったりするので有りますから、どっちにしろリスクが高い事には代わりがないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 新築住宅、地鎮祭について考える
  2. 社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
  3. 耐震性は柱より筋交いなのです。
  4. 間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
  5. 建築中に工務店が倒産
  6. 木造住宅の寿命
  7. 建前(たてまえ)とは
  8. 自宅の住宅模型の制作
  9. 住宅設計と風水について
  10. 不動産不況
  11. 高気密住宅
  12. 地震対策
  13. 新築と中古物件どちらが得か?
  14. マンションの崩壊
  15. 地鎮祭とは
  16. 建築確認申請とは
  17. 二世帯住宅とは
  18. 手抜き工事
  19. 住宅寿命と水捌け
  20. オール電化住宅の損益分岐点
  21. 欠陥住宅への対応方法
  22. 手抜き工事しないと利益が出ない?
  23. 住宅ローンの問題点
  24. 子供部屋
  25. 地盤調査と欠陥住宅
  26. 不動産を値切る(値引き交渉)
  27. 土地の価格と周辺環境
  28. 景気対策と住宅事情
  29. 少子化と住宅事情
  30. ライフサイクルと住宅事情
  31. 住宅不況考
  32. オール電化住宅
  33. 礼金の不思議
  34. 別荘は無駄?
  35. 無意味な保証協会(信用保証会社)
  36. リフォーム会社選び
  37. 健康住宅の定義
  38. 田舎暮らしはお金がかかる
  39. 住宅ローンの落とし穴
  40. 住宅取得減税の愚作
  41. 新築住宅と太陽光発電
  42. 住宅ローンのリスケ交渉
  43. マイホーム返上・競売・差し押さえ
  44. 二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
  45. 任意売却のトラブル
  46. 住宅ローン破産とホームレス
  47. 燃料電池とは
  48. 建て売り住宅とお祓い効果
  49. 二世帯住宅の問題とか
  50. 不動産の資産価値を考える
  51. ライフスタイルと住居
  52. 住宅の空き家率とアパート経営
  53. 住宅購入と総額表示と諸経費
  54. リフォームの営業方法
  55. 賃貸住宅の更新料無効の判決
  56. 住宅ローン破産と地価
  57. 住宅取得減税と住宅ローン破産
  58. 不動産私募ファンドとは危険な存在?
  59. 自分で外壁の塗り替え
  60. 地震対策について考える
  61. オール電化と日照権
  62. 直流家電と太陽光発電
  63. 戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
  64. 省エネ家電
  65. 住宅着工件数
  66. 不動産を高く売る方法について考える
  67. 失敗しない住宅リフォーム
  68. 敷金・礼金の問題
  69. ユニバーサルデザイン住宅
  70. 注文建築VS建売住宅
  71. 地震に弱い家
  72. バリアフリー住宅
  73. 地図から不動産検索

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る