スポンサードリンク

禁煙の成功方法と心の平静

時代は昭和から平成に移行して20年以上が経過致しましたが心の平静を保てないことは相変わらず多くて、心の平静を保つために人は色々なことを致しますよね。

話は急に変わりますが、数年ぶりにお会いしたとある社長の話なのですが確か何年も前に禁煙に成功して会う人にも、あんなものは体に良くないしお金の無駄だから禁煙しなさいだなんて講釈を垂れていたのですが、何故か立て続けにたばこを吸うようになっていまして表情もすっかり険しくなっていたのを今でも覚えています。

その当時は随分と経営状態が厳しかったようで社員のリストラなども行っていたようなのですが、やがて何年かいたしましたら見事に業績は回復して社長も再度禁煙に挑戦してすっかりタバコとは無縁の生活に戻ったようなのですけど、たぶんあれって現実社会で色々苦しいことが有っても社長業ってのは孤独ですから、壊れそうになる心を紫煙でバランスを取っていたのではないかと思います。

よくその待ち合わせで待ち合わせの相手が約束に時間になってもやってこないで長い時間待っているとタバコを何本も吸ってしまうなんて人は多いのでは無いかと思いますけど、あれも手持ち無沙汰の解消も有りますけどイライラする気持ちを抑えるために喫煙しているのでは無いでしょうか?

確か一説によりますと低收入の労働者(※1)は喫煙率が高くて逆に富裕層になるほど禁煙率又はタバコを吸わない人の割合が多かったと思います。(葉巻になりますと結果は全く逆になるのでしょうけど)

※1 ブルーカラーの労働者だったかもしれません。

これを私なりに推測致しますとやっぱり富裕層はお金の心配もしなくて良いですし、問題が有ってもお金で解決出来ますし、金持ち喧嘩せずとも言いまして心配事が少ないのでタバコで心の平静を保たなくても良いのではないかなって思います。

逆に低賃金の労働者の場合ですと社会的な地位も高くないでしょうから、いやな目には随分と会うことも多いと思いますし給料が安いと、生活も苦しいでしょうから本来ならタバコになんてお金を使わないで貯金すれば良いのですが、やっぱり心の平静を保つために禁煙することが出来ない人も結構いると思います。

ですからもし今から禁煙に挑戦しようと思っていて、たばこを吸う目的?動機?が心の平静を保つためでしたらそのバランスを崩す原因を取り除けることが出来るのでしたら、禁煙の成功率はうんと高くなるのでは無いでしょうか?

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 禁煙で得る物
  2. 電子タバコの禁煙効果
  3. 禁煙の成功方法と心の平静
  4. 禁煙時の無料代替品について
  5. いびき対策と社員旅行
  6. 禁煙失敗体験談
  7. 禁煙グッズ
  8. スモハラ、スモークハラスメントについて
  9. 禁煙する方法と種類

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る