スポンサードリンク

初年度年会費無料キャンペーンについて考える

クレジットカードの新規入会者獲得の為に初年度年会費無料キャンペーンをやっているクレジットカード会社は実に多いと思いませんか?

最近のクレジットカードの場合、年会費永久無料が多く出てきまして、、初年度だけ年会費無料で翌年から年会費の支払いが発生するの であれば、年会費永久無料のほうが入会したくなるのであります。

じゃあ何処のクレジットカードも年会費無料にすれば良いかといいますと、経営上それが不可能な場合もあるのでしょう。

年会費無しではサービスの提供が出来ないし、それを言っていては新規加入者の獲得も難しいし、既存の会員も他社に取られてしまうの で、仕方がないので初年度年会費無料キャンペーンをやっているような気が致します。

只、年会費が必要なクレジットカードでもそれを補って余りあるサービスが付属していればそれはそれで良いのですが、ポイント還元で すとか、保険が付いているとか、JAFのようなロードサービスが付いているとか年会費永久無料のカードでも調べれば結構付いていたりするものですから、年 会費初年度無料キャンペーンの分が悪いのであります。

私の予想としては、クレジットカードの市場全体が徐々に年会費永久無料勢が勢力を拡大してきまして一部のハイクラスのクレジット カードを除いて年会費必要カードは減ってくるのではないでしょうか?

実は年会費永久無料に関しても若干の不満を持っていますので、ついでに書いてしまおうと思います。

私の会社ではガソリンや備品などの購入を法人クレジットを使っているのですが、法人用のクレジットカードで年会費永久無料はおろ か、初年度年会費無料もないのです。

普通に考えれば、個人が使うクレジットカード決済よりも法人向けのクレジットの決済のほうが、断然使う金額が多いのでは無いでしょ うか?
※私の会社でも20万円以上の決済が有ります。

つまり、法人向けのクレジットカードのほうが大口のお得意様になる確率が高いので有りまして、さらに個人のクレジットカードのよう に何枚も作ったり、メインのクレジットカードを頻繁に変更したりしませんので、個人のお客以上に法人クレジットカードのお客のほうが利益に貢献するのでは ないかと思います。

クレジットカードの発行会社の皆様にはこの辺りの改善を望みたいと、切に願っているのであります。

※○天クレジットに法人で申し込みをしようと思いましたが法人では申し込みできませんでした。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 不景気対策とイベント
  2. 縁日
  3. 射的のコツ
  4. ヒーローショー
  5. 文化祭
  6. イベント用品レンタル
  7. ふれあい祭り
  8. イベントとコミュニケーション
  9. 運動会の企画と準備
  10. 屋台のレンタル
  11. やらせと演出の違い
  12. 不況とキャンペーンの関係
  13. 綿飴(綿菓子)の話
  14. 記念行事
  15. やりっ放しは何もしないよりまだ悪い
  16. 集客イベントについて
  17. エコ替えの失敗
  18. 逆チョコ(バレンタインデー)
  19. 自画自賛について
  20. 逆効果のキャンペーン
  21. 現金のプレゼント
  22. イベント用品レンタルは儲るか?
  23. キャンプ用品のレンタル
  24. エコイベント
  25. 企業・会社の運動会
  26. 輪投げのコツ
  27. 飛び込み営業とキャンペーン
  28. イベント内容と集客の関係
  29. 模擬店だらけの学園祭
  30. 安く感じさせるテクニック販売手法
  31. 町おこしとイベントの関係
  32. 初年度年会費無料キャンペーンについて考える
  33. 内容量増量キャンペーン
  34. オープン懸賞と限度額
  35. クローズド懸賞の限度額
  36. キャンペーンと人材派遣会社
  37. 吉野家のキャンペーン
  38. コカコーラとペプシコーラのキャンペーン
  39. キャンペーンとミスタードーナッツ
  40. 営業支援とキャンペーンの関係
  41. 販売促進
  42. 社内キャンペーン
  43. キャンペーンは検証が重要
  44. お友達紹介キャンペーンについて
  45. 新規顧客開拓
  46. キャンペーン症候群
  47. 銀行の金利優遇キャンペーン
  48. 売上げ低下に対する対策
  49. 飲食店の集客と立地条件
  50. 夏祭り縁日
  51. コカコーラのビン
  52. 逆もまた真なり
  53. 成功したキャンペーン事例

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る