スポンサードリンク

借金の時効

時が解決してくれる問題は心の問題だけでなく、借金も又時が経てば事項が成立してしまうので有りまして、別に借金の踏み倒しを推奨する気は一切無いのですが、どうしても返せないで夜逃げなどをしてしまった場合、時が経てば社会に戻ってくる事が出来るので有ります。

勿論、借金の時効が成立しても親しい友人や善意の債権者に対しては、無理のない範囲で返済を行う事は人間としての務めだと思います。

では具体的に借金の時効が成立するのには、どの位の期間が必要なのかを調べてみましたが、それによりますと借金の時効は基本的に5年と私の思っていたようりも随分短いので有りますが、もう少し具体的に時効が成立する5年について考えてみますと、少々条件が有ります。

簡単に書きますと支払日、または支払予定日から起算して5年間になっていまして、借金した日がいつで有ろうと、返済予定日から5年で有りまして、特に返済期限の定めがなかった場合は、最後に支払った日から5年になりまして、借金してから、一回も返済をしていなかった場合ですと借りた翌日から起算して5年になります。

つまり5年間支払いをしなければ時効が成立する事になりますが、途中で少額でも支払うと最終支払日から再度起算して5年後になりますし、時効成立前に裁判を起こされたり、債務の確認の書類に捺印したり致しますと、時効成立の期限は先に伸びる事になります。

まあつまり夜逃げしてしまって、5年間ひっそりと債権者から隠れてしまえば、借金がチャラになってしまうのですが、債権者にとっては簡単に時効にされてしまったら、困りますので色々と手を尽くす事になる訳です。

最近になりまして、個人も企業も再生法、特定調停、サービサーや自己破産、無料法律相談窓口の充実など、借金問題や多重債務の解決に向けた法整備や支援体制も充実してきていますので、時効をあてにして夜逃げですとか、姿を隠すす事は、得策でなような気が致します。

追伸
法律の定めでは債権の時効は10年ですが、民法や商法では、短い期間で時効が成立する場合があります。(短期消滅時効)

短期消滅時効例(抜粋)

5年
年金・恩給・扶助料・地代・利息・賃借料(169条)
財産管理に関する親子間の債権(832条)
商事債権(商法第522条)
労働者の退職手当(労働基準法第115条後段)

3年
医師・助産師・薬剤師の医療・助産・調剤に関する債権(170条第1号)
技師・棟梁・請負人の工事に関する債権 工事終了のときから(170条第2号)
弁護士・弁護士法人・公証人の職務に関して受け取った書類についての義務に対する権利(171条)
不法行為に基づく損害賠償請求権 損害および加害者を知ったときから(724条、製造物責任法第5条)
為替手形の所持人から引受人に対する請求権(手形法第70条第1項)
約束手形の所持人から振出人に対する請求権(手形法第77条第1項第8号、なお、同法第78条第1項参照)
2年
弁護士・弁護士法人・公証人の職務に関する債権(172条)
生産者・卸売または小売商人の売掛代金債権(173条第1号)
居職人・製造人の仕事に関する債権(173条第2号)
学芸・技能の教育者の教育・衣食・寄宿に関する債権(173条第3号)
詐害行為取消権:債権者が取消しの原因を知った時から(426条)
遺留分減殺(げんさい)請求権:相続開始および減殺請求権があったことを知ったときから(1042条)
労働者の賃金(退職手当を除く)・災害補償その他の請求権(労働基準法第115条前段)
1年(174条は、1年の短期消滅時効についての規定)
月又はこれより短い期間で定めた使用人の給料(174条第1号)
労力者(大工・左官等)・演芸人の賃金ならびにその供給した物の代価(174条第2号)
運送費(174条第3号)
ホテルや旅館の宿泊料・キャバレーや料理店などの飲食料(174条第4号)
貸衣装など動産の損料(174条5号)
売主の担保責任:買主が事実を知った時から(566条)
遺留分減殺請求権:減殺すべき贈与、遺贈があったことを知った時から(1042条)
為替手形の所持人から裏書人や振出人に対する請求権(手形法第70条)
約束手形の所持人から裏書人に対する請求権(手形法第77条第1項第8号)
支払保証をした支払人に対する小切手上の請求権(小切手法第58条)
6ヶ月
約束手形・為替手形の裏書人から他の裏書人や振出人に対する遡求権または請求権(手形法第70条第3項)
小切手所持人・裏書人の、他の裏書人・振出人その他の債務者に対する遡求権(小切手法第51条)


スポンサードリンク

関連コラム

  1. 国の借金と個人の借金
  2. 総量規制対策
  3. はじめに債務超過や返済不能に陥ってしまったら
  4. 住宅ローンが払えない人急増中
  5. 多重債務とは?
  6. リ・スケジュール(リスケ)の交渉方法
  7. 連帯保証人とは
  8. 小規模個人再生
  9. ブラックリストとは
  10. 特定調停とは
  11. 住宅ローン滞納と任意売却
  12. 情報格差と所得格差
  13. 自己破産急増
  14. 借金整理(債務整理)に必要な事
  15. 債務整理方法の色々
  16. 債権放棄(債務カット)の交渉方法
  17. 雇用不安と自己破産件数
  18. 多重債務の原因と外見
  19. 住宅ローンと担保について考える
  20. ノンリコースローンとは
  21. ボーナス払いと自己破産
  22. 格差社会の先に
  23. 金融機関との交渉方法
  24. 金融サービサー(整理回収機構・債権回収会社)
  25. 税金倒産とは
  26. 黒字倒産とは
  27. 多重債務解決と家計簿
  28. 大恐慌の対策
  29. 八起会
  30. 消費者金融コマーシャルの様変わり
  31. ワーキングプアと生活保護
  32. 資金繰り
  33. 資金ショート対策
  34. 連鎖倒産とドミノ現象
  35. 税金と節税対策について
  36. 税金の取り立て
  37. カードキャッシングについての考察
  38. 官製不況と倒産
  39. 生活保護の申請方法
  40. ネットカフェ難民
  41. 見栄と多重債務の相関関係
  42. 株価操作と粉飾決算
  43. 20%の金持ちが富の93%を独占する社会
  44. 貸手責任について
  45. 不況時の身の処し方
  46. 借りやすい=返し難い
  47. 無い者の強み
  48. 官製不況と勤労意欲
  49. ホームレス中学生と支援団体
  50. 利息の引き直し計算方法
  51. お金が絡むと本性が出ます
  52. 借金の時効
  53. 債権の償却とは
  54. 住宅ローンの債務整理
  55. 借金の自転車操業
  56. 連帯保証人制度撤廃の可能性
  57. 債権放棄させる方法
  58. 債権整理屋とは
  59. 借金問題(債務整理)に強い弁護士
  60. 債務圧縮交渉
  61. 与信審査の実態
  62. 稼ぐに追いつく貧乏なし
  63. 種銭
  64. 特定調停の疑問
  65. 浪費削減
  66. クレジットカードで現金化する事
  67. 借金時計と増税への布石
  68. 債務整理ソフト
  69. 債務整理にかかる費用
  70. 損益分岐点
  71. スタグフレーション
  72. 売上の波
  73. 債務保証とは
  74. 自動車不況
  75. 連鎖破産
  76. 自己破産予備軍
  77. 富の再配分
  78. ブラックリスト掲載の確認
  79. 借金踏み倒しの方法
  80. 債権保全方法と差し押さえ
  81. 遊ぶのにお金がかかる
  82. 生活保護申請と最低賃金
  83. 申請主義と借金教育
  84. 借金の事は誰に相談するか?
  85. 倒産回避の具体策
  86. 計画倒産対策と方法
  87. 破産対策と準備
  88. 倒産と連帯保証人
  89. 金策の方法
  90. 過払い金返還と弁護士
  91. バンザイ屋と計画倒産
  92. 住宅ローン支払い不能と不況の影響
  93. 黒字倒産の増加
  94. 自己破産後の生活
  95. 合法的な借金の踏み倒し方法
  96. 黒字倒産と貸し渋り
  97. 夜逃げの方法について考える
  98. 債権の移動や譲渡の問題点
  99. 資産隠しの方法
  100. 任意売却出来ない物件急増中?
  101. 借金増やしちゃ駄目です
  102. 住宅ローンとボーナス払いと自己破産
  103. 自己破産者の職探し(再就職)
  104. 貸金業法改正について
  105. 弁護士のサラ金過払い金返還請求広告
  106. モラトリアム法と借金について考える
  107. 借金とセーフティネット
  108. 年越し資金と借金
  109. サラ金の苦境
  110. 税金滞納対策(税金が払えない)
  111. 過払い金返還ビジネス
  112. 住宅ローン破産
  113. クレジットカードの落とし穴
  114. 住宅ローン滞納、傾向と対策
  115. 改正貸金業法(総量規制)で借金地獄は解消されるか?
  116. ブラックリストの作成方法
  117. 弁護士過剰?
  118. 自己破産者向け融資制度
  119. 借金の時効(2)
  120. 返したくても返せない?奨学金の話
  121. リスケ貧乏
  122. ブラックリスト入りについて考える
  123. 自己破産と金銭感覚
  124. リース料金が支払えない時の対応
  125. 倒産にかかる費用について考える
  126. 倒産と夜逃げの方法について考える
  127. 現金業者と総量規制
  128. 貧困と申請主義と情報格差
  129. 生活保護予備軍の急増
  130. たかが借金されど借金?
  131. 自己破産と資産隠し
  132. 借金の時効について(再)
  133. 総量規制とソフト闇金とは?
  134. クレジット破産と総量規制とリスケ交渉
  135. 日本が破産(国家破綻)する可能性
  136. 債務整理の不思議
  137. どこからもお金を借りられない時の資金調達
  138. (銀行)リスケの交渉方法
  139. 自己破産の方法と弁護士
  140. 会社の生き残り策
  141. 住宅ローンが払えない時
  142. 税金倒産と税金の分割払い
  143. 危険な事業拡大
  144. 東京都が差し押さえ品をネットオークション方式で競売
  145. 器用貧乏とは
  146. 借金を無くす方法
  147. つなぎ融資と総量規制
  148. 保証人斡旋と紹介
  149. 借金について

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る