スポンサードリンク

  1. 国の借金と個人の借金
    ついにと言いますか谷垣総裁の援護射撃によって野田総理はまんまと増税法案を可決させて、さぞや財務省のお偉方にお褒めの言葉を頂いたのでしょうけど、どーもいろいろな情報を集めてみますと国の財政状態は大手マスコミや御用学者が言っている状態とぜんぜん違うようなので、今回のコラムではそんな事を書いてみようかと思います。
  2. 総量規制対策
    いよいよ2011年(平成22年)に開始金業法が改正されて総量規制が完全実施されまして、消費者金融からの借りれは年収の三分の一以下で1社あたりの借り入れが50万円以上の借り入れがある場合は年収の証明が必要となりますが今回はその対策について考えてみようと思います。
  3. はじめに債務超過や返済不能に陥ってしまったら
    一人で悩んでいても何も解決しませんし金利が金利を生んでしまいます、早ければ早いほど打てる手も多いのです、恥や外聞とか見栄が借金問題を解決不能まで拡大してしまうって事は星の数ほど有るようですので、冷静に判断しましょうね。
  4. 住宅ローンが払えない人急増中
    その昔に漫才ブームってのが御座いまして赤信号みんなで渡れば怖くないなんてフレーズが流行ったりした時代もありましたけど、その当時でしたら不動産価格ってのは基本的に右肩上がりの状態でしたから住宅ローンが払えなくなったって住んでいた家を手放せば、多くの場合で住宅ローンの残債は帳消しになりまして、いくらかの現金が手元に残った場合も少なくなかったと思いますが、いつの間には一部の都心部を除きまして不動産価格は下落をしているのでありまして、聞くところによりますと住宅ローンが払えない人、急増中なのだそうですね。
  5. 多重債務とは?
    多重債務にういての概要の説明です。名前は良くマスコミでも出てきますから知っている人も多いと思いますが、多くの人がまさか絶対に自分だけはならないって思っているらしいですね。
  6. リ・スケジュール(リスケ)の交渉方法
    条件変更ともなりますが、支払のスケジュールを組み直して貰って当座の家計を乗り切る方法です、企業などでもリスケによって助かった場合も多いのでは無いでしょうか?
  7. 連帯保証人とは
    批判も多い日本の連帯保証人制度ですが、現実として存在するのですから連帯保証人絡みの債務にも対応が必要です、一部には日本独特の連帯保証人制度を見直そうとか廃止させようって動きも有るらしいのですが、政治家の近くにいてロビー活動を行う金融機関が必死に阻止する動きをするでしょうね。
  8. 小規模個人再生
    近年になって整備されて活用され出した個人の債務者救済の仕組みですが、再スタートとかやり直しなんてのは早ければ早いほどよいですし、こと借金問題に関しては利息や利子が黙っていても債務者を苦しめますからなおさら早い解決に向けた行動が必要なのです。
  9. ブラックリストとは
    ブラックリストに入ってしまったらそれ以上に借金が出来なくなる訳ですから、前向きにとらえても良いのでは無いでしょうか?つまりブラックリスト入りした人にとっても安全装置が働いて新たに借金が出来なくなっただけって考えて行動すれば良いのでは無いでしょうか?
  10. 特定調停とは
    裁判所に申し立てて、専門家のアドバイスを貰いながら、債務の解消について前向きに計画を立てる方法ですが、生兵法は大けがの元って有り難い諺も有る事ですから、借金問題に強い専門家に助言を貰って粛々と進めるのが吉だと思いますよ。
  11. 住宅ローン滞納と任意売却
    住宅ローンの支払いに困った場合に、自宅を手放す事に躊躇しなければ自宅を売却して負債を圧縮する方法ですが、不況で不動産価格、中古マンション価格が下がっていると自宅を処分して借金の支払いに充てても多額の借金だけが残ってしまう場合も有りますので、良く考えて適切な手段を講じる必要が有るのです。
  12. 情報格差と所得格差
    情報の格差が所得格差に結び付いて、所得の格差が収入の格差に現われてしまう事について書いていますが、小泉改革の行き先がこんな社会になると誰が想像したのでしょうか?麻生首相になって見直しの動きが出ていますが、格差社会が改善される兆しは見えてこないのです。
  13. 自己破産急増
    先進国の中でも自己破産者が多いのが今の日本で、そんな事について書いています、伝え聞くところによりますと安易に自己破産に走るモラルハザードが氾濫する一方で使わないで人生にサヨナラしてしまう人も相変わらず多いのです。
  14. 借金整理(債務整理)に必要な事
    債務整理に立ち向かうにあたって必要な事柄を私なりに書いていますが、覚悟を決めて法律相談なり弁護士事務所を訪問する事が一番でしょうね?まあ気持ちをしっかり持っていれば命まで取られる事はありませんし、実は持ってない人のほうがずっと強かったりするのです。
  15. 債務整理方法の色々
    債務整理の方法にも色々有りましてケースバイケースで専門家を上手に活用するのが良いでしょうね?但し怪しげな借金整理屋のような人には絶対に近づいてはいけないのでありまして、下手に行動すると更に状況を悪くしてしまったりするのです。
  16. 債権放棄(債務カット)の交渉方法
    借金問題解決には交渉事の連続ですが、交渉の運び方次第で結果は大きく変わって来るので有りますが、まあ相手も営利目的で動いていますからそれを踏まえてこちらも冷静に交渉を運ぶべきでしょうし、気弱になったりする必要も無いと思いますよ。
  17. 雇用不安と自己破産件数
    雇用状況と自己破産件数は関連しているので有りまして、そんな観点で思うところを書いていますが、一億総中流社会だなんて思っていたら何時の間にか大量の低所得者や多重債務者が氾濫する国になってしまっているのでありまして、一体誰の責任なのでしょうか。
  18. 多重債務の原因と外見
    これはとある関係者から聞いた話を元に多重債務者につて書いていますが、貧しい事が外見からも推測される人よりも、見栄の固まりと言いますか派手な外見で身を固める人のほうが多重債務者になる確率が高いのだそうです。
  19. 住宅ローンと担保について考える
    担保を手放せば解決するほど甘くないのが債務の問題で、銀行の担保査定能力について書いていますが、通常不動産を担保にお金を借りる時には査定額の80%だと言われていますが、住宅ローンが払えない状態になって自宅を処分しても借金fだけが残るって事が良くあるのですよね。
  20. ノンリコースローンとは
    アメリカでは住宅ローンの貸し出しに際して多くがノンリコースローンとなっていまして日本とは大きく状況が違うのです、個人的には査定能力さえしっかりして貰えれば、ノンリコースローンの導入で住宅ローンお支払いに困る人は激減しますし、住宅市場も活性化するのではないでしょうか。
  21. ボーナス払いと自己破産
    ボーナスが必ず支給される保証が無い状態でボーナス払いの高額商品購入は考え直したほうが良いですね、住宅ローンの支払いが滞る人の中には月々の支払いは何とかなってもボーナス払いが払えないって人も不況で増えて来るのでは無いでしょうか。
  22. 格差社会の先に
    格差社会がさらに進むと日本はどうなってしまうのでしょうか?はっきり言って格差が広がった社会を形成する国は二流国家に転落致しますし、底辺の人々が希望を持って躍進する国家は一流国家に向かって進んで行くのです。
  23. 金融機関との交渉方法
    交渉から逃げていたら一向に改善しないのが現実で、しっかり立ち向かう事が後々の幸せを呼ぶのですが、特に借金の返済がちゃんとできない時ってのは嫌な思いもするでしょうが、リスケとか減額交渉とか前向きの人はダメ元でも立ち向かっていくのです。
  24. 金融サービサー(整理回収機構・債権回収会社)
    銀行で回収不能になった債権は債権回収会社に売り渡されるのですから、そこに減額交渉の余地が生まれるので有りまして、生活が維持できる範囲での返済を交渉すれば宜しいのでは無いでしょうか?。
  25. 税金倒産とは
    税金と企業の倒産に纏わる話ですが、はっきり言ってそこいらのサラ金なんかよりも税金とか社会保険のほうがよほどしっかり回収に走るのでありまして、国家権力を使ってでも強制的に回収したりするのです。
  26. 黒字倒産とは
    帳簿上、黒字で有っても手持ちの現金が足りなくなって資金が回転しなければ、個人も企業も破綻してしまうのですが、帳簿上黒字になっていると倒産するって実感が全く無いまま経営に行き詰まって破綻して多くの迷惑をかけてしまう場合も少なく無いのでは無いでしょうか。
  27. 多重債務解決と家計簿
    多重債務や借金問題で苦労しない為の必需品、家計簿なのですが、どうも多重債務に陥る人の大部分は子供の頃にお小遣い帳を付けて居なくて、大人になっても家計簿を記載しない人が圧倒的に多いようですよね。
  28. 大恐慌の対策
    大恐慌の予兆が感じられる今日この頃ですが、いよいよ2009年は本格的な大恐慌に突入して一旦社会をリセットするか、回復に向かうかの瀬戸際に来てしまったようですね。
  29. 八起会
    知る人ぞ知る、借金問題、企業再生のアドバイスの草分け的な団体さんですね、ただお世話にならないで一生を終えるほうが勿論良いので有りまして、知る人ぞ知る存在なのです。
  30. 消費者金融コマーシャルの様変わり
    借金奨励、借りなさいのコマーシャルから随分と様変わりしたものですね、少し前までは深夜のテレビコマーシャルは半分近くがサラ金のコマーシャルだったような気が致します。
  31. ワーキングプアと生活保護
    毎日働いても収入は生活保護者と同じレベルなら誰も働かなくなってしまうのでは無いでしょうか?それにヤーさんの不正受給も相変わらず無くならない反面、勝手に打ち切られちゃう社会的弱者も存在するので有りますね。
  32. 資金繰り
    個人も企業も帳簿上で黒字で有っても実際に現金が足りなければ破綻してしまうのですが、けっこう楽観的な頭の構造の人も少なく無いので有りまして、資金繰りだけはシビアな目で見る必要が有ると思いますね。
  33. 資金ショート対策
    資金ショート対策は早めの発見と対策こそが必要なのですが、何となく現実から目を逸らしてしまったり、そのうち何とかなるだろう何て誰かさんみたいな事を言っている人も多いのでは無いでしょうか?
  34. 連鎖倒産とドミノ現象
    連鎖倒産についてのコラムですが、経済は広範囲に結びついているのでして、アメリカが風邪を引くと日本は一気に危篤状態にまでなるほど、輸出をアメリカに頼っていたりするのです。
  35. 税金と節税対策について
    出を抑えるって事は個人も企業も同じで、それは税金にも当てはまるのですが、払いたくないって人も多くて、毎年多くの人や企業が脱税の発覚で追徴課税を受けたりするのです。
  36. 税金の取り立て
    借金がかさんできますと色々滞納が始まりますが、つい税金や公共料金が後回しになってしまうのですが、滞納する順番を間違えますととんでもない事になってしまったりするのです。
  37. カードキャッシングについての考察
    多重債務者転落の第一歩はカードキャッシングでの現金引き出しが原因の方も多いのでは無いでしょうか?それに子供の前ではあまりカードは使わないほうが良いような気が致します。
  38. 官製不況と倒産
    不況による影響はより弱い部分にかかってくるのですが、その原因は企業だけが原因でしょうか?政府が少し社会のルールを変えるだけで儲る企業が出てきたり、逆に苦境に陥る企業が出てくる訳ですから、ルールを変えるのは慎重にして欲しいと思うので有ります。
  39. 生活保護の申請方法
    北九州方式って知ってますか?生活保護の申請も福祉事務所による門前払いが多いところと、ちゃんと審査してくれるところと生活保護の受給に関しては地域格差があるようで、この最後のセーフティネットは全国一律の運用にする必要が有ると思いますね。
  40. ネットカフェ難民
    ネットカフェ難民が登場して久しいですが増える一方の日本なのですが、世間は本人が怠け者だとか冷たい目でしか見てくれないのでありまして、差別の芽がここにもしっかり出ているのです。
  41. 見栄と多重債務の相関関係
    見栄を捨てれば蔵が建つとも言いますが、つまらない?見栄で最後には身を滅ぼしたりしてしまいますが、今までの流れとか自分の忌め-jみたいなものが有りまして、急に財布の中身相応、収入に合わせた生活に出来ない人も多いのでは無いでしょうか。
  42. 株価操作と粉飾決算
    企業の粉飾決算や株価の操作が話題になりますが、規模を小さくすると個人にも当てはまるのですが、個人も企業も杜撰な金銭感覚で運営していますと直ぐに破綻してしまうので有ります。
  43. 20%の金持ちが富の93%を独占する社会
    資本主義経済の先輩、アメリカでは富の格差が広がっていますが、日本の将来の姿でもありますし、もしかしたら小泉改革が目指した社会は二極化した社会だったのでしょうか。
  44. 貸手責任について
    借金を返せないのは借りたほうに100%責任があるのか。貸し手責任について考えてみましたが、貸し手のリスクですとか一方的に不利な契約内容ですとか、そろそろ光を当てても良いのでは無いでしょうか。
  45. 不況時の身の処し方
    不況時には支出を抑える事が基本ですが、その事が原因で更に景気が落ち込むのですが、日本経済全体の事よりも先ずは自分自身の生活設計が第一って事になってしまうのですよね。
  46. 借りやすい=返し難い
    お金を借り易い所ほど金利が高かったりするのでして、少し立ち止まって考える必要があるのですが、とにかく今現金が必要だって状況になりますと借りやすいところで現金を調達してしまうのですよね。
  47. 無い者の強み
    借金取りにとって一番手強いのは何も持っていない人なのです、その事に気がついた人はとても強いのですが、気が付かないまま逃げ回ったりぺこぺこしたり人生から離脱しちゃう人まで居るのは悲しい事だと思います。
  48. 官製不況と勤労意欲
    勤労意欲が低下しますと収入が減る事にないますが、日本の場合の原因について考えてみますが、どうも日本はみんなが指摘するように役人天国で無能な役人のやり放題ってのが現状では無いでしょうか。
  49. ホームレス中学生と支援団体
    一億総中流社会と言われた時代は遠い昔になってしまいまして、本の中だけの話ではなくなっているのです。
  50. 利息の引き直し計算方法
    世の中、申請主義が当たり前で知識と手間によってお金が返還される事例の一つですが最近ではテレビやラジオコマーシャルなどで過払いの返還について流れているのでご存じの人も増えているのでは無いでしょうか。
  51. お金が絡むと本性が出ます
    貨幣経済が発展した現代では、全ての営みの主役にお金は昇格してしまったのでしょうか?物々交換の時代に戻す事は出来ないでしょうが、余りにお金に人生を左右されすぎではないかと思います。
  52. 借金の時効
    時が解決してくれる問題は数多いのですが、借金問題もまた時が解決する事もあるのですが、その為には知識と忍耐を兼ね備える必要が有ったり致します。
  53. 債権の償却とは
    債権者(金融業者)側から考えてみますと回収の見込みが立たない債権は償却したいのですが、簡単ではないのですね、ですから時には相手の立場に立って考えて解決策を探る必要が有ります。
  54. 住宅ローンの債務整理
    債務・借金にも色々な種類が有りますが住宅ローンの債務整理には様々な壁が立ちふさがるのですが、専門家の知識を時に借りると上手い解決策が出てきたりも致します。
  55. 借金の自転車操業
    返済する為に新たに借入を起こしても事態は絶対に良くはならないのですが、冷静な判断が出来なくなっておりますと、つい後先考えないで目先の行動に走ってしまったりするのですよね。
  56. 連帯保証人制度撤廃の可能性
    とても問題が有る事を指摘されている連帯保証人制度ですが、撤廃の可能性は有るのでしょうか?日本では日本共産党だけが問題提起しているように思います。
  57. 債権放棄させる方法
    バブル経済崩壊後には多くの不良債権が回収不能として償却処理されましたが、いわば合法的な借金の踏み倒しにしか思えなかったり致しますが、とにかく先ず必要なのは知識と勇気ですよね。
  58. 債権整理屋とは
    債務整理の現場に出没する整理屋についての考察ですが、はっきり言ってこの手の方々とは一切かかわってはいけないので有りまして、近づいてきたら素早く追い返すように致しましょうね。
  59. 借金問題(債務整理)に強い弁護士
    弁護士資格を持っていてもそれぞれ得意分野が違いまして債務整理に強い弁護士さんを探すのは大変ですが、最近では弁護士会で得意分野付で名簿を公開したりしていますから利用するのが良いでしょうね。
  60. 債務圧縮交渉
    交渉相手は百戦錬磨の交渉のプロですから心して交渉に臨む事が必要ですが、ちゃんと必要な知識を充分に勉強して、内容をしっかり整理して気後れしないように勇気を持って挑みましょうね。
  61. 与信審査の実態
    多重債務者が発生してしまう原因のひとつが与信調査が甘く簡単にかしてしまう部分も有るのでは?と思うので有りまして、ちゃんと与信審査していればこれだけ大量の多重債務者は発生しなかったと思います。
  62. 稼ぐに追いつく貧乏なし
    昔から稼ぐに追いつく貧乏なしと昔から申しますか、実際にはどうなんでしょうかね?貧乏な家に生まれますと教育も充分じゃなくて、稼げる金額も少なくて中々貧困から脱出出来なかったり、一生無理だったりするのですよね。
  63. 種銭
    お金のなる木を育てる時にもやはり種は必要になるのですが、使うのは一瞬で簡単に使い切ってしまう事が出来ますが、お金を貯めるとなると何年もかかってしまう事が普通だったりします。
  64. 特定調停の疑問
    個人では全く相手にされない債務圧縮や債権カットの交渉ですが、そーゆー時は裁判所を上手に活用するとか、法律を勉強して損をしないようにしたいものですよね。
  65. 浪費削減
    金銭的にピンチの時は収入を増やすか出費を減らすかが最善ですが収入は簡単に増えませんから、無駄な出費を抑えるのが手っ取り早いので有りまして、目を凝らしてみると結構無駄な出費があったりするのです。
  66. クレジットカードで現金化する事
    貸金業者は様々な手法で法の目をかいくぐって儲けようとするのですが、ちゃんと頭を冷やして冷静に考えますと無茶苦茶な利息や手数料を負担する事になってしまうので有りますね。
  67. 借金時計と増税への布石
    個人の自己破産状態と国の自己破産状態では取るべき方法が違うとは思えないのですが、杜撰な使い方をさんざんしておいて今更借金時計も無いものだって思いませんか?
  68. 債務整理ソフト
    債務整理の第一歩は現状の把握からですが、無料でソフトも出回っていますので、活用も吉なのですが、面倒な時は専門の業者に頼む手も有りますが気をつけないと半分以上を業者に支払う事になってしまうのです。
  69. 債務整理にかかる費用
    お金が無くて借金を整理するにもやっぱり費用はかかるのですが、法テラスなどの無料の相談窓口も各都道府県にあるようですので、簡単には諦めないようにしましょうね。
  70. 損益分岐点
    個人世帯も企業も損益分岐を下回ると借金生活に入ってしまうのですが、そのうちお金が回るようになるだろう何て考えてると、どんどん状況を悪化させて借金が増えていったりするのですよね。
  71. スタグフレーション
    借金状態の人も企業も一番困る経済状態なのですし、インフレってのは凄いのを含めて結構経験してきていますから、それなりの対処方法を人類は知っていますが、デフレとかスタグフレーションってのは未経験ですから厄介なのです。
  72. 売上の波
    個人でも企業でも収入の波はやってくるのでありまして、時には大胆な行動も必要なのですが、売上げが大幅に下がって資金繰りが厳しくなってから慌てて考えて行動しても傷口を広げる場合が少なく無いようですから、大胆且つ慎重にって事でしょうね。
  73. 債務保証とは
    保証会社に保証料を支払って債務保証をしてもらったから何があっても安心なんて思っていませんか?実は保証協会に入って安心なのは借りる人ではなくて、資金を貸し出す金融機関だけでありまして、借金が払えなくなっても銀行は保証協会から弁済されますが、保証料を払った債務者は保証協会に請求元が変更になるだけなのです。
  74. 自動車不況
    裾野が広い産業発の不況は少し時間をおいて労働者に影響が出てくるのですが、政府が支援して立ち直るのか、それとも脱自動車社会を見据えて新たな産業に舵を切る必要が有るのか見極める時期なのでは無いでしょうか。
  75. 連鎖破産
    連鎖倒産の影にたくさんの連鎖破産が有るのでは無いでしょうか?個人の自己破産の場合、日本はとても支援が貧弱といますか無いに等しい訳ですから、何らかの手を打たないと社会不安が広がってしまいますよね。
  76. 自己破産予備軍
    もしかしたら先進国の中で、自己破産予備軍は日本が一番多いのではないでしょうか?まあ競争社会を目指した段階で敗者が出るのは誰にでも予測できますし、資本にお金が集まるって事は沢山の貧者を作り出す事でも有りますからね。
  77. 富の再配分
    根本は税金なのですが、うまく機能していないので自己破産者や倒産が増える?まあ富への執着や願望は中々尽きる事はありませんから、金持ちはどんどん富を蓄えて、借金地獄にはまり込むと容易には抜け出せないのでありまして、それを何とかするのが再配分の仕組みなのですよね。
  78. ブラックリスト掲載の確認
    気になるのでしたら自分で確認してみましょう、自分の信用記録ですから別に金融業者じゃなくても自分でちゃんと調べる方法は有るのです、けどその前にブラックリスト入りしないような人生を歩む方が良いのですが、まあ思い通りに行かないのが人生なのですよね。
  79. 借金踏み倒しの方法
    合法的に手続きを取られてしまいますと、借金取りは手も足も出せなくなるのですが、計画倒産とか周到に準備された踏み倒しを許していると社会全体にモラルハザードが起きてしまいますから、対抗手段が必要ですよね。
  80. 債権保全方法と差し押さえ
    債権を回収する借金取りの方も苦労が多いともいますが、無い袖は振れぬとも言いまして、何も持っていない状態はある意味、無敵なのでありますが、そこまでの勇気がない人が圧倒的なのでは無いでしょうかね?
  81. 遊ぶのにお金がかかる
    何をするにもお金はかかるし、消費者金融は至る所に存在する世の中なのですが、江戸時代まではお金が無くても遊ぶ方法をみんなが知っていたのでありまして、貨幣経済の発展でもしかしたら人は不幸になったのかもしれませんね。
  82. 生活保護申請と最低賃金
    社会の二極化の根本原因に対策が必要で場当たり的な対策では意味がないのですが、長年の浪費のお陰で国も多額の借金を抱えていますし、国庫にお金がないようで、テニスボールを買う金はあっても自己破産者や弱者に払う金は絞りたいようです。
  83. 申請主義と借金教育
    お金に対する正しい知識の教育制度が出来ていないわけですから、借金に苦しむ人が沢山発生するのです、別にお金は必要なものですから社会に出る前にしっかり教育して、安易に借金を重ねて多重債務債務者になったりしないようにして社会に送り出す必要が有るのでは無いでしょうか。
  84. 借金の事は誰に相談するか?
    間違ったところに相談しちゃいますと大変な事になってしまうのです、中には資格も何も無くて口先八丁で手数料だけ貰って何もしないまま放置してしまう整理屋みたいな輩も居ますから注意しましょうね。
  85. 倒産回避の具体策
    自分の会社を倒産させると多くの人に迷惑がかかる・・けど無理して延命致しますともっと多くの人に迷惑をかける事になってしまいますので、色々な角度から考えて思い切った決断が必要なのかもしれませんね。
  86. 計画倒産対策と方法
    表には出ませんが実際には相当数の計画倒産が有るのでは無いでしょうか?この場合は計画倒産した側はまんまと甘い汁を吸って、引っかかった善意の企業はあおりを受けて倒産する事だって有るのですから、何らかの対策が必要でしょうね。
  87. 破産対策と準備
    出来れば避けたい事態ですが最後の頼みの綱でも有るのです、ですからもう駄目だとなったら自己破産してゼロから再出発するって方法もまた取れるのでありますから諦めてはいけないのです。
  88. 倒産と連帯保証人
    日本独特とも言える理不尽な連帯保証人制度のお陰で倒産したくても出来ない経営者が日本中に沢山居るのが現実ですよね、この連帯保証人制度の理不尽な部分が無くなれば借金苦による自殺者は相当減るのでは無いでしょうか。
  89. 金策の方法
    経営者は会社の資金がショートする前に金策に走る必要が有りますが只借りてくればよいのではなくて、取るべき順番が有ると思うのです、場合によっては借金するよりもリスケで乗り切った方が最善の策って場合も多いですからね。。
  90. 過払い金返還と弁護士
    どうも最近のラジオコマーシャルで弁護士事務所のコマーシャルが随分と流れていますし、電車の中吊り広告にも弁護士事務所の広告が多いのですがそれだけ需要が多いのでしょうね。
  91. バンザイ屋と計画倒産
    特に不景気になると、まともな努力をしてお金を稼ぐ以外に他人を陥れてでも現金を手にしましょうって輩が増えて来るのでありまして、売上げに追われている真面目な経営者は特に注意が必要なのです。
  92. 住宅ローン支払い不能と不況の影響
    不況の影響ってのは色々なところに出てくるので有りまして、勿論それは弱いところ、綻びの出やすいところから現象が出て参りまして、住宅ローンの支払い滞りなんてのは、かなり不況の影響が出やすい場所では無いでしょうか?
  93. 黒字倒産の増加
    まあ幾ら帳簿上は黒字になっていてその額が巨額になっていても実際に現金になって入金されてこなければ、文字通りの絵に描いた餅なのでありまして、今は不景気で売掛代金の回収に苦労している企業が多いですから、黒字倒産も増加するのでは無いでしょうか?
  94. 自己破産後の生活
    案ずるよりも産むが易しなんて格言も有りますが、私の知っている人の中には過去の話ですが、自己破産経験者ですって告白した人がいましたが、結構元気に前向きに明るく生きていらっしゃるのでありますし、人間何でも経験って事でたまには割り切るのも良いのでは無いでしょうか。
  95. 合法的な借金の踏み倒し方法
    既にある仕組みを活用するって事はとっても大切でよい事ですし大企業は億単位で債権放棄したり、損失を出したツケを消費者である契約者に払わせるような破綻した保険会社もありますし、ちゃんと法律に乗っ取って合法的に考えて行動すれば何もコワイ事はないのです。
  96. 黒字倒産と貸し渋り
    我が社は黒字決算で別に赤字でも何でもないのに銀行がお金を貸してくれないって言っても、回収できない帳簿上の売掛債権があるから黒字になっていて、どうも焦げ付きそうな売り掛けばかりであれば絵に描いた餅ですし、お金が入ってこない上に利益にはしっかり課税されてしまうので有りますから、それほど単純な話では無いのですよね。
  97. 夜逃げの方法について考える
    昔から借金で身動きが取れなくなった人ですとか、どうにも解決が出来そうもない問題を抱えた人が取る最終手段の一つがこの夜逃げだったと思いますが、そんな状態にまでならないようにって言うのは簡単ですが、そう人生は簡単ではないのでありますが、個人的には社会が間違っているって所も有るのでは無いのかなって思いますね。
  98. 債権の移動や譲渡の問題点
    個人情報保護に関して五月蠅く言っている割にはサラ金とか消費者金融では合併や倒産や破綻に伴いまして、債務者に断りもなく債権と個人情報をセットにして売却したりしているのですが、どうも信用ならない業者が多いのでそのような行為は禁止にして貰いたいと思いませんか?
  99. 資産隠しの方法
    脱税のためとか、計画倒産とか資産隠しに良いも悪いも無いってのが一般的に言えると思うのですが、個人の自己破産において多少は現金が無いとホームレスのまま這い上がれないのが今の日本社会の実情で、経済大国という割にはその辺りのセーフティーネットが全然出来ていないまま、企業ばかり優先されてしまうのですよね。
  100. 任意売却出来ない物件急増中?
    噂によりますと地方の築年数15年以上の物件など条件が悪いと査定金額が付かない状態で住宅ローンの返済不能になって家を手放そうとしてもただ同然の値段にしかならなくて、借金が減らないまま自宅を失うなんてとんでもない状況にならないとも限らない場合が有るそうで、単純に住宅価格が下がって喜べない状況です。
  101. 借金増やしちゃ駄目です
    個人の給与所得世帯が生活が苦しい時に借金してしまったり借り入れを増やしてしまいますと数に生活が前よりも苦しくなる事は誰が考えても明らかなのですが、どうも政府のやっている緊急景気悪化対策は基本的に借りやすくしますから借金しましょうって感じに思えてしまうのですが、これは正常な判断なのでしょうかね?
  102. 住宅ローンとボーナス払いと自己破産
    えっと詳しい統計は有りませんけど住宅ローンが原因で最終的に自己破産まで行ってしまう人の中でボーナス払いが原因でって人も少なく無いとも居ますがボーナス併用払いをしない人のほうが少ないのでは無いでしょうかね?
  103. 自己破産者の職探し(再就職)
    思い切って自己破産してしまえば借金がゼロになって新たなスタートが切れそうな気がするのだけれど、再スタート後も食べて行く必要が有るから仕事を確保しないといけないのですが、見つかるかどうかが不安な人が多いのでは無いでしょうか?
  104. 貸金業法改正について
    報道によりますと209年の12月より順次貸金業法が改正されるようで今回のコラムではその事について感じた事を書いて見ようと思います。
  105. 弁護士のサラ金過払い金返還請求広告
    私はテレビを一切見なくなって久しいのでテレビのほうはどうなっているのか分かりませんけど、ラジオですとか電車の中に貼ってある広告などで最近はとにかく弁護士事務所の広告が急増しているのでありまして、それもサラ金の過払い金請求のすすめみたいなものばかりなのでありまして、あれだけ大量に広告を出してそれでも儲るって事ですから、本来の依頼人が手にすることが出来る返還金より相当の割合を報酬として弁護士が請求しているのではないかなって想像するのは私だけでしょうかね?
  106. モラトリアム法と借金について考える
    世の中が不況で借金の返済に苦労している企業や、住宅ローンの返済に困って家を手放す個人などお金の問題で困る人が大量に出ると社会不安が大きくなるので、何とかしましょうって事で亀井静香大臣が言い出した救済策なのですがどうも評判が芳しくないようですね。
  107. 借金とセーフティネット
    勤め人の時代も通算すると何だかんだで20年以上の長きにわたって法人相手の商売をしてきたのでありますが、外から見ると順調に商売を商っていて借金とは無縁のように見えても、実際には多額の借り入れの返済に苦労していたり、何時の間にか経営危機に陥って倒産してしまっていたりと、なかなか人生も会社経営も大変な苦労がつきまとうわけですが、一般個人に目を向けましても自己破産件数は増大して住宅ローンが払えなくなっての競売物件の増加など大変な事になっているようですね。
  108. 年越し資金と借金
    子供にとって年末から年始にかけてはクリスマスプレゼントに始まりまして、お年玉を貰えるって年に一度のビッグイベントが有りまして大概の子供は一年の内で年末年始が一番懐が温かい時期なのでありますが、経営者にとっては年末は従業員にボーナスの支払いはありますし、一月二月と多くの企業は稼働日が少ないことなどもありまして、結構な割合で資金と言いますかお金の工面に苦労する場合が多いのではないでしょうか?
  109. サラ金の苦境
    正式には消費者金融と呼ぶのだそうですが、つい数年前までは我が世の春を謳歌して大手の都市銀行まで消費者金融に手を伸ばし始めていたような気が致しますが、グレーゾーン金利の廃止に始まりまして、過払い金の返還請求の急増にもってきてこのたびの大型不況で回収不良債権が急増して、新規の貸し出しにも慎重にならないと返済してもらえるかどうか分からない消費者が急増しているのですから、我が世の春から一気に四面楚歌みないな状況になってしまったようですね。
  110. 税金滞納対策(税金が払えない)
    今回のお話は企業経営と税金にまつわる話を書こうと思うのですが、儲かっている時には一生懸命稼いでも利益の半分も税金に持っていかれるのかって感じに思ってしまいますし、逆に赤字になって従業員の給料や各種仕入れなどの支払や、借入金の返済などの四苦八苦している時でも、法人税や消費税の支払はしっかりやってくるのでありまして、税金の支払がなければなんとか会社が回るのに、これじゃ税金倒産だって感じの場合も有るのではないでしょうかね?
  111. 過払い金返還ビジネス
    私は最近はあまり外出もしませんし、テレビも見ないで情報の収集はもっぱらインターネットとラジオに頼っているのでありますが、サラ金に対する過払い金返還請求のお手伝いをしましょうって広告が弁護士だけではなく司法書士まで始めているようなのでありまして、今回のコラムでは過払い金返還ビジネスについて思うところを書いてみようと思います。
  112. 住宅ローン破産
    報道によりますと競売にかかる住宅が急増しているのだそうで、しかもどうも話によるとこれはまだ序の口で、どうも零細・中小企業を筆頭にボーナスの大幅減や支給の取りやめなどが相次いでいるようですし、大不況による会社の倒産やリストラなどで食を失い収入が途絶えるまたは激減している人が沢山いるのが現状でありまして、マイホームを失うとか住宅ローン破産する人が出てくるのはまだまだこれからが本番になる可能性が高いそうですね。
  113. クレジットカードの落とし穴
    クレジットカードって便利ですよね、現金を持ち歩かなくてもいいですし現金で支払うときに比べてカード会社がポイントを付けてくれて実質的に1~3%程度の値引きになりますし、後で明細書が届くので何に使ったのかチェックがしやすいですし、インターネット通販の決済などでは現金振込時にかかってしまう振込手数料もかかりませんからね。
  114. 住宅ローン滞納、傾向と対策
    人間らしい生活を営むために必要な要素として衣食住と言われますが、住宅ローン滞納で住んでいる家を失ってしまう人がジワジワと増えているようなのでありまして、これは景気の悪化によって職を失ったり、収入の激減によりまして計画していた住宅ローンが払えなくなった人と、アパートなどの賃貸住宅の家賃が払えなくなった人に分類されると思いますが、今回のコラムでは住宅ローンの滞納について考えてみようと思います。
  115. 改正貸金業法(総量規制)で借金地獄は解消されるか?
    たしかこの貸金業法の改正で総量規制されることが決まったのは一年近く前の昨年の夏頃じゃなかったかと思うのですが、いよいよあと2ヶ月ほどで完全実施されるって事であちこちで取り上げられていますが、私も今回のコラムで思うところを書いてみようと思います。
  116. ブラックリストの作成方法
    ブラックリストとは黒い色をしたノートで表紙にはドクロの絵が書いて有って人目につかにように金庫の奥にしまって有るなんて会社も実際に有るのかもしれないですが、どうもブラックリストってのは良くないイメージばかり先行してしまいますが、モンスタークレーマーだとか人格障害者だとか企業に難癖をつけて現金を脅し取ろうとするゴロツキですとかろくでもないのが増えていますから、企業が自己防衛のためにブラックリストを作成しておくってのは許される行為だと思いませんか?
  117. 弁護士過剰?
    どうも最近は弁護士の過払い金払い戻し関係の宣伝広告が目に付くと思ったら弁護士の就職難ですとかこれ以上弁護士の数が増えると仕事の奪い合いになってしまったり、アメリカのような訴訟社会になってしまう恐れが有るとか色々な意見が交わされているようですけど、今回コラムではそんな事について書いてみようと思います。
  118. 自己破産者向け融資制度
    何でも全国労働金庫協会が自己破産者を対象にした融資制度を検討中なのだそうでして、担保不要・連帯保証人不要で最高500万円までの10年返済までなんだそうですけど、何だか随分と面白い分野にチャレンジするような冷静に考えると面白いような不思議な融資ですよね。
  119. 借金の時効(2)
    一体何のために借金の時効が存在するのかこのあたりは私にはよく理解出来ないのですが、とにかく借りた金を返さなくても一定期間なりを潜めて督促を受けない状態を経過すれば借金は帳消しになってしまうのが法律で決められた借金の時効なので有りますが、そういえばソフト作成して受け取るべき代金でまだ回収できてなかったんだけど金額も小さいし、催促の電話しても一方的に電話を切られるし裁判に訴えてたとえ勝訴してもない人からお金は取れないので放置して有ったあれ、もう時効を迎えたんじゃないかななんて思い出して本コラムを書いています。
  120. 返したくても返せない?奨学金の話
    報道によりますと日本学生支援機構が回収すべき奨学金の滞納をしている利用者が増加傾向でその数は31万人にのぼるそうで、滞納額は723億円に上るそうですがこれはその奨学金制度を利用して借金をすることになって後で返済が必要でも、大学さえ卒業しておけばそれなりの企業に正社員として就職できて、奨学金の返済を含めて何とななるって法則が崩れてしまったって事になるのでは無いでしょうかね?
  121. リスケ貧乏
    リスケとはり・スケジュールの略で簡単に書きますと借金(借入金)の返済条件を変更して貰って返済期間を伸ばして月々の返済額を減らして貰ったり、一定期間の借金(借入金)の返済を利息だけにして貰って、一定期間が過ぎると元の返済額プラスアルファに条件を変更して貰う事なのですが、リスケ貧乏って程じゃないですけど負担が増えちゃうのは知ってますよね。
  122. ブラックリスト入りについて考える
    実際に実物の消費者金融のブラックリストをこの目で見たことは無いのですが、黒の表紙に覆われた骸骨紋章が張り付けられた和紙のノートで毎月一回とある場所の地下でで金融関係者が一同に集まってブラックリスト入りする人の情報交換会を行っていますが、そのブラックリストは門外不出で有る為に原本が表に出ることは決して無い・・なんてのは私の妄想なので有りますが、とにかく今回のコラムではブラックリスト入りについて考えてみたいと思います。
  123. 自己破産と金銭感覚
    先日は元阪神タイガースの掛布さんの自宅競売のニュースが流れていましたが、今度はロックバンドX JAPANのボーカルとして活躍したTOSHIさんが自己破産したニュースが報道されておりまして、そういえば自己破産したかどうかは不明ですが小室哲哉さんも莫大な借金が問題になっていましたけど、普通の一般人が一生かけても稼げないような金額を短期間で稼いで、数年後には自己破産やそれに近い状態になってしまう人が結構いらっしゃるようで、今回のコラムではそんな事について考えてみたいと思います。
  124. リース料金が支払えない時の対応
    経済産業省によりますと中小企業の経営安定に向けてリース会社に対してリース料金の支払い猶予に柔軟に対応するように通達を出したそうですが、リース会社にしても営利目的で営業しているわけですし下手に支払い猶予に応じてしまっては、経営に支障が出てしまうのではないでしょうか?
  125. 倒産にかかる費用について考える
    悪だくみをして計画倒産でもしない限りは基本的には運転資金が底をついてしまって倒産するのでありますから、借金に仕入れの未払いに従業員の給料の未払いなど負債が山のように有りますから、お金が全然ないのが普通で有りまして倒産するのにお金がかかるのは不思議な気が致しますが実際にはそうなのですよね。
  126. 倒産と夜逃げの方法について考える
    これは実際に有った話ですが今から10年ほど前にとあるお客さんの所に進めていた商談の打ち合わせに立ち寄ったところ、定休日でも無いのにシャッターは降りたままで翌日から何度電話しても電話も出なかった事が有ります。
  127. 現金業者と総量規制
    クレジットカードで即現金なる貸金業者もどき?を利用する人が貸金業の法改正によって繁盛しているとの事で、規制の動きも出ているとの事で今回のコラムではその事について書いてみようと思います。
  128. 貧困と申請主義と情報格差
    例えば住宅ローンが払えないとかリース料金を滞納してしまったとか、困った状態になったときにインターネットで調べますと猶予措置の通達ですとか、任意売却とか特定調停とか様々な対抗策ですとか、対応策の情報が政府から発表されていたり様々なサイトで閲覧することが出来ますよね?
  129. 生活保護予備軍の急増
    報道によりますと生活保受給者はハイペースで増えているそうなのですが、申請に関する敷居の高さですとか財政難のおりから極力生活保護の支給を抑えようとする自治体の努力?のかいも有って予備軍と言われる人達が大量に宙に浮いた状態に留まっているような気が致します。
  130. たかが借金されど借金?
    今回はまず私自身の事から書こうと思いますが、会社としては創業してから会社拡張時に借り入れた借金から、個人的にも住宅ローンを抱えていまして楽ではないけど一時的な借り入れでしのいだり、なんとかかんとか今のところ破産することも無く、事業を続けていますがある意味借金の存在が仕事に対する意欲やモチベーションを後押ししてくれたと好意的に考えているところが有ります。
  131. 自己破産と資産隠し
    クレジットカードの普及が一役も二役も買っていると思いますが兎に角、自己破産者が急増しているわけですがお金は人の心を鬼にしたりするのでありまして、自己破産すると決意した人が考えるのはその後の生活って事になりまして、いかにして残り僅かな資産を隠して残しておこうと考える人も多いのではないでしょうか?
  132. 借金の時効について(再)
    時効の制度に関しては疑問をいだいている人が少なくないと思いますが、今回のコラムでは借金の時効について再度考えてみたいと思います。
  133. 総量規制とソフト闇金とは?
    6月に貸金業法が改正されまして総量規制が導入されて収入に対する貸し出せる金額が厳しく制限されるそうですが、おおかたの予想ではいわいる闇金と称される業者に総量規制によってお金が借りられなくなった人が大量に流れこむと予測されていますよね?
  134. クレジット破産と総量規制とリスケ交渉
    ひところよりはクレジットカードを使ったショッピングやキャッシングで破産する人について騒がれなくなリましたが、相変わらず自己破産者は高水準で推移していて多くの人がクレジットカードでの負債が複数に渡っている場合が多いそうですね。
  135. 日本が破産(国家破綻)する可能性
    何だか今度の参議院選挙では元プロ野球選手の中畑清氏に堀内恒夫氏とか柔道の谷亮子氏とか、まぁ別に誰が立候補するのも誰を擁立するのも勝手なんですけど、どうも単に人気の高いスポーツ選手なら票が獲得出来るとの計算が最優先しているようで、全く日本は大丈夫なのかと心配になっている人も多いのでは無いでしょうか?
  136. 債務整理の不思議
    報道を見ない人でも今の日本は大量の自己破産ですとか多額の負債を抱えて倒産する会社ですとか、そんなものは全然珍しくも何とも無い状況になっていますが、連鎖倒産とか体力の弱い消費者金融が破綻したなんて事は有りますが、不思議と銀行に関しては多額の債務免除を行ったり取引先が倒産しても経営危機になったなんて事は聞いたことが無いのですよね?
  137. どこからもお金を借りられない時の資金調達
    まず最初にお断りしておきますが今回のコラムは別にブラックでも貸してくれるような闇金の存在を書くわけではなくて、あくまで健全な方法を書いておくわけですけどなにせ貸金業法改正で総量規制が始まりますと大方の予想では今まで通りに借り入れが出来なくなる人が大量に発生すると思いますので、それに対するささやかな対応法ですので数百万円単位は無理だと思って下さいね?
  138. (銀行)リスケの交渉方法
    リスケと は別のコラムでも書きましたが、リ・スケジュールとか条件変更とか言われるもので借り入れた資金を当初の計画通りに返済できなくなった時に返済額を変更 (減額)して貰う事を指しまして基本的には月々の返済額を減らす事によって当面の資金繰りを楽にする方法でありまして、逆に増額するって事は一般的にはリスケとは言いません。
  139. 自己破産の方法と弁護士
    相変わらずと言いますかサラ金のコマーシャルに変わって増えているのが弁護士や司法書士のサラ金からの過払い利息の還付ですとか自己破産関係の広告なのですけど、ある意味では弁護士が積極的に広告を出すことによって身近な存在になったと思いますが、その反面として弁護士イコール正義の人から単に営利目的で営業しているって感じになっているような気が致します。
  140. 会社の生き残り策
    今もまだ倒産件数は高水準で推移していますし、一部の推測では零細企業や中小企業を中心に総量規制倒産が発生するなんて言われていますが、統計にしてみれば別に騒ぎ立てるような事では無いと感じる人もいらっしゃるのかもしれないですけど、倒産するかどうかの瀬戸際状態にある会社社長にとっては、当事者ですから必至になって生き残り策を模索するのが当然ですよね?
  141. 住宅ローンが払えない時
    景気が良かった時代がまた戻って来るのか、それとも景気が良かったなんてのは砂上の楼閣で二度と好景気が戻って来ないのかは神のみぞ知るって所なの だと思います
  142. 税金倒産と税金の分割払い
    皆さんがご存じの通り税金の使い方に関しては、まるで無駄使いしないと損だとばかりに好き勝手に使われているのが現状でありまして、先日もひょっと このような形相をした男が(確か麻生太郎と呼ばれていたと思いますが)金融サミット(IMF)へ出かけて気前よく10兆円の出資を約束してお大尽のように 気持ちよく帰ってきたようですが、流石に湯水のように税金を浪費しているだけ有って、税金の徴収のほうもしっかり行いませんと、足りなくなってしまうので ありますから税金の徴収を甘く見ていると痛い目に合うのでありますね。
  143. 危険な事業拡大
    倒産の原因のには色々有りますが、売上げの低迷と放漫経営と並んで事業の拡大に失敗して多額の負債を抱えて破綻してしまうってのが実に多いようなのでありますが、今回のコラムでは危険な事業拡大について書いて見ようと思います。
  144. 東京都が差し押さえ品をネットオークション方式で競売
    東京都やるじゃないですか! 石原東京都知事の功績かどうかは不明ですが、都税の滞納者などが差し押さえられた絵画や古美術品などをインターネットオークションで競売にかけて販売を試行する発表を行いました。
  145. 器用貧乏とは
    何でも器用にこなすが、これだけは、って感じの素晴らしく飛び抜けた所はなく、逆に一つの事柄に集中できないの で大成しないって感じで言われる事が多いのですが、何でも器用にこなせるだけ。偉いような気も致します。
  146. 借金を無くす方法
    これから書くことは、借金を無くす方法ですが主に企業で銀行からの借り入れが増えてしまって、倒産の危機から脱出するための私なりの考えややってきたこと を書いておこうと思います。
  147. つなぎ融資と総量規制
    どっかの経済関係のコラムニストの人が書いてましたけど、零細企業や中小企業は数百万円単位の現金じゃなくて5万10万単位の現金が用意出来なくて倒産してしまう事が良くあるそうです。
  148. 保証人斡旋と紹介
    銀行にしてもお金を貸し出すって事は回収に対するリスクが発生しますので、担保をとったり連帯保証人を出して貰って万全を期すわけですけど、基本的に資産が無いからお金を借りる場合が少なくないですし、借金の保証人にだけはなるなって家訓にしている所も少なくないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

その他のコラム

  1. 太陽光発電のコラム
  2. 就活・転職コラム
  3. 会社の経費削減
  4. 資産運用コラム
  5. フランチャイズ・独立開業コラム
  6. 営業力アップのコラム
  7. 営業用語の意味
  8. ファッションのコラム
  9. 保険のコラム
  10. 誕生石と宝石のコラムページ
  11. ホームページで儲けるコラム
  12. カーテン・インテリア雑貨
  13. 受験勉強コラム
  14. 頭髪と育毛
  15. 花粉症対策コラム
  16. 住まいのコラム
  17. プレゼント・懸賞コラム
  18. 経営・起業コラム
  19. 債務・借金コラム
  20. 禁煙に成功するためのコラム
  21. 水虫治療コラム
  22. おもちゃ玩具のコラム
  23. 英会話上達コラム
  24. イベント企画成功コラム
  25. パソコンITコラム
  26. ペットのコラム
  27. 世相のコラム1
  28. 世相のコラム2
  29. 世相のコラム3
  30. 世相のコラム4
  31. 世相のコラム5
  32. 世相のコラム6
  33. 世相のコラム7
  34. 脱サラ・起業・独立コラム
  35. スポーツのコラム
  36. 集客と販売促進のコラム
  37. マンションのコラム
  38. 害虫対策コラム
  39. 在宅ワーク・内職コラム
  40. アンチエイジング対策
  41. セルフコーチング
  42. バイクのコラム
  43. 車のコラム
  44. 防犯対策コラム
  45. ダストボックス
  46. 経済ニュース1
  47. 経済ニュース2
  48. 経済ニュース3
  49. 経済ニュース4
  50. 経済ニュース5
  51. 経済ニュース6
  52. 経済ニュース7
  53. 経済ニュース8
  54. 経済ニュース9
  55. 続・コラム1
  56. 続・コラム2
  57. 続・コラム3
  58. 続・コラム4
  59. 続・コラム5
  60. 続・コラム6
  61. 昔書いたコラム1
  62. 昔書いたコラム2
  63. 昔書いたコラム3
  64. 昔書いたコラム4
  65. 昔書いたコラム5
  66. 昔書いたコラム6
  67. 昔書いたコラム7
  68. 昔書いたコラム8
  69. 今日のコラム1
  70. 今日のコラム2
  71. 今日のコラム3
  72. 今日のコラム4
  73. 旅行のコラム
  74. メッセージ1
  75. メッセージ2

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る