スポンサードリンク

新築住宅、地鎮祭について考える
古くから日本に伝わる風習ですが建て売り住宅が増えてくると少なくなって来ますよね、まあ氏神様もとっくに日本に見切りを付けて何処かに雲隠れしてしまっているって噂も聞きますし、それよりももっと耐久性の高い住宅を供給してくれないと住宅ローン完済前に家がボロボロになってしまったって話も良く聞きますからね。

社団法人住宅住宅保障機構の住宅性能保障について
諸々の建築に関する問題解決になるのでしょうか、なにせ国による建築確認申請とかやっていても姉歯一級建築士による耐震強度偽装事件なんて事が発生しているので有りまして、コスト削減を考えて居る業者は沢山居ますし販売競争に勝ち残るには何をやるか分かったものでは無いですからね。

耐震性は柱より筋交いなのです。
実際には木造建築の場合は柱の太さよりも筋交いが耐震性に関係するのですが、一般の施主さんにそんな部分をPRするよりも、柱が太いって宣伝した方が何だか地震に対抗できるような雰囲気が出てしまうので有りまして、窓を多くして採光が最優先の設計で筋交いが少なくなって耐震性のがギリギリだったりしてしまうのではないでしょうか。

間取りは自分で考える、間取り作成ソフト
かなり有名になってきましてパソコンが有れば自分で間取りを考えられるのですが、まあ余り素人の施主さんが設計に口出しするのもどうかと思いますし、その事で夫婦喧嘩に発展して家が完成するのと同時に離婚になっても困りますよね。

建築中に工務店が倒産
実際に事例は山ほど有るのですが、どんな工務店やハウスメーカーに聞いても当社は大丈夫、絶対に倒産なんか致しませんって言い始めますし、その手の危ない工務店ほど完成保障に加盟していないのでありまして、家は出来ないのに多額の住宅ローンだけが残ってしまうって悲惨な目に会う被害者は減らないのです。

木造住宅の寿命
高温多湿の気候なので短くなってしまうのも分かりますが、15年で査定額ゼロだとか15年住んだ状態では何もリフォームしていなければボロボロで住むのも難しいような状態まで劣化が進む日本の木造住宅の耐久性には大いに問題が有ると思いますし、その辺りを置いておいて住宅取得促進に力を入れるのは問題ですよね。

建前(たてまえ)とは
廃れつつ有る古き良き風習ですよね、近所の人に祝って貰うとかお菓子や小銭で少々のお裾分けって意味合いもあったと思いますが、最近は建前をやってもどうせ近所の人が集まってくる事も少ないと思いますし、大工さんもサラリーマン化しているとも聞きますし、飲酒運転は絶対にしてはいけないので建前って風習はどんどん減ってくるのでしょうね。

自宅の住宅模型の制作
バブル全盛期の頃は個人住宅でも模型を作ったりしていましたよね、ただ最近は3DグラフィックですとかCADn技術がもの凄く進化致しましたので、画面内でウォークスルーが出来るとか仮想空間に家具を置けるとか更に進歩を遂げているのです。

住宅設計と風水について
いつの間にか一定のファン?を獲得した風水の話ですが、中国本土から何時の間にか伝わって参りまして、最近では住宅建築設計に風水の考え方を取り入れた一般住宅はそれほど珍しい事でもなくなって参りまして、個人的には本当に効果が有るのかどうかが知りたいところです。

不動産不況
経済の原則として定期的にやってくるのですが住宅建設は不況の影響をもろにしかも真っ先に受ける部類なのですが、反面、他の業種や産業と違って景気対策としても必ずと言って良いほど出てくるので有りまして、直ぐに住宅取得控除が始まるのでありまして、不況の時こそ買い時ではないですよね。

高気密住宅
換気をしっかり出来る構造じゃないと大変な事になるのです、つまり機密性が高ければ高いほど換気とか空気の循環に注意を払いませんと結露でカビだらけのカビとダニの楽園が出来上ってしまうのでありまして、おいそれと買い替えも改築も出来ませんら事前の確認やチェックは必須なのです。

地震対策
一説によりますと日本列島は地震の巣の上に乗っているようなものですから家を建てる時は地震が定期的にやってくるって前提で設計されているはずなのですが、結局は地震対策無しで倒れやすい家具を配置したりして、被害を受けたりするのですよね。

新築と中古物件どちらが得か?
行政の政策はどちらかと言いますと新築住宅を買いなさいって感じになっていますが、日本家屋の耐久性の低さはかなり問題有りだと思うので有りまして、そうやってせっせと30年後には巨大なゴミになる建築物を建てるのはそろそろ卒業する時期に来ているのでは無いでしょうか。

マンションの崩壊
住民の高齢化や空き部屋が目立つマンションが全国的に増えているそうですね、中にはスラム化と呼ばれるほど荒廃が進んでいる場所もあるそうで、かといって権利が複数にまたがっていたり多額の費用がネックになったりして有効な解決策が見つからなかったりしているのです。

地鎮祭とは
果たして本当の意味を分かっている人はどの位の割合なのでしょうか?一応土地の神様、地元の氏神様に断りを入れるって事になると思いますが、そういう事をやっている割に道ばたにゴミを捨てて平気な人も中にはいますよね。

建築確認申請とは
多少は意味があるのでしょうが、申請が通ったから安心とは言えないようですね、三匹の子ブタの二人のお兄さんは藁と木で家を造って狼に簡単に破壊されてしましたけど、伊集院さんによりますとあれは姉歯先生が設計してヒューザーが販売した物件なのだそうです。

二世帯住宅とは
二世帯住宅と名が付けば何でも一緒ではないのですし、冷静に考えますとやがて親の世代は先に旅立ってしまうのでありまして、一応はライフサイクルと言いますか、人生設計まで絡んでくるのであります。

手抜き工事
度々話題になりますが、一向に無くならないのですよね、いくら施主が注意したって目に見えないところは専門家でも簡単には手抜きを見抜けませんし、ましてや素人の施主には手を抜かれようと、材料の質を落とされようと築後何年か経過してぼろが出てみないと気が付かなかったりするのです。

住宅寿命と水捌け
湿気は建物にボディブローのように大きなダメージを与えて住宅寿命に大きな影響を与えるのですが、これから家を建てる場所の水捌けよりも立地条件とか周りの環境とか駅からの距離が最優先事項で、水捌けは二の次もしくは眼中にない施主が多いのでは無いでしょうか。

オール電化住宅の損益分岐点
実際の所、本当に元が取れてエコロジーに貢献しているのでしょうか?太陽電池にも寿命があるそうですし家電まで対応品に買い替えるとしますと、予定通りに事が運んだとしても十数年かかって元を取るのでありまして、金利まで考えて果たしてお得なのでしょうか?

欠陥住宅への対応方法
幾ら報道されても欠陥住宅は無くならないのは何故でしょうか?まあ見てくれに騙される建築主がいて、利益第一主義の工務店やハウスメーカーが存在して、行政の甘い検査態勢の3つが無くならないから欠陥住宅がどんどん出来上ってくるのでしょうね。

手抜き工事しないと利益が出ない?
手っ取り早く利益を出す方法が手抜き工事だったり致しますが、販売価格が下落して安くないと売れないって事になりますと、手抜き工事するか倒産して多くの人に迷惑をかけるかといった究極の選択になってしまう場合も有るのでは無いでしょうか。

住宅ローンの問題点
住宅ローンと言っても所詮は借金ですし、金額が高額で問題も有るのです、特に連帯保証人制度には大きな問題が有ると思いますし、担保設定する査定能力なんてものは最初から存在しないので有りまして、そういった住宅ローンの問題は全て債務者にのしかかって来るので有ります。

子供部屋
一昔前には子供専用の部屋が必要かどうかって議論が有ったような気も致しますが、何時の間にか子供には独立した部屋を与えるのが当たり前になりまして、次は低所得者が日本に増えて来た関係上、雑魚寝の家庭も復活してきているのでは無いでしょうか。

地盤調査と欠陥住宅
全ての建築物は地面の上に建築されていますから、地盤調査をおろそかにしてはいけないのですが、ぎりぎりの状態で住宅ローンを限度一杯まで組んでしまう人も未だに多いようですから、余り余計な費用もかける事が出来なかったり致しまして、地盤調査は割愛って事が普通ですよね。

不動産を値切る(値引き交渉)
実際に成功した例も多いのですから駄目で元々、どんどん値引き交渉すれば良いのです、一寸勇気を出して30分交渉しただけで100万円以上の値引きに成功したなんて事例は山ほど有るのでありまして、その分手元に残ればもの凄く有り難いですよね。

土地の価格と周辺環境
土地の価格や価値なんてものは大部分が周辺環境で決定されますので、よく調べる必要が有るのですが、不動産会社の営業マンに周到に考えられた道を通って現地に案内されましたら、他に目がいかない事も結構有りまして、冷静になって辺りを見回す事も時には必要ですよね。

景気対策と住宅事情
住宅が売れると経済効果が大きくて波及効果もありますから、すぐに景気対策に使われますが、どうなのでしょうか?新築物件よりも住むところもないような人への支援や対策をしませんと、やがて大きな社会不安要素になってしまうのでは無いでしょうか?

少子化と住宅事情
子供の数が減ると人口が減ってきて世帯数が減って住宅需要もやはり減るのは誰が考えてもそうなりますよね、つまりどんどん家やマンションを造っても、やがて住む人が減ってくれば空き家や空き部屋が増えますし、値段も驚くほど下がるのではないでしょうか。

ライフサイクルと住宅事情
人生楽ありゃ苦もありますが、住宅を考えるって事はライフサイクルを考えるって事ですよね、サザエさん一家のように年も取らなければ基本的に家族構成も不変でしたら何も考えなくて良いのですが、子供は直ぐに大きくなって独立しますし、年配者からあの世に旅立っていくのは当たり前の話なのです。

住宅不況考
景気が悪くて先行きが見えなくてしかも政治が混迷している状況では誰も住宅を買わないのですが、景気刺激策押してお約束のように住宅取得現在が出てきて一般庶民を住宅ローンで縛り付けようとするのですが、他にやる事が有ると思います。

オール電化住宅
何か一つだけに完全に頼ってしまうのもどうかとは思いますし、薪で火をおこして飯も炊けない人ばかりになってしまうのでは無いでしょうか?但し、化石燃料もいつかは燃え尽きてしまいますので最後に残る強力なエネルギーは電気って事になるのかもですね。

礼金の不思議
江戸時代のように大家さんが店子の責任を連帯で負うって事なら礼金を支払う意味があると思いますが、今は時代錯誤では無いでしょうか?逆に言えばお客は入居者ですから菓子折持って入居者に挨拶に来るのは大家のほうですよね。

別荘は無駄?
時には見栄を張る事も必要かもしれませんし、無駄なお金が使えるのは富裕層の特権だとは思いますが、金の使い方を知らないとも言えますよね。

無意味な保証協会(信用保証会社)
銀行で住宅ローンを組む際に保証協会の保証を求められる事が多いのですが、あれは借りる人の為でも何でもなくて100%銀行の為に余分なお金を取られるに過ぎないのです。

リフォーム会社選び
過当競争とは言いません、けど業者が乱立していてまさに悪徳リフォーム業者も沢山存在するのが現実でして、油断できない業界なのですが頻繁に利用する所では無いので悪徳業者が活躍する下地があるのだと思います。

健康住宅の定義
どうも調べた範囲では健康住宅に明確な定義や規定は無いらしいので、今までと全く同じで壁紙替えただけで健康住宅を名乗っても年の問題もないそうですね。

田舎暮らしはお金がかかる
定年退職後は空気の綺麗な田舎に引っ込んで家庭菜園でもやりながら悠々自適の生活を夢見るお父さんも多いのでは無いかと思いますが、不便な生活を覚悟する必要が有りますし予想以上にお金がかかったりしますし、運悪く限界集落にでもなってしまったら生活そのものが成り立たなくなってしまうのです。

住宅ローンの落とし穴
はっきり言って会社の平均寿命が20年とか長くて30年と言われる中で、住宅ローンが25年なんてのは客観的に考えれば、無謀と言っても構わないのでありますが、その辺りは銀行を始めとした金融機関もしっかり考えて居るのでありまして、しっかり担保設定して連帯保証人や保証協会で損が出ないようにしているのですが、個人に対する安全弁は無いに等しいのです。

住宅取得減税の愚作
他に考えることはないのかと思ってしまうほど、景気対策と言えば庶民の住宅取得を促進するって名目で、多くの人を住宅ローンへと追い立てるのでありますが、まぁ一番儲るのは銀行と不動産関連の業界で、庶民に関してはどうなのでしょうかね?

新築住宅と太陽光発電
えっとホントはね、屋根の上に太陽光発電のユニットを乗せるとその重さで耐震性能は変化しますし、電気配線もやり直す必要が有るのですが、どうもその辺りは曖昧なまま訪問販売の太陽光発電業者が大手を振っているのですよね。

住宅ローンのリスケ交渉
やっと念願の我が家を手に入れたって喜んでもそこからが長い長い苦労の始まりで、住宅ローンを完済するまで決して心は安まりません、何て書いてしまいましたら大げさでしょうかね?

マイホーム返上・競売・差し押さえ
景気後退の影響は様々なところに時にタイムラグを伴って現れて来ますけど、住宅ローンが払えなくなって差し押さえや競売にかけられてしまう人が倍増しているのだそうで、しかも今後更に増える可能性が高いのです。

二世帯住宅と親子二世代住宅ローンの問題
不動産の値段が右肩上がり一本槍で資産価値の下落もなく、しかも固定資産税の負担も少なければ親子二世代ローンも有りかと思いますけど、個人的には結構リスクが高いような気が致しますよね。

任意売却のトラブル
まぁ不動産業界全体は冬の時代と言いますか物件が動かない大不況なんですけど、競売とか任意売却の世界だけは活況を呈しているわけですけどいろんな業者が新規参入してきてトラブルも急増なんだそうですね。

住宅ローン破産とホームレス
済む家を失うって事は文字通り帰る場所も寝る場所も無くなってしまうので有りまして、住宅ローンによる破産件数はこれからも増加すると予測されますが、はっきり言って国による救済なんて無いに等しいのですよね。

燃料電池とは
最初は使い終わったら燃料として燃やせる乾電池かと思いましたけど、実際は燃料を補給する事によって発電できる電池だって事が調査によって解明されたのであります。

建て売り住宅とお祓い効果
気にする人はもの凄く拘りますし、反対に無頓着な人は一切気にしないので有りますけど、どちらかと言いますと全然気にしないほうが平穏無事に生活できるような気がするので有りますね。

二世帯住宅の問題とか
まずね、私の知る限り昭和の時代までは大家族とか2世代3世代が同じ屋根の下に暮らす何て事はごく普通に行われて居た事で、とりたてて2世帯住宅とかを建築しなくても、まぁそれなりに多人数が暮らす家が結構有ったと思いますが、特に都心部を中心に何時の間にか二世帯住宅って言葉が定着してきて、2世代以上の同居は二世帯住宅が必要かなって思う人も何故か増えて来たのが現実では無いでしょうか?

不動産の資産価値を考える
その不動産ってのがそもそも資産価値になるのだろうかって少々おかしな疑問から始まっているのですけど、現金資産でしたら誰が持っていても銀行に預金しておけば、多少は利息が付きますし、金銀ダイヤモンドなどの宝石の類でしたら価格変動の波はありますが、まぁ金の延べ棒に固定資産税がかかるって話は聞いた事がないので、維持費に関しては少々の保管場所だけで大丈夫だと思いますけど、土地だけはどうも資産として持つには少々不利な面が多いのでは無いでしょうかね?

ライフスタイルと住居
家を建てるきっかけの一つに子供が生まれたからとか、子供が大きくなってきて独立した勉強部屋を持たせたいからって場合が少なく無いかと思いますが、どうも色々考えますと同居する家族の数なんてのは変動が激しくて、家を建てても後になって無駄なスペースと固定資産税が発生しているだけって感じもありますよね。

住宅の空き家率とアパート経営
資産としての土地の有効活用って考え方は通用しないのでは無いかと最近になって確信しているのですけど、何でも住宅の空き家率が過去最高の13%に達してしまったのだそうでして、空き家率の高い山梨県や長野県では20%前後ですから、五軒に1軒は空き家って事になりますし、比較的空き家率が低い埼玉県や神奈川県でも10%以上の空き家率があるわけですから、はっきり言ってこれから家を新築して25年ローンを組むだとか、ましてや投資目的のマンションとか資産運用名目でアパートを建設するなんてのは私に言わせれば正気の沙汰とは思えないのでありまして、今からアパート経営なんて事を考えて居る人は考え直したほうが良いと思いますよ。

住宅購入と総額表示と諸経費
私も過去に2回ですが注文建築で住宅を建てた経験が有りますけど、引っ越し代を別にしましてもとにかく住宅そのものの売買代金以外に様々な出費が多くて、何だかんだと予想外の出費が10万円単位で出て参りまして、中には新居に入居する頃には経済的にかなり危ない状態になってしまた人もいらっしゃるのでは無いでしょうかね?

リフォームの営業方法
私の住む木造二階建ての家も築15年が経過して、雨漏りはしないまでも屋根のコロニアルはすっかり色あせて、真っ黒だった色がグレーのまだらになってしまっていますし、壁にひび割れが出来てどうにも見た目は汚らしくなってしまっていまして、お陰でリフォーム会社の営業マンにとっては格好のターゲットに映るらしく、日曜日になると頻繁に壁の塗り替え業者を中心に営業マンの訪問が始まるわけですが、不思議な事にこの家を建てた工務店や不動産会社の方は全く訪問がないのですよね。

賃貸住宅の更新料無効の判決
結構報道で大きく取り上げられましたのでご存じ又は記憶されている人も大勢いらっしゃると思いますが、賃貸住宅の更新料を徴収するのは違法って事で大家(家主)に更新料の返還命令の判決が京都地裁で出たようですが今回のコラムではそんな事について書いて見ようと思います。

住宅ローン破産と地価
えっと小学校で習ったのかそれとも中学生になってから習ったのかはすっかり忘れてしまいましたけど、需要と供給の関係ってのがあって物の値段は需要が多くて供給量が追いつかないと上昇して、逆に供給過剰で需要が供給量に対して少ない場合には価格は下落するって経済の原則を習った気が致しますが、そーゆー原理を土地や不動産に当てはめて考えて見ますとそう考えても地価はどんどん下落していかないとおかしいって事について今回は書いて見ようと思います。

住宅取得減税と住宅ローン破産
自民党時代から景気対策の最有力と言いますか何かというと出てくるのが住宅取得控除ってやつで、乗せられてマイホームを購入した人は何年間か税金を控除してあげますよってやつなのですが、考え方とすれば住宅産業はすそ野が広いですから景気対策に有効なのでしょうけど、なんだかそのおかげで今になって住宅ローン破産に陥ってしまう人が急増するような気がいたしますね。

不動産私募ファンドとは危険な存在?
どうも様々な事業によりまして投資家から資金を集めて私に言わせれば他人の褌で勝負しようって感じでお金を集めているところが有るようで、最近プライベートファンドとも言われます不動産私募ファンド関係の広告を良く見かけますので今回のコラムではその事について書いてみようと思います。

自分で外壁の塗り替え
アメリカ人は定期的に自宅の壁の塗り替えを休日の楽しみとして自分でペンキを買ってきて楽しむイメージが有りますし、ヨーロッパは石で出来た外壁が多いので外壁の塗り替えなど不要って固定観念が有るのですけど、住んでいる家が10年も経過致しますと外壁が随分と傷ん出来まして、それがリフォーム会社の営業マンを呼び寄せるようなので有りまして月に一回はその手の営業マンの訪問を受けるのであります。

地震対策について考える
なんだか地球が怒りを表現しているようで地球上の各地で大規模な自身が頻発している昨今ですが、今回のコラムは地震対策について私なりに考えてみようと思います。

オール電化と日照権
オール電化住宅とは太陽光発電を中心にガスを使わないで家の中の全てのエネルギー供給を電気力エネルギーで行う住宅の事ですが、今回のコラムではそえに絡めまして日照権の事について思うところを書いてみると致します。

直流家電と太陽光発電
小学校に入って初めて電気について教わるのは乾電池と豆電球を使った実験だったと思いますが、あれはプラスから電気が出てきてマイナスに戻ってくるのですからとても分かりやすかったのですが、交流になるとなんどか良く分からないけどそーゆーものだろうって納得している人も多いのでは無いでしょうかね?

戸建て住宅とランニングコスト(維持費用)
憧れのマイホームって言葉はまだ存在してると思いますが、今回のコラムでは戸建住宅の維持費用について考えてみたいと思います。

省エネ家電
家電業界ってのはブームとか牽引役ってのをいつも求めている業界のような気が致しましが、それはエアコンであったり大型テレビであったりDVDレコーダーであったり時代とともに移り変わって行くのでありますが、どうやら最近は省エネ家電とかエコ商品関連にシフトしているようですよね。

住宅着工件数
2009年の住宅着工件数は100万戸割れが確実な情勢で、たぶん2010年の住宅着工件数が盛り返すようには思えませんから、ハウスメーカーですとか工務店などの関連業種は今後淘汰が進むのではないかと思いますが、そもそも日本の住宅は高すぎるし耐久性が低すぎるのが問題だと思いますね。

不動産を高く売る方法について考える
たぶん平成10年くらいで頭が止まってしまっている場合は理解出来ないかもしれませんが、その年代くらいまでは土地ってのは狭い国土の日本でしかも人口が一億人もいるのだから、不動産ってのは購入した価格よりも高く売れるのが当たり前で、マンションにしたって立地条件がよほど悪くない限りそれほど資産価値の低下は考えられなかった時代がとっくに終わりまして、不動産てのは値下がるのも当たり前の時代になってしまったようですね?

失敗しない住宅リフォーム
一口に住宅リフォームといっても、屋根の葺き替え、外壁塗装、キッチンに新しいシステムキッチンを入れるとか、浴室の浴槽を変えてシャワーを付けるとか、 床をフローリングに変更するとか、カーポートを取り付ける、外溝工事やら実に様々な、住宅工事が住宅リフォームのひとくくりに出来てしまいます。

敷金・礼金の問題
あなたが、現在アパートとか賃貸マンションに住んでいて、手狭になったからと新しいアパートや賃貸マンションを探そうとすると出てくるのが敷金と礼金の問 題である。

ユニバーサルデザイン住宅
デザインて言葉から想像すると見た目とか文字通りにデザインが頭に浮かんでしまいますが、これにユニバーサルって言葉がくっつきますと違う意味になるのでありまして、今回のコラムではユニバーサルデザイン住宅について考えてみようと思います。

注文建築VS建売住宅
今回のコラムでは新築住宅を購入する際に注文住宅と建売住宅の二種類について勝手なことを書いてみようと思います。

地震に弱い家
家を買うならひろびろとした間取りで、窓は大きくて余計な壁が無くて住みやすさを最優先にって事になる場合が多いのだろと思いますけど、今回のコラムでは地震に弱い家について考えてみたいと思います。

バリアフリー住宅
私がまだ建築CADの営業マンだった頃に確かバリアフリー住宅って言葉とか設計が出てきたと思いますけど、バリアフリーとはつまりバリア(障害や障壁)が無い住宅だよって事でお年寄りや障害者が住みやすい住宅って事ですよね?

地図から不動産検索
一体どこからその力が湧いてくるのか不明ですが、Googleが地図検索に今度は不動産物件検索を搭載したことが話題になってますね。

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る