スポンサードリンク

飲食店の集客と立地条件

私の良く通る道端に何度も飲食店が入れ替わっている店舗がござまして、折角開業したのに集客状況が芳しくなくて何度も店舗が入れ替わっている所って結構多くないですか?

これはどこでも言われることですけど特に飲食店の場合におきまして集客力を左右するたぶん一番大きな要素としてあげられる立地条件(ロケーション)の問題が一番大きいと思うのですけど、店構えが立派でテナント料が安いからなのか、少々立地条件が悪くても味と値段で勝負出来ると考えたのか入れ替わり立ち代り店がオープン致しまして死屍累々な貸し店舗は全国にたくさん存在していると思います。

でね、どこかで飲食店を経営していて客の入りが良くて売上好調なので、まぁうちの店の商品や味で充分にお客を呼べるって判断致しまして、多店舗展開や場合によってはチェーン展開をしたところ、どうも新たに出店した店舗は何年頑張ってもさっぱりお客がつかなくて軌道に乗らないまま撤退してしまうなんて事もあると思います。

この原因は人材育成ですとか店舗管理ですとか色々と理由が有ると思いますけど、中には流行っていた既存店は別に提供するメニューの良さで客さんが来てくれていたわけじゃなくて、単に立地条件が良くて集客出来ていたことに気がつかなかったなんて事も有るのでは無いでしょうかね?

もちろん一度利用したら絶対に再び利用したくなるようなお店も確かに有りますけど、それほどこだわりが有る人は日本には少なくて単に通りがかりに存在するからとか、近所だからって理由のほうが多いような気が致します。

逆に少々(ですよ)飲食店の場合は味やサービスが悪くても立地条件が良ければそれなりに来客が見込めると思いますし、通り道に有るって事もかなり強力な集客要素になってくるのですよね?

ですから多店舗展開をしている大手の飲食チェーン店では専門の部署が有りまして、新たに出店を計画する前に入念に周囲の人口ですとか人の流れですとか、ライバル店舗になりうるお店の状況ですとか場合によっては世帯収入が高い地域かどうかまで調べるのですよね?

思うに資金的な余裕が有ればの話ですけど、どうも頑張って飲食店を経営しているのだけど全然お客がこないし流行らないので、メニューを考え直してみたり価格を下げてみても一向に客足は伸びないし、味もそれほど他の店と見劣りがするわけでもないって感じで、集客方法の決め手が考えつかない場合には思い切って移転してしまうって方法も有るのでは無いでしょうかね?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 不景気対策とイベント
  2. 縁日
  3. 射的のコツ
  4. ヒーローショー
  5. 文化祭
  6. イベント用品レンタル
  7. ふれあい祭り
  8. イベントとコミュニケーション
  9. 運動会の企画と準備
  10. 屋台のレンタル
  11. やらせと演出の違い
  12. 不況とキャンペーンの関係
  13. 綿飴(綿菓子)の話
  14. 記念行事
  15. やりっ放しは何もしないよりまだ悪い
  16. 集客イベントについて
  17. エコ替えの失敗
  18. 逆チョコ(バレンタインデー)
  19. 自画自賛について
  20. 逆効果のキャンペーン
  21. 現金のプレゼント
  22. イベント用品レンタルは儲るか?
  23. キャンプ用品のレンタル
  24. エコイベント
  25. 企業・会社の運動会
  26. 輪投げのコツ
  27. 飛び込み営業とキャンペーン
  28. イベント内容と集客の関係
  29. 模擬店だらけの学園祭
  30. 安く感じさせるテクニック販売手法
  31. 町おこしとイベントの関係
  32. 初年度年会費無料キャンペーンについて考える
  33. 内容量増量キャンペーン
  34. オープン懸賞と限度額
  35. クローズド懸賞の限度額
  36. キャンペーンと人材派遣会社
  37. 吉野家のキャンペーン
  38. コカコーラとペプシコーラのキャンペーン
  39. キャンペーンとミスタードーナッツ
  40. 営業支援とキャンペーンの関係
  41. 販売促進
  42. 社内キャンペーン
  43. キャンペーンは検証が重要
  44. お友達紹介キャンペーンについて
  45. 新規顧客開拓
  46. キャンペーン症候群
  47. 銀行の金利優遇キャンペーン
  48. 売上げ低下に対する対策
  49. 飲食店の集客と立地条件
  50. 夏祭り縁日
  51. コカコーラのビン
  52. 逆もまた真なり
  53. 成功したキャンペーン事例

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る