スポンサードリンク

禁煙グッズ

タバコ吸いますか? 私は1日に10本位タバコを吸います。

世界的に禁煙の動きや喫煙マナーに対する世間の目が厳しくなってきて、愛煙家にとっては肩身の狭い世の中になって来ましたが、受動喫煙 の危険性は、タバコを吸う人よりも危険な場合が有りますので、し方がない事だと言えましょう。

最近、禁煙グッズ関係の広告は少なくなってきましたね、一昔前には”吸いたくなったら禁煙パイポ”とか禁煙ガムなんかも有りましたし、 ニコチンパッチなんてのも確か有りましたよね?

禁煙が出来るか出来ないかは意志の強さの問題が大きいのですが、ニコチンが染み付いた身体がニコチン中毒になってしまって、ニコチンが 切れると、動悸が激しくなってしまったり、汗を掻いてしまったり、身体が危険な状態になってしまう方もいらっしゃるようですが、大部分の喫煙者はそこまで なっていないと思いますので、意志の力が禁煙で大きいのではないでしょうかね? ニコチン中毒まで行ってしまったら医師の力ですけどね。

好きな作家の長編小説を朝から長時間読んでいたら、小説に引きこまれてしまって煙草吸うのも忘れちゃうでしょうし、東京ディズニーラン ドで1日中遊んでいたら特にあそこは園内前面禁煙ですし、煙草吸わないでも平気な方が大半ではないでしょうか?

仕事中のイライラだとか、ストレスだとか、なんとなく口が寂しいとか、手持ち無沙汰で・・等々で煙草を吸ってしまっている人が大半なん だと思います。

ですから、最強の絶対成功する禁煙成功グッズは、ある人は映画だったり、小説だったりサッカーや野球などのスポーツだったりするのでは ないでしょうか?

煙草の自動販売機にタスポが導入されて、更に税収アップのためにたばこ税を大幅に値上げして、煙草一箱千円にしょうなんて動き が出ているのでありまして、まあこれで禁煙グッズの売上も伸びるでしょし、非喫煙率も上昇するでしょうね?

ただ禁煙グッズ業界としては喫煙率があまりに下がってしまいますと、禁煙する人が出てこないで禁煙グッズが売れなくなってしま うのでありまして、禁煙グッズ業界としては複雑な心境なのでは無いでしょうか?

まあ多大なる税収に対しての貢献をしている割に、煙草は増税の狙い撃ちにされるのが過去続いてきたのが事実なのですが、国民の 健康を考えるならいっそのこと全面禁止にすれば良いと思うのですが、税収が無くなってしまますので、それも行わないのですよね。

スポンサードリンク

関連コラム

  1. 禁煙で得る物
  2. 電子タバコの禁煙効果
  3. 禁煙の成功方法と心の平静
  4. 禁煙時の無料代替品について
  5. いびき対策と社員旅行
  6. 禁煙失敗体験談
  7. 禁煙グッズ
  8. スモハラ、スモークハラスメントについて
  9. 禁煙する方法と種類

スポンサードリンク

営業力アップ著作権

コーチングメニュー

ページのトップへ戻る